2017年に京王電鉄が導入した新型車両「5000系」の車内。鉄道会社の新型電車導入時に車内にはベビーカーや車いす専用スペースを設置するのが当たり前になりつつある(時事通信フォト)

2017年に京王電鉄が導入した新型車両「5000系」の車内。鉄道会社の新型電車導入時に車内にはベビーカーや車いす専用スペースを設置するのが当たり前になりつつある(時事通信フォト)

ベビーカーをめぐるトラブルの新潮流

 善意とは、相手の立場や窮状を理解したうえで発揮され、受け取る側も感謝と配慮をすることで社会生活を成り立たせるもののはずだ。親子や親友など個人的な関係性から、無条件に善意を発揮する場合もあるだろうが、社会的に共有されている「善意をかけられるべき対象」という認識では、たとえば「お客さん」「子供」「体が不自由な人」「高齢者」などがあるだろう。少子化がすすむ日本では、未来を担う子供に、善意から様々に手助けをするのが当然という共通認識が拡大している。

 たとえば、少し前までは電車やバスに乗車するとき、ベビーカーはなるべく邪魔にならないように折りたたむのがマナーだと言われた。数年前、まだ子供が小さかった筆者も電車に乗る度、片手に子供を抱きかかえ、片手に折りたたんだベビーカーを持った。それでも車内が混んでいれば舌打ちされるなど、窮屈で大変な思いをしたものだった。

 あの当時は、ベビーカーが他の利用客の迷惑にならないようにするのが推奨されており、車内でもそうしたアナウンスがあったように記憶しているが、今では社会の風向きが変わった。ベビーカーを折りたたまないまま乗車しても大丈夫だと、鉄道やバスなどの公共交通機関各社が呼びかけ、ベビーカーに配慮するという新しい「善意」の必要性を、マスコミも後押しするように説いたのである。ベビーカーが必要な子供のためにそうなったはずで、善意を受け取った側も周囲に気を配るのが望ましいのだが、なかには前出の「ネギや揚げ玉を容器に入れて持ち帰る客」のような態度の人がいるという。

「私にも小さい子供がいますから、ベビーカーを伴っての移動の苦労は痛いほどわかる。ベビーカーに関する鉄道各社の呼びかけも妥当なものだと思います。しかし、朝の満員電車にママ数人、何台ものベビーカーで乗り込んでこられてはたまらない。押した当たったと何度もトラブルになっていて、電車が止まったこともあります。中高年客からは”最近の親は手抜きだ”と怒鳴り声が上がったり、反対にママ側は”ベビーカーに配慮を”と不満げ。何が正しいのか、わからなくなってしまいます」

 こう証言した都内在住の会社員・神田健憲さん(仮名・40代)は、毎日利用する通勤電車で、ベビーカーを巡る「善意」にまつわるトラブルに複数回巻き込まれた。件のママ集団は朝のラッシュ時、ベビーカーに子供を乗せた状態でたびたび乗り込んでくるといい、いくら世間に「ベビーカーを温かく見守ろう」という雰囲気があっても、あれでは「全く理解されない」と訴える。

「空いた車内であれば、もちろん気を遣いますよ。でも、通勤ラッシュ時の満員電車では自身の身動きすら取れず、ベビーカーに配慮なんかできません。ちょっとでも当たったり押したりすると睨まれます。私も小さな子供がいて、妻がベビーカーを押して電車を利用することもありますが、こんなトラブルにならないよう気をつけて欲しいとお願いしています。善意を受け取る以前に、周囲への配慮は必要だと思います」(神田さん)

 おそらく、ほとんどのベビーカーユーザーは朝の通勤ラッシュに電車に乗り込まないように調整するだろう。どうしても満員電車に乗らなければならない場合は、子供が怖い思いをしないように、ベビーカーにのせたまま乗車することは避けるのではないだろうか。ごく一部かもしれないが、図々しい人たちを強く退けられないため不満だけが募る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン