芸能

松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独

松原千明さんの死の真相

松原千明さんが感じていた深い孤独とは

「I’m such a loner」──2018年、ハワイの海の景色とともに、Facebookにこう胸の内をつづった松原千明さん(享年64)。ちょうどこの頃から精神安定剤を頼りにしていたという彼女は何を思って日々を過ごしていたのか──。

 ホノルルの中心地から少し離れた閑静な住宅地に立つヴィンテージマンション。主を失った部屋には悲痛な鳴き声が響き渡る。松原千明さんが亡くなって1か月あまり。彼女が最後の時間を過ごしたマンションの一室には“残されたもの”がある。

「亡くなってからしばらく経ち、息子さんが頻繁に荷物を運び出しています。ただ、松原さんがかわいがっていた愛犬のボストンテリアはまだ部屋の中にいるみたいで……。時々、部屋の前を通ると悲しそうな声でクーン、クーンと鳴いているのが聞こえてきてね。

 松原さんは家族として愛情をたっぷり注いでいたし、いつもワンちゃんと“2人っきり”でしたから……彼女がいなくなったことを理解できず、いまも“ママ”が帰ってくるのをずっと待っているんだと思います」(マンションの住人)

《松原千明さん ハワイで急死》──25年もハワイに住む松原さんが、10月8日に自宅マンションでひっそりと亡くなっていた――本誌『女性セブン』2022年12月1日号で報じた彼女の死は衝撃をもって受け止められ、芸能界は騒然となった。

 元夫の石田純一(68才)は11月16日に報道陣の取材に応じ、「もう少し、ぼくに力になれることがあったのではないかと後悔しています」と沈痛な面持ちで語った。沈黙が続く娘のすみれ(32才)はMCを務めるラジオ番組を2週にわたって欠席。憔悴が伝えられるなか、11月21日には若かりし頃の母の写真とともにインスタグラムを更新し、「I will love you forever」と思いをつづった。

 また、石田の妻・東尾理子(47才)が11月18日に更新したインスタグラムには、理子の誕生日を笑顔で祝福するすみれの姿があり、ファンを安堵させた。松原さんの死因は現在まで不明のままだが、前述の取材時に報道陣から、「(松原さんは)精神的に不安定だったのか」と聞かれた石田は、こう語った。

「そうですね。精神安定剤……だんだん強くなっていったのかもしれないですけど、薬自体ですね。医学的にはわからないですけど、彼女の場合はいわゆるお酒とのマッチング、組み合わせがあまりよくなかったようです」

 だんだんと増えていったという薬の量。異国の地で松原さんを追い詰めたものは何だったのか。

「蓄えがなくなったらどうしよう」

「松原さんが最後に来られたのは半年ほど前でした」

 こう話すのは、彼女の自宅マンションからほど近い日本食料理店のスタッフだ。松原さんは頻繁にこの店を訪れ、日本食を楽しんでいたという。

「ふらっとお見えになって、日本産の煮魚や焼き魚を召し上がっていました。印象的なのは、楽しくお酒を召し上がり、よくおしゃべりされていたことです」

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン