芸能

福山雅治&吹石一恵、向井理&国仲涼子、高橋一生&飯豊まりえ…「共演夫婦」の公私にわたる絶妙なパワーバランス

高橋一生&飯豊まりえ

結婚した高橋一生&飯豊まりえ

 芸能界には俳優同士が共演を経て、結婚するケースも少なくない。「共演夫婦」の絶妙な関係性について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

プチ炎上した彼を優しくフォローしていた笑顔が忘れられない

 2024年1月18・25日号にも書かせていただき、私がこの数年、愛してやまない若葉竜也サンに熱愛報道が(泣)。

『女性セブン』がスクープしたのは現在、ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系)で共演している杉咲花サン(26才)との“自宅お泊まり”でした。

 まぁ、覚悟はしておりました……。杉咲サンと若葉サンは今回で4度目の共演。ちなみに前3作は、2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』、2023年2月の『杉咲花の撮休』(WOWOW)第2話の「ちいさな午後」、同年12月公開の映画『市子』です。

 なかでも『おちょやん』では初恋相手、『市子』ではプロポーズまでした恋人役、そして『アンメット〜』では「ぼくたちは婚約してました」ですから、くっついて(!)当たり前。これ、もしも杉咲サン以外の女性とのロマンスだったら私、暴れていたと思います。

 それに『アンメット〜』の番宣で、多くの媒体の取材を受けていらしたお二人のコメントを読めば、互いがどれほどリスペクトし合っているかがわかりました。

 たとえば、ともに初の医師役に挑んだお二人が血管縫合練習をした際、「こんなに難しいんだと思ってぱっと隣を見たら、若葉クンがすぐにコツをつかんで進めていたので焦りました」という杉咲サン。スタジオに籠もり切りで医療指導のお医者さまが度肝を抜いたぐらい2時間半ほど没頭していた杉咲サンに対し、「もう帰ろうよと思ってました」という若葉サン。「帰ろうよ」の行き先は同じ部屋だったということなのでしょうか。

 さらに若葉サンは杉咲サンのことを「うそのないすてきな俳優さんですし、ぼくはとても相性のいいかただと思っています」と。それも、役者同士の相性ということではなく、“人としての相性”で「ふだんの会話のリズムが合う人」とまで言っていらしたのです。そして「杉咲サンを見ていると背筋が伸びます」と何度も。な〜んだ、こんなにヒントがたくさんあったんですね。まぁとにかく“最高にお似合いのお二人”です。

杉咲花

若葉竜也&杉咲花

 電波ジャックに不慣れで「エリカ様の再来」とプチ炎上した若葉サンを『めざましテレビ』と『めざまし8』(ともにフジテレビ系)で優しくフォローしていた杉咲サンの身内っぽい笑顔も忘れられません。

 ともに演技派でリスペクトし合っていて、生まれ育ってきた環境に“芸能”があったということでは、もし結婚までいったら柄本佑サン(37才)と安藤サクラさん(38才)のようなご夫婦になると思います。

夫が主演俳優だとプライベートをしゃべるワケにはいかない

 いま、芸能界では共演を経てゴールインしたご夫婦がたくさんいらっしゃいますけれど、堺雅人サン(50才)&菅野美穂サン(46才)夫妻、賀来賢人サン(34才)&榮倉奈々サン(36才)夫妻のように主演を張る俳優同士でありながら、公私にわたって絶妙なバランスを保っているご夫婦というのは、そう多くはありませんよね。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン