アヤパン一覧/5ページ

【アヤパン】に関するニュースを集めたページです。

カトパン「イメージが軽い」でアヤパンの後任の座を逃す
カトパン「イメージが軽い」でアヤパンの後任の座を逃す
 フジテレビの高島彩アナ(31)の年内退社が決定し、同社『めざましテレビ』の後任には、「ショーパン」こと生野陽子アナ(26)が決定した。一部には、「『めざにゅ~』のメーンキャスターをしている「カトパン」こと加藤綾子アナ(25)の方が良かった」との声もあるが、なぜカトパンはアヤパンの後任の座を逃してしまったのだろうか?「(加藤は)アナウンス力なら若手でもピカイチですし、実力は誰もが認めています。でも、入社してすぐ、昔の恋人らしきホスト風の男とのギャルメークのツーショット写真が流出してしまった。それで軽いイメージがついてしまったんです。それで、先輩を飛び越しての抜擢にはならなかった。現在、早朝の『めざにゅ~』を担当させられているのも、夜遊びさせないようにという上層部の配慮だといわれています(笑い)」(フジテレビ社員) 熾烈な「ポストアヤパン」戦争の裏には、こんな事情があったのだ。※週刊ポスト2010年10月1日号
2010.09.28 15:25
週刊ポスト
アヤパンの後任の生野アナ ネックは「ニュース読みが苦手」
アヤパンの後任の生野アナ ネックは「ニュース読みが苦手」
 生き馬の目を抜く女子アナ界で、人気・実力ともに長らく「女王」の座に君臨していたのがフジテレビの「アヤパン」こと高島彩アナ(31)。彼女が年内退社を宣言し、『めざましテレビ』を9月いっぱいで卒業することが決まったが、『めざましテレビ』の後任の「ショーパン」こと生野陽子アナ(26)には、厳しい視線が注がれている。 フジテレビのあるベテラン社員がいう。「本来、年次を見ても人気を見ても中野美奈子アナ(30)が高島アナの後釜を担うのが順当です。しかし彼女もすでに結婚しているし、いつフリーに転身してもおかしくない。そんな事情があったからこその、生野アナの抜擢だったんです。しかし、これには賛否両論ありました」  生野アナといえば、誰からも好かれる癒し系のキャラだし、頭の回転も速いことで知られているが……。「ニュース読みが苦手なんです。難しい単語が並ぶと、すぐに噛んでしまう。『めざにゅ~』のメーンキャスターをしている加藤綾子アナ(25)の方が良かったとの声も根強い。高島アナが夏休みに入った9月13日からの1週間は生野アナにとって、“試用期間”のようなものだった。凡ミスをしないよう、相当緊張していたようだ」(前出・ベテラン社員) 確かに前任のアヤパンは、ニュース読みには定評があった実力派。果たしてショーパンは、アヤパン同様「朝の顔」に定着できるか?※週刊ポスト2010年10月1日号
2010.09.28 15:24
週刊ポスト
高島彩 結婚を後押しされたのは中野美奈子や内田恭子の存在
高島彩 結婚を後押しされたのは中野美奈子や内田恭子の存在
 10年10月1日での『めざましテレビ』(フジテレビ系)降板、年内退社が報じられたフジテレビアナウンサーのアヤパンこと高島彩(31)。結局、退社、そしてその後予測されるゆず・北川悠仁との結婚を後押ししたのは、他の女子アナの影響にもあったという。 10年3月頃、高島アナはフジテレビに結婚について相談。すると、「めざまし」の司会を続けるのは難しいのでは? と言われ、高島は結婚と仕事の間で揺れ動いていた。 退社を発表する8月までの間、公私ともに親しい中野美奈子アナ(30)、同じ報道に携わる長野翼アナ(29)が結婚。他局でもテレビ朝日の武内絵美アナ(33)が電撃婚を発表し、TBSの青木裕子アナ(27)が結婚前提の真剣交際を報じられるなどした。『めざましテレビ』の番組関係者は語る。「アヤパンは結婚願望が強かったから、周囲で幸せな報告を聞く度に背中を押されるような感じだった。ずっとフリーになって満足のいく仕事ができるかどうか不安だったけど、たとえば内田恭子アナとか、結婚して出産を経て、それでもこれまでと同じように活躍している人もたくさんいる。最終的には『結婚してもできる仕事をしよう』 って決断したようです」※女性セブン2010年9月9日号
2010.09.15 20:55
女性セブン
朝3~4時出社の高島彩 あまりに忙しく会社に専用仮眠ベッド
朝3~4時出社の高島彩 あまりに忙しく会社に専用仮眠ベッド
 10月1日をもって、『めざましテレビ』(フジテレビ系)を降板し、年内で退社することになった高島彩アナ(31)。人気アナぞろいのフジテレビ女子アナ陣の中でも随一の人気を誇る彼女の退社には、「結婚か?」との憶測も乱れ飛んだが、どうやら別のところに理由があるとの説もある。 フジテレビ関係者によれば、高島アナは、「午前2時ごろには起き出して、3-4時にはお台場に出社します。メイクと打ち合わせの後、5時25分-8時までぶっ続けの生放送です。番組が終わってミーティングが終了しても、その後に仕事が入っていることも多く、そんな時は昼過ぎまで局内で仮眠をとっています」 という日常なのだという。実際、アナウンスルームの奥にある仮眠室では、一仕事終えたアヤパンがグッスリ眠り込む姿が昼間から見られるという。そして、前出の関係者は、「仮眠室の中にある2段ベッドの中の一つは“アヤパン専用ベッド”と呼ばれるほど。だけど、最近は仮眠も満足にとれていなかったみたい。経費節減でフリーアナが切られて、局アナに仕事が集中してるんです。安定感があって視聴率も取れる高島アナは、昼夜問わず仕事が入っている。本人は、同僚の女子アナに“肌もボロボロ”と漏らしていたらしい」 とも述べており、相当な激務だったようだ。※週刊ポスト2010年9月10日号
2010.09.12 18:48
週刊ポスト

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン