国内

秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)

頑なな性格は眞子さまと似ているといわれている(2021年11月、東京・港区。時事通信フォト)

「娘に甘いは親父の習い」ということわざがあるように、世の父親は娘に対してはとかく甘いものである。皇室においても例外ではなく、秋篠宮さまは娘をかばい続けてきた。しかし、眞子さんが見つめるのは小室さんのみ。ついに今年の誕生日会見で父娘関係の異変が表出して──。

《漠として一年の感想と言われても困ります》

 秋篠宮さまの肉声を伝える書籍『秋篠宮』(2022年)によれば、秋篠宮さまは、毎年行われる誕生日会見に対して、かつてそのような感想を抱かれていたという。秋篠宮さまは11月30日、57才の誕生日を迎えられ、今年も会見に臨まれた。

 注目されたのは、長女の眞子さんと小室圭さんについて言及されるかどうか。というのも、昨年の会見で、秋篠宮さまは小室さんのことを「夫の方」「娘の夫」と表現され、ついにその名を呼ばれることはなかったからだ。

「昨年の会見での秋篠宮さまの小室さんの突き放し方はあまりに衝撃的でした。例によって今年も担当記者らが事前に宮内庁側に提出した質問には、眞子さんの近況が含まれていた。結婚から1年が経ち、秋篠宮さまと小室さん夫婦の関係性に進展があるのではと期待されていたのです。

 ところが、今年の秋篠宮さまは“ゼロ回答”でした。皇室のスポークスマンの役割を担われてきた秋篠宮さまらしからぬ、歯切れの悪い会見だったという印象です」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまは感情を表に出されないポーカーフェイスで知られるが、近頃は様子が異なっていたという。

「普段なら淡々とされている場面でも、笑みがこぼれおちるようなご様子でした。小室さんの合格を、内心ではよほど安堵されたのかと感じました」(前出・宮内庁関係者)

 10月下旬、小室さんが3度目の挑戦で米ニューヨーク州の司法試験に合格したという吉報がもたらされた。今後、現在の勤務先や、複数の先輩弁護士らの「宣誓書」の提出などを経て、正式に弁護士登録がされる見通しだ。これまで法務助手として働いていた小室さんの年収は600万円ほどとみられていた。急激な物価高に見舞われているニューヨークで生活するには厳しい額である。

「眞子さんは1億3000万円を超える結婚一時金を辞退しましたから、不合格のままの生活が続けば、元皇族にふさわしい生活どころか、生活そのものが苦しいはずです。しかし、弁護士になればいまの5倍程度の収入になる。

 昨年の誕生日会見で秋篠宮さまが見せられた小室さんへの厳しい態度は、あくまで眞子さんのことを心配されてのこと。小室さんを祝福したいお気持ちというより、収入が増えることは眞子さんの経済的な安心につながりますから、秋篠宮さまはとにかくホッとされたでしょうね」(皇室記者)

 10月24日には宮内庁幹部が「宮内庁として申し上げることはない」とコメントし、小室さんの合格にまつわる話題は一段落したかのように思えた。しかし、3日後の27日に行われた秋篠宮家最側近の会見で、ご夫妻は「お喜びのご様子」だと改めて明かされる一幕があった。前出の宮内庁関係者が語る。

「異例の発表でした。側近の一存でご夫妻のお気持ちを発言することは、通常ありえません。つまり、秋篠宮さまや紀子さまが“公表してほしい”という希望を持たれていたと考えられます。逆説的ですが、そのことがまた、秋篠宮ご夫妻と小室さん夫婦の断絶を感じさせることになりました」

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト