向かうところ敵だらけの反町

医療ドラマに初挑戦

医療ドラマに初挑戦

 8位には反町が主演を務める『グレイトギフト』がランクイン。大学病院を舞台に、波瑠(32才)、佐々木蔵之介(56才)ら豪華キャストが揃うサバイバル医療ミステリーだ。病理医の藤巻達臣(反町)は、ある患者の不審死から未知の殺人球菌「ギフト」を発見する。その球菌が体内に入ると人を死に至らしめ、その後ギフトは完全消滅してしまうため、急性心不全としか診断できなくなる。つまり、「完全犯罪」を可能にしてしまう殺人球菌だったのだ。この新種の菌の発見によって、藤巻の人生はみるみる激変する──。

 ドラマコラムニストの吉田潮さんは今回、医療ドラマに初挑戦した反町に注目する。

「壮大なサスペンスを描くのかと思いきや、大学病院内の小さな権力争いがストーリーのメインになっていて、“医療ドラマあるある”だなと若干辟易していますが、とにかく反町さんが気になりランクインさせました。

 今作で彼は人の目を見て話せないような内向きな病理医で、全然かっこいい役じゃないんです。ほかの登場人物から嫌われたり、叱責されたり、さらに妻からも娘からも嫌われている。向かうところ敵だらけという反町さんの立ち位置は新しいし面白いな、と。

 今後、小さな病院だけの話に終わらせず、殺人球菌が院外に出てしまったら……など壮大な話まで描くのだとしたら本当に面白い」

 7位には『厨房のありす』がランクインした。

「料理は化学です」が口癖の自閉スペクトラム症の料理人・ありすを門脇麦(31才)が、彼女の料理店「ありすのお勝手」にバイトとして転がり込む謎の青年をKing & Princeの永瀬廉(25才)が演じる。

「ハンデを持った人が主人公の場合、どうしても暗い話になりがちですが、このドラマはハンデを個性としてしっかり描いているので、暗いだけの作品になっていないところがすごい。

 脚本家のひとりである玉田真也さんは30代半ばでこれまで演劇界で活躍してきた人なのですが、今後に期待したいです」(高堀さん)

主演ドラマ『春になったら』は高評価を得ている

主演ドラマ『春になったら』は高評価を得ている

 5位は木梨憲武(61才)と奈緒(28才)がダブル主演で親子役を演じる『春になったら』。木梨は、前出の反町に続き、今クールで頑張る“お父さん”のひとりだ。

 3か月後に他界する父と、3か月後に結婚する娘の心温まる交流を描き、初回放送後、「傑作!」「今期いちばん」と高い評価を得た。

 木梨は1999年7月期に放送されたドラマ『小市民ケーン』(フジテレビ系)以来、24年ぶりとなる連続ドラマ主演で、福山雅治が書き下ろした主題歌『ひとみ』も話題だ。

 ドラマ評論家の成馬零一さんも「本当にいいホームドラマ」と評する。

「基本的には奈緒さんと木梨さんの2人の会話が中心で、そこに別の人が少しずつ絡むというシンプルなつくりなのですが、それがめちゃめちゃ面白い。昔はちょっとホロっとするホームドラマっていっぱいあったのですが、いまの時代、奇抜な設定がないと話題になりにくくなってしまい、こういう作品が少なくなってしまった。ドラマらしいドラマというところでいうと、今クールではこれがいちばんかな」

 木梨の出演にも関心を寄せる。

「1980年代からとんねるずを見ていて、芝居がうまいことは知っていましたが、木梨さんがこんな味のあるお父さんを演じるとは思わなかった(笑い)。たしかに、いまの60代ってこれぐらい若いよな、と思います」(成馬さん)

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン