KARA一覧

【KARA】に関するニュースを集めたページです。

キャンドゥ他、コロナ禍に強い銘柄が続々 2021年5月の株主優待6選
キャンドゥ他、コロナ禍に強い銘柄が続々 2021年5月の株主優待6選
 5月は2年連続で緊急事態宣言が発令されているが、日経平均株価は方向感のない値動きが続いている。5月といえば有名な「セルインメイ」(株は5月に売れ)という相場格言があるが、2021年の値動きも慎重にウォッチする必要がありそうだ。 5月の株主優待は数こそ少ないものの、コロナ禍でも大きな悪影響を受けていない銘柄が目立つ。本記事では30万円程度の資金で投資できる銘柄の中から、5月に狙える注目の株主優待を紹介しよう(株価は5月上旬時点)。2021年5月の株主優待を得るには、5月27日(木)までに株を購入しておく必要がある。◆ブックオフグループホールディングス(9278) 中古本の買取と販売でおなじみのブックオフグループホールディングス(9278)は、自社グループ店舗で使える買い物券の優待を実施している。3年以上継続保有で額面もアップする。【優待内容】自社グループ店舗で使える優待券……100株以上200株未満:2000円相当(継続保有3年以上で2500円) 200株以上500株未満:3000円相当(同4000円) 500株以上:5000円相当(同7500円)(権利確定日:5月末、年1回)◆TAKARA & COMPANY(7921) コロナ禍でも業績は好調のTAKARA & COMPANY(7921)は、上場企業のディスクロージャーを手がける企業。株主優待はソフトドリンクや米、調味料や洗剤などの詰め合わせなどから好みの品を選択できるギフトだ。3年以上の継続保有で相当額もアップする。【優待内容】選べるギフト……100株以上2000株未満:1500円相当(3年以上継続保有で2000円相当に増額) 2000株以上:3000円相当(同3500円相当に増額)(権利確定日:5月末、年1回)◆タマホーム(1419) 注文住宅のタマホーム(1419)は、年2回、クオカードの優待を贈っている。コロナ禍でも増配を続けており、株主還元に積極的だ。【優待内容】クオカード……100株以上:500円分(保有期間3年以上で1000円分に増額)(権利確定日:5月末、11月末、年2回)◆キャンドゥ(2698) おなじみの100円ショップ「キャンドゥ」も、コロナ禍に強い銘柄のひとつ。株主優待は自社店舗で使える優待券だ。優待券は軽減税率の対象かどうかを問わず消費税込みで、1枚で本体価格100円の買い物に使える。【優待内容】自社店舗で使える100円プラス消費税分の優待券……100株以上300株未満:20枚 300株以上500株未満:40枚 500株以上1000株未満:60枚 1000株以上:100枚(権利確定日:5月末、年1回)◆ライク(2462) 人材サービスと保育事業をてがけるライク(2462)は、人気の高い株主優待専用の共通ギフトサービス「プレミアム優待倶楽部」のポイントが贈られる。今回から優待の基準が変更され、優待を得るための最小株数が300株に変更されたが、獲得できるポイントは全体的に増え優待利回りはアップしている。グルメや電化製品、旅行など交換できる商品は幅広いうえ、複数の採用企業のポイントを合算することも可能だ。【優待内容】プレミアム優待倶楽部の株主優待ポイント……300株以上400株未満:5000ポイント 400株以上500株未満:8000ポイント 500株以上700株未満:1万2000ポイント 700株以上1000株未満:1万5000ポイント 1000株以上2000株未満:2万5000ポイント 2000株以上3000株未満:6万ポイント 3000株以上:8万ポイント (権利確定日:5月末、年1回、500株以上の株主には1年以上継続保有で増額あり)◆大光(3160) 東海地方で業務用食品スーパー「アミカ」などを展開する大光(3160)は、送られてきたクオカードを店舗に持参すれば、倍額の商品券に引き換えられる。7万円程度の投資で年2回の優待を受けられる手掛けやすい銘柄だ。【優待内容】クオカードまたは自社店舗商品券(商品券を選択すると倍額)……100株以上500株未満:500円相当 500株以上1000株未満:1000円相当 1000株以上2000株未満:2000円相当 2000株以上:3000円相当(11月末、5月末、年2回)文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)
2021.05.13 19:00
マネーポストWEB
ドラマ『冬のソナタ』で社会現象を巻き起こした俳優のペ・ヨンジュン(47才)
キム・ヨンジャからNiziUまで…日本での韓流ブームの歴史年表
「韓流」という言葉が生まれたのが2004年。この16年の間に、韓国のエンターテインメントはアジアを飛び越え、世界中に熱狂的ファンを持つ巨大コンテンツへ成長した。 その人気の理由は、見たものを圧倒する完成度の高さと、見たことのない独特の個性を、どの作品やアーティストも備えているからだろう。そこでは、先駆けとなった1977年のキム・ヨンジャの登場から2020年NiziUまで、日本での韓流ブームの歴史を追う。「韓流ブーム」以前1977年 演歌歌手キム・ヨンジャが『女の一生』で日本デビュー1982年 『釜山港へ帰れ』(チョー・ヨンピル)が日本でヒット1988年 〈ソウルオリンピック開催〉演歌歌手の桂銀淑(ケイ・ウンスク)が『夢おんな』で第21回日本有線大賞を獲得1997年 〈「IMF通貨危機」によって国家的経済危機に陥る〉2000年 映画『シュリ』(ハン・ソッキュ主演)が日本公開。興行収入18億円の大ヒット。ユンソナ来日(現在はカナダ在住)2001年 映画『JSA』(イ・ビョンホン主演)公開。興行収入11億6000万円を記録。歌手のBoAが日本デビュー2002年 〈FIFAワールドカップ(日韓共同開催)〉ドラマ『イヴのすべて』(チャン・ドンゴン主演)が連続ドラマとして初の地上波(テレビ朝日系)放送も低迷第1次ブーム2003年1月 映画『猟奇的な彼女』公開(チョン・ジヒョン主演)4月 『冬のソナタ』(ペ・ヨンジュン、チェ・ジウ)放送開始(NHK-BS2)2004年4月 『冬のソナタ』がNHK総合で再放送され社会現象に。『韓流』という言葉が誕生。韓流四天王(ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ウォンビン)と呼ばれる俳優たちが日本で爆発的人気に10月 ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』(イ・ヨンエ主演/NHK-BS2)放送開始。土曜深夜放送で平均10%以上の高視聴率をマーク12月 映画『僕の彼女を紹介します』(チョン・ジヒョン主演)が日本公開され、興行収入20億円を突破2005年4月 東方神起(5人)がシングル『Stay With Me Tonight』でJ-POP界にデビュー9月 映画『四月の雪』(ペ・ヨンジュン主演)日本公開。韓国映画の過去最高金額8億7000万円で買いつけられたとされる。興行収入は27億5000万円10月 映画『私の頭の中の消しゴム』(チョン・ウソン主演)日本公開。興行収入30億円を突破2009年6月 BIGBANGが『MY HEAVEN』で日本デビュー7月 東方神起が活動休止(2011年1月、2人で活動再開)9月 ペ・ヨンジュンが東京ドームで韓流イベントを2日間開催。約9万人を集客し、鳩山首相夫人(当時)など、日韓政財界人が多数出席した第2次ブーム2010年7月 ドラマ『美男<イケメン>ですね』(チャン・グンソク主演/フジテレビ系)日本初放送8月 KARAが『ミスター』で日本デビュー。オリコンチャート最高5位10月 少女時代が『Genie』で日本デビュー。オリコンチャート最高4位11月 ソン・スンホンと松嶋菜々子主演映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』が公開されるも不発2011年5月 『イタズラなKiss~Playful Kiss』(キム・ヒョンジュン主演/フジテレビ系)、『メリは外泊中』(チャン・グンソク主演/TBS系)放送7月 日本の若手俳優がSNSで韓国ドラマを多数放送していたフジテレビを批判。大規模デモにつながる騒動に12月 ドラマ『美男<イケメン>ですね』がTSUTAYA年間ランキングとしては異例の2年連続1位を記録。 『第62回NHK紅白歌合戦』に東方神起、少女時代、KARAが出場2012年7月 PSYの『江南スタイル』がYouTubeで公開。世界中で大ヒットし、2か月で再生回数1億回を突破8月〈李明博大統領が現職大統領として初めて竹島へ上陸。天皇陛下に謝罪を要求。日本国内で急速に反韓感情が高まり、韓国への日本人観光客が激減〉2014年6月 BTSが『NO MORE DREAM Japanese Ver.』で日本デビュー第3次ブーム2015年5月 BTSが3枚目のフルアルバム『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』をリリース。アジア圏出身者で初めてビルボード200で1位を獲得2016年7月 中国が「限韓令」を発令。中国へと活動の場所を移していた韓国エンタメが再び日本へシフトチェンジ12月 ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(コン・ユ主演)が韓国のケーブルテレビ局tvNで放送開始(日本では2018年5月テレビ東京系で放送ほか)2017年5月 BTSがビルボード・ミュージック・アワードの『トップソーシャルアーティスト賞』を受賞。6年連続受賞していたジャスティン・ビーバーを破っての受賞となり話題に2019年2月 BTSが第61回グラミー賞授賞式にプレゼンターとして出席4月 BTSがアルバム『MAP OF THE SOUL PERSONA』を発売。ビルボード200で1位にランクインし、月間で322万枚を売り上げた5月 映画『パラサイト 半地下の家族』が韓国で公開。観客動員数が1028万人(国民の20%相当数)を超える。第72回カンヌ国際映画祭では韓国映画初のパルムドール受賞   12月 tvNで『愛の不時着』が放送開始(日本ではNetflixで2020年2月から配信)第4次ブーム2020年1月 『パラサイト』が日本全国公開。興行収入は40億4716万円(3月8日時点)。韓国のケーブルテレビ局JTBCで『梨泰院(イテウォン)クラス』が放送開始(日本ではNetflixで3月から配信)2月『パラサイト』が第92回米アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を受賞。非英語作品の作品賞受賞は史上初6月 日本人9人組による初のK-POPガールズグループNiziUがプレデビュー。デジタルミニアルバム『Make you happy』を日韓同時リリース。MV再生回数が2000万回突破(7月31日時点)11月 NiziUメジャーデビュー予定※女性セブン2020年8月20・27日号
2020.08.19 16:00
女性セブン
ドラマをきっかけにライフスタイルにも変化(イメージ)
『愛の不時着』見た30代女性「まさか自分が韓流にハマるとは」
 これまで度々日本社会に旋風を巻き起こしてきた「韓流ブーム」。2003年にNHK BSで放送されたドラマ『冬のソナタ』は、中高年女性を中心に“ヨン様(ペ・ヨンジュン)”ファンを急増させ、韓国での聖地巡礼も人気を博した。この「第1次韓流ブーム」に続いて、2010年にはチャン・グンソクが主演を努めたドラマ『美男ですね』や、「KARA」や「少女時代」、「東方神起」らによるK-POPブームが到来し、これが「第2次韓流ブーム」と呼ばれた。 2010年代後半になると、多国籍ガールズグループ「TWICE」や「BTS(防弾少年団)」を中心としたK-POPアイドルのほか、“伸びるチーズ”で話題を呼んだチーズホットクや、甘辛チキンをチーズにからめて食べるチーズタッカルビなどの “映える”食文化、さらには韓国コスメの流行など幅広い領域で「K-Culture」が日本でも話題となった。 こうした度重なる韓流ブームを“横目にすり抜けてきた”という会社員の女性Aさん(30代)は、今回のコロナ自粛期間にどっぷりとハマってしまったという。「4月に母親から“『愛の不時着』見てる?”というLINEが来ました。もともと韓国ドラマや映画には全く興味がなかったのですが、『面白いから見て!』と興奮する母に言われるまま、Netflixで1話を見たら、すぐに“韓流沼”に落ちていきました。“韓国ドラマってこんなにおもしろいの?”と驚きの連続。途中から『リ・ジョンヒョクー!』(※主演のヒョンビンが演じる北朝鮮将校)と泣き叫びながら画面にかじりつきましたね。まさか自分が韓流にハマるなんて、思ってもみませんでした」(Aさん)『愛の不時着』は今年2月にNetflixで配信された韓流ドラマで、ある日、パラグライダーに乗っていたところ突風に煽られて北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、彼女を守ろうと身を挺して奮闘する北朝鮮将校、リ・ジョンヒョクが織りなす愛の物語だ。恋愛模様だけでなく、両国の政治背景や文化的状況を描いた描写が、多くの視聴者を魅了している。 そんなAさんは、自身も周囲の友人に『愛の不時着』の面白さを“布教”“しているという。16話全て見終わった後に、「愛の不時着ロス」に陥ったという彼女は、いま同作の俳優が出演する他のドラマを見続けているという。韓国ドラマを見続けるうちに、彼女の食生活にも変化が訪れていた。「影響されやすい性格なので、ドラマに出てくる韓国の食べ物がどれも美味しそうに見えてしまって……。ドラマに出てくる韓国で有名なチキン料理を食べたり、家でナムルやキムチを作ったりしました。外出自粛明けで外食できるようになったときには、すぐ韓国料理専門店に行って、カンジャンケジャン(※醤油漬けのカニ料理)を食べました。通販で買った韓国焼酎と生マッコリを家にも常備して、ドラマを見ながら晩酌しています。 いざ自分がハマってみて分かったことは、韓流文化はコンテンツだけじゃなくて、ライフスタイル自体も真似しやすいというのがポイントですね。コスメから食事から、すぐに手に入るものばかりなので、生活に溶け込んでくるんです」(Aさん) Aさん自身、まさかステイホーム中に利用した動画配信サービスをきっかけに、ここまで自分のライフスタイルが変わるとは思ってもみなかったようだ。
2020.07.07 16:00
NEWSポストセブン
アイドルのツアーグッズ価格を徹底比較、金額の差はどこから?
アイドルのツアーグッズ価格を徹底比較、金額の差はどこから?
 アイドルのコンサート会場付近でよく見かける長蛇の列。その先にあるのは、グッズ売り場だ。多くの人気アイドルグループが、コンサートツアーをする度に様々なグッズを作り、それを求めるファンが朝早くから並んでいるというわけ。アイドル事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏がその実態を説明する。「グループやコンサート会場によってルールは様々ですが、コンサートが始まる数時間前から会場外の売り場でグッズを販売することが多いです。キャパシティーの大きな会場では開場までの時間内に買えない人も多いということで、前日に同じ会場や別会場でグッズ販売のみを行うケースもあります。 グッズの種類は、こちらもグループによっていろいろなのですが、定番はTシャツ、マフラータオル、うちわ、パンフレット、ペンライトなど。あと、最近多いのは『アクリルスタンド』や『フィギュアスタンドキーホルダー』などと呼ばれる、アクリル板にメンバーの写真がプリントしてあるグッズです」 こういったグッズは、どれくらいの価格で販売されているのだろうか。グループごとにその価格を調査した。◆ジャニーズの各グッズの価格はほぼ同じ まずは、ジャニーズ事務所のアイドル。ジャニーズ事務所の公式サイトを見ると、各グループのツアースケジュールとともにグッズも紹介されている。その中から、嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPのグッズ価格をピックアップする(以下全て税込み)。・嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20』グッズの価格(一部)パンフレット:2200円ジャンボうちわ:600円「5×20」ライト:2500円Tシャツ:2800円バスタオル:3500円・関ジャニ∞『関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE』グッズの価格(一部)うちわ:600円パーカー:4800円マフラータオル:1800円ご当地deエイト(アクリルスタンド5体セット):2500円・Hey! Say! JUMP『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE』グッズの価格(一部)パンフレット:2200円ジャンボうちわ:600円オリジナルペンライト:1600円パーカー:4500円スポーツタオル:1800円 ジャニーズのアイドルの場合、グループが違っても、各グッズの価格はほぼ同じとなっており、パンフレット2200円、うちわ600円、マフラータオル1800円などといった価格設定となっている。◆女性アイドルはジャニーズよりもちょっと高め? 続いて、女性アイドルの場合はどうだろうか。乃木坂46、AKB48、モーニング娘。’19、ももいろクローバーZ、TWICEのグッズ価格を調査した。・乃木坂46『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』グッズの価格(一部)Tシャツ3000円マフラータオル(グループ全体):1850円マフラータオル(メンバー個人):2350円スティックライト neo 11colors:3100円個別うちわ:1100円・AKB48『AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~』グッズの価格(一部)Tシャツ:3100円BIGうちわ(メンバー個別):850円フェイスタオル:2100円アクリルバッジ(メンバー個別):1050円バルーンキーホルダー(メンバー個別):1250円・モーニング娘。’19『モーニング娘。’19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~』グッズの価格(一部)ビジュアルブック:2500円Tシャツ:3000円マフラータオル:2500円オリジナルペンライト:3900円パーカー:5500円・ももいろクローバーZ『ももいろクリスマス2019 ~冬空のミラーボール~』グッズの価格(一部)パンフレット:3000円Tシャツ:4200円マフラータオル:2000円オリジナルペンライト:3500円・TWICE『TWICR WORLD TOUR 2019 IN JANAP』のグッズの価格(一部)パンフレット:3000円Tシャツ:3600円(キッズサイズ3300円)パーカー:6800円マウラータオル:2000円うちわ:600円 女性アイドルのグッズは、パンフレットが3000円程度、Tシャツが3000円前後、マフラータオルは2000?2500円といった価格帯となっている。ジャニーズの場合はパンフレット2200円、マフラータオルは1800円なので、女性アイドルの方が少々高めだといえそうだ。◆個別マフラータオルの価格が高くなるワケ おおまかな“相場”はあるものの、グループによって価格が微妙に異なるアイドルのグッズ。どういった理由があるのだろうか。前出の大塚氏が解説する。「まず、Tシャツについてはプリントの柄や生地、どういったインクで印刷しているかなど、ディテールの違いで価格も変わってきます。メンバーがこだわってデザインしたTシャツもありますね。 ペンライトについては、機能の部分で値段が変わってきます。出せる光の数も違うし、遠隔操作できるものなどもあります。また本体部分の形が特別仕様になっていることもあって、そういうものは当然高くなる。ただ単に書いてあるグループの名前が違うだけのグッズではないので、それぞれ価格も変わってくるということです。 また、面白いのは乃木坂46のマフラータオルの価格。ツアーのタイトルが入ったマフラータオルより、各メンバーの名前が大きく入った個別マフラータオルの方が500円高くなっています。現場では個別マフラータオルの方が人気のようで、そのタオルを首に巻いたり振ったりして、“推しメン”であることをアピールするグッズになっていますね。メンバー全員分の個別マフラータオルがあるので、何十種類も販売されていることになります。種類が多いと1種類あたりの製造数も少なくなり、製造費の単価は高くなってしまうので、その分グループ全体のマフラータオルより高くなっているのではないでしょうか」◆サイズも単価も異なる生写真 また、生写真の価格や販売方法についても、各グループで特色があるという。「たとえば、ジャニーズのグループの場合、生写真はL判で1枚160円で、数枚のセットで販売されることが多いですね。また、乃木坂46とAKB48グループの場合はL判の写真がランダムに5種類入って1100円で販売されています。ももクロもL判5枚ランダムセットで1000円という販売方法が多いです。 一方、モーニング娘。などのハロー!プロジェクトでは、ツアーグッズで販売される多くの生写真がL判の倍の大きさとなる2L判で、1枚あたりの単価は250円。2枚組500円のセットで販売されることが多いです。またそれとは別に、ランダムのL判生写真が1枚500円でも販売されていて、こちらはスリーブと呼ばれる専用ミニホルダーが付いています」(大塚氏) 微妙ではあるが、価格の差があるアイドルのグッズ。それぞれのグループのファンは“得している”“損している”という感覚はあるのだろうか。「アイドルファンたちは、なんとなく“あっちの運営はグッズが安い。こっちは高い”みたいな感覚は持っていると思います。でも、ファンにとって、グッズを“買って集めること”自体が大きな楽しみ。“とにかくグッズはできるだけ買う”といった気持ちで、1回の会計で2万~3万円分のグッズを買うようなファンも少なくない。正直なところ、価格はあまり気にしていないのかもしれません。“多少高くても買ってしまう”というのがアイドルファン心理なので、よっぽど相場をかけ離れた額ではない限り、多くのファンは許容すると思います」(大塚氏) 価格を忘れるほどにファンに喜びを与えるアイドルのグッズ。アイドルファンにとっては本当に重要な存在だと言えそうだ。
2019.12.22 15:00
マネーポストWEB
ク・ハラの死を悼みソウル市内の病院に設けられた祭壇(AFP=時事)
元KARAク・ハラの自死で考える 韓国に蔓延る空気の正体
 韓国のアイドルグループKARAの元メンバー、ク・ハラ(28)の自死から10日が過ぎた。韓国では自死に至る経緯(元交際相手によるリベンジポルノ問題)などをめぐり、現在も議論が紛糾している。歴史作家の島崎晋氏が、現代韓国にも根強い儒教文化との関連を考察する。 * * *「ク・ハラが自殺」──その第一報を目にしたとき、多くのK-POPファンが驚いたに違いない。今年6月に日本の芸能プロダクションと専属契約を結び、11月13日にはファースト・ソロアルバム『Midnight Queen』をリリース。翌14日の福岡に始まり、15日に大阪、17日に名古屋、19日に東京での公演を終え、一時帰国した矢先の出来事であった。 それに加え、ク・ハラの自殺より42日前には親しくしていたf(x)の元メンバー、ソルリが自殺をしており、3歳年長のク・ハラは訃報に接した直後、ソーシャル・メディア上にソルリとハグして目を閉じている写真を掲載し、「姉さん(ク・ハラ)があなた(ソルリ)の分まで一生懸命生きるから」と書き込んでいた。誓いを宣言してまもない自殺とあれば、ファンのあいだで当惑が広がるのも無理はない。 ク・ハラを精神的に追い詰めたそもそものきっかけは、元交際相手とのトラブルにあったと指摘されている。相手も人気アイドルグループのメンバーであったことから、相手側ファンによるネット上での誹謗中傷がいつまでもやまず、今年の3月に眼瞼下垂の手術をした際も「二重まぶたの手術、なぜまたしたの?」「目つき矯正じゃないの?」といった書き込みが多くなされた。 眼瞼下垂とは、瞼を押し上げる筋肉の力が弱まって上瞼が下がる症状のことで、矯正・切除手術などによって治療することが多く、整形とは異なる。かつて整形疑惑が浮上した際も彼女は眼瞼下垂の手術をしたことを堂々と明かしていたから、再び持ち上がった疑惑の声に「またか」という思いでいたに違いない。 プロ意識の強い彼女は、「管理の重要性! 顔のバランスが合ってこそ、エネルギーが出るタイプ」「10年たゆみなく童顔の管理を受けてきた私の健康運動の一つ」といった書き込みに加え、毎朝マスクパックを欠かさない様子や脊椎の矯正、顔の非対称の矯正などを目的としたマッサージを受けている様子なども公開していたから、それらの努力を完全スルーしての悪質コメントに怒りを通り越して、絶望感さえ抱いた可能性もある。 韓国の歴史や伝統文化を顧みると、ク・ハラが自殺した動機の何割かを儒教文化に求めるのは、それほど見当違いではないだろう。ちなみに儒教の経典に以下のような記述がある。「身体髪膚はこれを父母にうく。あえて毀傷せざるは孝のはじめなり」(『孝経』)「父母がまったくしてこれを生み、子がまったくしてこれを帰すは孝というべし」(『小学』) つまり、親が大学合格のご褒美や成人、就職などのお祝いに整形費用を出してくれる風潮はあくまでカウンターカルチャーであって、整形を経験していない人にとっては、整形疑惑をかけられること自体が大変な屈辱であるわけだ。親不孝者と決めつけられたのも同然で、両親の面子を潰されたことにもなる。 ただでさえ精神的に参っている人間に対し、畳みかけるようなバッシングを続ければどうなるか。「己れの欲せざる所、人に施す勿かれ」という『論語』の一節が心にしっかり刻まれていれば、傷口に塩を塗るような行為をしてはならないと自制心が働いて然るべきはずなのだが。 芸能界に限らず、韓国の自殺率は経済協力開発機構(OECD)加盟国中最悪で、一昨年減ったかと思えば、2018年はリトアニアを抑えて再び自殺率1位に返り咲いた。人口10万人あたりの自殺者数はOECD平均(11.5人)の2倍以上(26.6人)。38分間に1人が自殺している計算になる。 国連加盟国全体を見ても、韓国の自殺率の高さはワースト10位前後。内戦下や国民の大半が飢餓線以下にあるならともかく、そうでない国としては異常な高さで、経済の低迷や芸能界の闇といった言葉で片づけられない問題があると言わざるをえない。 統計上の宗教区分では、キリスト教の信者が1位、仏教が2位となっているが、社会の底辺には儒教、それも朱子学の教えがいまだ根強くあることから、それとの関係性を無視するわけにはいかない。近代中国の文豪・魯迅が儒教を「人が人を食らう」教えとして痛烈な批判を浴びせたように、儒教は現代社会において正負の二面性を有している。 また孔子の教えと儒教はイコールではなく、何よりも思いやりの大切さを説く孔子とは異なり、正邪の区別をはっきりさせる朱子学であればなおさらである。使いようによって、良薬にも毒薬にもなりうる取扱注意の代物なのだ。 大胆な仮説を述べるならば、現在の韓国は儒教の負の側面と欧米伝来の個人主義が変に混ざり合い、言論の自由のはき違えと合わさって、おかしな空気に満たされているのではないか。文明の衝突の一種ではあるが、同様の悲劇が繰り返されぬよう、韓国の人びとにはぜひとも伝統を尊重しながら文明間の融和も図り、誰もが生きていてよかったと思えるよう、社会全体を健全な方向に導いていってもらいたい。【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。
2019.12.05 16:00
NEWSポストセブン
相次ぐ韓国の芸能人自殺 日本と韓国との差は何か
相次ぐ韓国の芸能人自殺 日本と韓国との差は何か
 K-POPは世界中で大人気だし、グループへの選抜オーディション番組は日本でも放送日になるとネットのホットワードに浮上するほど憧れの存在だ。ところが、韓国では芸能人の自殺が相次いでいる。その多くがネットの誹謗中傷がきっかけだ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、芸能人の自殺について日本と韓国の差について考えた。 * * * 韓国のガールズグループ・KARAの元メンバーであるク・ハラさんが自殺した。彼女の死因について、識者は女性アイドルグループ・f(X)の元メンバーでハラさんの親友であるソルリさんの自殺が影響しているのでは、と意見している。ソルリさんはSNSを含めたネットでの罵詈雑言に心を病み自殺した、とも言われているが、ハラさんにも凄まじい暴言が寄せられていた。 ネットの誹謗中傷との因果関係について断定することは避けるが、5ちゃんねる(匿名掲示板、旧2ちゃんねる)では、こんな意見が書き込まれた。〈日本の芸能人ってメンタルつえーよな ボロカス書かれても堂々と生きてるもんな〉 確かに、日本ではネットの書き込みが原因で自殺したという芸能人はあまり聞いたことがない。2013年、ブログが炎上し、テレビ局からも追い回された岩手県議の小泉光男氏(享年56)がその後自殺したことはあるが、これをネットの誹謗中傷と関連させるのは違和感がある。同氏は生前、そこまでネットを頻繁に見ていたような形跡が見られないのだ。 5ちゃんねるではこうも書かれた。〈日本の芸能人の場合、叩かれて自殺って聞かないよね こんなに自殺者がでるってどんな叩かれ方してんの?〉 これについては、日本では「バカ」「アホ」「クソ」「カス」などはあるものの、罵詈雑言のラインナップが乏しく「雰囲気」で痛めつけるが、韓国語では直接的なヒドい言葉がある、という指摘もあった。これも決定的な意見かどうかは分からない。 日本でも叩かれ続ける(ないしは過去に猛烈に叩かれた)著名人を列挙する(敬称略)。辻希美、ベッキー、西野亮廣、高梨沙羅、玉川徹、堀江貴文、張本勲、前澤友作、村本大輔、misono、紗栄子、矢口真里。 彼ら以外にも多数存在するが、とりあえずは代表的な人々を挙げた。ただ、いずれの人物にしても一定数の味方がいたり、スルースキルや反論スキルがすごい。そもそもネットを積極的に使っていない人物も混じる。 この中に名前を入れた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でコメンテーターを務める玉川氏は、ハラさんの話題を扱った時にネットとの付き合い方に言及。同氏は自身がネットで叩かれていることは知りつつも、ネットと現実とは分けて考えていると述べた。これこそが大切なのである。5ちゃんねるでもこう書かれた。〈SNSなんかしなきゃいいんじゃね 落書きも目に入らなきゃ気にはならんだろ〉 ネットに取り上げられた場合や、自分がSNSで何かを書いた場合、著名人に対して悪口がゼロということは絶対にない。理由は「アンチ」は何をしようが叩く反射神経を持っているからだ。被災地ボランティアをしても「偽善者」扱いだ。 なぜ日本では韓国ほどネットの誹謗中傷が自殺に繋がらないのか……。「粘着」は日本でも多数存在するが、韓国と比べたら「恨(ハン)」の念が浅く、苛烈な粘着度合いが弱いのでは。長崎・広島に来たローマ教皇に対し、被爆者が「原爆を落としたアメリカを一生責め続けてください」とお願いするのではなく、平和を訴える姿を見てそう思った。●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など※週刊ポスト2019年12月13日号
2019.12.02 16:00
週刊ポスト
『テレ東音楽祭』高視聴率を実現した“正直路線”の丁寧な作り
『テレ東音楽祭』高視聴率を実現した“正直路線”の丁寧な作り
 6月26日に放送された『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)が視聴率9.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を記録し、今年6回目を迎えた特番で歴代最高の数字を叩き出した。辻希美と加護亜依のユニット『W(ダブルユー)』が13年ぶりに復活し、嵐やKing & Prince、森高千里などがメドレーを披露。歌手の個の力で興味を引き寄せたのは間違いないが、それに加え、製作陣が細やかな配慮で視聴者を飽きさせなかった点も大きい。『テレ東音楽祭』の魅力は、情報量の多さにある。他局の音楽特番も最近は、映像の日付を記載し、当時のテロップを消さずに載せるようにしているが、『テレ東音楽祭』は以前からその2つを遂行し続けている。できる限り、あの頃のまま“正直に”オンエアしている。 今回も、辻と加護のモーニング娘。のオーディション風景を振り返る『ASAYAN』のVTRを当時の川平慈英の〈ASAYANクッ~~〉というナレーションから始めた。わずか3秒の挿入だが、この配慮が視聴者に懐かしさを感じさせる。 19歳の広末涼子の映像ではワイプで映る篠原ともえや後藤真希、矢口真里、保田圭もそのままオンエア。あの頃の情景を甦らせた。 昨年に引き続き、酒井法子の歌唱シーンでは〈ナレーター 田代まさし〉の文字とともにマーシーの声が流れるVTRを使用。『夢冒険』などの歌詞は消さずに当時のまま使う一方で、〈ナレーター 田代まさし〉の文字は今回のために加えたと推察できる。 なぜなら、過去映像と比べると、字のフォントや濃さが異なり、〈当時16歳〉という編集で加えた文字と同じように見えるからだ。このような細かい芸も視聴者を離さない要因だろう。 酒井の場面では、〈1987年10月18日放送『歌え!アイドルどーむ』〉というテロップを見て、司会のTOKIO国分太一は「『歌え!アイドルどーむ』って、俺出たことあるなあ」と呟いた。情報が記憶を甦らせ、視聴者にもう1つの情報を与えたのだ。 ナレーションでも、当時の空気を再現しようという正直な姿勢が窺えた。スタジオ歌唱の吉田栄作を紹介する際には〈織田裕二さん、加勢大周さんと並んでトレンディ俳優の平成御三家の1人〉と鷲見玲奈アナが読み上げた。芸能界を引退した加勢大周の名前をテレビで久しぶりに聞いたように感じる。 他局に比べて過去映像が少ないデメリットは、工夫で補った。1980年代から1990年代に掛けてのヒットドラマを振り返るコーナーで、田原俊彦の『抱きしめてTONIGHT』(1989年1月22日放送『歌え!ヒット・ヒット』)が流れた。 この映像は、直近1年のテレ東の音楽特番でおそらく3回目のオンエア(※1)である。私の調査によれば、田原俊彦のテレ東出演は1988年2本(※2)、1989年3本(※3)であり、きっと『抱きしめてTONIGHT』の映像はこの1本しかない。【※1:他の2つは、2018年9月30日『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』と2019年2月24日『平成ヒットソングス!~次の年号に持っていきたい名曲SP~』。※2:1月17日『歌え!アイドルどーむ』、12月25日『歌え!ヒット・ヒット』。※3:1月22日、29日、2月5日『歌え!ヒット・ヒット』】 同じ映像の使用を避けられない分、同曲が主題歌のドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)の1シーンを挟み、マンネリにならないようにしたのだろう。 番組では、KARAの元メンバーであるHARAが『ミスター』を披露している途中に衣装が下がってしまい、下着が露出してしまった。歌唱後、このアクシデントについてスルーせず、司会の国分がHARAにも話を振った。形式的な説明だけで終わってもおかしくない場面で、きちんと言及した。 数々の細かな積み重ねが歴代最高視聴率を生んだのではないか。 ただ、“正直さ”を通してきた番組の中で、1つ気になる点があった。新聞のテレビ欄で〈“嵐がテレ東初登場”22年前ジュニア時代の貴重映像は夜9時過ぎ〉と謳っていたが、貴重映像も嵐の出演も21時55分頃だった。21時35分、CMに入る前に〈このあと 嵐のスーパーメドレー!〉と振ったものの、登場は約20分後だった。 せっかく、お宝映像やナレーションで“正直さ”を売りにしてきたのに、過度な引っ張りは視聴者をシラケさせたのではないか。 番組の瞬間最高視聴率は午後9時9分、10分と2度記録した12.6%で、バブルガム・ブラザーズ『WON’T BE LONG』の歌唱時だったと報道されている。2人のパフォーマンスに魅せられての結果だと思うが、事前告知で嵐が〈夜9時過ぎ〉に登場すると読めるため、一定数の視聴者が「もうそろそろかな……」とこの時間帯にチャンネルを合わせた可能性も否定できないだろう。 局の知名度や人気が上がれば、今までは出なかったタレントをブッキングできるようになり、高視聴率が期待される。裏を返せば、それは他局と似たような番組構成になる危険性を孕んでいる。『テレ東音楽祭』の“正直路線”は来年以降、どうなるか──。●文/岡野誠:ライター・芸能研究家。研究分野は松木安太郎、生島ヒロシなど。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の3刷が決定。同書では1982年、1988年の田原俊彦ほぼ全出演番組を内容や視聴率、テレビ欄の文言などと記載。巻末資料も充実している。
2019.06.28 16:00
NEWSポストセブン
週末の新大久保駅がカオスと化すチーズドッグの異常人気
週末の新大久保駅がカオスと化すチーズドッグの異常人気
 台風や事故などが原因で駅にキャパシティを超える人が集まってしまい、入場規制をかけることがある。2018年の夏からずっと毎週のように、土日休日になるとJR新大久保駅では入場規制が始まる。毎週、イベントがあるのではなく、大久保を訪れる人が多いからなのだ。「まっすぐ歩くのも難しいんですよ」と話すのは、韓国料理を食べるため、友人と週末に新大久保を訪れた日本語教師のAさん(女性・40代)。「近くの学校に勤めている友達から、最近の人出は普通じゃないと聞いていましたが、これほどとは思っていませんでした。駅のホームに降りてから改札を出て、明治通り方面へ向かって数百メートルのあいだ、ずーっと新宿駅の通勤ラッシュみたいな人混みなんです。通勤ラッシュと違うのは、みんなゆっくり歩いているから、なかなか前へ進めないこと。以前の韓流ブームのときよりも、今の方が道を歩きにくいです」 歩きにくい理由は、キャパシティを超える多くの人が訪れていること以外に、数十メートルおきくらいにあるのではと思うほど乱立している韓国風チーズドッグ(ハッドグ)店舗にもある。チーズドッグを買うために行列をつくり、スマホで自撮りしながら買い食いする若者たちが歩道にあふれているのだ。あまりの混雑に、店舗によっては警備員を配置して「最後尾」のボードを持たせ、整列して道をあける努力をしているところもあるが、殺到する人をさばききれないのが実情だ。 地元住民は「そろそろブームが落ち着いてほしい」という本音を漏らす。「街がにぎわうのは嬉しいけれど、チーズドッグ目当てのお客さんには、あまりマナーがよくない人が目立ちます。そのあたりにゴミを捨てたり、表通りが混んでいるからと奥まった普通のマンションエントランスで座り込んで食べて、ゴミを置いていったり。貼り紙もしていますが、ゴミはなくならない」 いったい、チーズドッグの何が、多くの人を引きつけるのか。「チーズダッカルビもそうだったけど、いわゆるインスタ映えする食べ物ですよね。ワンコインと価格も気軽なので高校生くらいの若い子がたくさん並んでいました。興味はあったけど、行列してまでスナックを食べる気分にはならないので、目的の韓国料理店へまっすぐ行きました。BTSが『ミュージックステーション』出演を取りやめたすぐの週末だったから、ヘンな人に絡まれたくなくてみんな新大久保を避けるんじゃないかなんて友達と話していたんですけど、チーズドッグに並んでいる子たちには、全然、関係なかったみたいですね」(前出・Aさん) K-POPグループのBTS(防弾少年団)は、日本ツアーが始まる前の11月9日(金)に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演を予定していた。ところが、メンバーの一人が過去に着ていたTシャツが、原爆投下直後のキノコ雲をデザインしたものだったため批判を浴びてもいた。そして、このTシャツ着用問題を協議した結果として、8日になって出演見送りが発表された。こういった注目を集める問題が起きると、とくにその有名人に興味がなくても、持論を強く主張したい人たちが押しかけてくることがある。だから面倒に遭わないように、多くの人が新大久保駅を避けるのではと大人は予想していたのだが、若者たちには関係のないことだったらしい。「ニュースを見ていないのかもしれないし、理屈よりも、自分たちの感性を信じているんでしょうね。韓国コスメのお店は、若い女の子たちでいっぱいでしたし。だからといって、この混雑はひどい。帰りは新大久保駅を利用するのをあきらめて、地下鉄の東新宿から帰りました」(前出・Aさん) 新宿区の新大久保駅周辺が、外から遊びにくる人たちで賑わう週末を迎えるのは、今回が初めてではない。2004年にドラマ『冬のソナタ』放送によって第一次韓流ブームが起きた頃、韓流スターのグッズや韓国雑貨、料理店などが急増しコリアンタウン化して多くの韓流ファンを呼び寄せた。その後いったんブームは静まったが、2010年代初めにK-POPグループが日本で人気を集め、第二次韓流ブームがやってきて、新大久保駅周辺に、ふたたび多くの人がやってきた。 JR東日本は毎年、各駅の乗車人員(※列車に乗った人)トップ100を発表している。東方神起や少女時代、KARAがNHK紅白歌合戦に出場した2011年度には、新大久保駅は4万2千433人と初めて4万人を突破し初めて100位に入った。だが、ブームが去ると新大久保駅の乗車人員は減少し、再び100位圏外に。ところが、2016年度には前年比9.8%増で4万8220人となり、99位になった。 新大久保駅の前年比増加率9.8は極めて高い数字で、トップ100位内に前年比で5%以上の増加をみせた駅はほかにない。前述のように入場規制になることが増えており、新大久保商店街振興組合は2018年4月にHPで「特に、16時から19時ころの間は、大混雑することがあり、入場規制をすることがあります」と混雑についての注意を呼びかけているほどだ。 ところが、新大久保駅は大きな問題を抱えている。山手線で唯一、エレベーターもエスカレーターもない駅なのだ。日常的に電動車椅子で移動する新宿在住の50代男性は「ようやく工事が始まった」と言う。「敷地の権利の問題がややこしかったらしく、なかなかバリアフリー化がすすまなかったのですが、ようやく工事が始まって、2019年度にはエレベーターが使えるようになります。2020年東京五輪までに、駅舎も新しくなるそうです。もともと小さい駅なので、今のように大勢の人が来るとすぐに入場規制になります。なので、少し歩きますが中央線のJR大久保駅は空いていますし、地下鉄の東新宿駅も最寄りですので、私はそちらを利用しています」 第三次韓流ブーム、第二次K-POPブームはまだ続く気配が濃厚だ。山手線だけが止まる、ホームがひとつだけの新大久保駅では、入場規制がかかる週末がしばらく続きそうだ。
2018.11.18 07:00
NEWSポストセブン
Miyu Takeuchi of ongoing survival reality television show Produce 48 arrives at the Gimpo International Airport in Seoul, South Korea, 9 July 2018.
AKBメンバーが韓国デビューに挑戦 PRODUCE48の魅力
 毎週金曜夜11時、K-POPのディープなウォッチャーであるライターのまつど☆たまき氏が、そわそわしながら待つ番組があります。“会いに行けるアイドル”AKB48グループと、国民(視聴者)がデビューメンバーを決定する韓国の人気オーディション番組PRODUCEシリーズとのコラボ番組『PRODUCE48』(BSスカパー・Mnet)です。実力も華もあるのに運がなかった韓国の練習生たちの活躍は見守りたい、忖度で上位という心ない声も飛ぶ宮脇咲良だけどカワイイのは認めざるを得ないよね、矢吹奈子は実力あるんだからもっと強気にガツガツいっていいのに! など参加者すべてにエールを送るまつど☆たまき氏が、夢のコラボ番組についてやさしく解説します。 * * *「あなたたちは今、日本で活動してますよね? 日本でもオーディションを受けたでしょ? 何で選ばれたんですか?」 射るような視線をした韓国人審査員の情け容赦ない言葉が飛びます。凍りつき、目を伏せた少女たちは、日本から来た「AKBグループ」の現役アイドルたちです。ヒット曲を歌い、笑顔でダンスを披露した直後、氷のような批判を浴びせられ、蒼ざめて言葉を失う彼女たちを、カメラはジッと追い続けます──どこまでも冷静に。 日韓同時放映の連続リアリティ番組『PRODUCE48』第一回は、斯くも恐ろしいシーンをイントロに開幕したのでした。■サバイバル番組、PRODUCEシリーズ K-POPアイドルの場合、デビューしたばかりの新人が、いきなり完璧に近い歌やダンスを披露するレベルの高さを誇っています。一方、日本のアイドルは”原石”の段階でデビューさせ、プロ活動の中で徐々に実力を上げていくケースが多いように思います。ファンがその成長を見守り、自分たちのフォローが形となっていく、一種の「育成ゲーム」的な関与を求めることが多いからでしょうか。 ただ、韓国にも「未完成なアイドルの成長」を見守りたいという日本型のニーズはあり、あえてデビュー前の練習生を主人公に据えたTV番組が多く作られてきました。俗に「サバイバル番組」と呼ばれる、デビュー直前のプロ候補生選抜を追うリアリティ番組です。 今や世界的人気を誇るBIGBANGや日本でもおなじみTWICE、次世代を担う男性グループWINNER、MONSTER Xなどが、こうしたサバイバル番組でデビューまでのプロセスを公開してきました。練習生の苦労や努力を刻んだ映像は、多くのファンの共感を生み、人気爆発の大きな起爆剤となります。デビューした段階でもう多くのファンが付いているわけですから、その効果は絶大。我も我もと各芸能事務所が揃ってこの手法に飛びついたため、一時期、同工異曲の番組があふれる結果となってしまいました。 そこに新しい風を吹かせたのが、2016年、音楽専門ケーブル局Mnetで放映された『PRODUCE101』です。それまでは「一事務所の新人グループのデビュー」を描く番組ばかりでしたが、大小さまざまな芸能事務所から集めた練習生101人を選抜し、最終的に「究極のアイドルグループ」を結成するという大きな目標をゴールに据えたのです。第一シーズンからは女子グループ「I.O.I」が、そして第二シーズンは男子グループ「Wanna One」がそれぞれデビューし、ヒットチャートを大いに賑わせました。 さて、そのPRODUCEシリーズ第三弾として登場したのが、今年6月から放送されている『PRODUCE48』です。 今回の新基軸は、日本のAKB48グループから約半数の候補者39名を受け入れるというもの。韓国側は従来どおり各事務所から選抜された練習生57名、総計96名がデビューメンバー12名を目指して「国際的アイドルグループ結成」を目的にバトルを繰り広げることになったのです。■露呈する日韓アイドルの違い 元々、年一回の総選挙システムで「人気の可視化」が行われるAKB48グループは、こうしたサバイバルには一日の長があります。メンバーもその日常を晒すバラエティ番組を幾つも経験して、精神的にタフな状況を乗り越えてきた”猛者”です。しかし、アイドルに求められる要素が全く異なる韓国では、苦戦を強いられてしまいます。 最初の試練は、参加者の基本的な実力を計測する「事務所別」のミッション。ここでの評価によって、A~Fまでのクラス分けが行われます。審査を行うのはコーチングも担当する、K-POPシーンのベテラン歌手とダンスコーチ陣です。 この第一関門で高評価を得たのは、やはり練度の高い韓国側のメンバーでした。グループの活動停止などで居場所を失ったプロとして実績のあるメンバー、もしくはそれと同等の実力を備えた“スーパー練習生”たちのハイレベルなパフォーマンスを目の当たりにして、AKBグループメンバーに動揺が走ります。「ヤバい、自分がF(クラス)に行く未来しか見えない」「ボイストレーニングなんか一回もしたこと無いし。研究生は基礎トレーニングするわけないじゃん」「先輩の(ダンス)を見よう見まねでやってた」 番組では、AKBメンバーがうっかり漏らしてしまった小声の本音会話もしっかり放送されてしまいます。どんな小さなつぶやきも逃さず、出演者の心理を浮き彫りにしていくのが、このPRODECEシリーズの恐ろしいところでもあります。 日本人チームの先頭を切って、中野郁海と小田えりながアルバム収録曲の『Get you!』を披露します。中野はテレビのダンスバトル番組で優勝、小田もAKB内の歌唱コンテスト企画で優勝の過去があり、それぞれに実力者であるとの評判が審査員にも伝わっていたようです。が、「ガッカリした」「歌うスタイルが古い」「ダンスバトル一位の実力だとは正直に思えない」と、さんざんな酷評で迎えられてしまいます。 最終的に「このままではステージに上げられない」と一刀両断にしたのは、ダンスコーチ陣筆頭格ペ・ユンジョン女史。KARAの大ヒット曲『ミスター』ほかK-POP史上に残るレジェンド曲の振り付けをしてきた人だけに、言葉の重みが違います。このあとも日本人メンバーたちを次々D~Fグループに突き落とし、「日本の子たちはかなり泣きそう」と今後の展開に暗雲を漂わせる恐怖のキラーフレーズを吐きます。 冒頭に引用した強烈なセリフも、この猛女ユンジョンさんのものです。強烈な詰問の炎を浴びたのは『止まらない観覧車』を披露したHKT48からの7名。長い沈黙の後ようやく「(日本での)審査は歌とダンスでした」と答えた松岡菜摘の声は震え、目も潤んでいます。しかしユンジョン女史の口撃は止みません。「練習はたくさんしますか? 全然息があっていない。何を練習したの?」 確かにカメラはダンスのばらつきやキメポーズの不安定さをしっかりと捉えていました。ユンジョンさんのキツイ言葉は、単に踊りの巧拙のことを話しているのではありません。K-POPにとって非常に重要なポイントを踏まえた指摘をしようとしているのでした。 K-POPグループのダンスは「カル群舞(刀群舞)」と呼ばれる、一糸乱れぬチームの同期ぶりに最大の特徴があります。複雑なフォーメーションを様々に絡めながら、タイム感ばっちりに揃えるダンスは他の追随を許しません。キツイ戒めの言葉は、韓国のステージに立つ以上どうしても踏まえなければならないキーポイントを伝授する、愛のムチだったのです。 彼女が単に意地悪な憎まれ役でないことは、これまでのPRODUCEシリーズでも証明済みです。厳しい指摘を受けて、その欠点を克服してきた生徒には惜しみない賛辞を送り、大きな成長を見せた元劣等生を満面の笑みで包むシーンを何度もカメラは映し出しています。このギャップがなんとも魅力的で、思わず「ねえさん頼んだ!」と叫びたくなることも。 一見残酷ショーのようにも見えるPRODUCEシリーズですが、鬼コーチの叱咤の裏にある強い愛はもちろん、切磋琢磨するライバル同士が友情を築いていく過程や、当初は目立たなかった才能が徐々に開花する姿など、隠れたエモーショナルなドラマが掘り出されます。ジェットコースターのような展開の魅力にとりつかれたら最後、次回放送を指折り数えて待つようになるのです。 第一回では実力不足が目立ったAKBグループの中から、何人もの注目株も発掘されてきました。歌と編曲の実力を兼ね備えながら、2009年のAKB加入以来ずっと総選挙では圏外(101位以下)だった竹内美宥は、回が進むに従ってじわじわと評価を上げ、第一次順位発表式ではデビュー圏内の11位という高評価を得ました。 また矢吹奈子はどん底のF組からのスタートでありながら、ポジションバトルで超難関曲GFRIEND「LOVE WHISPER」の高音パートを完璧にクリア、個人得票1位に躍進。第一次順位発表式では7位、第二次では2位に躍進しています。 他にもポジションバトルのダンス部門で突如1位に浮上。10万点を奪取してそれまでの低迷を払拭した村瀬紗英や、チーム内1位を獲得して村瀬に続いた白間美瑠など、日替わりでシンデレラガールが次々登場しています。 様々なドラマを生んだPRODUCE第三シーズンも、いよいよあと三回を残すのみ。8月31日の放送が最終回となります。30人までに絞り込まれた候補たちは、番組オリジナル課題曲での「コンセプトバトル」に挑戦。この最終ミッションを経て、最終12名のデビューメンバーが決します。 はたして日韓のアイドル文化の壁を破って、どんなグループが誕生するのか。もうワクワクジェットコースターが止まりません。まさしくPRODUCEの敏腕Pさんの思う壺。発着所まで無事に戻って来られるのか。猛暑に負けない体力をつけながら最終回を待ちたいと思います。
2018.08.17 07:00
NEWSポストセブン
Twice hold showcase to promote their 5th mini album "What is Love?" in Seoul, Korea on 09th April, 2018.(China and Korea Rights Out)
韓国のTWICEになぜ日本の女子は夢中になったのか
 日本の中高生や大学生など若い女の子たちは今、とにかくK-POPのガールズグループが好きらしい。というふんわりした噂をきいて気にはなるものの、どこが好きなのか聞くに聞けない。そんな奥ゆかしい大人のために、K-POPのガールズグループ(GG)のディープなウォッチャーでもあるライターのまつど☆たまきが、日本の女子中高生はなぜTWICEの「TTダンス」に夢中なのかについて、やさしく解説する。 * * * 年々華やいでいく十代の娘さんの成長を、ときに気を揉み、ときに目を細めて見守るのは、21世紀の過保護な親世代の密かな楽しみでありましょう。そんな彼女たちが愛して止まない、韓国K-POPアイドルグループ「TWICE」をご存知でしょうか。 そういえばとCMで懐かしの故・西城秀樹さん(R.I.P)の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』をキラキラ衣装でカバーしている9人組の少女を思い出す方もあるかもしれませんね。なかなかGJです。でも油断は禁物。「ああ、アレAKBじゃないんだ」なんて口走ろうものなら、愛する娘さんたちはあっという間にソッポを向き、次のお誕生日プレゼントのおねだりまで口を聞いてもらえなくなります。すっかり世のヒット曲にも疎くなった皆さんが愛される親の座を死守できるよう、今やJK、JCたちの憧れの的となったTWICEについて5分(?)で理解できるようサクッと紹介してまいりたいと思います。 おそらく大半の皆さんがTWICEの名前を知ったのは、昨年末のNHK紅白歌合戦出場あたりが初めてだったのではないでしょうか。あそこで披露された目の下に両手の人差し指と親指でT字を作って絵文字の涙目風に揺らす「TTポーズ」は、彼女たちの最大のヒット曲『TT』のキメのポーズです(ココ大事)。 TWICE世代の少女たちにとって、スクールカースト上位間違い無しのイケてる彼女たちがプッシュする、インスタ映えするカワイイ決めポーズや、最新ファッションは当然憧れの的。『TT』はハイティーンのちょっと背伸びした恋心を、キュートに歌い上げるキラキラでドリーミーな曲であり、子供の頃から馴染んだネットジャーゴンを織り交ぜることで、強烈に「自分たちの世代のモデル」であることを主張してきます。 これまでの日本のアイドルはどちらかと言えば男性ファンの愛着の対象であり、その視線は常に”推し”を応援してくれるファンへの感謝に振り向けられてきました。いわばそれはリアル版の「アイドルマスター」(※プレイヤーがプロデューサーになりアイドルを育てるゲーム)の世界であり、「私達」十代の少女はその視野にありませんでした。 ところが、韓国から来たこの9人のキラキラ少女たちは、キメキメのダンスと高い歌唱力を備え、自信に溢れたガールズライフを送る自立した「カッコカワイイ」ヒロインを演じます──同世代少女の憧れとして、恋と日常を切り開いていく「生インスタ」の中の人、いわば「リアル・プリキュア」なわけです。そんな今までになかった新しいアイドルの世界観に、日本の十代はすっかりハートを鷲掴みにされてしまったというわけです。 日本の十代がどれだけ夢中になっているかは、彼女たちのリアル(現実)であるスマホの中、たとえばSNSをのぞくと、すぐにわかります。「TTポーズ」写真や、振り付けを真似て「踊ってみた」動画がたくさん見つかります。K-POPのGGはSNSに写真や動画を積極的に出していますが、なかでもTWICEの韓国向けInstagramは1日に何枚も新しい写真が更新されるので人気です。その写真に「いいね」をつけ、「かわいい!」「大好き」というコメントを日本の少女たちが日本語、英語、韓国語と多言語で書き込んでいます。韓国語でカラオケを歌えるほどになっている女の子も珍しくありません。◆TWICEはK-POPガールズグループ第4世代 K-POPにおけるガールズグループ(GG)には、1990年代後半の勃興期から数えて大まかに四つの世代に分かれると言われています。2010年代に日本でも大ヒットを記録した少女時代やKARAなどが記憶にあると思いますが、彼女たちが世界にK-POPを知らしめることになったGG第2世代にあたります。 その後肌の露出やダンスの際どさを増して男性ファンの視線を釘付けにしたAOAやSISTAR、EXIDらセクシー系のグループは第3世代。そして、TWICEや日本上陸でもそのライバルとなるべく切磋琢磨しているヒップホップ派のBLACKPINK、清純派GFRIEND、『BBoom BBoom』の大ヒットで突如急浮上したMOMOLANDなど昨今新たなK-POPブームの機運を盛り上げてきているのが第4世代にあたります。 それ以前のお姉さんグループとTWICEら第4世代の最も大きな違いは何かといえば、支持層の変化です。それまでの第3世代はセクシー派であって二十代男性中心のファン層をキープしていました。対抗勢力として存在したのも「清純派」と呼ばれるApinkやLOVELYZら日本でもおなじみのスタイルであるブリッコポップ勢でしたから、やはり男性ファンの支持がチャートを動かしていたわけです。アイドル界はなんといっても十代少女の独壇場であったにもかかわらず、その熱意はずっと男性グループにだけ注がれていたわけです。 2015年前後からリアルタイムで同世代少女たちのライフスタイルを反映し、共感を得る新しい傾向のグループとして登場したのがTWICEら第4世代です。テレビ番組『SIXTEEN』で過酷なオーディションを経て選抜されたTWICEは、デビュー前の段階で多くのファンから共感を得ていました。デビューミニアルバム『THE STORY BEGINS』からの活動曲(K-POP用語で「シングルカット曲」)の『Like OOH-AHH』は、「みんな私のことをほっといてくれないの。可愛すぎるからよね」と高飛車に切り出す歌詞で始まります。それまでの世代が持っていた男性への媚びや遠慮を吹き飛ばす強烈な爆弾として打ち込まれました。 男尊女卑がまだまだ支配的な韓国社会では、声高に女性が権利を主張することは歓迎されません。しかし、あたまでっかちな権利や平等を唄うのではなく、”カワイイは正義!”を全面に押し出した勝ち気でなおかつキュートなTWICEのハジけた歌声とダンスは、少女たちが抱えていた鬱屈を吹き飛ばす応援歌……いや大げさに言えば革命のテーマソングとしてシーンに響き渡ったのです。同世代少女の憧れと期待を全身に引き受けてTWICEの快進撃が始まります。この破竹の勢いは「少女による少女のための少女革命」と呼ぶべき、K-POPの新局面を切り開くものだったと思います。 さて韓国内であっと間に不動のトップを奪取したTWICEですが、2017年には早速次の大きな目標が掲げられます──それが日本市場の開拓でした。◆日本を目指すK-POP そもそも韓国音楽市場は決して大きくありません。日本レコード協会の発表によれば、2017年の音楽売上を比較すると、卸価格ベースで韓国は4億9400万ドル(約550億円)、日本は27億2700万ドル(約3000億円)。だから韓国の芸能事務所は、より大きな市場である日本での成功を夢見て、わざわざ楽曲を日本語に吹き替えたバージョンや、日本オリジナルの楽曲をレコーディングし、コンサートやメディアインタビューなどの対応に備えて日本語会話のレッスンを怠りません。「日活」(日本活動)と呼ばれるこの市場の制覇を大きな目標として掲げているほどなのです。 実際、男性グループではドームツアーを展開するBIGBANGや東方神起、BTS(防弾少年団)やCNBLUEなどが稼ぎ頭として日本市場を席巻していますが、女子は10年前の第一期K-POPブームの頃に売れた少女時代やKARA以降、これと言った成功例がありませんでした。ですから、デビュー一年で韓国内トップとなったTWICEが日本市場突破の尖兵に挙げられるのは当然のことです。 TWICEの日本市場での成功が予見されていたのは、単に彼女たちの勢いが凄かったからだけではありません。9人のメンバーの中には3人の日本人メンバー(モモ〈平井もも〉、ミナ〈名井南〉、サナ〈湊崎紗夏〉)が含まれており、その構成の三分の一が既にジャパニーズグループであるという有利な条件があったからです。特にメインダンサーを務めるモモの切れ味鋭いダンスは、修練度の高いK-POPグループの中でも異彩を放つ存在感があります。また美貌が売りのサナは映画レビューサイトTC Candler制定の「2017世界で最も美しい顔100人」で21位にランクインするなど、キラキラ少女軍団9人の核として多くのファンの支持を得ていたのです。台湾出身の美形メンバー・ツウィも含めて、広くアジア各国にアピールできるメンバーを揃えたTWICEは、実はデビュー当初から日本進出を噂されるほどの国際グループでもあったわけです。 来日時には、日本人の三人が日本語MCとして多く表に立ちます。兵庫出身のミナ、京都出身のモモ、大阪出身のサナと、三人が全員、関西出身者ということもあって、K-POPアーティストのインタビューであるにもかかわらず関西弁が飛び交う不思議な”バイリンガル”状況が展開されるのも、またTWICEの隠れた魅力の一つと言えましょう。 さて、今後のTWICEの国内での活動ですが、今年の夏も8月1日(水)公開の映画『センセイ君主』のテーマソング『I WANT YOU BACK』を担当する事になっており、主演の竹内涼真とのコラボダンスビデオは、公開から半月で130万再生超える大注目のMVになっています。(すでに500万回も超えていますし、映画のヒットを後押ししてくれる、化け物じみた宣伝力と言えるでしょう) ちなみにこの曲は故マイケル・ジャクソンがかつて所属したジャクソン5の名曲のカバーで、高音部の張りや声量を求められる難曲──早い話がそうそう簡単にクリアできる曲ではありません。にもかかわらず、キュートなダンスと共に、英語原曲を見事に歌いこなしてみせるメインボーカルのジヒョ、ジョンヨンらのポテンシャルの高さは尋常なものではないと言えるでしょう。 もしかしたら、もう既に彼女たちの視線の彼方には、現在K-POP男性グループBTSが米ビルボードアルバムチャートトップ5入りの大活躍をしているように、アメリカの市場がうっすら見え始めているのかもしれません。
2018.07.15 07:00
NEWSポストセブン
ネット発の不買運動が花盛り、ありとあらゆる企業がその標的に
ネット発の不買運動が花盛り、ありとあらゆる企業がその標的に
 ネットでは自分の意に沿わぬ発言や表現をした企業やアーティスト等に対し、抗議の意味で不買運動が呼びかけられることがある。最近では、バンド・RADWIMPSだ。新曲『HINOMARU』の歌詞に「日出づる国の御名のもとに」などの言葉が入り「軍歌っぽい」などとし、戦争肯定と捉える人も登場し、その対象となったのだ。ネット発の不買運動の歴史についてネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、過去の例を挙げて振り返る。 * * * 今回のRADWIMPSの件はライブ会場前での抗議まで呼びかけられることになりましたが、これを受けて様々な過去の例を思い出しました。まず2011年、韓国嫌いな方々がフジテレビに対してこんなシュプレヒコールを挙げたケースです。「我々はK-POPなんて聞きたくない!」「フジテレビは日の丸・君が代をカットするな!」「フジテレビは放送法の違反をするな!」「フジテレビは電波免許を返上しろ!」「我々はフジテレビスポンサーの不買運動を継続するぞ!」 また、同年12月31日、KARA、東方神起、少女時代の3組がNHK紅白歌合戦に出場したため、抗議すべく紅白の会場前で抗議デモを行ったことも思い出しました。 何かに抗議するのは別に構わないのですが、どうも批判の根拠に納得感がないんですよ。フジテレビ以外の局だって当時は韓流ドラマを流し、K-POPアイドルを出演させていたわけですし、過去にチョー・ヨンピルや桂銀淑だって紅白にも出ていた。韓国人が紅白に出るのが問題なのだとすれば、なんで2011年、アメリカ人のレディ・ガガが中継でゲスト出演していたことは問題視しないのか。台湾出身の欧陽菲菲だってテレサ・テンだって出ています。なぜ韓国はダメでアメリカと台湾はOKなのか? 整合性がつかないんですよ。「レディ・ガガは親日家だからOK」みたいな反論もありましたが、当時のKARA、東方神起、少女時代だって十分に親日的だったでしょうよ。 あの頃の不買運動の対象といえば、以下のような企業が挙げられます。・ロート製薬:“反日女優”キム・テヒをCMに起用したから・サントリー:韓国焼酎「鏡月」のウェブサイトに「東海(日本海)」と記述したから・亀田製菓:韓国食品メーカー「農心」と提携したから・花王:“反日テレビ局”フジテレビの大スポンサーだから・各種鉄道・バス会社:ハングルで行き先を表記したから◆不買運動ハッシュタグも活発化 この頃は嫌韓ムーブメントが拡大している時期でしたが、フジテレビのドラマ『それでも、生きてゆく』の2011年9月8日の放送では、小道具の雑誌の表紙に「JAP18」と書かれてあったことから「反日ドラマ」認定。同ドラマのスポンサーに対する不買運動がネットで呼びかけられました。その翌週、梅酒で知られるチョーヤはCMを流しませんでした。すると、同社を称賛する意見が多数書き込まれたのです。不買運動とは逆の「チョーヤの梅酒を買いに行くぞ!」みたいな書き込みもありました。しかし、真相はガジェット通信の取材によると以下の通りです。「実を言いますと、あのドラマのCMに関してはレギュラーで出しているのではなく、不規則・不定期にCMを流す形になっていまして、9月は結果として1日、8日の2回放送で15日以降の放送予定がなくなったのです」 チョーヤを都合よく「オレ達の味方」認定したものの、実際は偶然CMが流れなかった。そもそも日本企業に対して不買運動して何になるのでしょうか。同社で働く日本人をイヤ~な気持ちにさせ、対策会議等で余計な時間を使わせる結果となります。デモ自体はたいした影響はなかったものの、たとえば花王のデモの場合、デモ後に株価が下がったことから「効果があったぞ!」とその成果を誇る。最近でもサントリー「プレミアムモルツ」のCMに、“反日女優”認定した水原希子が登場したことから不買運動を宣言する人もいました。 その逆のベクトルで「レイシスト支援企業」認定を受け、不買運動を起こされたのはAPAホテル、DHC、ゴーゴーカレーでした。 一方最近では、セクハラや不謹慎認定された企業への不買運動呼びかけや「もう買わない宣言」も登場しています。資生堂「インテグレート」、キリンビバレッジ「午後の紅茶」、鹿児島県志布志市「ふるさと納税」、サントリー「頂」ウェブ動画、牛乳石鹸、AGF「ブレンディ」など。 また、ツイッターのハッシュタグで「#○○(企業名)不買運動」と書かれているものを挙げると以下の企業が登場します。#文春不買運動 #小学館不買運動 #ローソン不買運動 #東急不動産不買運動 #zozotown不買運動 #ジャンプ不買運動 #セガ不買運動 #kadokawa不買運動 #サントリー不買運動 #スタバ不買運動 #アディダス不買運動 #文藝春秋不買運動 #読売不買運動 #nhk不買運動 #シャープ不買運動 #DeNA不買運動 #ニトリ不買運動 #ロッテ不買運動 #日立不買運動 #金鳥不買運動……。 その他、気に食わない報道をしたテレビ番組のスポンサーをこらしめるべく、「#ひるおびスポンサー不買運動」などとまとめて不買を呼びかける人も出ています。もう、ありとあらゆる企業がその対象となっており、他人に厳しい人が本当に多い世の中ですね。
2018.06.16 16:00
マネーポストWEB
元KARA・知英 欧米アフリカでの写真集撮影に意欲
元KARA・知英 欧米アフリカでの写真集撮影に意欲
 元KARAメンバーで現在日本を拠点に女優として活動する知英(22)が2冊目の写真集『美 Gently』(小学館、6月24日発売)の大反響を受け、個展を行うこととなった。それを記念し、撮影したレスリー・キー氏と7月16日にトークショーを開催した。 同写真集は、東京・京都・タイ・香港の4都市で約1年かけて撮影されたもの。テーマは「アジアの知英」だったが、レスリー・キー氏は今後「ヨーロッパの知英」「アメリカの知英」「アフリカの知英」の少なくとも3冊を出していきたいと抱負を語った。 これには知英も「ついていきますよ」と乗り気だった。なお、知英は連続ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)の主題歌をJY名義で歌っているが、評判を知るために、ネットでエゴサーチをしていたと明かした。撮影■平野哲郎
2016.07.26 16:00
女性セブン
性同一性障害の留学生を熱演 知英のウィッグ姿
性同一性障害の留学生を熱演 知英のウィッグ姿
 映画『全員、片思い』の初日舞台挨拶が7月2日、新宿バルト9で行われ、キャストの伊藤沙莉、中川大志、森絵梨佳、桜田通、広瀬アリス、斎藤工、知英、TAKUYA(CROSS GENE)、新川優愛、志尊淳、千葉雄大、橋本マナミ、横浜流星、加藤雅也が出席した。さらに、主題歌『灯台』を担当する黒木渚も登場した。 8つの片思いの物語がオムニバス形式で描かれる本作。第1話の主演を務めた伊藤沙莉は「物語が重なっていくにつれて、忘れられたら悲しい」と少々自信なさげ。一方、広瀬アリスの相手役である斎藤工は「広瀬アリスに酔いしれてください」と自信満々だった。 また、元KARAの知英は性同一性障害に悩む韓国人留学生を熱演。ショートカットのウィッグにメンズの浴衣姿というレアな出で立ちで登場した。撮影■高柳茂
2016.07.12 16:00
女性セブン
フジテレビは苦境に立っているのか
元KARA起用にフジ株主総会で「嫌韓デモの原因検証した?」
 6月28日に行なわれたフジ・メディア・ホールディングスの株主総会は、3時間35分の長丁場だった。出席した株主の1人が話す。「番組がつまらないというストレートな意見が多く出ました。壇上の役員たちも笑顔がほとんどなく、悲壮感が漂っていましたね」 2016年3月期の同社の売上高は6405億円で前年比0.4%減と、数字上はわずかな減収にとどまった。ところが中核のフジテレビの売上高は前期比6.5%減の2897億円、当期純利益に至っては38%減の33億円と、テレビ東京の後塵を拝する危機的な状況にある。 業績不振の主な原因は視聴率の低迷だ。昨年の年間視聴率ではTBSに抜かれ民放4位に転落、かつて社会現象にまでなった月9ドラマも、福山雅治主演の『ラヴソング』が史上最低の平均視聴率8.5%を記録するという散々な結果に終わっている。ゴールデンタイムの視聴率では、今年に入って民放5位のテレ東にまで抜かれる有り様だ。 惨状を見かねた株主たちは総会で不満を爆発させ、厳しい質問を投げかけた。 まずやり玉に挙がったのは1月に放送された『新春! オールスター対抗歌合戦』だ。この番組に自民党の甘利明、高市早苗、林芳正の各議員が出場したことについて、株主は「視聴者は彼らをスターと思っていない」と一喝。政治的中立性を疑問視した。 株主優待として毎年送られている手帳に対しても「(子会社で通販を扱う)ディノスのカタログから選ぶことはできないか」との声が上がった。 月9に関しては、韓国のアイドルグループ「KARA」の元メンバーが新ドラマの主題歌を歌うことがネットで炎上したため「過去の嫌韓デモの原因を検証しているのか」との指摘が出た。※週刊ポスト2016年7月15日号
2016.07.04 16:00
週刊ポスト
元KARA・知英が2冊目の写真集 タイの象は「すごくいい子」
元KARA・知英が2冊目の写真集 タイの象は「すごくいい子」
 6月26日、元KARAメンバーで、女優の知英(22)が、2冊目となる写真集『美 Gently』(小学館)の発売記念イベントに登場。東京・京都・タイ・香港の4都市で約1年かけて撮影が行われた。 いちばんのお気に入りはタイで象に乗った1枚だといい、「肌はチクチクしたけど、すごくいい子だったので、タイに行ったらまた会いたい」と語った。なお、撮影では京都へも行き、和の様式美をふんだんに取り入れた伝統ある庭園や寺社での撮影を行い、厳かな中にクールジャパンを醸し出している。撮影■平野哲郎
2016.07.03 16:00
女性セブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト