スポーツ

大谷翔平と村上宗隆の共通点 広角にホームラン打てる底なしのパワー

大谷翔平とヤクルト・村上宗隆の打撃は何が似ている?(時事通信フォト)

大谷翔平とヤクルト・村上宗隆の打撃は何が似ている?(時事通信フォト)

 日米の球界で最も注目を集める選手がこの2人であることに異論を挟む余地はないだろう。エンゼルス・大谷翔平(28)とヤクルト・村上宗隆(22)。今季三冠王も射程圏の村上と、メジャーで大活躍中の大谷の打撃に共通点はあるのか。

 二刀流の大谷は打者として、昨年46本塁打をマークし熾烈なタイトル争いを繰り広げたが、今季も29本をマークしている(米国時間8月29日終了時点)。

 ブルージェイズ傘下3Aバッファロー・バイソンズの筒香嘉智(30)やカブスの鈴木誠也(28)ら日本を代表する打者がメジャーの舞台で苦戦するなか、もし村上が将来のメジャー移籍を考えるのであれば、目指すべきは「打者・大谷」と言えるだろう。

 毎年フロリダでメジャーのキャンプとオープン戦取材を続けている野球評論家の江本孟紀氏はこう指摘する。

「大谷が打者として優れているのは、ホームランバッターなのに変に色気を出さないところです。ヒットにしかできないような球はホームランを狙わずにヒットを心がける。外側の球を踏み込みながらショート方向に飛ばす打球が多かったり、大振りして打撃フォームが崩れたりしないのもその表われです。

 逆に筒香はついホームランを狙って大振りすることが多々あるから苦しんでいる。ヒットもホームランも価値が同じと捉えているのが実は大谷のスゴい点だと思います」

 さらに江本氏は「村上も大振りし過ぎて乱れるようなことがないのが大谷と似ている点」と付け加えた。大谷と村上に強打者としての共通点があると指摘する声はほかにもある。現役時代にヤクルトを含む3球団で4番を務めた野球評論家の広澤克実氏が語る。

「大谷も村上も広角にホームランを放つことができるのが、最大の強みの一つです。2人とも底なしのパワーを持っている。

 そして村上がメジャーで通用するかと聞かれれば、可能性は十分あると思います。村上の場合、長打が多くなる打球角度の範囲が21~30度と幅広い。また、完璧なホームランの打ち出し角度は25度前後と言われているが、村上は芯に当たった時に25度前後に上がることが多い。つまり天性のホームランバッターとしての素質を持っているんです。これは筒香などと比較しても格段に上で、練習しても習得できる技術ではありません」

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン