国内

愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)

 人影もまばらな土曜の夕方、学習院大学の目白キャンパス(東京・豊島区)に、愛子さまのお姿があった。12月3日、6年前に100才で亡くなられた三笠宮さまの生涯を紹介する展示会へ、天皇陛下とともにお忍びで足を運ばれたのだ。翌4日には五島美術館(東京・世田谷区)を私的に訪問。平安時代末期の歌人・西行の特別展を、またも父娘でご覧になった。愛子さまは、沿道に居合わせた人々に気づくと窓を開け、笑顔で手を振られていた。

 このところ愛子さまのお出ましが増えている。

「11月以降、雅楽鑑賞、東京国立博物館訪問、そして2回のお忍び外出と続いています。両陛下の地方公務の活発化に合わせて、あくまでも学業を優先しながら、お出ましを増やされるのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 徐々に「おこもり」を解かれる愛子さまの“新たな輝き”に注目が集まっている。

 12月1日、愛子さまは21才の誕生日を迎えられた。宮内庁が公開した映像で一際目を引いたのが、胸元で輝くシルバーのハートのペンダントだった。愛子さまが皇居内で飼育されている馬と触れ合われるたび、キラリと光っていた。ハートの中心には愛子さまのイニシャルである「A」をあしらったような清楚な刻印があり、愛子さまの落ち着いた雰囲気とマッチしていた。

 前述した雅楽鑑賞などの際は、パールのイヤリングやネックレスをされていた愛子さま。対照的に、少しカジュアルにも映るハートのペンダントはご自身で選ばれたものなのか、それとも、特別な誰かからの特別な意味のある贈り物なのか。意味深長なアクセサリーの贈り主は一体──憶測が飛び交う前に、“秘密のお相手”は明らかになった。

「宮内庁は、中学・高校時代のご学友から以前にプレゼントされたものだと説明しました。愛子さまは学習院女子中・高に通われていたので、仲のよい女性のご友人から贈られたものでしょう」(皇室記者)

 胸元の光は級友との絆だったのだ。

「愛子さまは中学生の頃、ご学友と品川プリンスホテル内の施設でカラオケやボウリングを楽しまれたこともありました。高校の卒業式では、正門前で仲よしグループと思われる女子生徒たちと楽しげに記念写真を撮られ、『また来てね、うちに!』と親しく言葉を交わされる姿も。そういったご友人から贈られたものを、いまも大切にされているのでしょう」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト