すみれ一覧/3ページ

【すみれ】に関するニュースを集めたページです。

東日本の看板女子アナ「訛りが魅力」「初々しさ可愛い」など
東日本の看板女子アナ「訛りが魅力」「初々しさ可愛い」など
 各県にある地方テレビ局には、キー局のアナウンサーを凌ぐ人気を誇るローカルアナが存在する。 本誌・週刊ポストは、キー局が集中する東京都とローカル局のない茨城県を除く45道府県の男性にアンケートを実施し、「1番好きな女子アナ」を調査した。その結果から、東日本で選ばれた“おらが県”の看板女子アナ5人とその評価の声を紹介する。【北海道】室谷香菜子アナ(北海道放送)「津軽弁の訛りが魅力的」(44歳)「ちょっと引き笑いなところが可愛い」(39歳)【岩手県】松原友希アナ(IBC岩手放送)「素直で愛嬌があって可愛らしい。応援したい」(67歳)「いつも元気があって、見ていて元気をもらえる」(57歳)【富山県】粟島佳奈子アナ(北日本放送)「明るい・元気・可愛いの三拍子が揃ったアナウンサー」(37歳)「かわいい! 彼女になってほしい」(52歳)【福井県】川越智子アナ(福井放送)「抜群のプロポーション。それでいて品がある」(53歳)「『ふれあい若狭』で見せる笑顔がいい」(50歳)【岐阜県】高橋すみれアナ(岐阜放送)「初々しいところがかわいい」(33歳)「リアクションが新鮮で癒される」(58歳)※週刊ポスト2018年7月20・27日号
2018.07.11 16:00
週刊ポスト
D・フジオカ『モンテ・クリスト伯』は視聴者を試す復讐劇
D・フジオカ『モンテ・クリスト伯』は視聴者を試す復讐劇
「賛否両論」は、昨今のヒット作のキーワードだろう。フォロワーもアンチも巻き込んで大きなうねりが発生した時、その作品はヒットの称号を得る。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が注目のドラマについて指摘する。 * * * 遠くまで見わたせる海。背後のボケ味が美しい。船、漁港、市場とロケを多用した匂いたつようなシーン。まるで額縁の中の絵のような映像を背景に、しかしピリピリと漂う緊張感。ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジ系木曜)がいよいよ今夜9時、拡大版2時間となって最終回を迎えます。 このドラマ、「異色作」と呼んでもよいのではないでしょうか? あるいは、視聴者が試される「リトマス試験紙」とも。なぜなら、ザテレビジョンの視聴熱調査やテレビウォッチャーの満足度調査では高得点を叩き出し、満足度は回を追うごとに上昇し絶賛される一方で、「ずっこけドラマ」などと極端な酷評も見られるからです。こうもくっきりと評価が分かれるドラマも珍しい。 いったいこの分裂、何に由来しているのでしょうか? このドラマは何を浮き彫りにしているのでしょう? 原作は19世紀のフランス小説『モンテ・クリスト伯』。日本では『巌窟王』で知られる復讐の物語。その屋台骨の「復讐」という筋は保持しつつ、ディテイルは大胆な翻案によって現代の日本に置き換えられています。 主人公は、片田舎の小さな漁港で漁師をしていた柴門暖(ディーン・フジオカ)。ある日、テロリストとの関係を疑わわれ逮捕されてしまう。結婚直前の幸せを破壊され奈落に落ちる。15年間も監獄に幽閉された後、柴門は脱出に成功。大金を手に名前を変え、「モンテ・クリスト・真海」という別人物として戻ってくる。自分を陥れた人々に復讐するために。 そのモンテ・クリスト・真海の姿は……口髭、きっちりとなでつけた髪、スーツ。豪邸に住むシンガポールの大富豪であり投資家。日本語を話すけれど、どこか英語なまりの語尾。うさんくさくて浮き世離れしていて、背後に何かを隠していそう。 徹底的にキッチュな役柄で「作り物」の面白さを際立たせています。そんな「モンテ・クリスト・真海」の存在をめぐって、視聴者の反応が四分五裂。キッチュな作り込み感が面白い、柴門がモンテ・クリスト・真海を演じる二重性を「フィクションならでは」の醍醐味と感じて楽しむ人もいる。その一方、不自然だと全否定する意見や拒否反応を示す人も。 特に視聴者の間で議論になったのは、「柴門暖が姿を変えモンテ・クリスト・真海として現れた時、誰もその正体に気づかないのはオカシイではないか」という点(正確には元婚約者のすみれだけは最初から気付いていた、という解き明かしがされる)。演出担当の西谷監督は、ディーン・フジオカさんに正面から二役を演じさせた理由についてこう語っています。「整形したのかとか昔はすごく太っていたのかとか、それを特殊メイクでやろうとかそういうのをいろいろ考えました。だけど、それも全部小手先だし、見る人にとっては同じ役者さんだってわかってるわけだし、そこは堂々といけばいいと思いました……意外と人間って他人のこと覚えてないなと思って」(西谷弘監督「マイナビニュース」2018.6.7) 西谷監督のコメントで最も興味深いのは、「意外と人間って他人のこと覚えてない」。よく考えるとたしかに、そういう側面はあるかもしれません。 しばらく前のことですが、子どもの記憶から作られた「似顔絵」が実に正確で、犯人逮捕の決定的な手がかりになった事例が続き話題になりました。その際、「子どもの目は大人よりも優れている」という指摘がされました。なぜか? 大人はありのままを見られない。自分なりの意味や知識、解釈を加えてしまう。例えば、眼鏡や髪型、肩書きや高そうな衣服や時計などの属性によって、大きな影響を受けてしまいがち。しかし子どもは網膜に映った映像、形や色をそのまま受け取り覚えている。「外部から『こうだったのでは?』と情報を入れられても、子どもは『違う』とはっきり否定できる。一方、大人は『そう言われればそうだったかも』などと、あやふやになってしまう」と専門家がコメントしていました。そう、西谷監督が指摘するように、日常の中で意外と、人は他者のことを正確には見ていないし覚えていない、ということも、ありうるのかもしれません。 特に『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』というドラマは、フィクションとは何かを問う作品である点が、実に興味深い。当り前ですがお芝居では日本人が外国人になったり若者が老人になったりする。宝塚歌劇団では女性が髭ヒゲつけ男性になるし、歌舞伎はその逆も。 そもそも歌舞伎は「ケレン」が見所です。登場人物がガマガエルに変身したり狐や桜の精になったり。「実は何々」「実は-」と変身するのが日常茶飯。観客も不自然と思わず「こういうシチュエーションね」と、いわばお芝居の約束事として受け入れ流れに乗って展開を存分に楽しむ。 同じく、柴門暖がモンテ・クリスト・真海となって現れた時、「ああそういうことね」と受け入れるかどうかで、ドラマ世界の扉は開きもするし閉じもする。その意味でリトマス試験紙のようなドラマです。 さて、今夜はいよいよ最終回。復讐劇はいったいどこに着地するのか。絶妙な演出と計算された脚本、アクの強い演技を見せる役者の力によって、ドラマ界に新たな潮流が生み出されるのか、注目です。  
2018.06.14 16:00
NEWSポストセブン
すでに大人気・松岡修造の娘、宝塚はいじめ阻止の態勢
すでに大人気・松岡修造の娘、宝塚はいじめ阻止の態勢
 宝塚歌劇団には、「花」「月」「雪」「星」「宙」の5つの組がある。熱心なヅカファンに言わせれば、いちばんの歴史をもつ花組のタカラジェンヌには文字通り華やかさと総合力が求められ、月組は個性的で少しクセがあるなど、組によってキャラクターが異なるという。 一体どこの組に入るのかしら──宝塚音楽学校の卒業までまだ1年近く残しながら、すでにファンたちの間では、松岡修造(50才)の娘・恵さん(19才)のそんな話題で持ちきりだ。 5月27日、小児がん患者や家族のための専門施設を支援する「すみれ募金」を募るイベントに、音楽学校の生徒80人が参加した。「黒地に白百合の着物を着た恵さんの立ち姿には、周囲から溜め息が聞こえるほどオーラがありました。恒例のファンとの記念撮影では、恵さんの前に人が殺到して大混乱になったため、急きょ1人だけ他の生徒から離れた場所で対応するという異例の態勢が敷かれました。日に日に注目度は高まる一方です」(スポーツ紙記者) 恵さんは、「鉄の掟」と呼ばれる厳しい規律の中で学校生活を送っている。来年3月には音楽学校を卒業し、タカラジェンヌとして羽ばたくことになる。「組分けは歌劇団プロデューサーらによる合議で決められます。不足しているのは男役なのか娘役なのか、年次構成の矛盾はないか、ダンサーが必要なのか、それとも歌手なのか、退団予定者の人数は…などなど、さまざまな事情を考慮して決められます。 デビューしてしまえば、重要なのは何といっても『集客力』に尽きます。話題性、スター性が大きなポイント。来年の卒業生の目玉は何といっても恵さんです。創業一族に生まれたサラブレッドな上に、松岡修造さんの娘で、あの美貌。関係者の間では『首席卒業』を望む声が囁かれているんです」(宝塚関係者) これまで、汀夏子(71才)や小柳ルミ子(65才)、安蘭けい(47才)、蘭寿とむ(42才)といったスターたちが、音楽学校を首席で卒業した。「恵さんが首席で卒業となれば、宝塚にとってこれ以上のニュースはありません。そこからはスター街道まっしぐらでしょう。ですが、他の生徒たちも毎日血の滲むような努力をしていますから、そう簡単なことではありません。恵さんにとっては相当なプレッシャーでしょうが、お父さん譲りのプラス思考で、“注目されることに感謝”と捉えているようです。実際、恵さんの歌やダンスの成績は、上位にランクインしているそうです」(前出・宝塚関係者) だが、恵さんの人気が上がれば上がるほど、心配される面もある。「君島十和子さんの娘・蘭世惠翔さんや、夏目雅子さんの姪の風間柚乃さんなど、これまでにも『2世』などと呼ばれて音楽学校在籍時から注目された人はいましたが、恵さんほどのフィーバーは前例がありません。今、学校側は恵さんの扱いに細心の注意を払っているといいます」(別の宝塚関係者) 音楽学校では2009年、「万引などの濡れ衣を着せられた」などといじめを主張した元生徒が、学校側を相手取り裁判にまで発展したことがある。歌劇団入団後にもスターたちは嫉妬の対象になり、小柳ルミ子の「靴隠しや衣装の針混入」や、黒木瞳(57才)の「砂入りサンドイッチ」などのいじめエピソードは有名だ。「学生のうちからここまで注目されている恵さんが、嫉妬などの対象にならないようにと申し送りがあったそうです。万が一、恵さんへのいじめが起きたり、それが表沙汰になったりしたら、未来の大スターを失いかねません。とにかく今は“恵さんをいじめから守る”という異例の態勢を敷いているようです」(前出・別の宝塚関係者) スター誕生が近づいている。※女性セブン2018年6月21日号
2018.06.07 16:00
女性セブン
金利だけでなく特典にも注目 定期預金をお得に活用する方法
金利だけでなく特典にも注目 定期預金をお得に活用する方法
 日本経済新聞が2月に発表した「第14回日経金融機関ランキング」によれば、顧客満足度で初の首位となったのは、みずほ信託銀行。三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクは、どこもランキングのベスト10内に入っていない。 メガバンクの定期預金金利は横並びで、わずか0.01%にとどまるが、地方信金や地銀、ネット銀行などメガバンクの10倍どころか30倍以上の高金利を掲げる金融機関もあり、各行が顧客獲得にしのぎを削っている。 一方で、ユニークなアプローチで顧客を獲得する銀行もある。 例えば、静岡県のスルガ銀行は、預け入れ金額に応じて、定期預金の利息のほかに、ジャンボ宝くじを年3回もらえる『ジャンボ宝くじつき定期預金』を用意。同行は、当たりが多く出ることで知られる西銀座チャンスセンターで購入し、1等1億円が2本出たのを筆頭に、これまで高額当選を多く出しているという。 東京の城南信用金庫の懸賞金付き定期預金『スーパードリーム』も、最高100万円の賞金や、東京宝塚劇場ペアチケットなどの豪華賞品が当たる人気商品だ。 高知銀行のネット支店「よさこいおきゃく支店」も、その名に負けずユニーク。『土佐からの便り定期』と銘打ち、預金額に応じて年2回、地元の名産品を送るサービスが付いた定期預金を提供する。「預金額300万円と500万円の2つのコースがあり、期間は3年。土佐牛やかつおのたたき、地酒など山海の幸が満載のカタログから好きなものを選べるんです。毎年楽しみです」(利用する40代主婦) 大阪の池田泉州銀行は、宝塚歌劇の鑑賞チケットが当たる定期預金『すみれの花』でマダムたちから熱烈な支持を受ける。年間2000人に当たるが、3年以上預けると、当選確率が2倍にアップするという。 これらの定期預金をさらにお得に活用する裏ワザもある。経済評論家の木村佳子さんが話す。「高金利定期預金の多くは1年間など期間限定で、それを過ぎると通常金利に戻ってしまいます。満期を迎えるごとに、また次の高金利定期に預け替えるのも1つの手です。特に6月、12月のボーナス期や、4月の新生活が始まる季節は、資金や口座獲得のため、高金利キャンペーンを実施する銀行が増えます。この時期を狙って預け替えるといいでしょう」 ただし、その際に忘れてはいけないのは税。せっかく確保した利息だが、満期後の口座入金時、20.315%が課税されてしまう。店頭表示金利がそのまま得られるわけではないため、税引き後の利息を想定して預金したい。 なじみのない遠方の地銀やネット銀行も、使い方によっては、大事な虎の子を増やしてくれる。この機会に、お金の預け先を見直してみるのもいいだろう。※女性セブン2018年5月10・17日号
2018.05.09 11:00
マネーポストWEB
行列のできるとんかつ店が増加
明治維新の肉食ブームから150年、日本の肉はようやく「文化」へ
 日本人の食卓における「肉」の存在感は大きくなり続けている。牛、豚、鶏、それぞれに名店も増えた。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。 * * * 国内における「肉ブーム」が新しい展開を見せている。これまで焼肉、ステーキ、かたまり肉など業態や提供方法に違いこそあれど、国内の「肉食」は「牛食」とほぼイコールで結ばれてきた。このGWにも全国で数々の肉関連のフェスが行われている。 もっともこの数年、国内の肉食文化にわずかながら変化の兆しが見えている。まず目に見える変化としては畜種の変化だ。それまでの「牛」一辺倒から、この数年明らかに「鶏」「豚」シフトが進んでいる。2015年に「第3次」と言われから揚げブームが起き、翌2016年には大手飲食チェーンが次々に焼鳥業態へと滲出した。ワタミグループによる「三代目 鳥メロ」はわずか2年弱で120店超の出店ペースで急拡大。モンテローザの「豊後高田どり酒場」やダイニングイノベーションの「やきとり家 すみれ」なども短期間でそれぞれ数十店規模で出店が進んでいる。 チェーン業態だけでない。ミシュランで毎年紹介される銀座の焼鳥店は海外の客も含めて、連日満員。その他の実力店には、予約数か月待ちという店もある。そうした名店からの独立も含めて、新店も続々とオープンしているのが焼鳥界なのだ。 他の業態でも、丸鶏を専用オーブンで焼くロティサリー専門店も目につくようになった。この流れは、家庭にも流入しつつあり、昨年、大手家電パナソニックからは家庭用のロティサリーグリルが発売された。超一流店からチェーン店、そして家庭までさまざまな場面で鶏肉の存在感が増している。 では、豚は鶏の後塵を拝しているのかというと、豚肉もかつてないほど注目されるようになった。象徴的な例が「とんかつ」だ。これまでごく一部の実力店で提供されていた、技術を要するようなハイレベルなとんかつを提供する店が増えたのだ。極厚の肉にじんわり火を通し、内部を絶妙のロゼ色に仕上げる店には長蛇の列ができるようになった。 その他、豚肉の塊肉やTボーンステーキなどを出す都心の豚肉料理店も連日にぎわい、豚肉を使った「火鍋」専門店も人気を博している。 東京ばかりではない。地方でハムやソーセージなど自家製の豚肉加工品を扱う専門店が「お取り寄せ」などの切り口でメディアに取り上げられることも増えた。高い技術を持つ職人も増え、全体のレベルも上がった。それはとりもなおさず、うまい加工品に巡り会える機会が増えたということでもある。 これまで牛肉を中心とした国内の肉ブームは、盛り上がりかけると、必ずと言っていいほど水がさされてきた。2001年にホルモンが盛り上がりかけたときには BSE騒動が起き、その後も食品偽装やリーマンショックがあった。2010年には宮崎県南部を中心に口蹄疫が発生し30万頭近くが殺処分され、いまに至るまで流通や離農問題などについても影響が出ているという。そしてネガティブな事象が起きるたびに、流通からは牛肉が消えてきた。 だが、こうした経過をたどったからか、現在の肉食トレンドのコシはかえって強くなった。2016年の熊本地震や東北・北海道を襲った連続台風でも、畜産物も大きな被害を受けたが、産地の畜産家を支援する動きは続いている。いわゆる「和牛」以外の牛肉にも価値が認められるようになり、新たな銘柄豚も登場した。現在、銘柄豚の種類は400以上にまで増えている。 明治維新の頃、ブームとして登場した「肉食」。以来、150年が経過し、日本における肉食はようやく「文化」となるとば口に手をかけた。「ブーム」が文化に発展するまでには数多くの段階と時間が必要だ。ブーム(トレンド)の繰り返し→定着→要件の整理・定義→上書き……といった工程を繰り返して初めて「文化」は醸成される。繰り返されるブームの先へと分け入ろうとする機運も各所で盛り上がっている。「日本の肉文化」を語ることができる未来がもうすぐ来るのかもしれない。
2018.05.06 16:00
NEWSポストセブン
NBC長崎放送・染矢すみれアナ 「美肌の湯」浴衣リポート
NBC長崎放送・染矢すみれアナ 「美肌の湯」浴衣リポート
 長崎の雲仙温泉は、硫黄泉の温泉らしい匂いが立ち上る情緒漂う場所だ。NBC長崎放送の『あっぷる』でMCを担当する染矢すみれアナ(28)が、浴衣で現地リポートする。「雲仙の温泉は、普賢岳で登山した折に立ち寄ったのが最初です。その時は全身が疲労していたのに翌日まったく筋肉痛が残らず、温泉の効能を肌で感じました。 ここ福田屋さんの源泉は疲労回復だけでなく美肌の湯と謳われるだけあり、手を浸しているだけでもお肌がひと皮むけたような潤いを得られます。乳白色のお湯は見た目通りのミルキーな肌触り。湯上がり後もずっとしっとりした肌の質感をキープしてくれます。 テレビやラジオに視聴者やリスナーからメッセージをいただくことがあります。放送がしっかりと皆さんのもとに届いているんだと実感が湧き、やりがいを感じます。楽しい時はともに笑い、悲しい時はともに泣く、この温泉みたいに視聴者をマイルドに包み込めるようなアナウンサーになりたいです」【プロフィール】そめや・すみれ/1989年生まれ、宮崎県出身。鹿児島大学卒業。2012年、長崎放送入社。出演番組は『あっぷる』『げなパネ!』『NBCニュース』、ラジオ『歌のない歌謡曲』など。●雲仙福田屋 硫黄泉を源泉かけ流し。美肌効果の高いメタケイ酸を多く含み、湯上がりの肌はしっとり、つるつるに。内湯・露天と貸切湯があり、露天風呂からは春色に染まるヤマザクラなど、四季折々の山並みを堪能できる。夕食には創業以来50年続く秘伝の出汁を使用した名物の鍋料理や九州の山海の幸が食べられる。【住所】長崎県雲仙市小浜町雲仙380-2【料金】1泊2食付1万2950円~(2名1室利用時1名分・入湯税込み)。日帰り入浴(12時~20時)大人1000円。◆取材/渡部美也、撮影/中西ゆき乃※週刊ポスト2018年3月23・30日号
2018.03.24 07:00
週刊ポスト
帽子をかぶられる姿も美しい
美智子さま 陛下の在位30周年記念式典出席に不安覚えられる
 天皇皇后両陛下が2月22日、3泊4日の葉山御用邸での静養から帰京された。「静養初日の19日には、恒例となっている御用邸の裏の海岸『小磯の鼻』を散策され、滞在中には料理研究家の辰巳芳子さんや詩人の堀口すみれ子さん、歌手の宇崎竜童さんと作詞家の阿木燿子さん夫妻らと面会されたそうです」(宮内庁関係者) 辰巳さんの自宅を訪れたのは20日の午前中。もともと、美智子さまが辰巳さんの著書を読まれたことがきっかけで、今回で4度目の訪問だったという。「農業高校の生徒が育てた大豆で作った豆腐を召し上がったそうです。お帰りの際には、その大豆をお土産として持ち帰られたといいます」(前出・宮内庁関係者) 堀口すみれ子さんの自宅では、同日の夜にディナーを楽しまれた。「堀口さんとの交流は20年以上にわたります。堀口さんは、葉山町で2002年に作った愛子さまの誕生を祝う『たままゆ』という曲の作詞を担当しました。堀口さんとのディナーに、宇崎さんと阿木さん夫妻が同席したそうです。宇崎さん夫妻とはもともと園遊会などを通じて面識がありました。また、2016年4月の熊本地震当日、両陛下が静岡での『フラメンコ曽根崎心中』の鑑賞を急きょ取りやめられました。この特別公演の作詞作曲などを担当したのが、宇崎さん夫妻でした」(前出・宮内庁関係者) 元日から立て続けに行われる儀式や公務が一段落し、この時期に取られる静養は、両陛下にとっても毎年恒例のリラックスタイムだ。だが、19日に両陛下が御用邸に到着された際、いつもとは違った光景があったという。「御用邸の門から建物まで、両側に木々や植物が植えられた100mほどの道が続きます。両陛下が御用邸に到着されたときには、宮内庁職員や奉仕団として御用邸の清掃をした葉山町民などが、その道沿いの両側に立って花道を作って出迎えるのが恒例なんです。いつもはその間を両陛下は車に乗って進まれ、建物の前で降車し人々に手を振られます。ところが今回、両陛下は人々の前で車を降りられ、まるで園遊会のようにひとりひとりの顔をご覧になり、お声を掛けられながら進まれました」(前出・宮内庁関係者) その日は、二十四節気では雨水。それまでの雪が雨となり、本格的に春が訪れるとされる日だ。しかし、相模湾から吹く風は防風林を越えてもなお、春は名のみの風の寒さを保っていた。にもかかわらず、両陛下はゆっくりと歩みを進められたのだ。「両陛下は毎年1~2回葉山御用邸に足を運ばれてきました。かつては幼少の皇太子さまや秋篠宮さま、紀宮さまをお連れになり、ご家族の思い出が詰まった場所でもあります。来年4月末での退位が決まり、天皇皇后として葉山を訪れることができるのは残りわずかですから、これまでの感謝の意を込めて、いつもとは違った行動に出られたのだと思います」(前出・宮内庁関係者)◆陛下は全力で式典に臨まれる つかの間の静養からほぼ1年後の、2019年2月24日、陛下の在位30周年記念式典が、国立劇場(東京都千代田区)で開催される。退位まで2か月あまりのタイミングでの式典は、大きな注目を集めるだろう。「ですが、その記念式典に陛下が出席されることに、美智子さまが強い不安を覚えられているようなのです」(別の宮内庁関係者) 今年12月の誕生日で、陛下は85才を迎えられる。「2015年8月の『全国戦没者追悼式』や、同年10月の『全国豊かな海づくり大会』での段取りのお間違いなどがあったこともあるでしょうが、美智子さまが心配されているのは、ひとえに陛下のお体のことです。在位30周年を祝う節目の式典となれば規模も大きくなり、陛下は全力で臨もうとされることでしょう。ただ、美智子さまはそれが、陛下のお体への大きな負担になってしまうのではないかと危惧されているのです」(前出・別の宮内庁関係者) 葉山でのあたたかな交流とゆったりと流れた時間に、美智子さまは終始和やかな表情を浮かべられていた。だが、心の奥底には小さなトゲが引っかかっていらっしゃったのかもしれない。撮影/雑誌協会代表取材※女性セブン2018年3月15日号
2018.03.04 16:00
女性セブン
城田優&すみれが見せた“神スタイル”2ショット
城田優&すみれが見せた“神スタイル”2ショット
 城田優(32才)とすみれ(27才)という長身ふたりの奇跡的な2ショットをキャッチした──。「やばいやばい! 足ながっ!」「えっ、何かの撮影?」。寒風吹きすさぶ2月上旬の週末の深夜。0℃近くまで冷え込んだ東京・麻布十番の商店街を歩く男女に、すれ違った人たちが思わず振り返り、熱い視線を送る。 その先にいたのは、城田優とすみれ。城田は黒いジャンパーに黒のゆったりしたパンツ、すみれは大きめの革ジャンに黒の細身のパンツ姿。身長190cmと175cmの“神スタイル”な2人が全身黒でバッチリ決めているのだから、周囲の目を引かないはずがない。 その1時間前、2人は近くの高級焼肉店にいた。城田とすみれがいた半個室からは、盛り上がる大勢の声が聞こえてきたという。「その日は2月19日が誕生日の薬丸裕英さん(52才)の、少し早めのバースデーパーティー。薬丸さんの娘さんがサプライズで企画したもので、プライベートでも親しい三田寛子さん(52才)や早見優さん(51才)、千秋さん(46才)、杉浦太陽(36才)・辻希美(30才)夫妻、有村昆さん(41才)、大渕愛子さん(40才)らが本人には内緒で参加していました。 バルーンやアレンジメントフラワーを飾り、薬丸さんが半個室に入るや、みんなでクラッカーを鳴らして祝福したそうです。城田さんとすみれさんもそのメンバーで、薬丸さんは集まった面々に驚いて、すごく嬉しそうな様子だったと聞きました」(出席者の知人) 薬丸は17年間司会を務めた『はなまるマーケット』(TBS系)や歌手、俳優活動を通じて交遊関係が広く、芸能人同士が「ヤックン会」を通じて知り合うことも多いという。「(妻である)石川秀美さん(51才)は子供の留学を機にハワイに拠点を移していて、薬丸さんは普段、週末ごとにハワイに通う生活を続けています。だからこそ、クリスマスや誕生日など定期的に自宅でパーティーを開いて友人と集まる機会を作っているそうで、城田さんやすみれさんも多忙な合間を縫って駆けつけるそうですよ」(前出・知人) 冷え込みがますます厳しくなった深夜0時すぎ。サプライズパーティーを終えた城田とすみれは、薬丸の娘とパーティーの余韻にひたりながら、繁華街へと向かった。※女性セブン2018年3月8日号
2018.02.21 16:00
女性セブン
大崎裕史氏選 この1年にオープンしたTOKYOラーメン6店
大崎裕史氏選 この1年にオープンしたTOKYOラーメン6店
 今や日本のみならず世界からも熱い視線が注がれるラーメン界。王道と進化形がしのぎを削り、次々と名店が誕生している。ラーメン評論家の大崎裕史氏がセレクトした東京近郊でこの1年にオープンした新店を6店紹介しよう。●長浜ナンバーワン 東京大岡山店(大岡山)…2017年6月30日オープン「屋台発祥の地、福岡・長浜の味を東京で実現」 昭和46年創業の長浜ラーメンの人気店が、満を持して東京に上陸。食材も調理法も本店と同じで、本場の味をそのまま提供する。下処理を徹底して強火で長時間煮込んだ豚骨スープは臭みが一切なく、コラーゲンたっぷりで濃厚ながら後味すっきり。「豚骨は苦手」という人にこそ食べてほしい、極上の1杯だ。【住所】東京都大田区北千束1-44-5【営業時間】月~水・金:11時~15時半、18時~23時/木:11時~15時半/土・日・祝:11時~21時(売り切れ次第終了)【定休日】不定休●ラーメン 郷(神奈川・高座渋谷)…2017年2月1日オープン「本家の味を継承! 『すみれ』暖簾分け店」 札幌の名店『すみれ』より暖簾分け。濃厚なスープを覆うラ―ド層に箸を入れると、味噌や生姜の香りが立ち上る。15年修業した店主が守るのは、本家伝統の味。本店直送の味噌を中華鍋で焼き、メンマも同じ味付けを継承する。旨みとコクのある熱々のスープが中太縮れ麺に絡み、最後の一滴まで美味。【住所】神奈川県大和市渋谷 2-15-10【営業時間】11時半~15時(LO)、17時半~21時(LO)※火は昼の部のみ【定休日】水●ソラノイロ トンコツ&キノコ(東京・京橋)…2016年11月25日オープン「コク深い豚骨スープにスパイス&味噌が融合」 次々と新ジャンルに挑む『ソラノイロ』。京橋の新店舗に登場したのは、コク深い豚骨スープとクミンなど5種類のスパイスを融合し、塩ダレで味を引き締めた1杯。チュニジアの香辛料アリッサと特製辛味噌を合わせたペーストも添え、スパイシー感にさらにパンチを加える。豚バラのチャーシューもトロトロで旨い。【住所】東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F【営業時間】月~金:11時~21時45分(LO)/土・日・祝:11時~17 時(LO)【定休日】京橋エドグランに準じる●麺昇 神の手(東京・新高円寺)…2017年5月3日オープン「ベシャメルソースをベースにした進化系」 国内外で幅広いジャンルの料理を極めた店主が開いたラーメン&鉄板焼きダイニング。「白」は、自家製の豚骨スープをベースに、自家製ベシャメルソースと天然塩で仕上げた塩ラーメン。グラタンを彷彿とさせるクリーミーなスープと、もちもちの麺が好相性。香ばしいきのこソテーやトリュフが味にアクセントを添える。【住所】東京都杉並区梅里1-18-12ニュー高円寺コーポラス102【営業時間】11時半~14時半(LO)、17時~翌0時(LO)【定休日】月(祝日の場合は翌日)●山雄亭(東京・赤羽)…2017年1月12日オープン「希少なさつま地鶏を使った高級路線ラーメン」 暖簾の先には料亭のようなアプローチ空間。希少な鹿児島産さつま地鶏の丸鶏とガラを煮込んだスープ、本鰹や羅臼昆布などでとる魚介系出汁が優しい味わいを醸し出す。自家製麺、低温調理と炙りで供する2種のイベリコ豚チャーシュー、埼玉・秩父のブランド卵で作る味玉と、厳選食材と丁寧な仕事が際立つ。【住所】東京都北区赤羽西1-4-15【営業時間】火~土:11時~22時/日・祝:11時~16時【定休日】月(祝日の場合は翌日)・第3火●麺LABO ひろ(東京・学芸大学)…2016年12月5日オープン「鶏の旨みが凝縮する『黄金スープ』」 鶏の魅力を追求する注目の店。醤油スープは、比内地鶏の丸鶏や大山鶏などのガラに宗田節、羅臼昆布などを加えてじっくり煮込んだ「黄金のスープ」に、複数の醤油と特製オイルを加えて作る。歯ごたえとのど越しのよさを備えた中細ストレート麺とともに食せば、深いコクと豊かな旨みが口一杯に広がる。【住所】東京都目黒区五本木2-51-5【営業時間】11時半~15時(LO)、18時~20時半(LO)/日:11時半~16時頃(売り切れ次第終了)【定休日】水※週刊ポスト2017年9月29日号
2017.09.24 07:00
週刊ポスト
「不倫は文化」直後にお受験失敗の石田純一がリベンジ挑戦
「不倫は文化」直後にお受験失敗の石田純一がリベンジ挑戦
 この夏、お受験戦争に奮闘する芸能人パパは多い。過去にお受験で大失敗した石田純一(63才)は“リベンジ”に燃える。 1996年秋、石田が世間を大いに賑わせた「不倫は文化」発言をした当時、妻の松原千明(59才)との娘・すみれ(27才)は私立小学校受験の真っ最中。しかも石田の発言が大きく報じられた翌日が、入試面接という最悪のタイミングだった。 その時、石田の出席はマイナス要素になるだけと思った松原は、ひとりで面接を受けようと決めていた。「ところが受験当日、石田さんは堂々と面接会場に現れました。しかも面接官から『“不倫は文化”とはどういう意味ですか』と問われて、『アハハ…』と笑って、何も答えられなかった。結局、すみれさんは不合格、他の私立も落ちて公立に通うことになりました。娘の受験を壊された松原さんがキレて、のちの離婚の原因の1つになりました」(スポーツ紙記者) その後、石田は22才年下の東尾理子(41才)と再婚。長男の理汰郎くん(4才)が生まれた。その理子は、理汰郎くんが1才の頃から多数の幼稚園や小学校の説明会やオープンスクールに参加するほどの「教育ママ」だ。「今は難関校に狙いを絞ったらしく、父母で出なくてはならない『受験指導会』に毎回参加しています。受験は来年なのに、『早いに越したことはない』と理子さんが主導して準備を始めているそうです。いつもはダンディーな石田さんが、多忙の中、眠たそうな目をこすって参加する姿には哀愁が漂います。チラッと見ましたが、さすがに靴下ははいてましたね(笑い)」(指導会の参加者) 実際、「『ぼくは公立でもいいと思うけど、理子が譲らなくて…』とぼやきながら、参加しているそうです」(前出・スポーツ紙記者)と言う通り、ママに翻弄されているようだ。 今年6月に34才の若さで亡くなった小林麻央さんと市川海老蔵(39才)の長女・麗禾ちゃん(6才)は今秋、小学校受験を控える。「もともと麗禾ちゃんは青山学院の付属幼稚園に合格していましたが、あそこは母親が担う仕事が多いことで有名。当時の麻央さんは病気を隠していたため、幼稚園に顔を出さなければ周囲から理由を詮索されるとして、仏教系の幼稚園に入園しました。麻央さんの闘病中、麗禾ちゃんと長男・勸玄くん(4才)の送り迎えは麻央さんの姉・麻耶さん(38才)や、海老蔵さんの母・希実子さんが主に受け持っていました」(歌舞伎関係者) 麻央さんの闘病中の今年4月には、都内で名門小学校の卒業生が集うイベントに麗禾ちゃんの姿があった。「希実子さんに連れられた麗禾ちゃんと勸玄くんが体験スペースで動物の被り物をつくり、『絶滅危惧種について』というお話を熱心に聞いていました。麗禾ちゃんの受験先候補の1つだそうです」(前出・歌舞伎関係者)※女性セブン2017年8月10日号
2017.07.30 16:00
女性セブン
西日が強い部屋、日差しを少しでも和らげる方法は?
西日が強い部屋、日差しを少しでも和らげる方法は?
マンションでも一戸建てでも、夏になると暑くて困るのが「西日」の当たる部屋。その暑さをなんとか和らげるためには、どんな工夫ができる? インテリアコーディネーターの秡川寿美礼(はらいかわすみれ)さんに聞いてみた。そもそも西日の当たる部屋はなぜ暑い?日差しの強かった日は、太陽が沈みかけるころになってもまだ暑い……いや、むしろ日中より暑くなってない? と感じたことのある人も少なくないのでは。これは「建物自体が、日中に太陽の赤外線によってじっくりと温められているからなんです」と秡川さん。特にコンクリートは熱をため込みやすく、暑さのピークを過ぎてもなかなか冷めないのだとか。空気も地面も建物も、丸一日かけて温められた夕方。そこへ、高度を下げた太陽光が部屋の奥深くまで差し込んでくるから、西日の当たる部屋は暑い、ということに。「外から入る熱の7割が窓から入ってくるといわれています。だから、窓からの熱を遮る対策が必要なんですね」なるほど。やはり西日を遮るのがいちばん。さっそく窓まわりの熱を遮る具体的なアイデアを教えてもらったので、ご紹介していこう。窓からの熱を遮るアイデア6つ窓まわりの対策といっても、賃貸住宅の場合はできることに制限が。また、持ち家でもマンションなど集合住宅の場合は、窓の外側は個人でのリフォームができる専有部分に含まれないのが一般的。窓の「内側」でできる工夫を紹介しよう。【その1】窓にウィンドウフィルム(ガラスフィルム)を貼る窓の内側に、熱を遮る効果のあるフィルムを貼るというアイデア。「1m2 500円くらいからと気軽に取り入れられて、なおかつ効果も期待できるアイデアです」。剥がした後に接着剤が残らないタイプなら、賃貸住宅でも取り入れられる。設置するのに場所をとらないのも良さそう。【その2】レースのカーテンを遮熱カーテンにレースのカーテンを、赤外線を反射する糸で織った遮熱カーテンに変えるアイデアも。「レースタイプなら、明るさは取り入れつつ、熱だけを遮ってくれます」。ミラータイプなら、夜、室内の様子が外から見えにくい効果も。【その3】ハニカム構造のスクリーンを設置ハニカム(蜂の巣)構造のスクリーンは「蜂の巣状の空気層が、断熱効果を発揮します。透過性のあるタイプを選べば、熱を遮りながら、やわらかな光を取り入れることもできます」【画像1】ハニカム構造で窓辺の断熱性を高める「ブランシェDX ハニカムスクリーン」(画像提供/株式会社LIXIL)【その4】既存の窓の内側に、内窓を設置集合住宅でも一戸建てでも、持ち家なら、既存の窓の内側に内窓を設置することが可能。「ほかの方法に比べてコストはかかりますが、窓と窓の間に大きな断熱層ができるので、熱を遮る効果はぐんとアップします」【画像2】今ある窓の内側に、窓をもう1枚プラスして断熱性などを高める「インプラスウッド」(画像提供/株式会社LIXIL)【その5】オーニングやタープで床の熱もダウン窓から斜めにオーニングやタープを設置するのも効果的。斜めに張ることで「窓だけなく、バルコニーなどの床が温まるのを防ぐことができるのがポイント」なのだとか。「すだれやよしずも同様の効果がありますが、それ自体が温まらないよう、水をかけて温度を下げるとより効果的です」【画像3】簡単に日除けができる「多目的バー」と「簡易タープ」。緑のカーテン、洗濯物干しにも(画像提供/株式会社LIXIL)【その6】ツル系の植物を育てて緑のカーテンにゴーヤや朝顔などツル系の植物を、窓の外に張ったネットに這わせる緑のカーテンは、数年前から人気。「日差しを遮るだけでなく、土から吸い上げた水分を葉っぱの裏から蒸発させるときに周りの熱を奪うので、窓まわりの空気が下がるという効果もあります」。ローコストで、植物を育てる楽しみも味わえる。夏には大変なことも多い西向きの部屋。ところが住んだことのある人に聞くと「寒い日は暖かくて快適」「遅い時間に干した洗濯物もよく乾く」などのメリットも。ここで紹介したアイデアなどを駆使して夏の大変な時期を乗り切り、快適に暮らそう!●取材協力・インテリアコーディネーター 秡川寿美礼さん(エル・エル・プランニング代表取締役)(前川 ミチコ)
2017.07.24 07:32
SUUMOジャーナル
トップ独占中のTBSラジオ 強さの秘密は生島ヒロシ?
トップ独占中のTBSラジオ 強さの秘密は生島ヒロシ?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、TBSラジオの強さの秘密について。 * * * 在京テレビ局の年度視聴率では3期連続で日本テレビが“3冠王”を達成していることは皆さんもご存じのとおりだ。 ではラジオはどうかというと、17年4月に行われた首都圏ラジオ個人聴取率調査(ビデオリサーチ調べ)でトップを獲得したのがTBS。実は15年10か月間にもわたってNo.1を獲得中なのである。 それより前は若者に人気が高かったニッポン放送の独壇場だったのだが、その層のラジオ離れや聴取者の高齢化が顕著となっていく。その頃からTBSラジオは、森本毅郎、大沢悠里、毒蝮三太夫、荒川強啓、そして故・永六輔さんら、年配リスナーのハートをガッチリ掴んでいるパーソナリティーを揃えており、彼らのワイド番組は、どれも横並びトップの聴取率を獲得。いずれも長寿番組に育っていったのである。 テレビとは異なり、ラジオの場合は、朝、チューナーを合わせたら、「ずっと、そのまま」というリスナーが少なくない。自営業やタクシーを始めとするドライバーによる“ながら聴取”も多く、なかには入院中の患者さんが一日中、イヤホンで愉しむことも。よって、早朝、TBSラジオにチューナーを合わせてもらうことがとても大事なのである。 そんなTBSラジオで、月~金の5時~6時30分にオンエアしているのが『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』。なんと、6月5日に放送5000回を迎える。 同日はハワイから生中継を行い、ゲストは松原千明&すみれ親子。生島に対して、ハワイ州知事やホノルル市長からサプライズが用意されていると聞く。 生島ヒロシは1950年、宮城県気仙沼市生まれの66才。TBSに入社したのは76年で、同期は鈴木順、高橋進、故・松宮一彦さんと生島の男性アナばかり4人。当時、「TBSヤングライオンズ」と呼ばれた期待の新人で、入社試験時、生島が「TBSのために絶対に役に立ちます」と拳を振り上げたというエピソードは、それから4年後、TBS954キャスタードライバーになった私の耳にも入るほどの“伝説”だった。 TBSは、在京の民放局では唯一のテレビとラジオの兼営局。小島一慶や故・林美雄さんのように、社員でありながらパーソナリティーとして若者に人気を博すアナウンサーの大先輩も存在した。 生島も入社間もなく、『生島ヒロシの夜はともだち!!』という人気ラジオ番組のメインパーソナリティーを担当。同番組のヘビーリスナーで、のちに『爆笑問題』となる田中裕二は、当時、アナウンサーを目指していて、TBS954キャスタードライバーの中継を受ける「無線室」のバイトくん候補でもあった。ちなみに、「無線室」のバイトからは、NHKの元エグゼクティブアナウンサー、渡部英美氏、元・日本テレビで現在フリーの小倉淳アナ、テレビ朝日の元アナ、藤井暁氏らが巣立っている。 話を生島ヒロシに戻そう。80年代になってからの生島は、『ザ・ベストテン』『料理天国』『アッコにおまかせ!』など、TBSの人気テレビ番組を次々担当。『日本レコード大賞』の曲紹介をする実況担当アナウンサーとしても名を馳せた。 フリーになってからも、バラエティー番組を中心にテレビで華やかに活躍をしていた生島が『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』のパーソナリティーとして古巣に戻って来たのは98年だ。 TBSラジオでは既に件の森本、大沢、毒蝮、荒川による生ワイドが人気を博していたし、週末には永六輔さんや久米宏といった、いわば“ラジオの達人”が揃っていた。 もともと“夜とも”のパーソナリティーだったとはいえ、テレビとラジオは全く異なる媒体。久米宏や安住紳一郎アナのように、どちらでも大成功する者はごくわずかで、大沢悠里やニッポン放送の高島ひでたけのように「ラジオで人気だから」とテレビに引っ張ったら、「いいところが全く出せずにアッという間に番組が終わってしまった」ケースもあった。つまり、ラジオとテレビは別物なのである。 因って、当初はリスナーも生島ヒロシのラジオ生ワイドへの復帰には大きな違和感を抱いていたように思うのだが、回を重ね、生島自身も年齢を重ねるによって、リスナーとの距離はどんどん縮まり、信頼感も劇的にアップ。毎朝、サービス精神溢れる生島のトークに元気をもらい、「そこから一日中、TBSラジオを聴いている」というF3、M3(50才以上の女性と男性)が大多数なのである。 実は、F4、M4という65才以上の女性リスナー、男性リスナーに強さを発揮し、レーティングのトップを走っているのがTBS。66才の生島は、件の人気パーソナリティーらからしてみたら抜群に若いのだが、やっとメインリスナーの年齢に「追いついて来た」ことになる。 生島自身、「目指すのはリスペクトより親しみやすさ」と言い、番組で意識しているのは「おもため」=おもしろくてためになること。これは大先輩の大沢悠里からの教えだという。「台本がないので、毎日、違う番組をやっているよう」とは長年タッグを組むプロデューサーの弁。営業から細かいチェックが入る生CMでも生島は原稿どおりに進まず脱線することがしょっちゅうだ。 健康マニアであり、さまざまな健康法を試しては惜しげもなくリスナーに体験談を披露したり、あまり知られていないが空手の黒帯をもつ格闘家でもあるため、武勇伝も数知れない。 テレビでのライトなイメージそのままに、明るく自由に、あくびやクシャミやトイレも我慢せずに5000回。 東日本大震災発生時は故郷の宮城県で公演中に被災。気仙沼市の実家では妹さん夫婦が津波に流された(義弟はまだ行方不明)ことは番組リスナー以外の方でもご存じだろう。 実は04年の新潟中越地震のときも上越新幹線内で直撃を受けた経験をもつ生島は、防災士の資格を取得している。「お辛い経験をなさいましたが、その際も、ためになることを言葉で懸命に伝え続けていらした」(前出・番組プロデューサー)という。 早朝の時間帯はNHKラジオも強力なライバルなのだが、同率1位、あるいは単独1位でレーティング調査を軽やかに突っ走っているのが『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』。昼の番組に比べ、聴く人が限られてくるため、「だからこそ、一回、一回が勝負」と生島は言う。 TBSラジオにはレジェンドと呼ばれ、5000回超えのパーソナリティーがたくさん存在するのだが、まだ66才の生島ヒロシはきっと追いつき、追い越せるはず。6000回、7000回も決して夢ではない。
2017.06.04 07:00
NEWSポストセブン
『べっぴんさん』井頭愛海 20才までに朝ドラヒロインに…
『べっぴんさん』井頭愛海 20才までに朝ドラヒロインに…
「このまえ家族で遊びに出かけた先で、“あれ、『べっぴんさん』の?”って声をかけてもらって、それがすごく嬉しかったんです」 放送を終えたばかりのNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で芳根京子扮するヒロイン・すみれの娘・さくらを好演した注目の若手女優、井頭愛海。劇中では40才まで演じきったが、素顔は高2になったばかりのフレッシュな16才だ。「私の実年齢から自分の母と同年齢までを演じて、母親が娘に抱く愛情が身に染みました。私自身はまだ少し反抗期だったりもするので(苦笑)、“さくらみたいに私もお母さんを悩ませちゃっていたのかな”とか。『べっぴんさん』は家族の愛を大きなテーマとしていたので、家族のあったかさが見てくださるかたにも伝わったらいいなと思って、演じていたんです」(井頭・以下「」内同) 毎朝お弁当を作って送り出してくれた母親との絆がより深まったという彼女の理想の家族像は?「私の家族です! ウチではごはんの時にテレビではなくラジオをつけて、お互いの顔を見ながら、その日のできごとや悩み事などをあれこれ話します。そんな気持ちが通い合ったほっこりした家族をつくりたいです」 母役の芳根や父役の永山絢斗をはじめ、現場でも日々"家族愛"に支えられていたと振りかえる。「みなさんに“次のステージへ行ってらっしゃい”と強く背中を押してもらったので、20才までには朝ドラのヒロインとして帰ってきたいです!」【いがしら・まなみ】2001年3月15日、大阪府生まれ。2012年、『第13回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し、アイドルグループ『X21』のメンバーとして活躍。女優としても、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(放送終了)にヒロインの娘役で出演して話題に。5月4日に総集編が放送予定。第15回全日本国民的美少女コンテストが5月2日まで募集中。撮影/山田涼香※女性セブン2017年4月27日号
2017.04.18 16:00
女性セブン
『トイレット博士』作者 日本人の喜怒哀楽と排泄物の関係分析
『トイレット博士』作者 日本人の喜怒哀楽と排泄物の関係分析
 問題の例文がすべて「うんこ」の小学生向け漢字ドリル『うんこ漢字ドリル』が累計28万部を突破するベストセラーとなっている。さらに松本人志(53才)は、吉本興業の芸人が多数登場する文芸誌『文藝芸人』の中で、若手芸人たちに「なぜ日本人はウンコが好きなのか?」という問いを投げかけた。 たしかに、人々の興味をそそる存在であるかのように見える「うんこ」。それは子供や芸人だけでなく、谷川俊太郎は『うんこ』という詩を発表。森山直太朗も『うんこ』という曲を出している。 なぜ私たちはこんなにも「うんこ」にとらわれてしまうのか。1000万部を記録した伝説的ギャグマンガ『トイレット博士』の作者、とりいかずよしさんはこう分析する。「下校中、うんこしたくなって焦ったことのない子供って、いないと思うんだよね。それなのに、大の個室に入るのが恥ずかしいから、男子トイレを全部個室にするところもあるくらい。そうやって日本はうんこ=恥ずかしいという認識が大人でも子供でも強いから、おもしろがったりからかったりしないと話せないんだと思うんです。中国のように下半身だけを隠してうんこをする地域や、穴を掘ってするような途上国だとまた違うのかもしれないけれど」 トイレの言い方ひとつとっても、厠、せっちん、御不浄、便所、化粧室、飲食店では「すみれ」など、ここまで多彩な国はない。「うんこの話でからかわれて悲しんだり、笑い転げたり…うんこを肥料として売買していた江戸時代の文化も透かして見ると、日本人の喜怒哀楽すべてにかかわるうんこは、やっぱり切っても切り離せない存在なのではないでしょうか」(とりいさん) 今日も私のうんこが出てこない──そんな思いにとらわれ、会えたら幸せな気分になり、時と場合によってはどん底に突き落とされる。 こんなに私たちを振り回すのは、愛する人かうんこかくらいのもの…うんこってスゴイ。※女性セブン2017年4月20日号
2017.04.12 07:00
女性セブン
芳根京子
NHK『べっぴんさん』大団円 「なんか、なんかなー」の評価
 大団円を迎えたNHKの「連続テレビ小説」、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が総括した。 * * * 芳根京子さんがヒロインの朝ドラ『べっぴんさん』も本日いよいよ幕を閉じました。タイトルの「ぺっぴん・別品」の意味は、「特別によい品物」。戦後の焼け跡から出発し、昭和20年~60年代という激動の時代を背景に、神戸「キアリス」という子ども服メーカーが服作りにまい進する物語。 スタート当初、主人公・坂東すみれの実在モデルが、子供服メーカー「ファミリア」の創業者・坂野惇子さんと聞いて、期待は大きく膨らみました。激動の時代の中できっちりと企業理念を保ち、質の良い子供服を丁寧に創りあげていく女性創業者の格闘ぶりが、神戸の街の魅力とともに描かれるのだろう、と。「格別に素晴らしい、愛情のこもった子供服」を世に出し、親と子が服に込められた夢や勇気を分かち合う……多くの視聴者がそんな物語を想像していたのではないでしょうか。 しかも、制作はNHK大阪が担当。『カーネーション』『あさが来た』と、これまで女性主人公×仕事ドラマにおいて輝かしい成功事例を生んできた制作陣。過去の秀作のイメージと重ねつつ、期待を抱いたのはまあ自然なことでしょう。 そして今、半年間のドラマを見終えた印象は……すみれの口ぐせのフレーズそのもの。「なんか、なんかなー」 一言でいえば、「キアリス」という企業の仕事ぶり、ものづくりへのこだわり、仕事と人、仕事と社会、仕事と街との関係について、描写が極端に少なくてものたりなかった。 ものづくりとは何か、手間のかけ方、独特の企画やデザイン、仕立ての工夫といったことが、オママゴト程度には描かれていたけれど、プロの仕事としてリアルに伝わってこなかったのです。 むしろ印象に残ったのは、家族や仲間内のゴタゴタ。夫婦げんかに嫁姑のグチ、娘の恋愛事件、家出。人が集まればどこにでも生じそうな小エピソードに多くの時間を消費していました。 時代背景についても、そう。敗戦後の廃墟から高度経済成長、経済大国へと成長していくこの時期、資本主義社会の豊かさと歪みが露呈した激動の時代なのに、そのあたりがさっぱり伝わってこない。さすがに途中で時代性を無視するわけにもいかないと考えたのか、唐突に大阪万博の実写映像が入り始めました。 まあ、無いよりはいいのかもしれないけれど、もっと時代が大きく変化していく描写もできたのでは? たとえば……当時の子供をめぐるさまざまな出来事をネタにするとか。服や玩具等の市場の変化、ベビーフードや哺乳瓶、西洋的情緒教育の流入。親子関係も影響を受けた。遊び場や玩具、お稽古事や塾、詰め込み教育、いじめにおちこぼれと、さまざまな出来事や話題に事欠かなかったのだから。 あるいは、せっかく万博を描いても、諸外国と「キアリス」との関係が今一つわからない。モデルの企業「ファミリア」は、真っ先にスヌーピーのぬいぐるみを販売した企業だったはずです。あるいはヨーロッパの複数メーカーと提携し、日本の子供服メーカーとして国際交流のパイオニアだったはず。そうした企業の個性はほとんどスルーされて、せいぜい家族経営的な中小企業にしか見えなかったのが残念。 つまりこの朝ドラは、『カーネーション』や『あさが来た』で的確に描き出されていた「仕事」と「時代」「人」との緊張した関係・温かな関係をすっとばし、家族とごく身近な仲間の内部へ逃げ込んでしまったのではないでしょうか? もう一つ付け加えるとすれば、神戸という地域性もよくわからなかった。港が見える丘の風景はあったけれど、神戸という街の個性、匂いや音や質感、独特な雰囲気、神戸人ゆえの暮らしぶり、といったことがどこまで具体的に見えてきたでしょうか? 最終週に、突然死んだ父が現れ、すみれにこんなことを語りました。「お前らは父さんと母さんのべっぴんや」つまり、親にとって子=ぺっぴんという、なんともシンプルな物語だった? それを延々半年間見せられたのかと思うと、「なんか、なんかなー」とため息。 史実もたいして下敷きにせず、仕事も時代性も地域性も描かれないのだとすれば。わざわざ「ファミリア」というモデルを示した意義はいったいどこにあったのでしょう? これを機に今一度、朝ドラにおける「モデル」とは何なのかを、よく考えてみる必要がありそうです。
2017.04.01 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト