芸能

広末涼子の「守りたい後輩」リストから漏れた田中みな実 事務所内での“下剋上”に向け生き残りバトル

広末と田中みな実

広末涼子と田中みな実のバトルが勃発か

《私の大好きな戸田恵梨香だったり、唐田(えりか)だったり、(有村)架純ちゃんだったりを守っていけるのかって思ったときに凄く不安になったんですね》。泥沼不倫が世間を騒がせている最中に、『週刊文春』の記者に直電し、広末涼子(42才)がそう吐露したことを報じられた。当初不倫を否定したのは事務所の指示によるものだったと明かしながら、同じ事務所に所属する後輩女優の名を挙げ、マネジメントへの不信感を明かした。しかし、飛ぶ鳥を落とす勢いの“後輩女優”の名前は、無視されたかのように抜け落ちていた。

 広末と人気シェフ・鳥羽周作氏(45才)の不倫騒動の余波が収まらない。単独会見を開き「良き妻で最高の母」と広末を擁護した夫のキャンドル・ジュン氏(49才)には、過去の不倫疑惑や暴力行為のほか、スタッフに異常な低賃金での過酷労働を強いたといった告発が、『週刊女性』で報じられた。

 対する鳥羽氏は、長野県に新規オープンした自身の店で、ジュン氏に対して「クソっすよ、あいつは」「マジでああいうやつは抹殺された方がいいですよ」などと怒りをブチまけたことが『東スポWEB』で報じられた。

 騒動の発端である広末自身は無期限謹慎に突入し、出演が内定していた今年10月クールの月9ドラマ(フジテレビ系)の降板が決まったという。しかし、仕事がなくなったことに広末自身はさほどダメージを受けていないようだ。

「広末さん本人には女優業への復帰だけでなく、芸能活動再開への意思自体がなさそうなのです」(芸能関係者)

 それというのも、文春記者への直電で広末が事務所批判を繰り返していたからだ。その言葉は、デビュー当時から広末を見守り続けてきた事務所社長に向けられていた。

「芸能界に入ったとき、広末さんはまだ14才。高知から上京した彼女を最初のマネジャーとして支えたのが、いまの事務所の社長です。2人のつきあいは約30年になります。広末さんにとって恩人であり、育ての親のような存在と言えるでしょう。広末さんがトラブルを起こすたび、社長は広末さんをかばい、あちこちに頭を下げてきました。広末さんがこれまで芸能活動を続けてこられたのも、この社長がいたからです」(前出・芸能関係者)

 だがその恩人に、広末は牙をむいた。

「いまでは直接のやりとりもままならないと聞きます。広末さんの恩人である芸能事務所『芸映』の元社長・市原稔氏(享年78)が6月23日に亡くなった際も、事務所社長はそのことを広末さんに伝えなかった。知人のマスコミ関係者から訃報を聞いた広末さんは、慌てて供花を贈ったそうです」(前出・芸能関係者)

 亀裂の背景には、騒動の対応への不満以上のものがあったのかもしれない。冒頭の直電で、広末がスルーしたのが田中みな実(36才)だった。広末と同じ事務所に2020年8月から所属している田中は、いま、女優としての活躍の場を一気に広げている。

 今年3月放送の『悪女について』(NHK)で連続ドラマ初主演を担ったのを皮切りに、4月クールの『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)で“サレ妻”を熱演。この7月からは『ばらかもん』(フジテレビ系)でシングルマザー役に挑戦する。来年放送の大河ドラマ『光る君へ』(NHK)の出演も内定しているという。

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB