利用時間の記載も

入り口で利用時間をお知らせ

 田中さんは管理人として、基本的に毎日ラブパーキングに顔を出し、料金の回収や敷地内の掃除、駐車スペースの増設作業などをしている。しかし常駐ではなく、夜間は管理人不在となる日も多い。ひとけのない山中で、セキュリティー上の心配はないのだろうか。

「駐車場を利用しないのに勝手に敷地内に入って来たら『不法侵入』だし、お客さんが入っている駐車スペースを覗いたり盗撮したりしたら『窃視の罪』で、どちらも懲役または罰金刑になります。私がここにいる時にそういう違法者を見つけたら警察に通報するし、私がいない時間帯でも、お客さんが警察に通報してほしい。そのことはちゃんと貼り紙に書いて、警鐘を鳴らしています。今のところ、そういったトラブルは起きていませんよ」

 取材の途中、なんと若いカップルが乗った車が駐車場に入ってきた。車は右端の駐車スペースに停まり、運転席から出てきた男性が入り口部分に取り付けてある開閉式カーテンを閉めた。その様子をじっと見届けてから、田中さんが話を再開する。

「あのブルーシートの囲いも全部私の手作りです。今年の春頃からそういった準備を色々と始めて、8月1日にラブパーキングをオープンしました。駐車スペースは現在増設中で、あと6台分増やして、全部で10台入れるようにしたいと思っています。

 ラブホテル代わりに使える駐車場というのは、日本ではここが初めてじゃないかな。事前に調べたところ、イタリアにはそういう駐車場があって、『囲いがあること』や『管理人がいること』などが条件として定められている。なので私もイタリアのシステムを参考にしました。

 こちらで宣伝したわけではないのですが、ありがたいことに若い人たちがインターネットで盛り上げてくれて、県外からもお客さんが来てくれています。料金箱の近くに『らくがき帳』を置いているのですが、それを見る限り、実際に利用してくれた方々には楽しんでいただけているようです。

 ただ、1回の利用料金が500円とか1000円ですから、売り上げは微々たるものですよ。まぁ、私はもう70歳近い年金生活者ですから、儲けようという気持ちはあまりなくて、ただ利用してくれる方々に喜んでもらえればいいと思っているんです」

 ラブパーキングが満車になる日は来るか。

※週刊ポスト2022年9月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン