スポーツ

江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃

広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)

広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)

 名将と誉れ高い広岡達朗氏にとって数々の教え子のなかでも江夏豊氏は特別だった。2年連続日本一を飾った翌年、日本ハムファイターズからトレードで来た大投手・江夏は様々な意味で物議を醸した。広岡氏が「毛嫌いした江夏を引退に追い込んだ」というのが“定説”になっているが、当時の心情はどうだったのか──。広岡氏の80年にも及ぶ球歴を教え子たちの証言をもとに構成した書籍『92歳、広岡達朗の正体』(扶桑社)を上梓したノンフィクション作家の松永多佳倫氏が、犬猿の仲といわれる二人の関係を紐解く。(文中敬称略)

 * * *

 広岡は、自身の打撃についてこう語ったことがある。

「水原(茂)さんが監督だったらもっと打っていた。川上(哲治)さんが監督になってから、感情が先走り『見せつけてやる』と邪念が入ってしまった。バッティングはやはり自然となり、無の境地にならないと高いレベルの打率など安定して残せないもの」

 海軍特別将校の息子として生まれ、旧制一中(現呉三津田高校)から早稲田のスターとして神宮を沸かせ、そして巨人軍に入団しV9初期のショートとして活躍。出自、学歴と申し分なく、頭脳明晰で実力もあり、絵に描いたような野球エリート。自身の理論を証明するかのごとく監督としてもヤクルト、西武の在籍7年間でリーグ優勝4回、日本一を三度成し遂げ、外野の声を完全に塞ぎ、名将の冠を授かった。

 そんな広岡でも唯一の難点だったと言えば、バッティングだ。通算打率が二割四分。このおかげで超一流のプレーヤーにはなれなかった。だからこそ、指揮官になってから超一流と言われるプレーヤーに対して一家言があったのかもしれない。

江夏に対する広岡の判断

 1983年オフ、西武の監督に就任して2年連続日本一を飾り、広岡はこの世の春を謳歌しているかに見えた。しかし、広岡はすでに来シーズンのことを考えていた。1979年西武ライオンズ発足時は、他球団からロートルスターを獲得した烏合の衆のようなチームだった。そんな寄せ集め集団を広岡が監督に就任してから、ベテラン陣を復活させ若手と上手く融合したチームで日本一を連覇した。ここからが、本当の意味での広岡野球をやろうと視野に入れ、田淵幸一、山崎裕之、大田卓司、高橋直樹といったベテラン連中に引導を渡し、若手主体のチーム作りに舵を切るチャンスだと思った。そんな矢先に、日本ハムから江夏豊をトレードで獲得。それも、若手の柴田保光と木村広を放出してまでだ。広岡は怒りまくったが、もう元には戻らない。

 36歳の江夏のピークはすでに過ぎたというのが球界内での常識だったが、鍛え方次第で現状維持は保てると広岡は判断。1983年セーブ王に輝いた森繁和の肘の具合も悪いし、ダブルストッパーでいけばシーズンを乗り切れる構想を打ち立てたのだ。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン