マナカナ一覧

【マナカナ】に関するニュースを集めたページです。

電話対応が苦手な新入社員たちへ 同じ苦しみを乗り越えた先輩社員からのエール
電話対応が苦手な新入社員たちへ 同じ苦しみを乗り越えた先輩社員からのエール
 昨今、ワイドショーでも「TELハラ」という言葉が取り上げられるようになった。固定電話に不慣れな世代である新入社員が、電話対応業務に抵抗感やストレスを感じることで生まれた言葉だ。電話対応を任せられることがハラスメントなのか否かは別として、新入社員のみならず、電話対応が苦手な会社員たちは少なくないようだ。いったいどこに苦手意識を感じるのか、また、それを踏まえたうえで、新入社員にどう配慮すべきなのか。「入社した時は電話対応ばかりで、呼び出し音の恐怖症になるほど。それがイヤで気持ちも塞ぎがちになり、会社を辞めようと思ったこともありました。今でも正直、苦手です」 そう苦い思い出を明かしてくれたのは、専門商社に勤める20代の男性会社員・Aさんだ。今でこそ無難にこなせるようになったが、新入社員が配属されるこの時期になると、辛い経験が脳裏をよぎる。「電話対応業務は、社会人の一歩としてもちろん大切です。話し方や応対の仕方で、相手にとって自分の会社のイメージが決まってしまうわけですから。ただ、右も左もわからない新人にいきなり任せるのは、乱暴だと思います。ある程度、取引先の情報をインプットさせたり、電話応対の手本を見せたりしてからやらせるべきです。 応対マニュアルも一応ありますが、新人は、どうしてもパニックになりがち。私の経験でいえば、社名や名前を名乗らずに、いきなり『○○につないでー。俺だよー』と言ってくる人がいました。そのままでは誰なのかわからず、つなぎようがないので、どなたか聞き返すと、明らかに不機嫌な感じで、『あー、おまえ新人か? ○○だ。覚えとけよ』と言われて、すごく怖かったのをよく覚えています。さらに、そのことを上司に報告すると、『お前、電話対応もまともにできないのか』と言われたのがトラウマです」(Aさん) 現在、Aさんは新入社員を見ていて、固定電話はおろか、電話そのものに苦手意識を感じる若者は確かに多いと感じている。コミュニケーションツールとしてメールやSNSなどが当たり前になった今、電話が苦手という若者が増えるのは仕方のないことかもしれない。Aさんは、「だからこそ、周りにもある程度の理解が必要」と主張する。「家に固定電話がない、という若者も珍しくありません。電話を取るのがイヤ過ぎて、次の日に会社を休んでしまった新人もいて、自分と同じだと感じました。電話応対は慣れるしかないとはいっても、それがイヤで退職してしまったら誰も得しない。『俺もそうだった』『たくさん失敗して大丈夫だから』などと励ましています」(Aさん)◆「マナカナさんからお電話です」「あの双子から?」 広告代理店に勤める30代の女性・Bさんは、毎年4月になり、取引先に電話をかけた時、「カミカミ」で不慣れな新入社員と思しき人が電話に出ると、自身の経験から「がんばれ!」と応援したくなるという。「私も電話対応がめちゃくちゃ苦手で、ストレスを感じていました。当たり前ですが、電話って突然鳴るので、怖いし、全てがマニュアル通りにいくわけもないんですよね。予想外のことが起こるとテンパッてしまう。とはいえ、相手の話を一旦聞く、復唱するなど、電話応対から学ぶこともたくさんありました。新人さんには、最初の試練をぜひ乗り越えてほしいと思っています」(Bさん) Bさんも新人時代、電話対応でミスを連発。中でも聞き間違いが多かったが、先輩からの言葉に救われた。「『大阪支社のマナカナさんからお電話です』と伝えたことがあって、ある先輩が『え? あの双子から?』とツッコミ……。実は『山中さん』で、部署のみんなが大笑い。先輩からは『面白い聞き間違い期待してるから!』と言われて、救われました。だから私も、同じ職場に、あなたの味方はたくさんいるんだよ、ということは姿勢で見せていきたいと思っています」(Bさん) 建設業界で働く20代の男性会社員・Cさんも電話対応が苦手で、何度も先輩や上司に怒られたが、あることに気が付いてから劇的に対応しやすくなったという。「『話さなくちゃ』という意識を捨て、聞き出すイメージです。相手の名前と、誰宛てなのかさえわかれば大丈夫。失礼にならない必要最低限の敬語ができれば十分です。聞き取れなければ、聞き返せばいい。マニュアル定型文に捉われず、自分の言葉で情報を集めればいいんです」(Cさん) 電話に慣れない世代にとって、電話対応は過酷な試練。彼らの成長は、職場にいる同僚のサポートがカギを握るのかもしれない。
2021.04.13 07:00
マネーポストWEB
双子女優といえばこの2人(時事通信フォト)
芸能界を盛り上げ続ける「双子姉妹」の安定した魅力
 広瀬すず・広瀬アリスや、石田ひかり・石田ゆり子など美人姉妹が話題にのぼることが多い今日この頃だが、昭和の芸能界を語るうえで、双子姉妹の存在は欠かせない。ザ・ピーナッツ、こまどり姉妹は皇太子御成婚で沸いた1959年にデビュー。ザ・ピーナッツは『ザ・ヒットパレード』『シャボン玉ホリデー』などの人気番組でレギュラーを務めるなど、テレビが急速に普及していくなかで歌謡界の中心に君臨した。『NHK紅白歌合戦』にはザ・ピーナッツが16年連続、こまどり姉妹が7年連続出場を果たした。「1970年代にはザ・リリーズ、香港出身のリンリン・ランランも人気を博しました。双子デュオは似ている声を生かし、2人にしかないハーモニーを出せる利点がありました」(芸能評論家・宝泉薫氏) リンリン・ランランは1974年、『スター誕生!』のアシスタントに。アメリカ先住民風の衣装を身にまとっていたが、米国人と中国人のハーフである。 平成に入ると双子の人気歌手はほとんど見かけなくなったが、三倉茉奈、佳奈(マナカナ)がNHK朝ドラ『ふたりっ子』で鮮烈なデビューを飾ったことは記憶に新しい。妹・佳奈が「芯のある声が私で、柔らかいふんわりした声が茉奈」と2人の見分け方を話したことがあるが、普通の人では判別困難なほど、よく似ている。 双子は今も芸能界で安定した人気を獲得していると言えるだろう。※週刊ポスト2019年6月21日号
2019.06.16 07:00
週刊ポスト
三倉茉奈 主演務める愛憎昼ドラの音楽担当ピアニストと交際
三倉茉奈 主演務める愛憎昼ドラの音楽担当ピアニストと交際
 男女の愛憎ひしめくドロドロとした人間模様が話題となっている昼ドラ『赤い糸の女』(フジテレビ系、東海テレビ)。体当たりの演技で主人公・志村唯美を演じているのが、あのマナカナの姉・三倉茉奈(26才)だ。 このドラマで大胆な濡れ場も演じるなど、かなり大人っぽい姿を見せる茉奈。それには、やはり理由があった。「実は茉奈ちゃん、交際している年上のカレがいるみたいなんですよ」(テレビ局関係者) そのカレとは、『赤い糸~』で音楽を担当している村松崇継氏(34才)。5才からピアノをはじめ、高校生でソロデビューした天才イケメンピアニストだ。高校卒業後は、国立音楽大学作曲学科に進学。現在は、ソロアルバムをリリースする一方で、『大奥』や『クライマーズ・ハイ』といった大ヒット映画の作中音楽を手掛けるプロデューサーとしても活躍している。 ふたりの事務所に交際についてたずねると、双方とも「事実無根です」と答えたが、実は密かに関係を築いていた。 出会いは4年前。『だんだん』の音楽を村松氏が担当したことがきっかけだった。「村松さんが、“主演のマナカナに直接会ったほうが、曲のイメージが湧く”といって、実際に会ったんです。茉奈ちゃんの好きな男性のタイプは、自分の意志をしっかり持った人なんですが、村松さんはまさにぴったりだったみたいです」(音楽関係者) ふたりは仕事以外でも交流を深めていった。村松氏のブログには、茉奈がたびたび登場していて、その仲の良さが垣間見える。 昨年末は、妹・佳奈(26才)も同席したようだが、クリスマスも雰囲気たっぷりの高級レストランでふたりは一緒に過ごしている。「村松さんは、自分を茉奈ちゃんの“兄”と公言し、一方の茉奈ちゃんも、村松さんを兄のような存在と周囲に語っています。でも、どう見ても本心は違うと思いますよ。実際、彼は親しい友人に、“友達以上の存在”と認めてますしね。茉奈ちゃんのほうも、性格どおりの一途な恋心を抱いてるのが丸わかりですよ」(前出・テレビ局関係者) 最近になってふたりの恋はさらに動き始めている。村松氏は、音大時代の旧友との食事会に茉奈を連れていき、恋人として紹介したというのだ。「まだつきあいたてみたいなんですが、彼女は、村松さんに料理をよそってあげたりしていて、いい雰囲気でしたよ」(村松氏の音大時代の友人)※女性セブン2012年10月18日号
2012.10.04 05:00
女性セブン
ドロドロ展開が人気の『赤い糸の女』 三倉茉奈が一皮むける
ドロドロ展開が人気の『赤い糸の女』 三倉茉奈が一皮むける
 東海テレビ制作の“昼ドラ”196作目となる『赤い糸の女』(フジテレビ系、東海テレビ)が人気だ。男女の愛憎ひしめくドロドロの展開に、こんな“セクシュアル”でどぎつい名セリフのオンパレード。<セックスは2回くらい体験してるわね><あたしはビオラ…鳴らして…鳴らして!> 昼下がりの日常空間に、突然飛び込んでくる“異世界”のセリフに、思わずドキッとする。視聴者に聞くと──。「子供と夫のいない時間の、ちょっとしたお楽しみ。家事の合間にワクワクしながら一人で見ています」(40才・主婦)「かつて『不倫は文化』発言が話題になった石田純一が、『世間の噂も75日。スキャンダルで番組を降ろされたタレントだってしばらくしたら復帰するんだ』なんてセリフをぬけぬけと言う。ウケを狙ってるのはわかるけど、つい見ちゃう」(34才・パート) 物語の中心人物は、あの双子の姉妹女優、マナカナの姉・三倉茉奈(26才)演じる横浜の女子大生・志村唯美と、その中学時代のクラスメート、鹿野芹亜(奥村佳恵・23才)。 少女時代、醜かった芹亜は、美容外科医である唯美の父(石田純一・58才)から全身整形手術を受け、美しく生まれ変わる。突如現れた彼女の策略により、唯美は親友・麻衣子(上野なつひ・27才)の婚約者と体の関係を持ったうえ、過って麻衣子を死なせてしまう。 その4年後、買い物依存症から多重債務者となった唯美は、関係を断っていた芹亜と偶然再会する。借金返済の悩みを打ち明けると芹亜に売春を斡旋され、さらに墜ちていく唯美──と、息つく間もなくたたみかける展開。 ドラマの見所のひとつは、NHKの朝ドラ『ふたりっ子』(1996~1997年)で子役としてデビューした三倉の妖艶な体当たり演技。親友の婚約者に禁じられた愛情を抱き、ベッドシーンでは恍惚の表情を浮かべる。 中学時代、志村を名乗っていた芹亜に「ブタ志村!」と悪態をつくなど、これまでの愛くるしい“マナカナ”から想像できないシーンも。放送作家の山田美保子さんは、「キャスティングの妙」が人気の秘訣と分析する。「子役上がりのかたは大人の女優への脱皮が難しいのですが、茉奈ちゃんはこのドラマで一皮剥けました。小沢真珠さん(35才)、いしのようこさん(44才)など、“ねっとり感”が絶妙な“昼ドラスター”の競演も見物。夜のドラマではできない配置ですよね」※女性セブン2012年10月11日号
2012.09.28 07:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン