薬丸裕英一覧/4ページ

【薬丸裕英】に関するニュースを集めたページです。

岡江久美子 母親の介護もあり『はなまる』降板を申し入れた
岡江久美子 母親の介護もあり『はなまる』降板を申し入れた
 11月6日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)の冒頭、司会を務める岡江久美子(57才)は突如、来年3月に番組が終了することを発表した。これに対して、もうひとりの司会・薬丸裕英(47才)は、「17年間、見てくださった皆さまに支えられて、本当に私たちは頑張ってこられました」と苦渋の表情を浮かべ、頭を下げた──。 スタートから17年、ついに幕を閉じることとなったが、その理由についてTBS関係者はこう話す。「生活情報という独自路線を走っていた『はなまる』でしたが、2010年にNHKが同じジャンルの番組『あさイチ』をスタートさせると、視聴率が低迷し始めました。最近では3%を維持するのがやっとだったんです」 やはり低視聴率が番組終了の最大の要因だったと考えるのが妥当だろう。しかし、別のTBS関係者はこう話す。「実は岡江さんは数年前から『はなまる』の降板を考えていたようなんです。90才になるお母さんの介護をしたいというのが理由でした。TBSとしては、岡江さんと薬丸さんが2人揃ってこそ『はなまる』という思いが強いですから、片方が降板するなら、番組を終了するしかないという思いもあったようですよ」 岡江の降板の意向も番組終了に大きく影響したようだ。岡江は夫・大和田獏(63才)とともに都内の高級住宅街に建つ通称“3億円はなまる御殿”で生活している。二世帯住宅で、岡江の両親も暮らしていたが、10年ほど前に父親が他界。その後は、母親と娘夫婦がこの豪邸で暮らしてきた。「岡江さんのお母さんは4年ほど前に足を骨折して以来、具合が悪いようで、週に数回、介護ヘルパーさんがお家にやってきてはお世話をしていたこともありましたね」(近所住民) 2年くらい前までは、こんな姿も見かけられている。「近所の商店街を岡江さんのお母さんと大和田さんが手をつないで歩いていましたよ。声をかけたら大和田さんは“リハビリで散歩しているんですよ”なんて話していました」(別の近所の住民) だが、今年に入るとそんな姿すら見かけられなくなっているという。「岡江さんのお母さんは、最近になって近所の特別養護老人ホームに入ったそうです。岡江さんは時間を見つけては、お母さんの所に行って、お世話をしているみたいですよ。岡江さんも“このところ、塞ぎ込むことが多くなってしまって、全然笑わなくなったの…”なんて漏らしていました」(大和田家の知人) 夫・大和田の協力を得て、仕事を続けながら母親の介護をしてきた岡江。だがここにきて母親の体調は高齢ということもあって思わしくなく、岡江は少しでも側にいて母親の面倒を見たいと思うようになったという。※女性セブン2013年11月28日号
2013.11.14 07:00
女性セブン
石川秀美 サッカー・スペイン2部入りした次男とスカイプ会話
石川秀美 サッカー・スペイン2部入りした次男とスカイプ会話
 単身でスペインに渡り、サッカー・スペイン2部リーグのサバデル・ユースに入団して話題の薬丸裕英(45)と石川秀美(45)の次男・隼人くん(18)。 隼人くんは現地の高校に通いながらサッカーを続け、家事や食事もすべて自分でやっている。生活に必要とはいえ、すでにスペイン語も英語もペラペラだ。 薬丸がこう語る。「ヨーロッパで高校を卒業するというのが私たちとした唯一の約束です。学校を決めたのも本人ですし、スペインからイングランドの学校に編入させてもらう際にも、本人が全部ひとりで校長先生とやりとりをしていました」 とはいえ、隼人くんは両親に弱音を吐いたりすることはなかったのか。「次男はプラス思考なんで、やっているときには絶対に弱音を吐かない子なんですけど、後から“あのときはこうだったんだ…”なんてポロッていうことはありますね。そこで“あぁ、そうだったんだ”って…」(石川) そんな秀美はいま離れて暮らす隼人くんとはネットを使い連絡を取っているという。「しばらく連絡がないと心配で、思わずこっちから“元気?”ってスカイプしちゃうんです。スカイプなら顔を見ながら話せますしね」(石川) 隼人くんに薬丸夫妻はどんな育て方をしてきたのだろうか。「ぼく自身、いまになって“もっと勉強しておけばよかった”とか後悔している部分はたくさんあります。ただ過去を振り返っても変えられないですが、未来は変えられるので、その自分が歩んできたことは子供たちにはしっかり伝えて、彼らが、自分たちで決めた道を選べるような環境を作るのが親の役目だと思います」(薬丸)※女性セブン2012年2月23日号
2012.02.11 07:00
女性セブン
スペインクラブ入団の薬丸隼人 最初はキーパーとして渡欧
スペインクラブ入団の薬丸隼人 最初はキーパーとして渡欧
 薬丸裕英(45才)と石川秀美(45才)の次男・隼人くん(18才)が、サッカー・スペイン2部リーグのサバデル・ユースに入団した。日本でほとんど実績のない選手が、いきなり海外へと渡り、ヨーロッパのクラブに入団すること自体異例なうえ、薬丸の子供ということもあって、大きな注目を集めている。そんな息子について、薬丸夫妻がその胸の内、さらには親子秘話を明かしてくれた──。 * * * 隼人くんは、3男2女の薬丸家の次男として、1993年4月に誕生した。長男の影響で本格的にサッカーを始めたのは小学4年生のとき。負けず嫌いな性格で、いつも長男に対してライバル心を抱き、兄がやることは何でも真似をしていたという。しかも、兄弟喧嘩になれば、兄を泣かしてしまうほどのヤンチャ坊主だった。 そんな隼人くんに対して、薬丸はきょうだいのなかで誰よりも厳しく接したという。父に叱られて落ち込む彼にそっと手を差し伸べたのが母・秀美だった。「絶対に一緒には怒らないということを夫婦のルールとしていました。どちらかが怒ったら、どちらかがフォローする。そうしないと子供の行き場がなくなってしまうので」(薬丸) 中学に進むと、隼人くんはかつて日本代表・李忠成選手も在籍したJFL・横河武蔵野FC・ジュニアユースに所属してゴールキーパーとして活躍する。そんな隼人くんが海外に目を向けるようになったのは、中2のころだった。「どうしてもヨーロッパのサッカーに触れてみたいといって、中2のときに体験留学したんです。このときに中学を卒業したら向こうに行くと本人の中では決めていたみたいですね」(薬丸) とはいえ、15、16才の子供をたったひとりで遠い異国に送り出すことに抵抗はなかったのか。母・秀美はこう笑う。「全然なかったですね。日本でも海外でも、結局は自分の意志がないと成功なんてできっこない。本人が行きたいという気持ちが大きくて、チャレンジ精神旺盛だったので、“行っちゃえ?”って行かせちゃいました。たとえダメでもスペイン語や英語をマスターして帰ってくれば、そういう関係の仕事にも就けるし、なにより人とのつながりを学んできてくれたらいいなと思いましたね」 念願叶い、ヨーロッパに渡った隼人くんだが、思わぬ壁が待ち受けていた。「小4から中3まで6年間ずっとゴールキーパーだったんですけど、ヨーロッパでは身長180cm以上ないとキーパーではテストすら受けさせてくれなかった。どこに行っても“ダメだ、ダメだ”っていわれて。次男はぼくに似て、身長が伸びなかったもので…。それで悩んだあげく、フィールドプレーヤーに転身したんです」(薬丸) キーパーからミッドフィルダーにコンバート、さらにスペイン、イングランドのチームを転々としながら、わずか3年足らずでスペインの古豪クラブに入団してしまったのだから、その才能に期待せずにはいられない。※女性セブン2012年2月23日号
2012.02.09 16:00
女性セブン

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン