スポーツ

【治らなかったマシンガン継投】2年連続Bクラスの巨人「原監督続投なら暗黒時代突入」の懸念

ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)

ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)

 2年連続Bクラスとなった巨人。同じ監督で2年連続4位以下の成績となるのは球団史上初の不名誉な記録となる。原辰徳監督に対する風当たりが強まっているが、3年契約最終年の来季も続投の可能性が高いという見方が多い。スポーツ紙デスクは、こう分析する。

「阿部慎之助ヘッド兼バッテリーコーチが次期監督の最有力候補ですが、指揮官としての手腕は未知数で指導能力も高いとは言い切れない。高橋由伸前監督の再登板は待望論が強いですが、チームが不安定な現在の状況で託すのは酷です。実績のある監督経験者を外部招聘する選択肢がベストに感じますが、巨人のフロント陣が断行するとは思えない。原監督に来年も託すことになると思います」

 明るい材料はある。菅野智之、丸佳浩、中田翔らベテランが不調や故障で1年間稼働するのが厳しくなっている中、若手が台頭してきた。自己最多の9勝をマークしている山崎伊織を筆頭に赤星優志、菊地大稀、船迫大雅が頭角を現わし、野手はミート能力と長打力を兼ね備えた秋広優人が2ケタ本塁打を放ってブレーク。攻守で高い能力を示す門脇誠は遊撃の定位置をつかみ、不動のショートだった坂本勇人を守備の負担が少ない三塁にコンバートするメドが立った。

 若手とベテランの融合で戦力は底上げされたはずだが、戦いぶりは精彩を欠いた。シーズンを通じて爆発力がなく貯金を作れない。その原因について、巨人を取材するスポーツ紙記者はこう指摘する。

「原監督のベンチワークのまずさが目立ちます。戦力は充実しているのだからもっとどっしりしていてもいいのに、選手をどんどん替えていく。リリーバーで左投手が登板したら、右打者を代打に起用するのが典型的な例です。秋広、吉川尚輝、梶谷隆幸は左投手への対応力が高いし、左投手が必ずしも左打者を得意にしているわけではない。どんどん手札を切るので、試合終盤になると戦力が弱くなり、力尽きてしまう。原巨人と対照的なのが首位を独走し、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神の岡田彰布監督です。打線はレギュラーに託し、投手陣が多少打たれても我慢して動かない。ベンチがどっしりしているので、選手たちも地に足がついて力を発揮できている。投打で戦力が充実しているだけでなく、手堅いベンチワークで白星を積み重ねていた。V奪回は必然だと思います」

関連記事

トピックス

麻生太郎内閣で官房長官を務めた河村建夫氏(時事通信フォト)
官房機密費問題で河村建夫・元官房長官が重大証言「馳浩氏は発言撤回すべきではなかった」「私のときは麻生首相から“あそこに渡してくれ”と指示があった」
週刊ポスト
大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン