期間限定サービスを期間外に強要する客が増加(イメージ)

期間限定サービスを期間外に強要する客が増加(イメージ)

「はっきり言って、ベビーカーって電車やバスの中では邪魔です。それは子育て経験がある人なら誰でもわかるし、親としての大変さもわかる。だからこそ、頑張って子育てしている人は応援したいし、配慮したい。それを”子供優先だ”とか”ベビーカーに配慮しろ”と言われると、流石にそれは違うんじゃないかと」

 筆者や神田さんのように、ベビーカーをめぐる配慮が無かった時代を知っていると「今はよくなった」と感慨深い。他にも、鉄道各社が主に朝夕のラッシュ時に実施している「女性専用車両」についても、当初は男性差別の可能性を指摘する声も少なくはなかった。しかし、冷静に考えてみれば、痴漢など女性にとっての脅威があるから、鉄道各社がそうした客でも利用できるような善意による配慮をしているだけ。一時期、女性専用車両に乗り込んでいきわざとトラブルを起こしたり、動画を撮影しSNSにアップする男性とみられるネットユーザーもいたが、そうした人々は相手にされなくなった。

 しかし本来、善意をむけられるだけで嬉しいはずなのだが、人とは欲が深い生き物で、与えられるのが当たり前になると、図々しくなる人が必ず出てくる。ところが、厚かましい言動をとる人たちは、自分は権利の行使をしているだけだから、非難されるいわれはないと本気で考えている。お互いがお互いを非常識だと思って歩み寄る余地がないので、両者の間でトラブルが呼び起こされる。

ホテルが期間限定プランを止めた理由

 善意を受け取ることが「当たり前」になり、それを特権として勘違いしてしまう人も少なくない。聞き取りをすすめると、そう感じざるを得ないエピソードが更に噴出する。都内のホテル勤務・中里愛華さん(仮名・40代)は、そうした勘違い客に翻弄され続け疲弊している。

「ホテルのレストランでは、時期によって高齢者やお子様連れのお客様を優遇する複数のプランを打ち出しており、とても好評でした。しかし、いつ頃からか、高齢のお客様からは”子供がうるさい”とクレームが入り、逆に子連れのお客様からは”老人が長居しすぎている”とクレームが入るようになりました」(中里さん)

 ホテル側は、食事がゆっくりになりがちな高齢者のための「滞在時間延長プラン」、そして騒がしい子供に親が気後れしなくていいように済む「個室プラン」をそれぞれ打ち出していた。いずれもホテル側の善意によるサービスだが、利用客同士が互いの待遇にケチを付けるようになってきたのだという。さらに、善意のサービスを「当たり前」と勘違いする客も増え続けているのだと続ける。

「期間限定のこうしたプランが利用できない期間にも、同様のサービスをしろと強要してくるお客様も増えました。あくまでも限定サービスだといっても、差別だひいきだと言われると、こちらも対応できない。結局、どちらのサービスも中止になり、プランが実施される時期を楽しみにしていた他のお客様からは苦言を呈され、誰にも感謝されないような終わり方になってしまいました」(中里さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
ゴールラインを割りそうなボールに走り込む三笘薫(右手前)。ゴール後のビデオ判定は「三笘の1ミリ」と呼ばれる(時事通信フォト)
「三笘の1ミリ」「マラドーナの神の手ゴール」は“ビデオ判定の有無”が生んだ? それでもサッカー審判が「機械だけには任せられない」理由
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
問題となった「ほぼ裸」ポスターを貼る、モデルの桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン