ライフ

【ブームから50年】いま再び注目される『ノストラダムスの大予言』 “2027年に大きな事件”“小惑星の地球衝突”…研究者が注目する予言

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

 世界滅亡の予言が衝撃を与えたノストラダムスのブームから50年。「終末の時」とされた1999年は過ぎ去り、ノストラダムスの名前は忘れ去られていった。だが、この予言が再び注目されている。第二のノストラダムスブームの背景と、さらなる「恐怖の予言」とは──。

予言は「西暦3797年まで」

〈1999年の7の月、空から恐怖の大王が降りてくる〉──。人類滅亡を示唆する「ノストラダムスの大予言」が、作家・五島勉氏(故人)によって日本に紹介されたのは1973年11月のこと。同名の書籍は刊行直後から反響を呼び、翌1974年にミリオンセラーとなった。同書はシリーズ化され、現在まで累計600万部を超える大ベストセラーになっている。

 書籍の内容は、フランスの医師で占星術師のミシェル・ノストラダムス(1503~1566年)が1555年に著した「予言集(詩集)」を翻訳、解釈したもので、そのなかでもとくに注目されたのが、冒頭で触れたショッキングな記述だった。オカルト・予言に詳しいライターの白神じゅりこ氏が解説する。

「1000篇に及ぶノストラダムスの予言は『四行詩』や『六行詩』という独自の短文形式で記され、難解で抽象的なものが多いのが特徴です。ゆえに、1999年の“恐怖の大王”についても、『巨大彗星の衝突』や『核戦争の勃発』、『甚大な天変地異』など、さまざまな解釈がなされ、人々の恐怖心を煽ってきました」

 幸いなことに20世紀末に「恐怖の大王」が降臨することはなく、やがて人々の関心は薄れていった。だが、ノストラダムスの予言は1999年で完結したわけではない。前出・白神氏が言う。

「ノストラダムスは息子・セザールに宛てた手紙で、“西暦3797年までの予言をしている”と記していました。1999年の人類滅亡説は、一部の研究者による解釈が独り歩きしたものと考えられます」

 50年前のブーム当初は、中東危機の勃発やオイルショックによる経済低迷、環境汚染の深刻化など社会不安が広がっていた。現代もまたイスラエルとガザの紛争で中東が揺れ、地球温暖化や異常気象をはじめとする環境問題が盛んに叫ばれる。閉塞感が世の中を覆い尽くすなか、世界で再びノストラダムスの予言が注目を集め始めた。その詳細に触れる前に、まずこれまでに的中したノストラダムスの予言を振り返ろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン