スポーツ

江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃

広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)

広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)

 名将と誉れ高い広岡達朗氏にとって数々の教え子のなかでも江夏豊氏は特別だった。2年連続日本一を飾った翌年、日本ハムファイターズからトレードで来た大投手・江夏は様々な意味で物議を醸した。広岡氏が「毛嫌いした江夏を引退に追い込んだ」というのが“定説”になっているが、当時の心情はどうだったのか──。広岡氏の80年にも及ぶ球歴を教え子たちの証言をもとに構成した書籍『92歳、広岡達朗の正体』(扶桑社)を上梓したノンフィクション作家の松永多佳倫氏が、犬猿の仲といわれる二人の関係を紐解く。(文中敬称略)

 * * *

 広岡は、自身の打撃についてこう語ったことがある。

「水原(茂)さんが監督だったらもっと打っていた。川上(哲治)さんが監督になってから、感情が先走り『見せつけてやる』と邪念が入ってしまった。バッティングはやはり自然となり、無の境地にならないと高いレベルの打率など安定して残せないもの」

 海軍特別将校の息子として生まれ、旧制一中(現呉三津田高校)から早稲田のスターとして神宮を沸かせ、そして巨人軍に入団しV9初期のショートとして活躍。出自、学歴と申し分なく、頭脳明晰で実力もあり、絵に描いたような野球エリート。自身の理論を証明するかのごとく監督としてもヤクルト、西武の在籍7年間でリーグ優勝4回、日本一を三度成し遂げ、外野の声を完全に塞ぎ、名将の冠を授かった。

 そんな広岡でも唯一の難点だったと言えば、バッティングだ。通算打率が二割四分。このおかげで超一流のプレーヤーにはなれなかった。だからこそ、指揮官になってから超一流と言われるプレーヤーに対して一家言があったのかもしれない。

江夏に対する広岡の判断

 1983年オフ、西武の監督に就任して2年連続日本一を飾り、広岡はこの世の春を謳歌しているかに見えた。しかし、広岡はすでに来シーズンのことを考えていた。1979年西武ライオンズ発足時は、他球団からロートルスターを獲得した烏合の衆のようなチームだった。そんな寄せ集め集団を広岡が監督に就任してから、ベテラン陣を復活させ若手と上手く融合したチームで日本一を連覇した。ここからが、本当の意味での広岡野球をやろうと視野に入れ、田淵幸一、山崎裕之、大田卓司、高橋直樹といったベテラン連中に引導を渡し、若手主体のチーム作りに舵を切るチャンスだと思った。そんな矢先に、日本ハムから江夏豊をトレードで獲得。それも、若手の柴田保光と木村広を放出してまでだ。広岡は怒りまくったが、もう元には戻らない。

 36歳の江夏のピークはすでに過ぎたというのが球界内での常識だったが、鍛え方次第で現状維持は保てると広岡は判断。1983年セーブ王に輝いた森繁和の肘の具合も悪いし、ダブルストッパーでいけばシーズンを乗り切れる構想を打ち立てたのだ。

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン