芸能

追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い

松原

急逝した松原千明さん

 俳優の石田純一(68才)の元妻で、女優の松原千明さんが亡くなった。64才だった。この悲しすぎる訃報について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

 * * *

不倫が公になっても「役者の娘」だから肝が据わっていた

 珍しく外でランチをしていた11月16日の午後1時過ぎ。お店の若い男性スタッフがスマホを片手に飛んできて、「ヤフトピに、女優の松原千明さんが亡くなったって、あがってるんですけど……」と教えてくれました。ニュースサイト「NEWSポストセブン」の記事でした。

 20代の彼は松原さんの顔がすぐに浮かばなかったようでしたが、40代後半のシェフと私は同時に「嘘!」と声を上げてしまいました。「そんなはずはない」と思いました。

 松原さんにとって最愛の娘さん・すみれサン(32才)が昨年11月に結婚。今年4月に男児を出産したことで“美しすぎるグランマ”になったばかりの松原さんは、幸せの絶頂にいらっしゃると信じていたからです。でも、コロナのせいで、お孫さんを抱くことが叶わなかったのですね。人と人とを分断するだけでなく、悲しみの底へと突き落とすコロナをまたしても深く憎み、恨まざるを得なくなる、悲しすぎる訃報でした。

 翌17日発売の『女性セブン』で詳細を知り、同日、『めざまし8』(フジテレビ系)がトップで報じているのを拝見しました。

 VTRの中には、石田純一サンの不倫が公になり、リポーターや記者らに囲まれた際に松原さんが笑顔で放った名言「役者の女房ですから」も出てきました。自身が時代劇俳優の原健策さんと、宝塚歌劇団卒業生の乙女松子さんの間に生まれた「役者の娘」だったからなのでしょう。肝が据わっていたわけです。

 その騒動より前、夫婦でイベントにいらしていた際の映像も出てきましたし、もっと古くは、結婚会見や、イタリア・フィレンツェでのふたりだけの結婚式について。また、すみれサンが誕生した際、石田サンが「フェラーリ」とか「ゴルフ」というワードを織り交ぜながら“お楽しみ”を語っていたことを松原さんが代弁し、「わけがわからない」と苦笑される微笑ましいVTRも出てきました。

 それらの端々に、7年間の交際を経て、松原さんが強く願ってのゴールインであり、希代のモテ男を夫にしたことを熟知している松原さんの“覚悟”のようなものが見え隠れしていました。

 でも、もっとも驚いたのは、松原さんの逝去が公になった日、石田サンが『Dream Energy〜パネルディスカッション&ミュージックライブ〜』なるイベントにゲスト出演していたことです。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト