アヤパン一覧/4ページ

【アヤパン】に関するニュースを集めたページです。

高島彩 “教主”の義母に認められるため算命学学び酒控える
高島彩 “教主”の義母に認められるため算命学学び酒控える
10月20日、山梨・小淵沢にある身曾岐神社で、元フジテレビアナウンサーの高島彩(32)と、ゆずの北川悠仁(34)の結婚式が行われた。同神社は北川の母・慈敬さん(74)が教主を務める新興宗教「かむながらのみち」の縁の地。2005年に経営が破綻した同神社の土地と建物を、悠仁がおよそ7億円で購入したといわれている。「アナウンサーなら、辞めればすぐに教団の仕事を手伝える」と、慈敬さんにとって高島は理想的な嫁候補だった。しかし交際直後、暗雲が立ち込める。高島が東京・西麻布のバーで堀江貴文氏(38)や、サイバーエージェントの藤田晋社長(38)らと朝まで飲み明かす様子が『フライデー』で報じられ、慈敬さんが大激怒したという。「怒りが静まるのを待ってアヤパンは悠仁と一緒に、慈敬さんに謝りにいったそうなんですが、そのときに“しっかり地に足をつけてくれなくては困る”と注意を受けたそうなんです」(テレビ局関係者)高校生時代はファッション誌で恋人とのキス写真を掲載するなど、自他ともに認めるギャルだった高島。しかし北川の母に認められようと、大好きなお酒も控えるようになり、修行に励み、算命学の勉強まで始めた。そんな高島の姿に、慈敬さんの気持ちも次第に軟化していった。「身曾岐神社の宿泊施設は1階が客間、2階が北川家と関係者のスペースとなっていました。その2階部分に慈敬さんは、高島さん専用の部屋までつくったんです」(北川家を知る人)そこには慈敬さんのこんな“計算”もあったという。芸能関係者はこう証言する。「以前から、ゆずのファンたちに“悠仁を宗教の広告塔に使うな”という批判が殺到していたんです。そこで次なる教祖候補として白羽の矢がたったのがアヤパンだった。慈敬さんはまわりに“いつかは悠仁夫妻に教団を任せたい”と話しているそうです」※女性セブン2011年11月10日号
2011.10.28 16:00
女性セブン
メガネ女子アナ続々登場! 秋元優里、大橋美歩、青木裕子他
メガネ女子アナ続々登場! 秋元優里、大橋美歩、青木裕子他
現在、日本人の2人に1人が近視とされ、6000万人がメガネを所持している時代。「中学生の時点で半数が視力1.0未満」という文部科学省のデータもある。パソコンやネットの普及もあってか、日本人の視力は下がる一方だが、もちろんそれは華やかな女子アナ界でも同じこと。「オフではメガネ」という女子アナが急増中のようだ。最近ではフリーアナウンサーのアヤパンこと高島彩(32)が「第24回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞し、『サンデーモーニング』キャスターの唐橋ユミ(37)が真っ赤なメガネをトレードマークにして人気を得るなど、再びメガネブームが巻き起こっている。高学歴な女子アナたちのメガネ率は高く、街に出る際もただの“変装道具”としてではなく、メガネファッションを満喫している様子。不思議と知的イメージもアップする女子アナたちのメガネエピソードを紹介しましょう!●大橋未歩(33・テレビ東京) 自身のブログで愛用の黒縁メガネ姿を披露し、「かわいすぎる!」と話題になったことも。もっと番組収録でもかけてほしいです。●青山祐子(38・NHK) NHK夜のニュースを担当してきた彼女は、オフのときはメガネが基本という。高級そうなメガネがキマるセレブ婚アナだ。●大島由香里(27・フジテレビ) 「メガネっ娘&メガネ男子コンテスト」取材の際にメガネ姿を披露し、ファンを萌えさせた過去もある。●青木裕子(28・TBS) 「よくメガネを壊すので普段はコンタクト派」だそう。赤坂サカスで購入した5250円のメガネを愛用中とか。●小倉弘子(37・TBS) コメンテーターとして番組に出演する際はだいたいメガネを着用する彼女。TBSを代表する、ザ・メガネ美女だ。●秋元優里(27・フジテレビ) プライベートではサングラス、通勤はメガネと使い分けている。たまには『ニュースJAPAN』でもメガネ姿を披露してほしいです。●中野美奈子(31・フジテレビ) メガネ着用率の高いフジ女子アナ。もちろんナカミーもデスク勤務時はメガネが基本。視力が低く、朝起きた時は「メガネ、メガネ~」だとか。※週刊ポスト2011年11月4日号
2011.10.27 07:00
週刊ポスト
女子アナ続々部署異動 局内で「不服なら辞めれば」の雰囲気
女子アナ続々部署異動 局内で「不服なら辞めれば」の雰囲気
 7月は多くの企業同様、テレビ局でも人事異動の季節。喜ぶ者がいれば、泣く者もいる。女子アナとて例外ではない。テレビでは華やかな笑顔を振りまき続ける彼女たちも、シビアな査定に晒されていた。 人気アナたちが番組に花を添える一方で、華やかな現場からの“強制退去”を命じられた女子アナもいる。 かつて、『めざにゅ~』などで活躍した宮瀬茉祐子アナ(29)、木幡美子アナ(44)、田代優美アナ(44)らがそれぞれ「アナウンサー以外」の別部門への異動を命じられたのだ。宮瀬アナは広告宣伝部、木幡アナはCSR推進室、田代アナは法務室兼適正業務推進室といった具合だ。 あるフジテレビ社員は打ち明ける。「若い宮瀬アナはこの異動にショックを受けて、上司から内示を受けた時には思わず泣き崩れたらしい。その直後に“広告代理店勤務の彼氏と結婚する”と、すぐさま退職届を出してしまった。表向き、異動と寿退社は関係ないことになっているが、社内では“相当不服だったのでは”と噂になっている」 近年、このような“女子アナ強制引退”が頻繁になっている。たとえばTBSでは、情報番組『ジャスト』で活躍した広重玲子アナ(39)が2009年7月に広報部へと異動、昨年秋に退社した新井麻希アナ(29)も、別部署への異動を命じられフリーに転身したといわれている。 民放キー局のある人事部門担当者がいう。「不況の煽りで、各局とも新入社員をギリギリまで減らしている。たとえ女子アナといえど働き口がない人間を遊ばせておく必要はないということです。アナウンサーは一般社員とは採用枠が違う専門職として入社しているため、かつては別部署への異動には気を遣った。しかし最近では“不服なら辞めればいい”という雰囲気になってきている」「30歳定年説」が半ば常識となりつつある女子アナ界だが、社員である以上、局側も不要になったからといって放逐するわけにはいかない。30代以上の局アナは、総じて年収1000万円をはるかに上回る超高給。人件費に悩まされるテレビ局側としても、女子アナのほうから辞めてくれるなら「思うツボ」なのだ。「アヤパン(高島彩)や滝クリ(滝川クリステル)レベルならともかく、局のアナウンス室でも目立たないアナウンサーが、フリーになって社員時代以上の年収を稼ぐのは至難の業。いやらしい話だけど、局側も足下を見ているわけです」(前出・フジ社員)※週刊ポスト2011年8月12日号
2011.08.02 16:00
週刊ポスト
「さんまの覚えめでたい女子アナが大成」説 今年はカトパン
「さんまの覚えめでたい女子アナが大成」説 今年はカトパン
 7月は多くの企業同様、テレビ局でも人事異動の季節。喜ぶ者がいれば、泣く者もいる。女子アナとて例外ではない。テレビでは華やかな笑顔を振りまき続ける彼女たちも、シビアな査定に晒されている。 女子アナのサバイバルが激化する一方で、「エース争い」も熾烈を極める。フジでは、長らく「ポスト・アヤパン」をめぐる戦いが繰り広げられてきた。 ここに来て、『めざましテレビ』でメーンを張るショーパンと、『めざまし』ではサブ扱いながら、バラエティに引っ張りだこのカトパンの2人に絞られてきている。 2人は中野美奈子アナ(31)とともに、女子アナユニット「アーリーモーニング」を結成。かつてアヤパンが務めたポストを分け合う格好となる。 あるフジのバラエティ部門スタッフがいう。「僕はカトパンの方が女王の座に近いと見ています。ニュース読みや番組進行ののソツのなさも大きいが、何より効いているのが、(明石家)さんまさんの評価です。“隠れ巨乳やな”なんて下ネタギリギリで突っ込まれても、カトパンは笑顔でうまく切り返す。さんまさんも“アイツ、やるな”と褒めまくっていますね。 八木亜希子さん(46・2000年退社)しかり、ウッチー(内田恭子・35・2006年退社)しかり、“さんまの覚えめでたい女子アナは大成する”といわれます。2人の勝敗を最終的に決めるのは、今年末の『好きな女子アナランキング』でしょうね」※週刊ポスト2011年8月12日号
2011.08.02 07:00
週刊ポスト
西尾由佳理アナ 残業嫌いで「休みほしい」が口癖だった
西尾由佳理アナ 残業嫌いで「休みほしい」が口癖だった
 昨年の「好きな女子アナウンサーランキング」(オリコン調査)で1位に輝いた日本テレビの大物アナが、ついに8月末で退社する。西尾由佳理アナ(33)の最後の仕事は8月20~21日放送の『24時間テレビ』総合司会となる。 西尾アナは昨年9月にCMプランナーと結婚。朝番組でコンビを組んでいた羽鳥慎一アナも今年3月末で退社しており、彼女の退社も秒読みといわれていた。とくに日テレは今年の賃金改定で大幅な給料カットが断行され、フリー転向への環境は整っていた。 同じく人気アナで昨年末にフリーとなった元フジテレビの高島彩は現在年収1億円超ともいわれている。西尾アナも間違いなくアヤパンクラスであり、現在の年収から数倍のアップが期待できる。しかし、芸能レポーター・井上公造氏の見方は少々異なる。「フリーになるアナウンサーのいちばんの目的はやはりお金でしょうが、西尾アナの場合はお金よりも結婚生活を充実させて、プライベートの時間を大切にしたい思いが強いようです。そういう意味では他のアナウンサーとは少し違ったタイプですね」 彼女は収録を終えたら真っ先に帰宅し、番組の打ち上げや飲み会にはほとんど顔を出さない。さらに残業嫌いが深刻で、口癖のように「休みがほしい」と同僚にこぼしていたという。 日テレ関係者がいう。「羽鳥さんは現在コンビを組んでいるフリーの赤江珠緒さんと西尾アナを比較して、『2人は真面目なところは似ているけど、赤江さんは“仕事をするのを嫌がらないタイプの西尾”だ』なんていっていました。羽鳥さんをはじめ、日テレの看板アナが次々と辞めていく中、西尾アナにかかるプレッシャーは大きかったはず。この辞め時を逃すとなかなか抜けられない状況になったのでは」※週刊ポスト2011年7月15日号
2011.07.04 16:00
週刊ポスト
高島彩 フジテレビ時代の年収1500万円が1億円に増えた説
高島彩 フジテレビ時代の年収1500万円が1億円に増えた説
 昨年末にフジテレビを退社したアヤパンこと高島彩(32)はフリーの仕事も順調で、サントリーとカゴメのCMにも出演。公私共に充実した毎日を送っていることがうかがえる。「フジテレビ時代の年収は約1500万円ですから、フリーだと番組出演料だけで3倍が相場。CMは彼女だと3000万~4000万が妥当だから、年収1億という数字は当たらずも遠からずでしょう」(芸能レポーターの井上公造氏) さらには、交際中と噂される「ゆず」の北川悠仁(34)との結婚も秒読みとされ、ますます順風満帆だ。だが、宗教家である北川の母親は「(アヤパンの)大殺界が終わるまで結婚しないほうがいい」とアドバイスしているといわれる。となると来年早々には結婚解禁ということになりそうだ。※週刊ポスト2011年6月17日号
2011.06.07 07:00
週刊ポスト
ああ
定時帰宅の日テレ・西尾アナ フリー転身で「年収10倍」説も
夏目三久アナに山本舞衣子アナ、そして羽鳥慎一アナと、次から次へと人気アナウンサーが退社していく日本テレビ。看板アナのひとり、西尾由佳理アナ(33)も、ここに来てフリー転身が囁かれている。『ズームイン』を3月末に降板して以降“週休6日”ともいわれている西尾アナだが、「水面下でいくつかの芸能事務所が動いているようです。元フジテレビのアヤパン(高島彩アナ)は、フリーになったら、年収は10倍の1億円を突破しましたから、西尾アナも同様の年収を見込めると思います」(日テレ関係者)と、すでに局に残るメリットはない状況か。収録は2週に1度の『世界まる見え!』のみで、この日も、収録もなく定時に帰る西尾アナ。フリーになればもっと露出が増える!?※週刊ポスト2011年6月3日号
2011.05.23 07:00
週刊ポスト
フジテレビの局内で中野美奈子とカトパン株が現在急上昇中
フジテレビの局内で中野美奈子とカトパン株が現在急上昇中
 震災後のフジテレビで、意外な存在感を発揮しているのが『とくダネ!』のキャスター中野美奈子アナ(31)だ。ナカミーといえば、アイドルアナの代表的存在であり、「カミカミナカミー」とも揶揄されたこともあるが、自身の結婚と、親友のアヤパンこと高島彩の退社という大きな転機を超えて「一皮剥けた」というのが局内の一致した意見のようだ。フジテレビの情報局スタッフがいう。「ナカミーは地味になった、という悪口も一部ではあるものの、局内では“落ち着きが出た”と評価が高まっているんです。中野アナは、『とくダネ!』の担当になってから、大地震に襲われたハイチなどで現地レポートを重ねてきました。 その経験からか、突発的な速報でも動じず、自分の言葉で意見を述べるようになった。最初は“小倉さんから逃れたくて海外出張ばかりしてる”と陰口を叩かれていましたが、結果的にそれが生きた(笑い)」  もうひとり、評価が高いのが『めざましテレビ』で、サブキャスターを務めるカトパンこと加藤綾子アナ(25)だ。ある放送作家がいう。「『ホンマでっか!?TV』のアシスタントをしている縁で、明石家さんまさんの覚えもめでたいのですが、軽い雰囲気からは想像もできないほどに現場度胸がある。ニュースを読んでもソツがないし、アヤパンに似ているタイプかも」※週刊ポスト2011年4月29日号
2011.04.20 07:00
週刊ポスト
フジ・秋元優里アナ 「豆ケチってんじゃない」と言い放った
フジ・秋元優里アナ 「豆ケチってんじゃない」と言い放った
 アヤパンが去った後、フジテレビの「新女王」と目されているのが、『ニュースJAPAN』キャスター・秋元優里アナ(27)だ。 報道畑のライバルと目されていた長野翼アナ(29)は、ソフトバンク所属のプロ野球選手・内川聖一との結婚にあわせ今年3月いっぱいで退社。さらにポストアヤパンと目されている『めざましテレビ』の後任・ショーパンこと生野陽子アナ(26)も、番組の視聴率こそ堅持しているものの、報道局の記者からは「ニュース読みはまだまだ。重大ニュースを任せられない」との声があるほどで信頼感は今ひとつだ。 そんな中、4年目にして滝川クリステル(33)の後釜に大抜擢され、無難にこなしてきた実力派の秋元アナを「エース」と呼ぶ声が高い。 しかし、そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの秋元アナの一挙手一投足に、なぜか番組スタッフたちは、戦々恐々としているという。 きっかけは、1月21日の放送。秋元アナが自らベトナムを訪れ、経済や文化など様々な側面からレポートするという企画があった際の出来事だった。 ある番組スタッフがいう。「秋元アナがお土産のベトナムコーヒーをスタジオで飲むというシーンがあったんです。本番中の彼女は“甘くていい香りです”と話していたんですが、番組終了後に豹変した。“何あれ、ベトナムで飲んだのと全然違って美味しくない。豆ケチってんじゃないの!”と言い放ったんです。その剣幕にスタッフたちは震え上がってしまった。それ以来、お茶一つ差し出すのにもヒヤヒヤものです」 すでに「女王様」の貫禄十分。とはいえそんな些細なことでカッカしなくても……とも思える。 別のフジテレビ社員がフォローする。「彼女はとにかく完璧主義者なんです。外交官の娘でTOEICも900点近くある帰国子女というだけじゃなく、多忙の中でも国際政治や経済の勉強を欠かさない。とくに、ベトナム企画は本人の取材で思い入れが強かったから、厳しくなってしまったんでしょう。20年後には安藤優子を超える存在になっているかも」 その上昇志向こそが、アイドルアナばかりのフジテレビで、彼女を女王たらしめている所以かも。※週刊ポスト2011年3月4日号
2011.02.27 10:00
週刊ポスト
滝クリ事務所に高島彩加入で 滝クリの仕事減る可能性出る
滝クリ事務所に高島彩加入で 滝クリの仕事減る可能性出る
 2010年末をもってフジテレビを退社する“アヤパン”こと高島彩アナ(31)が、株式会社フォニックスほか3社が協同で出資するアナウンサー専門の芸能事務所に所属することが判明した。同事務所の現在のエースはなんといっても滝川クリステル(33)だ。しかし芸能関係者の間では、「アヤパン加入で事務所内のパワーバランスは激変する」といわれている。フォニックスの内情を知るテレビ局関係者がいう。「CM出演の多い滝クリは事務所にとって稼ぎ頭。だからこれまでは常に特別扱いでした。でも高島アナが入ってくれば“二番手”に格下げは間違いない。フォニックスは一説には“いずれ退社する高島アナの受け皿として作られた”とまでいわれている。実際、事務所幹部は春の改編に向け、高島アナのキャスティングに動いているらしい」 すでに1月以降も『熱血! 平成教育学院』にレギュラー出演が決まっている高島アナだが、「視聴率女王」として他番組からも引く手あまただ。そうなってくると気が気ではないのが“女王”の座を引きずり下ろされる滝クリだ。あるフジテレビ関係者が耳打ちする。「正直、滝クリに絶頂期の勢いはありません。ミヤネさん(宮根誠司・47)とコンビを組むということで鳴り物入りで始まった『Mr.サンデー』でも全然アドリブに対応できていない。正直、代わりにアヤパンが入ればガラッと雰囲気が変わる。ウルトラCの“入れ替え”もあるんじゃないか」  一気に両者の覇権争いへと展開しそうな勢いだ。※週刊ポスト2011年1月7日号
2010.12.22 10:00
週刊ポスト
高島彩「さよならパーティー」で見せた黒のタイトスカート姿
高島彩「さよならパーティー」で見せた黒のタイトスカート姿
 12月上旬の某日、午後6時過ぎ。都内のさる高級ホテルの一間に続々と集結する美女達……。 この日、ホテルではフジテレビアナウンス部の忘年会が開かれていた。もちろん主役は、今年いっぱいで退社する高島彩アナ(31)。10年間フジを勤め上げた彼女の送別会もかねていたのだ。 会場には、人気若手アナのミオパンこと松村未央アナ(24)や、新人で今年“ヤマサキパン”の名を手にした山崎夕貴アナ(23)など、将来のフジを背負う“ポストアヤパン”たちの姿も見られた。そんなアナウンス部の同僚が集まる中、少し遅れて会場入りしたアヤパン。黒のタイトスカートとタイツに黒のコート、化粧もばっちりキメてきた彼女に、仲間から「めっちゃキレイ!」と感嘆の声が上がる。 よく見ると、貸し切られた宴会場入口に掲げられた白い立て札には、「THE LAST MESSAGE 彩猿」なる文字が。フジが製作した映画『THE LAST MESSAGE 海猿』をモジったようだ。『~海猿』のラストは、妻の元へ夫が無事に戻り、ハッピーエンドを迎えるが、『ゆず』北川悠仁(33)との結婚目前といわれる彼女への祝福の言葉だったのかも?※週刊ポスト2010年12月24日号
2010.12.16 10:00
週刊ポスト
高島彩 ゆず北川に「着ぐるみ着せられて泣きたく…」と愚痴
高島彩 ゆず北川に「着ぐるみ着せられて泣きたく…」と愚痴
 7年半にわたり務めた『めざましテレビ』のキャスターを卒業し、2010年いっぱいでフジテレビを退社することを発表した高島彩アナ。交際中の人気デュオ『ゆず』の北川悠仁との結婚へと進むことになりそうだが、本誌は4年前に決定的な写真をカメラにおさめていた。(週刊ポスト2006年8月11日号より)「あーあ、4時から仕事なの、嫌になっちゃう」「この前の収録でさ、着ぐるみ着せられて泣きたくなっちゃった」 06年7月26日、平日のお昼頃、カレーライスを食べながら駄々っ子のように甘えた声で男性に話しかけていたのはフジテレビの看板アナ、アヤパンこと高島彩アナ(当時27)。 白いTシャツにジーンズ、髪は後ろで束ねて、黒縁メガネと、実にリラックスムード。それもそのはず、男性は噂の恋人、人気フォークデュオ『ゆず』の北川悠仁(ゆうじん)(当時29)なのだ。 さかのぼること3時間前。『めざましテレビ』の生放送を終えたアヤパンがフジテレビを出て真っ先に向かったのが、渋谷区内にある体育館。ここでは北川が所属するバスケチームが練習中。 午前3時と早起きしたアヤパン、眠い目をこすりつつ愛しの彼の応援に行ったのかと思いきや、なんとジャージに着替えて自らも練習に参加。北川と一緒に汗を流す姿が実にさわやか。 2時間半ほどの練習を終えると、アヤパンカップルは近くの喫茶店で冒頭のランチデートを開始。緩んだ口元に下がった目尻、そして恋をするオンナ独特の瞳。テーブルから身を乗り出すようにしゃべる姿は見ていて妬けてくるほど。対する北川は外見こそ無精ひげを伸ばし、ワイルドなイメージながら、おノロケモード全開のアヤパンを前に、「今度またうちに来る? ほんとに来る? 買い物も付き合ってよ」 と、慣れた様子で次回のデート計画を相談していた。このように、退社を宣言する4年前から変わらず仲良さげだったのだ。
2010.09.30 07:00
週刊ポスト
高島彩にゆず北川が贈った世界で一つのオーダーメイド指輪
高島彩にゆず北川が贈った世界で一つのオーダーメイド指輪
 7年半にわたり務めた『めざましテレビ』のキャスターを卒業し、2010年8月に年内のフジテレビ退社を発表した高島彩アナ。交際中の人気デュオ『ゆず』の北川悠仁との結婚へと進むことになりそうだが、北川はアヤパンに特注ダイヤを贈っていた。(週刊ポスト2006年7月21日号より) フジテレビ局員の話。「06年3月頃、高島さんが右手の薬指に高級そうな指輪をしていたので『素敵ですね。どこのブランドですか?』と聞いたんです。すると彼女は首を横に振り、『ブランド物じゃなくてオーダーメイドなの。ユージンからもらったんだ』って嬉しそうにいったんですよ」 アヤパンがいう「ユージン」とは、人気フォークデュオ『ゆず』の北川悠仁(ゆうじん)。 彼が、アヤパンに贈った指輪は世界で一つのオーダーメイドだった。北川の知人が語る。「あの指輪は北川君がジュエリーデザイナーをしている友達に頼んで作ってもらったそうです。高島さんの誕生日(2月18日)にプレゼントしたと聞いていますよ。ダイヤをちりばめた可愛らしいデザインで、彼女にピッタリ」 いまもこの指輪、大切にしているのだろうか。
2010.09.30 07:00
週刊ポスト
チノパン、アヤパン、ミオパンの次は「ヤマサキパン」か
チノパン、アヤパン、ミオパンの次は「ヤマサキパン」か
 フジテレビの女子アナには、「○○パン」という愛称がついているアナが何人もいる。フジ局内では「○○パン」は、将来のエース候補を示す「称号」と周知されているが、元々の由来をご存じだろうか?  これは元々、彼女たちの先輩である千野志麻アナ(33・08年に退社)が新人当時に担当した冠番組に由来するものだ。千野アナの名字と洋服の「チノパン」を引っかけただけのシャレだったのだが、翌年その番組を高島アナが引き継ぎ『アヤパン』となってからというもの、代々の深夜の冠番組とともに「エース候補」に与えられることになった。 そして今年も、10月から新たな「○○パン」が誕生することになった。今年4月に終了した『ミオパン』(松村未央アナ(24))に続き、2010年入社の山崎夕貴アナ(23)が、「やまさきパン」(番組名は未発表)として深夜の帯番組を担当することになったのである。「ただのダジャレじゃないか」と侮るなかれ。山崎アナは、同期アナとの熾烈な争いに勝ち抜き、この称号を手に入れたのだ。ある若手フジテレビ社員がいう。「山崎アナの同期には、ミス慶応で入社前からバリバリに知名度が高かった細貝沙羅(23)という女子アナがいるんです。通りの美人だし、誰もが“次はサラパンだろう”と思っていた。ところが、山崎アナは、独特の田舎者キャラで“やまさきパン”を勝ち取ったんです」 通常女子アナは首都圏の大学出身者が多いフジの女子アナだが、山崎アナは岡山大学経済学部卒という異例中の異例。倉敷市の親善大使「倉敷小町」として活躍していたこともあるという、何とも牧歌的な経歴の持ち主なのである。 前出若手社員は「大学のミス、準ミスなんて当たり前のフジテレビで、田舎っぽさ丸出しの彼女のキャラが受けたんです。東京の人混みを見て“お祭りみたい”とつぶやいたり、“東京の人って、電車の中でおやつ食べないの?”って聞いてきたこともあったとか(笑い)」 こうした天然キャラに加え、ニュース読みや番組の回し方は意外とソツがないことから「先輩たちを飛び越えて、“ポストアヤパン”になることも十分ありうる」(前出・若手社員)」と期待されているのである。※週刊ポスト2010年10月1日号
2010.09.28 15:33
週刊ポスト
フジの未来のエース・ミオパンは「考えられないほど音痴」
フジの未来のエース・ミオパンは「考えられないほど音痴」
 フジテレビ・高島彩アナ(31)の年内退社を受け、同社内では次世代のエースアナ発掘に動きだしている。すでに名前が挙がっているのが「ショーパン」こと生野陽子アナ(26)と「カトパン」こと加藤綾子アナ(25)。この2人に割って入るのが、「ミオパン」こと松村未央アナ(24)だ。民放3社から内定を勝ち取り、鳴り物入りで入社したカトパンこと加藤綾子アナ(25)に比べるとまだまだ知名度の低いミオパンだが、現場では彼女の評判が良い。「今は『めざにゅ~』で加藤アナのサブに回っているが、ショーパン、カトパンを知性じゃ圧倒しています。なんせ、慶応大法学部卒でTOEICは900点以上の帰国子女ですからね」(『めざましテレビ』スタッフ) しかし、そんな絵に描いたようなエリートの彼女にも1つだけ苦手なものがあるようで……、「玉にキズは、考えられないほどの音痴なんです。歌の下手さなら、先輩の内田恭子(34・06年退社)を軽く超えています。高島アナのようなCDデビューはちょっと難しいかな」(同前)  人材豊富のフジテレビながら、アヤパンと比較すればいずれも今一歩というところ。とりあえずは生野アナが一歩リードだが、まだまだエース争いは続きそうだ。※週刊ポスト2010年10月1日号
2010.09.28 15:30
週刊ポスト

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン