磯山さやか一覧

【磯山さやか】に関するニュースを集めたページです。

【動画】磯山さやかのマシュマロボディ「これぞ太って見えない服装」
【動画】磯山さやかのマシュマロボディ「これぞ太って見えない服装」
 磯山さやかさんの私服にスタイリストが感心しています。グラビア界のレジェンドといわれる磯山さんの私服は、ブルージーンズにダークグレーのロングの上着といたってシンプルなもの。しかし、これはしっかり計算しつくされたファッションだったようです。 あるベテラン女性スタイリストは「この服装だと体型がすらっと見えて、逆に体のラインは隠れますのでとてもスタイリッシュです」と分析しています。マシュマロボディで知られる磯山さん、とっても素敵ですね!
2021.05.31 16:00
NEWSポストセブン
磯山さやか「これぞ太って見えない服装」マシュマロボディ撮
磯山さやか「これぞ太って見えない服装」マシュマロボディ撮
 5月上旬の仕事終わりの、タレント磯山さやか(37才)の服装に、スタイリストは唸った。グラビア界のレジェンドといわれる彼女の私服は、ブルージーンズにダークグレーのロングの上着と、いたってシンプル。ただ、そこはしっかりと計算し尽くされたファッションでもあった。 あるベテラン女性スタイリストは、「この服装だと体型がすらっと見えて、逆に体のラインは隠れますので、悪くない私服です」と合格点を出した。 磯山は、20代半ばに1度ダイエット企画でスリムになったが、逆に「前の方が良かった」という声を多く聞かされて、「私の強みってマシュマロ体型なんだ」と認識。その後は、そのゆるふわボディーで男性だけでなく、女性からも注目されてきた。 最近は、女性ファッション誌『CLASSY.』(2020年11月号)で「太って見えないトレンド服」の特集でモデルを務めるなど、数々の女性ファッション誌の「ぽっちゃり」特集でも掲載されるようになった。 また、昨年秋から始めた公式YouTubeでは、「ただただ大好物をひたすら食べる」という動画を上げ続けて、好評を得ている。 磯山本人は前出の『CLASSY.』のインタビューで「ありのままの自分が一番と気づいてからは、ファッションでも流行を把握しながらも、無理してそれに乗らないと決めたら、すごく楽になった。同時に『痩せている方がいい』っていう日本人の感覚があるけれど、『自分が心地いい体重や見た目をキープしていればいいんじゃないか』と思うようになりました」と明かしている。 あるテレビバラエティー番組関係者は「デビュー21年目と本来なら飽きられるキャリアにもかかわらず、コンスタントに出演オファーがあるのは、飾らない性格とルックスで、女性層からの好感度が高いからです。その上、同業者のタレントや関係者にも彼女をタイプと公言する人は多いんですよ」と理由を明かした。 その自然体な姿勢が、磯山のオリジナルな成功に結び付いている。「現在でもグラビアのオファーは多々あります。ご本人も続けられるつもりなので、近くまた作品が出るかもしれません」と、ある出版社関係者は語る。 長らくノースキャンダルで通してきている磯山だが、ロマンスが先か、写真集が先か。まだまだ魅力的な存在であり続ける。
2021.05.24 16:00
NEWSポストセブン
松村邦洋と磯山さやかのモノマネコンビに注目
モノマネ開眼の磯山さやか 松村邦洋との「磯松コンビ」に注目
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、ラジオ番組で誕生した松村邦洋と磯山さやかのモノマネコンビについてつづる。 * * * 似顔絵とものまねがやっぱり面白い。とても似ているのに少しズラすともっと面白い。 今やものまね界では「名人」とすら呼びたいのが松村邦洋。月曜から金曜まで放送している『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)金曜日が私とこの松村と磯山さやか。磯山は元々(今でも)グラビアアイドルではあるのだが、その芸ごとへのスピリッツを買われ、志村けんの舞台『志村魂』のレギュラーへ。同時にラジオで私やらテリー伊藤と丁々発止やるものだから、芸界では「日本一のおやじ転がし」と称賛される。 ある日の生放送中、私が松村に「林家ペー」を振ると達者な芸で有名人の誕生日をスラスラ。そこへパー子の声が奇跡的に入り「アーハッハッ、キャーッやだ。カシャッカシャッ(カメラ音)」これには私もおどろいた。 桜井長一郎から片岡鶴太郎までものまねを聞いてきた私だが“笑い声”だけでここまで似ているとは。不思議な才能が一気に花開いた磯山、すっかり相方となった名人松村とコンビ芸を開発。パー子の特徴的な笑い声を発見・発明した磯山だが、考えてみれば松村も私の笑い声「バウバウ」を発明して世に出たのだった。 この後も安倍元総理と昭恵夫人やらニュースの渦中にある籠池夫妻。そして遂に自撮りのフワちゃんまでいきなり出来ちゃったのだ。「うるさいー、見て見てツメ可愛い」この瞬間を聞き逃さなかったのが“面白さに気付く瞬発力関東一”の爆笑問題太田光だ。ラジオの深夜放送でやたら吹聴してくれたり、名古屋のテレビ、くりぃむしちゅーの上田とやっている『太田上田』に磯山・松村を2週にわたって取り上げてくれたりでごく一部のマニアの間で大評判。 そこへ名乗りをあげてくれたのが声優界人気投票ナンバーワン、もはや日本一の声である花澤香菜(『鬼滅の刃』甘露寺密璃)。『サンデージャポン』(TBS)で「日本一の太田光フェチ」である事を公言。フリップに一週間の“太田マニア”スケジュールを書き、「日曜・サンデージャポン。火曜・爆笑問題カーボーイ」などあるところへ、「金曜・ラジオビバリー昼ズ」。皆から「なんでこれ聞いてんの?」と問われ、「太田さんが深夜いつも話してるから、元もちゃんと聞かなくちゃ分からないと思い、つい……」アハハ。太田光のみごとなメディアミックスである。 磯松コンビ(何やらおそ松くんの兄弟みたいだ)、これからは花澤香菜に付いているもの凄い数のアニメファンからも大注目されるかもしれない。イラスト/佐野文二郎※週刊ポスト2021年5月28日号
2021.05.20 16:00
週刊ポスト
山下達郎も志村さんを尊敬していた(2016年撮影。写真/江森康之)
優香や研ナオコ、“志村ファミリー”女性陣が捧げた別れの言葉
 美女を愛し、美女に愛された喜劇人生だった。師匠の死を悼む志村ファミリーの女性たちの言葉を紹介しよう。●高嶋香帆(28) 1日経った今でも信じられなくて、、正直まだ受け入れたくありません。志村さんとご一緒した時間は私にとって生涯かけがえのない宝物です……(中略)……志村さんこれからも大ファンです。大好きです。(本人インスタグラムより)●いしのようこ(52) 突然の事で正直、まだ受け止められずにいます。数年前、志村魂の舞台でお花坊のコントをさせて頂き18年前と何も変わらずできた事に驚きと喜びを感じた事を思い出します。若かりし頃に教えて頂いた数々の事、忘れません。心からご冥福を申し上げます。●島崎和歌子(47) 志村けんさんにはデビュー当時から大変お世話になっておりましたのでとてもショックです。本当に急なことで言葉がありません。心よりご冥福をお祈りします。●優香(39) 高校生の時から、志村さんと長年コントをご一緒させていただいて、楽しい思い出ばかりです。一生の宝物です……(中略)……一つの事を継続し続けている姿を目の前で見られた事、コントの面白さを教えてくださった事、たくさん感謝してもしきれません。志村さん、ありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します。●みひろ(37) 信じられず、とても悲しいです。初めて志村さんと共演した時、緊張している私に「一緒に写真撮ろう」と笑顔で声をかけてくださりました。なんて優しいんだろうと、志村さんの人柄に感動しました。志村さん、たくさんの楽しいこと、おもしろい事、お酒の飲み方、教えてくださってありがとうございます。これからもずっと志村さんのファンです。心より、御冥福をお祈りいたします。(本人ブログより)●麻美ゆま(33) ショック過ぎて言葉になりません。とても悲しいです。回復されると信じていました。たくさんの事を教えていただき、たくさんの笑顔を私達に届けてくださって、本当にありがとうございました。今はどうか、、、安らかにおやすみください。(本人ツイッターより)●磯山さやか(36) 伝えきれないほど、教わった事は一生の宝物です。志村さんには本当に感謝してもしきれないほど、色々な事やご縁を与えていただき、その恩返しを、これからもしていきたかったです。早すぎます。悲しいです。志村さん、本当にありがとうございました。●研ナオコ(66) 今は何も考えられません けんちゃんと、もう会えなくなっちゃう 悲し過ぎてあり過ぎる想いが整理できません 一緒に仕事が出来て幸せでした ありがとう…(本人ツイッターより)※週刊ポスト2020年4月17日号
2020.04.10 07:00
週刊ポスト
志村けんさんは、舞台でも活躍した(写真/時事通信社)
志村けんさんの活躍はTV以外も、笑わせ泣かせた舞台での姿
 新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)。コメディアンとしてテレビを中心に活躍した志村さんだが、舞台では意外な姿も見せてきた。志村さんを何度も取材してきたコラムニストのペリー荻野さんが振り返る。 * * * 志村けんさんが亡くなった。多くのメディアがその功績を報じているが、テレビでの活躍が大半なので、ここではあまり紹介されない舞台での志村さんについて書きたいと思う。  志村さんに私が初めてインタビューをしたのは、2006年、念願の座長公演『志村魂』の初めての上演が決まったタイミングだった。舞台のメインの演目のひとつが人気キャラクター「バカ殿様」のコントだったため、時代劇研究家を名乗り、バカ殿様の大ファンでもある私に声がかかったのである。 舞台で共演するダチョウ倶楽部の面々も交えての楽屋でのインタビューであったが、志村さんは、「飲みに行きたいから、早くインタビュー終わってくれ~」と言いつつも、ずっと観客の前でコントをしたいと考えていたこと、松竹新喜劇の芝居をしたいと思っていたことを静かに語ってくれた。自信満々というより、舞台に立たせていただくという謙虚な姿勢が強く感じられた。以来、欠かさず公演を観てきたが、『志村魂』は、一部がバカ殿様を一時間ほど、そのあとショートコントが続き、二部はずっと続けてきた三味線演奏、三部は松竹新喜劇の芝居という基本的な構成は、公演を重ねても変わらなかった。 バカ殿様の面白さはご想像の通り。桑野信義演じるまじめ家老とダチョウ倶楽部のおとぼけ家臣三人組とのズッコケぶりは息があっているし、「そなた、名は?」「さやかと申します」「ああ、くさやか。そのお尻には何が詰まっておるのだ?」「夢と希望でございます」などという腰元(磯山さやか)とのやりとりにも大いに笑わせてもらった。 そして毎回感動したのが、芝居だ。聞けば、志村さんは松竹新喜劇で活躍した昭和の喜劇スター・藤山寛美さんを尊敬していて、いつか自分もその作品を演じてみたいと思っていたという。その寛美さん十八番演目のひとつで『志村魂』が何度かとりあげた芝居「一姫二太郎三かぼちゃ」で、志村さんは、実家に残ってコツコツと働く三男・三郎を演じた。母親の喜寿の祝いのために都会から帰ってきた兄弟たちにバカにされ、悔しさをにじませる三郎。それでも懸命に家族を助けようとする彼の姿に、涙する観客も多かった。 私はこどものころ、テレビで松竹新喜劇に親しみ、寛美さんの舞台も見た経験もある。この演目もよく知っているつもりだったが、それでも泣けた。再演でも泣けた。ライブで笑わせる志村けんは想像しやすいかもしれないが、実は大いに泣かせてもいたのである。『志村魂』のラストには、ご存知、変なおじさんも出てきて会場は大盛り上がり。さっきまで泣いたのにな~と思うが、これが『志村魂』のいいところ。「バカ殿様」「変なおじさん」など長く愛されるキャラクターやギャグだけでなく、昭和に愛された芝居が、今も多くの人の胸を打つことを、志村さんはよくわかっていたのだと思う。『志村魂』は今年の夏も公演予定だった。殿といっしょに会場全員でする「アイ~ン」の挨拶がもうできない。とても残念だ。「大変なんだよ~」と言いながら舞台を走り回った志村座長。心よりご冥福をお祈りいたします。
2020.03.31 16:00
NEWSポストセブン
焦るアスカ(34歳・金融) 婚活パーティーでの“反則技”
焦るアスカ(34歳・金融) 婚活パーティーでの“反則技”
 昨今、全国各地で婚活パーティーが隆盛だが、女性はより条件のよい男性を求め、血眼になっているという。 金融会社に勤めるアスカさん(34)は、18時に仕事を終えると銀座のデパートの化粧室で念入りに化粧直しして、薄手のワンピースに着替える。そして、とある婚活パーティー会場に向かった。何度か出席したことがあり、顔見知りのスタッフもいるという。「女性の参加者は私と同じ30代が多くて、何度か見かけたことがある“常連”ばかりですよ。私、絶対に一人でしか参加しません。友達と男性を取り合うのもしんどいし、ライバルをわざわざ増やすのも変ですしね。それに、職場の同僚とか、友達にはここでの自分はちょっと見せられないかな」 男性4割、女性6割のパーティーは、名前や職業、趣味をシートに記入して、自己紹介タイムを終えると、フリータイムに突入する。数人いる20代女性に、自然と男性陣は列を作っていく。“壁の花”になってしまうかと思いきや、アスカさんは「ここが私のメインイベントなんですよ」と微笑んだ。本来ならイベントの最後にカップル成立、それから電話番号やLINEを教え合うのがパーティーの“ルール”だが、アスカさんはフリータイムで連絡先を交換するようにしている。「“途中で帰っちゃうかもしれないので連絡先、交換しませんか?”と聞き出すんです。1回のイベントで最低3人とは交換します。参加費を払っているのに1人とカップル成立するかしないか──なんて効率が悪すぎるじゃないですか。若いコは“誘われるの待ち”が多いけど、私たち30代は、ある程度目の前に餌をぶら下げないと。だから、話が早い“大人の女”をアピールするんです」 そう苦笑いするアスカさんは、磯山さやかに似たおっとり系。2年前から参加するようになった婚活イベントでは、次第に“効率重視”になっていったという。「最初に参加した頃は、ちゃんとカップル成立を狙っていたんですよ(笑い)。でも、カップルになった人と改めて会ってみたら男としては“いい人”止まりだったり、まだ何もしていないのに結婚とか親の介護の話をされたり……。 それで婚活イベントでよく観察したら、私と同世代の女性は、何人かと連絡先を交換していることに気づいたんです。お姉さんになればなるほど、ルールとか気にせずに動いています」 この日は、フリータイムで盛り上がった会社員Aさん(35)、Bさん(40)、自営業Cさん(42)、公務員Dさん(28)の4人と交換。“メインイベント”を終えると、カップル発表を待たずに会場を後にした。「何度も参加しているし、気まずいですよ(笑い)。カップルになっちゃうと、せっかく連絡先を聞いた男性とも会いづらくなりますしね。とりあえず、金曜の夜にAさん、土曜の昼にDさん、夜はBさん、水曜にCさんと会う約束をしました」※週刊ポスト2018年12月14日号
2018.12.03 16:00
週刊ポスト
鈴木ふみ奈×忍野さら 「セクシー女性調査」緊急反省会
鈴木ふみ奈×忍野さら 「セクシー女性調査」緊急反省会
 週刊ポストが1000人を対象に行った「ニッポンのセックスシンボル」アンケートで、人気グラドルの忍野さらと鈴木ふみ奈はそれぞれ2票を獲得するも、“ランク外”となった。今後を担う「次世代セックスシンボル」の2人が「緊急反省会」を開催した。忍野:私にとって「セックスシンボル」と聞いて思い浮かぶイメージは、思わず目を奪われてしまう女性です。グラビアに挑戦し始めた頃からの憧れである井上和香さん(55位)や、磯山さやかさん(67位)の大先輩2人はやはり上位に選ばれていて、さすがです!!鈴木:あとは「自分だけの魅力」がある人が強いよね。“悪女キャラ”の菜々緒さん(7位)もそうだし、私は武田久美子さん(67位)で有名な「貝殻ビキニ」を写真集で着たのですが、鈴木ふみ奈といったらコレ、みたいな代名詞がほしい!!忍野:一方で、セックスシンボルには壇蜜さん(1位)や石原さとみさん(5位)のような上品な魔性感も大事。私は沢尻エリカさん(55位)の大ファンなんですけど、沢尻さんには逆に魔性の中にも男性がどこか守ってあげたくなるような“脆さ”が隠れている気がするんですよね!!鈴木:やっぱり二面性って魅力だよね。さらちゃんはすごく美人で強そうだけど、笑うとどこか隙のある感じに見える(笑い)。忍野:そうかな? デビュー当時は波打ち際でニコッ、みたいな撮影が多かったけど、最近は“魔性キャラ”設定が増えてきたの。でも実は、そっちの方がしっくりくるんです。鈴木:さらちゃんはSなの?忍野:どっちかというと(笑い)。鈴木:けどさ、撮影時に「好きな人と別れるイメージ」とかって言われると、本当に悲しくて涙が出てきちゃうような時ない?忍野:うん、かなり感情移入する。私も毎回、恋人を見る感覚でレンズを見つめてるし、撮影中は“女”を全力投球してる。鈴木:だよね。私もそのつもりだったんだけど、実は以前カメラマンさんから「鈴木は私生活で恋人を作れ」って言われちゃって。実体験に基づいた滲み出るエロスが足りないと。忍野:あー。私も仕事で燃え尽きて、家では完全に“干物女”と化してテレビばっかり見てます。鈴木:上位の方々は経験豊富そうだし、私たちに足りないのは経験値かな(笑い)?忍野:今後はグラビア以外のお仕事にも挑戦して、女に磨きをかけていきたいです。鈴木:うん。私もお芝居を頑張って、私生活も充実させます!【プロフィール】◆おしの・さら/1995年、東京都生まれ。身長164cmB91・W57・H81。2016年にデビューし初DVDがヒットし瞬く間にグラビア界の頂点に。最新DVD『もしも、あなたが…』(イーネット・フロンティア)が7月20日発売。◆すずき・ふみな/1990年、埼玉県生まれ。身長167cmB96・W62、H93。グラドル界随一のヴィーナスボディでデビュー以来絶大な人気を誇り、バラエティ、ドラマ、舞台等でも活躍。最新写真集『FISH』(リイド社)が発売中。※週刊ポスト2018年7月13日号
2018.07.08 16:00
週刊ポスト
磯山さやか 思わず手を伸ばしたくなる「むっちむち」ボディ
磯山さやか 思わず手を伸ばしたくなる「むっちむち」ボディ
 高2でホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し落選したが、現所属事務所のオーディションに再挑戦して芸能界入りした磯山さやか(33)。以来、17年にわたってグラビアを続けてきた彼女が、23冊目の写真集について、グラビアについて語ってくれました! * * * 今回で23冊目の写真集は、ロサンゼルスで撮影しました。 写真集を出せること自体がありがたいことなので、スタッフさんと一緒に打ち合わせをして、良いものを作りたいという思いは強いです。 グラビアを17年続けてきたのも、デビューがグラビアだったことが大きいですし、アラサーになって、ファンの方がグラビアを続けてほしいとおっしゃってくださることが原動力になっています。 あとは、やっぱりグラビア撮影が楽しいです! 磯山さやかとロサンゼルスで一緒に過ごしているような、ホリデイしているような感覚になっていただけると思います!●磯山さやか(いそやま・さやか)1983年10月23日生まれ。茨城県出身。身長155センチ、B88・W60・H86。高校の野球部マネージャー経験を生かし、野球番組の出演が多く、2005年にはヤクルトスワローズ公認女子マネージャーを務めた。2006年からいばらき大使。2014年12月よりファッション誌『AneCan』専属ぷにモデルを務めた。17年にわたってグラビアの第一線で活躍するベテラングラドルだ。最新情報は公式ツイッター@sayaka23isoyama。写真集『holiday』はワニブックスより9月29日発売。発売記念イベントが10月7日(土)12時から、東京・ブックファースト新宿店にて開催予定。撮影/矢西誠二※週刊ポスト2017年9月22日号
2017.09.13 11:00
週刊ポスト
磯山さやか 水着の肩ひもをずらした艶ショット
磯山さやか 水着の肩ひもをずらした艶ショット
 いばらき大使で野球好きの元ぷにモデル・磯山さやかが、「勝負の一枚」を披露した。高校2年生の時にオーディションを経て芸能界に入った彼女。高校の野球部マネージャー経験を生かし、野球番組の出演が多く、2005~2006年にはヤクルトスワローズ公認女子マネージャーを務めた。 2006年からはいばらき大使。2014年12月よりファッション誌『AneCan』専属ぷにモデルを務めた。15年にわたってグラビアの第一線で活躍するベテラングラドルだ。【プロフィール】いそやま・さやか/1983年10月23日生まれ。茨城県出身。身長155cm、B88・W60・H86。最新情報は公式ツイッター @sayaka23isoyama。磯山を含むタレント10人のグラビア写真を収録した『UTB:G Vol.2』はワニブックスより発売中。写真■寺田茉布※週刊ポスト2017年5月5・12日号
2017.05.01 07:00
週刊ポスト
裸族だった!?というマギー
「自宅では裸族」芸能人増加 美容目的とSNSの影響が背景か
 芸能人といえばその私生活はベールに包まれているが、ここ最近、自宅でのプライベートな時間を全裸で過ごすタレントが増えている。 今年になってからも、モデルでタレントのマギーが、ゲスト出演したバラエティー番組で、「家に帰ると基本的にいつも服を全部脱いでバスローブに着替えるんです」、「寝る時はバスローブを脱いで、そのまま寝ます。その方が気持ち良いんです」などと告白。 7月23日に放送された日本テレビ系『ナカイの窓』でも“愛人キャラ”でブレーク中の橋本マナミが、自宅では裸で過ごしていることを明かして話題を集めた。 過去には、KinKi Kidsの堂本光一や斎藤工、大島優子、夏菜、加藤夏希、磯山さやか、中村アンら数多くの人気芸能人が自宅では裸で過ごすケースが多いことをテレビ番組やイベント、雑誌インタビューなどで告白したことがある。「夏菜さんや加藤さんの場合は、幼い頃から家族が全裸で過ごしていたそうで、子供の時はそれが当たり前のように思っていたそうです。元々、海外ではマリリン・モンローをはじめ、“寝る時は裸が基本”という女優やセレブも数多くいましたが、最近は日本でも美容ブームの影響もあり、常に自身のプロポーションを意識するなどダイエットや美意識の向上を目的にプライベートな時間を全裸で過ごす女優さんやモデルさんも増えているようですね」(美容ライター) さらに芸能評論家の三杉武氏は自宅でヌードライフを送る芸能人が多いことに対し、美容とは別の要因も挙げる。「イメージを大切にする芸能人は職業柄、仕事中だけでなく外出時などのプライベートに関しても大半の時間は周りを意識し、それなりの緊張状態でいることが多い。とくに最近はブログやツイッターなど、一般の人でもインターネットを媒介にして即座に容易に広く情報を発信できるツールが普及しており、一昔前に比べると芸能人や著名人が日々抱えるストレスも大きい。そうした中、周囲の目を気にせずに済む自宅で過ごす時くらいは、思う存分に開放感を味わいたいという潜在意識の表れもあるのではないでしょうか」 “裸族”芸能人が増えている背景には、美容ブームとストレス社会が色濃く影響しているということか!?
2015.08.02 16:00
NEWSポストセブン
2014年重大ニュース【グラビア】大場久美子ビキニが大人気!
2014年重大ニュース【グラビア】大場久美子ビキニが大人気!
 2014年も『NEWSポストセブン』では多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットでの反響の大きかった記事を中心に、ジャンル別に2014年の「重大ニュース」を厳選。ここでは【グラビア】編ベスト10を紹介しよう。 巷の重大ニュースとは、ひと味違う話題記事が満載。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)●2014年重大ニュース【グラビア】編1~3位【1位】■奇跡の54歳・大場久美子 35年ぶりグラビアで堂々ビキニ披露(11月)「はい、キレイでしたね。大場さん。当サイトでは、過去に堀ちえみさん、山田佳子さんらの熟女のビキニを公開してきましたが、2014年最大のヒットが大場さんです。大場さんはネットでの反応を見ていて『誰得?』という言葉を言われたことも知っているようですよ。でも、ホメる言葉もたくさん見たようで、喜んでいました」【2位】■竹田恒泰氏の恋人・畑山亜梨紗が初グラビアでありのままの姿(6月)「絶妙にタイトルに人気映画のフレーズを入れるなど、時事性を意識した記事です(笑)。それにしても竹田氏ってモテるんですね。羨ましいなぁ……」【3位】■『真珠夫人』の横山めぐみ ゴージャスな胸元をセクシー撮(8月)「『ゴージャスな胸元』って何だよ! と思われるかもしれませんが、まぁ、グラビアってのは皆様の妄想をかきたて、『ウヒヒ、どんなもんだろう』と思ってもらえてナンボです。故に、我々も表現の一言には気を遣っておりまして。『横から見ても分かる美プロポーション』みたいな表現もちょっと気になるでしょ? これは体操の田中理恵さんに対して使った表現です」●以下、4~10位【4位】■奇跡のオーバー40女性「山田佳子と美魔女隊」がビキニで集合(3月)【5位】■人気アイドル紗綾 プールサイドで撮影された極小水着写真(5月)【6位】■革ジャンを脱いだ祥子 汗ばんだ薄手のTシャツ姿にどぎまぎ(6月)【7位】■美しき「奇跡の60歳」女性 還暦にして人生初のビキニに挑戦(1月)【8位】■磯山さやか31歳のメモリアル 普段は見せない姿を撮り下ろし(11月)【9位】■絶景の星空写真 ボリビア・ウユニ塩湖「360度の星空世界」(6月)【10位】■G乳アイドル岸明日香 セクシー水着姿で挑発的な視線(6月)
2014.12.26 16:00
NEWSポストセブン
磯山さやか31歳のメモリアル 普段は見せない姿を撮り下ろし
磯山さやか31歳のメモリアル 普段は見せない姿を撮り下ろし
 31歳になった磯山さやかをメモリアル撮り下ろし。真昼のホテルで普段は見せない女の素顔を見せた──。◆磯山さやか(いそやま・さやか):1983年10月23日生まれ。茨城県出身。身長155cm。B88・W60・H86。現在『テレビでハングル講座』(Eテレ、月曜22時~)、『磯山さやかの旬刊!いばらき』(テレビ朝日系、金曜9時55分~)、テレビCM『アートネイチャー RAPIDA』に出演中。撮影■アンディ・チャオ※週刊ポスト2014年11月21日号
2014.11.12 07:00
週刊ポスト
プロ野球始球式と大人の事情 大物女優もノーギャラで投げる
プロ野球始球式と大人の事情 大物女優もノーギャラで投げる
 野球の試合開始前に行う始球式は、単なる儀式というより立派なパフォーマンスショーとなった。始球式を巡るアレコレについて、フリーライターの神田憲行氏が語る。 * * * ネット動画の「あの○○ちゃんが驚愕のノーバン始球式!」というリンクをクリックして、ダイレクトに捕手にボールを投げてマウンドでぴょんぴょん跳ねている女性タレントの映像に気まずい思いをしたことがあるのは、私だけではあるまい。ダイレクト投球の「ノーバン(ノーバウンドの意)」をパンツ履いてない「ノーパン」に空目したわけですね。 パンツを履かない始球式はいまだかつて登場していないが(たぶん)、たんなる儀式を越えて、いまや始球式は試合前のエンターテイメントとして定着した観がある。最近でもタレントの柳沢慎吾さんの「ひとり甲子園」というネタ始球式が話題になったし、7月には金田正一さんが投げて長嶋茂雄さんがバッターボックスに入った始球式は翌日のスポーツ紙の一面トップにもなった。 なぜこんなに話題になる始球式が多いのか。パリーグのある球団の元営業マンはこういう。「話題になるというより、話題になりそうな人を呼んでるからです。始球式はいまやプロ野球の試合のキラーコンテンツ的な存在で、映画やドラマのプロモーションによく活用されます」 たとえば映画の封切りや新作ドラマの開始に合わせて、主演クラスの女優・女性タレントにそれなりにセクシーな格好で始球式をさせる。絵になるので翌日のスポーツ新聞やスポーツニュースに取り上げられたり、ネット動画で閲覧される確率が高い。球団も映画・ドラマの制作側も認知度が上がって両方バンザイ、というわけである。これはらはバーターということで球団は出演料を払うことなく、映画・ドラマ側も宣伝費を払うことがない。 複数の球団関係者に「記憶に残る始球式」を訊ねると、「吉木りさの半ケツ始球式は良かった(笑)。ロッテの選手がもうニヤニヤしてて」「秋田での壇密のスクール水着始球式。ヤクルトさんなんですが、いつも始球式のセンスがいい」「古い話ですが、磯山さやかさんのミニスカ始球式。しかも投手でなく捕手をやったんですよ。元野球部マネージャーでむっちりグラビアアイドルですから、野球ファンにはたまらんかったです」 韓国でもセクシー始球式は盛んで、新体操選手のアクロバチック投法や最近でも生足・半ケツ始球式が話題になった。というか私は欠かさず見ています。 逆に仕込みにエッジが効き過ぎて、客席がポカーンとしたことも。「松居一代が来たときは例の自分が作ったナントカ棒振り回してわけわからんことに」「吉田類さんが登場したときは、お客さんが『誰やこのオッサン』みたいな雰囲気になってしまって……」 たしかに「酒場放浪記」のファンはナイターの時間は飲んでいるかもしれない。 しかし著名人が投げるのはまだわかる。たまに「○○株式会社の××さん」みたいな、普通のおじさんが投げているときがある。ファン代表かというと、さにあらず、深いワケがあった。「球場に広告看板を出している大口スポンサーさんなんですよ。看板だしてもらう代わりに『1試合、始球式どうですか』みたいな営業があるんです」(元球団営業マン) 接待始球式やんけ! うわっ大人の世界って……でも、投げたくなる気持ちはわかるなあ。 ところで始球式の投球は、冒頭で紹介したような私たちが空目しがちな「ノーバン」投球とホームベースに届かずにワンバン、ツーバン、スリーバンしてやっと届くようなものもある。私たちがヤンヤと喝采を送るのはもちろんノーバン投球だが、始球式担当者にとってはそうでもないらしい。 というのは、私がある試合を取材していたときのこと。始球式に登場予定の小学生男子に球団職員がこんな注意をしていたのを耳にしてしまった。「ストライク投げようとか思っちゃいけないから。インコースも絶対に投げないで」 バッターボックスの選手に当てられるのを極度に恐れていたのである。そんな小学生の球、向かってきてもプロの選手なら簡単に避けられるだろうに、夢のないこというなあと思っていたものだ。「いやでもたまに、凄い球を投げる素人がいるんですよ」 というのは別のパリーグ元球団広報マン。「女子中学生が投げるときがあって、油断して注意しなかったんです。そうしたらその子が130キロぐらいの綺麗なストレート投げて(笑)。あとから僕が上の方から『危ないだろう!』って怒られました」 いろんな大人の思惑が絡む始球式、どうやら無難に半ケツの女性タレントがワンバン、ツーバンの球を投げた方が、球団としても、私たちが空目して気まずい思いをしないためにも、よいようだ。
2014.10.16 16:00
NEWSポストセブン
ぷに子ブームも“ぽっちゃりがモテる”との錯覚は危険と指摘
ぷに子ブームも“ぽっちゃりがモテる”との錯覚は危険と指摘
 女性ファッション誌『CanCam』7月号が「ぽっちゃり体形」の女性“ぷに子”がモテているという特集を掲載し話題となっている。 そこで本誌も20~60才までの男性50人に緊急アンケートを実施し、独自に“ぷに子”のモテ度を検証してみた。「デブを肯定しているとしか思えません。60kgを超える体重を聞いた瞬間にドン引きする」(33才)「太っている女性はだらしない性格に思えてしまって、とてもつきあえない」(40才)「娘がそんな体重になったら、叱りつけてでもダイエットさせる」(50才)「結婚して20年、太ったなと感じる妻でも57kg。60kgを超えたら一緒に歩いていて恥ずかしいレベルです」(48才) と、ぷに子に“NG”を叩きつける声が圧倒的に多かった。中には「浮気しなさそうな安心感がある」(38才)「ぷに子と一緒だと、自分もストイックに生きなくていい気がして楽なので、アリです」(33才)といった擁護派もわずかにいたが、総じて厳しい結果に。 その背景には、世の男性の“ぷに子観”が女性とは異なるという事情があるようだ。 本誌アンケートで男性に「ぷに子だと思う芸能人」を挙げてもらったところ、AKB48の小嶋陽菜(25才)、優木まおみ(33才)、貫地谷しほり(27才)、綾瀬はるか(28才)、深田恭子(30才)、安めぐみ(31才)、優香(32才)、鈴木京香(45才)、浅香唯(43才)、渡辺満里奈(42才)など、いずれも女性からすると「え、細いじゃん!?」と思わず叫びたくなる女性の名が次々と挙がった。 本誌が女性にも同じ質問をしたところ、回答は渡辺直美(25才)、柳原可奈子(27才)、大久保佳代子(42才)、アジアンの馬場園梓(32才)といった女芸人を筆頭に、磯山さやか(29才)、有働由美子アナ(44才)、松下由樹(44才)、松坂慶子(60才)といった面々が並んだ。 女性陣が名前を挙げた芸能人に対して、男性からは、「“ぷに”ではない」(35才)、「完全に“おデブ”」(41才)という厳しい声が上がってくるのだが、逆に、女性からすると男の言う“ぷに”は“ぷに”ではなく、“普通”もしくは“やせ”の体形と、かなり見解が異なるのだ。 この男女間の違いをコラムニストの今井舞さんは、こう説明する。「結局、男性は何cm何kgという数字よりも、おっぱいや二の腕といった肌の“ぷに”っとした質感で判断しているんでしょう。例えば、走っていて“ぷよんぷよん”としていて柔らかそうな感じであれば、やせていても“ぷに子”と認識するわけです。 でも女性は体重とか、数字的な意味でぽっちゃりだったり、太っていてもモテそうな女性を“ぷに子”とするわけで、違いが出てくるのは当然の話。もちろん“ぷに子”を好きな男性が増えているのは事実でしょうけど、それを“ぽっちゃりでもモテる”と錯覚してしまうのは危険。所詮、男が好きなのは、体形以前に“顔がかわいい子”ですから(笑い)」“どっちにしても、もう遅いんですッ!”、本誌編集部のぷに子代表・N子(51才)はお腹をつまみながらこう嘆くのでした。※女性セブン2013年6月27日号
2013.06.16 07:00
女性セブン
破局説流れた巨人長野とテレ朝下平アナ 4年目突入のお泊まり
破局説流れた巨人長野とテレ朝下平アナ 4年目突入のお泊まり
 6月上旬のある夜、テレビ朝日の下平さやかアナ(40才)は夜、友人らとお酒を楽しんでいた。結局何軒もハシゴし、帰路についたのは朝方4時前。そして、彼女はうきうきした様子で、満面笑顔のまま、巨人・長野久義選手(28才)の自宅へと帰っていった。 ふたりの関係が明らかになったのは2009年12月、長野選手が念願の巨人軍にドラフト1位で指名され、デビューを控えていたころ。都内のホテルの地下駐車場に止めた車中でふたりが熱いキスを交わしていたところを女性セブンがスクープした。この4月には破局説が出たものの、それを一蹴するお泊まりとなった。「実家暮らしの下平さんが長野さんの自宅で『通い妻』生活をしているんですよ。ふたりの関係が揺らいだなんて聞いたことありませんね」(テレビ局関係者) 4年目に突入したこの交際。12才年下のカレをまだ離さない彼女の魅力とは何なのか?「下平さんはサバサバした男前な性格で、彼の試合を観戦している時は球場で人目も気にせず“ひーちゃーん!”って大声で応援してますよ(笑い)」(野球関係者) さらにはこんな話も。「長野さんは飲み会では盛り上げ役なんです。下平さんはそれを理解しているから心配も束縛もしないし、どっしり構えている」(前出・野球関係者) 同級生との食事会にタレントの磯山さやか(29才)を連れていったという報道にも、キャバクラでの夜遊びにも全く動じないという。彼女の場合、浮気されて許せないのは、彼でも相手でもなく、自分というわけだろう。「そんな下平さんの肝っ玉ぶりが、年下の長野さんには居心地がいいんだと思います。いつも下平さんのことを“マジで最高”ってノロケてるんですから」(前出・野球関係者) またこれだけ長くつきあえば、結婚話は当然大テーマ。下平アナの年齢を考えれば出産も頭をよぎることだろう。さらに、身近な後輩や友人らは次々に結婚していく。しかし彼女は決して彼にプレッシャーは与えないという。「長野さんはもうずっと“結婚したい”と言ってるんですが、彼の地元で年の差婚になることを気にする声があがっているそうなんです。でも下平さんは、結婚がすべてと思っているタイプじゃないから全然焦ってない。彼の両親や周りがみんな祝福してくれたタイミングでいいと思っているようですよ」(前出・テレビ局関係者)※女性セブン2013年6月27日号
2013.06.13 07:00
女性セブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン