芸能

【泥沼離婚のその後】篠田麻里子、大幅収入減と“激安”な養育費の苦境 愛娘のために奮闘する日々

篠田麻里子

エコバッグからはねぎが顔を出し、生活感がうかがわれる

 少しやつれた顔つきで、手元のタブレットに目を落とす長身の美女。8月下旬、都内の高級住宅街にあるカフェのオープンテラスにいたのは、篠田麻里子(37才)だ。背中のあいたライトベージュのゆるふわトップスと、膝下までスリットの入った白のロングスカート。そしてスカートと同系色の高級ブランドのバッグという装いは、さすが元AKB48の“ファッションリーダー”である。アイドル時代と遜色ないスタイルを維持する篠田もいまや1児の母。服装も30代ならではのおしゃれへとシフトチェンジしている。

 しかし、街並みもファッションも洗練されているのに、彼女の姿にどこか哀愁が漂って見えるのは、やはりあのつらい経験があったからだろうか。2019年に3才年下の一般男性と結婚したものの、昨年、その夫が娘(当時2才)を連れ家を出たことが判明。原因は、篠田と旅行会社社長A氏との不貞疑惑だと世間に広まり話題となった。

「篠田さんがA氏とやりとりしたLINEのスクショ画像や、夫に号泣して許しを請う音声データなどが流出し、あっという間に拡散。その生々しさは衝撃的でした」(芸能関係者)

 篠田の夫は昨年末にA氏を相手取り民事訴訟を提起。篠田とも離婚調停で親権と慰謝料を争う泥沼の展開へと発展した。

「騒動発覚直後から、篠田さん本人は一貫して不倫関係を否定し、相手とされたA氏も同様でした。一方、娘を無断で連れて行かれたあげく、法外な慰謝料を要求されたことで、彼女は早々に離婚を決意していました」(篠田の知人)

 今年3月には自身のインスタグラムで離婚成立を発表。怒り心頭だったはずの元夫は一転、「この度の件について、麻里子の言葉を信じることにしました」とコメントを発表し、事態は一気に収束した。前出の篠田の知人が内情を明かす。

「公表されてはいませんが、元夫はすでにA氏への提訴も取り下げていて、トラブルは決着。親権も篠田さんが持つことになりました。現在はシングルマザーとして娘さんと2人暮らしです。コロナ禍も一段落し、福岡に住むご両親が上京する機会も増えてきて、育児のサポートも受けられるようになっています。

 ただ、元夫からの養育費は、毎月1万~2万円ほどだそうです。タレント活動を続ける上で、一日も早く離婚問題に決着をつける必要があったとはいえ、篠田さんは“激安なの”と周囲にもらしていたとか」

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン