芸能

三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”

おばあちゃんになってから1年(写真は2022年10月)

2023年は新作ラッシュ(2022年10月)

 閑静な住宅街にひっそりとたたずむ一戸建てに足を踏み入れると目に飛び込んでくるのは、色とりどりのキルト。11月21~23日、東京・国立市でキルト作家の鷲沢玲子さんが主宰するキルト教室「キルトおぶはーと」のパッチワーク展が開催された。

 出品者に贈られた胡蝶蘭のスタンドが華を添えた会場には、50点ほどの作品が展示された。なかでも大勢の来場者の注目を集めていたのは、オリーブの実のパッチワークに黄色やピンクの差し色が映えるタペストリーと、フルーツ柄がちりばめられた、カラフルなトートバッグだ。

「どちらも三浦百恵さん(64才)が出品されたものです。みんな足を止めて顔を近づけ、細部まで見入っていました」(パッチワーク展の関係者)

 別の関係者も続ける。

「百恵さんの作品は丁寧で色使いが美しい。パッチワーク展で彼女のバッグを見ていた、とある来場者は『このバッグと同じ物を作りたい』と、その場にいたインストラクターに声を掛けていたほど。彼女の作品には、パッと目を惹く華やかさがあるんです」

 人気絶頂にあった1980年に三浦友和(71才)と結婚して芸能界を引退し、家庭に入った百恵さん。今年は彼女がキルトを始めてから35年目の節目の年でもある。

「1984年4月に長男の祐太朗さん(39才)、翌年11月に次男の貴大さん(38才)が生まれ、『家で楽しめて、子供たちのためになる趣味を』と始めたのがキルト作りでした。いまは2~3か月に一度ほどのゆったりとしたペースで通っている百恵さんも、最初は苦労して、毎週のように先生のもとを訪れ、アドバイスをもらっていたのを覚えています」(三浦家の知人)

 才能はめきめきと開花した。2019年に出版したキルト作品集『時間の花束』は、20万部を超えるベストセラーに。

「2022年に制作した『タイムトラベル』というタペストリーは、『QUILTS JAPAN』(2023年10月号秋、日本ヴォーグ社)という専門誌の表紙作品として掲載されました。かねて“プロ級の腕前”と評されていましたが、この雑誌の表紙に作品が掲載されたということは、名実ともに、“日本のトップキルト作家”のひとりとして認められたということです」(手芸関係者)

 そんな百恵さんの周囲では最近ちょっとした異変があるという。教室の関係者がこっそりと明かす。

「その腕前で教室でも一目置かれる存在の百恵さんは、ほかの生徒さんから畏敬の念を込め『三浦様』と呼ばれ、崇められているのです。展示会でもあちらこちらで『私も三浦様のようにうまくなりたい』『あぁ、三浦様の作品は美しい!』などと感嘆の声が上がっていました」

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン