芸能

【本当に面白いのはどの作品?】独自作成・2024冬ドラマランキング、阿部サダヲ、西島秀俊、木梨憲武、反町隆史…50代以上俳優が躍動

『不適切にもほどがある!』主演

『不適切にもほどがある!』主演の阿部サダヲ

 タイムスリップ、テレパシー、幽霊などがテーマのファンタジー作品が豊富な2024年冬ドラマ。今回、女性セブンでは「本当に観たい面白いドラマ」を見つけるべく、独自のドラマランキングを緊急作成。あなたが春になるまで観続けたいグレイトなドラマを見つけてほしい。

《この作品には不適切な台詞や喫煙シーンが含まれていますが、時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み、1986年当時の表現をあえて使用して放送します》

 番組冒頭にテロップが流れた直後、阿部サダヲ(53才)演じる主人公・小川市郎が、寝坊した高校生の娘・純子と大声でけんかを繰り広げる。

「おい! 起きろブス! 盛りのついたメスゴリラ!」
「うっせえなあ! クソじじい!」
「ブスのくせにいつまで寝てるんだよ!」
「うっせえなあ! クソチビ!」

 ドラマの舞台は1986年の日本。のっけから“不適切”な言動を繰り返す主人公は、その後2024年にタイムスリップして、コンプライアンス全盛の令和の時代にセクハラ・パワハラ満載の昭和の価値観を持ち込み、大混乱を巻き起こす──。

『不適切にもほどがある!』が1月26日にスタートしたことで、ようやく出揃った1月クールの主要連続ドラマ。早くも視聴率や配信再生回数で明暗が分かれるなか、とにかく頑張っているのは“オヤジたち”だ。

ぶっちぎりで1位に輝いたのは『不適切にもほどがある!』

ぶっちぎりで1位に輝いたのは『不適切にもほどがある!』

 不適切発言を連発する阿部を筆頭に、西島秀俊(52才)、木梨憲武(61才)、反町隆史(50才)など、50代以上の中年男性の躍動が目立つ。

 放送コラムニストの高堀冬彦さんが語る。

「今シーズンの特徴は、家族愛を描いたホームドラマが豊富なことです。なかでもお父さんと娘の関係性を描こうとする作品が多い。

 少し前までは『VIVANT』(TBS系)に代表されるようなアクションものやミステリー系のドラマが多かったので、その揺り戻しがきたのでしょう」

 まだまだ視聴率をもとにドラマの善し悪しが語られることも少なくないが、実際には視聴率だけで人気をはかることは難しくなってきている。スマートフォンの動画配信サービスを利用する層が増えたことや、録画機器の機能向上などにより、数年前から視聴率と人気番組のかい離は起きており、ドラマももちろん例外ではない。いま、“本当に観たいドラマ”は何なのか──そう考えた本誌『女性セブン』は、毎週750番組以上の見逃し配信を行う国内最大規模の無料動画配信サイト「TVer」に注目。1月28日〜2月5日の1日2回、再生回数によって順位が決まるTVerの「ドラマランキング」をチェックし、1位30点、2位27点と3点刻みでポイントを加算した。これに識者の評価によるポイントを加え、視聴回数が多く、かつプロの厳しい“目”も加わった独自のドラマランキングを作成した。

 今回、調査したのは全16ドラマ。その中で上位となる8位から順に見てみよう。

【ランキング作成のルール】
・1月28日~2月5日まで、1日2回(10時と18時)TVerの「ドラマランキング」をチェック。1~10位までに、それぞれ1位30点、2位27点…9位6点、10位3点のポイントを加算。※過去に放送されたドラマの再放送は除く。
・取材した識者にも1~3位を決めてもらい、それぞれ1位100点、2位90点、3位80点を加算。逆に、識者が「ワースト」に選んだドラマは50点の減点。
・TVerでのポイントと識者によるポイントを合算してランキングを作成。なお、ランキング作成にあたっては、プライム帯(19~23時)に放送されているドラマを抽出。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン