長谷川京子一覧/3ページ

【長谷川京子】に関するニュースを集めたページです。

週刊ポスト 2019年12月6日号目次
週刊ポスト 2019年12月6日号目次
週刊ポスト 2019年12月6日号目次「この薬飲んだら倒れました」 145薬の「重篤副作用」全症例 特集◆沢尻エリカと大麻インストラクター「吸引現場写真」の濃密ツーショット ◆警視庁組対5課vs厚労省マトリ「沢尻エリカはウチの獲物だ!」攻防3か月の全内幕◆プロ野球「契約更改」“ドロ沼年俸交渉”70年秘史◆「欠陥タワマン」に入居してしまった“天空住民”の慟哭◆ベストセラー『反日種族主義』著者を襲った韓国反日派の塩酸、ツバ、汚物◆サントリービール 山田賢治社長「神泡」「天然水」で市場にトライ! ビールは「サントリーの魂」です◆「#NoBagForMe」って何だ?◆ビートたけしの『21世紀毒談』 ◆“夜の知的探求心”も貪欲だった! 「高学歴女性」◆新連載 万事塞翁が競馬 第1回・須藤靖貴◆年金制度改正で「妻の年金」生涯年金額375万円アップ作戦◆「A5牛」「特A米」「純米大吟醸」ほか食材格付けにあなたはダマされている?◆安倍首相「我が世の春の花見の会」行った人の弁明、行かなかった人のドヤ顔、呼ばれなかった人のモヤモヤ◆安倍首相、自分が言った「政治とカネ」追及発言はお忘れですか?ワイド◆秋篠宮11・30誕生日会見の注目発言◆山口俊 巨人初のポスティング容認で「エース菅野」は◆NHK香港政府トップの名前間違いに喝采◆金谷拓実 松山英樹を超える日◆近藤利一氏死去で“アドマイヤたち”の行方◆局アナより「フリーアナ」が“愛される理由”グラビア◆日帰り東京私鉄沿線さんぽ最終回 東武線◆あかひげ薬局歴代イメージガール図鑑◆染谷有香 Honey Trap◆ツヨカワゴルファーは好きですか?◆長谷川京子 おんな盛りのハセキョー◆犬童美乃梨 日本一のカラダ、ぜんぶ出しちゃった!◆NHK大河ドラマ「降板劇」と俳優たちの「逆転人生」 ◆新国立競技場 定点空撮 全記録連載・コラム【小説】◆柳広司「太平洋食堂」【コラム】◆二題噺リレーエッセイ 作家たちのAtoZ◆広瀬和生「落語の目利き」◆堀井六郎「昭和歌謡といつまでも」◆秋本鉄次「パツキン命」◆戌井昭人「なにか落ちてる」◆春日太一「役者は言葉でできている」◆大竹聡「酒でも呑むか」◆鎌田實「ジタバタしない」◆綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」◆大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」◆高田文夫「笑刊ポスト」【ノンフィクション】◆井沢元彦「逆説の日本史」【コミック】◆やく・みつる「マナ板紳士録」◆とみさわ千夏「ラッキーな瞬間」【情報・娯楽】◆のむみち「週刊名画座かんぺ」◆恋愛カウンセラー・マキの貞操ファイル◆ポスト・ブック・レビュー◆医心伝身◆ポストパズル◆プレゼント◆法律相談◆椎名誠とわしらは怪しい雑魚釣り隊◆坪内祐三の美術批評「眼は行動する」
2019.11.25 07:00
週刊ポスト
ベストジーニスト2019に選ばれた!
出川哲朗が女性の好感度上げた理由 「プライド無いから」?
“抱かれたくない男”が、いまや愛されキャラの代名詞に。まさかお笑いタレント・出川哲朗が女性向け商品のCMイメージキャラクターになるとは……。 現在もCM出演する花王のヘアケアブランド「エッセンシャル」のイメージキャラクターに起用されたとき、出川は「時代が変わった」とコメントし、自身でも驚きを示していた。花王は、出川を起用したのは「“コミュニケーションに一生懸命”“共感力がある”と、好感度急上昇で話題になっていること」が理由であると説明している(2018年8月)。 たしかに「出川がコミュニケーションに一生懸命で共感力がある」ことに反論する人は少ないだろう。 例えば、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』の人気コーナー「出川哲朗はじめてのおつかい」で披露する出川の独特の英語(?)は、「(アヒルのグッズを探して)ドゥユーノーガーガーバード?」や「(滝を探して)ドゥユーノーどどどどどウォーター? どばどばどば、どぼどぼどぼウォーター?」といった無茶苦茶なものばかり。それでも物怖じすることなく海外現地の人々とコミュニケーションを取り、ときには通じ合ってしまうのだからすごい。 また、出川がゲストらと電動バイクで日本各地を旅するテレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』では、出川と地元の人々とのやり取りが見所の一つだ。電動バイクのバッテリー充電のため、電源を貸してくれた相手に何度も感謝を伝える姿はもはやお馴染みの光景といえる。お礼のために果物の販売所で自ら呼び込みを始めたこともあった。芸能人風を吹かせるようなことは無く、一般人相手に敬語を使って頭を下げる姿も印象的だ。 見方によっては、上記のような行動は、「プライドが無くてダサい」と捉えることができるのかもしれない。しかし、現代において、プライドの無さはある意味で美徳だ。コンサルティング会社・Lintos(リントス)の代表取締役で、共働きを望む女性が男性を選ぶ婚活サイト「キャリ婚」の運営者でもある川崎貴子氏は、現代の女性が求める男性像をこのように分析する。「現代は共働き夫婦がすっかり当たり前の存在になりました。共働き家庭では、家事の分担などカップルごとのスタイルを模索していく必要があります。だからこそ現代の多くの女性は、『俺が決めるから何も聞くな』という昔気質の男性よりも、『ちょっと失敗したから軌道修正しようか』と対等に話し合いができるパートナーを求めている印象です。ちゃんと謝れたり相談できたりして、自分の弱さや失敗を開示できる男性のほうが、女性に安心感を与える世の中になってきたのかもしれません」 近年は、自分の弱さや失敗を隠さない男性が好意的に受け止められるようになった──そう考えると、出川が女性向けCMのイメージキャラクターに起用されたことは、決して意外なことではなく、むしろ当然の結果なのだろう。 ところで実は出川はそもそも“モテ男”であり、2013年6月に放送されたTBS系『有田とヤラシイ人々』では、「本当は女性に不自由したことがない」と告白していた。彼女たちは時代を先取りした恋愛観の持ち主だったのかもしれない。●取材・文/原田美紗(HEW)
2019.11.22 16:00
NEWSポストセブン
女優らしくばっちり日傘でガード
井川遥、木村多江ら 有名人の運動会服に白や黒が多い理由
 長かった残暑もようやく終わりを告げ、秋の運動会シーズンが到来。子供のみならず親にとっても運動会は大きな楽しみだが、おしゃれな芸能人たちは、どんなファッションでわが子の運動会に行っているのか? NEWSポストセブンでは、「長谷川京子、篠原涼子ら有名小学校の運動会でのオフショット」(10月4日配信)、「篠原涼子、井川遥 有名小学校運動会でのそれぞれのスタイル」(10月6日配信)という記事で、有名人たちのファッションを紹介。名門小学校の運動会を訪れた市村正親&篠原涼子夫妻、井川遥、木村多江、内田恭子、長谷川京子&ポルノグラフィティ・新藤晴一夫妻らの姿を紹介したが、中でもネットで評価が高かったのが、木村多江と井川遥だ。デニムに白いブラウス、日傘を差した木村には、「多江さんが一番きれい」「木村多江さんが、いい意味で『普通のママ』って感じで素敵で綺麗…」 といった感想が寄せられ、白いシャツに帽子をかぶった井川には、「井川遥さん素敵」「井川遥、きれいだわー」 といったコメントが登場。また、ファッションではなく“たたずまい”に感嘆の声が上がったのが市村正親で、背筋をきちんと伸ばし、前進黒ずくめのスタイリッシュなファッションで歩く市村には、「市村さんスタイルも良いし、若いですね」「年齢差を感じさせない、市村さんの若々しい佇まいが凄い」「市村さんの様に姿勢よく歩きたいね」「格好いいですよね!市村さんスタイル最高!」 など、称賛の声が多数寄せられた。有名人たちの運動会ファッションについて、ベテラン芸能記者の石田春男氏は言う。「入学式や卒業式であれば、無難にフォーマルファッションでまとめれば良いですが、運動会はラフな格好が一般的。派手過ぎれば“TPOをわきまえていない”と言われてしまいますし、地味過ぎれば“私服はダサい”と言われかねませんから、どうしても注目されてしまう芸能人は、服選びに苦労していると思います。 昨年、娘の運動会に参加する姿が報じられた反町隆史と松嶋菜々子のように、どれだけ地味な格好をしてもオーラが出てしまえば、もう仕方ありませんが、やはり今回紹介された井川遥や木村多江のように白を基調とした服か、市村正親&篠原涼子のような黒ずくめぐらいしか選択肢はなさそうです」(石田氏) プライベートの服選び1つにも気を抜けないのが芸能人。わが子の勇姿を見守るためにも、いろいろ苦労が多いようだ。
2019.10.08 16:00
NEWSポストセブン
夫婦そろって秋晴れの下に
長谷川京子、篠原涼子ら有名小学校の運動会でのオフショット
 まだまだ夏が終わりきらない、9月下旬のある日。都内の有名小学校では運動会が開催され、子供を通わせているセレブたちが集結していた。場所取りに、応援に、競技参加に大活躍したセレブたちのスポーツカジュアルな装いを全チェックする。●井川遥(43才) 共にファッション関係の道を極めるこのカップルは、スラリとしたたたずまいで目立っていた。特に日焼けを避ける妻のナチュラルカラーの帽子姿が小粋。●長谷川京子(41才)&ポルノグラフィティ・新藤晴一(45才) 9月の最終土曜日、気持ちのよい秋晴れになったこの日、夫婦揃ってわが子の運動会に参加したおしゃれカップル。ハセキョーはモノトーンの装いでスニーカー姿なのに、さすがの華やかさを漂わせひときわ目立っていた。●木村多江(48才) 袖コンシャスのブラウスに、デニムを合わせ、白スニーカーでまとめたおしゃれさん。秋になっても女優にかかせないのは日傘。その色合わせがデニムとぴったり合っています。●市川海老蔵(41才) 近頃とみによきパパぶりが伝えられる海老さま。スキンヘッドに、サングラス、フーデットパーカのコーディネートで、スマホを手にさっそうと歩いていた。●内田恭子アナ(43才) 2006年に吉本興業の敏腕マネジャー(当時)と結婚した内田恭子アナ。ピンクと紺の装いに、トレンドのシルバーの厚底スニーカーを組み合わせて、ママになってもフェミニンさをしっかりとキープしていた。●市村正親(70才)&篠原涼子(46才) 24才の年の差カップルにして仲むつまじさが際立つふたりは全身黒のペアルック。ベースボールキャップスタイルもさまになっている。※女性セブン2019年10月17日号
2019.10.04 07:00
女性セブン
高橋一生はメガバンクに勤めるエリートを演じる
高橋一生、長谷川京子、吉高由里子 春ドラマの「勝者」は?
 1クール、キャスト・制作陣が鎬を削ったあと、“明暗”は必然的に訪れる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * * 春のドラマが次々に幕引きを迎える時期。滑り出しは注目を浴びていたけれど、さほど話題にならず静かに収束していくケースあり。または想定外の感想を集めたり。制作側の思惑通りにはいかないあたりもまた、手作り娯楽の持つ宿命であり面白さかもしれません。ということで、前評判に比べちょっと残念だった作品、想定外だったドラマを挙げてみると……。●『東京独身男子』(テレビ朝日系土曜22:15) 高橋一生、斎藤工、滝藤賢一と人気役者をズラリ揃えたキャステングで大注目。ドラマにおける「男子」と「結婚」という斬新なテーマ性も話題を呼んだ。「あえて結婚しない=AK男子」をはやり言葉にしよう、という意気込みも感じられたのですが。狙いすぎて裏目に出たのでしょうか? 蓋を開けてみると第1話から第2話にかけて視聴率ががくっと落ち、「想定していたのと違う」と感じた視聴者がいたことが推測されます。 主人公の男たちは、仕事も収入もルックスも申し分ないというハイスペック。そこに無理矢理ダメ男感を盛り付けようとして、どっちつかずになったか。 結婚を目標にしているのかそれとも独身でいいという志向なのかもはっきりしない。そもそも主人公たちは「あえて結婚しない」のではなく、「結婚したいけれどできない」姿もいろいろと描かれ、タイトルとの齟齬を回収しきれなかった残念さがありました。男性視聴者向けかそれとも女性向けか、立ち位置も今ひとつわからず。全体として視聴者にモヤモヤ感を与えてしまったようです。 もちろん「中年男たちの青春っぽいラブコメ」を評価する視聴者も。「ちょっとバカバカしいノリが楽しい」「重たくないのがいい」という感想も聞かれました。一方で、「これだけの役者を揃えて何やってんだ」「中身が薄くて見てられない」という声も。絶賛する人と受け付けない人、ここまで見事にくっきり評価が分かれるドラマも今どき珍しい。 連続ドラマはほぼ10話で完結するパターンが多いのですが、このドラマは8話で幕を閉じたため、「もしかして打ち切り?」とネット上で話題に。深夜枠なので8話完結は当初からの予定という説が有力ですが、ドラマの評判が上々ならこんな噂はすぐにたち消えていたのかもしれません。●『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合金曜22:00) 英国で大ヒットしたドラマのリメーク版。アメリカ、ロシア、スロバキア、韓国と世界中でリメークされた有名ドラマだけに、日本版はどんな仕上がりになるのかと興味津々の視聴者も多かったはず。 ドラマがスタートすると、「長谷川京子の唇がやたら目に入り、ストーリーの方が頭に入ってこない」「腫れた唇が気になり集中できない」と、本筋ではないところでちょっと不思議な(残念な?)リアクションが目立つようになりました。実際に「長谷川京子」をネット検索すると、「長谷川京子 唇」という項目がトップに出てくるほど。 これは長谷川さんのせいというより、ドラマが創り出した印象でもあるのでしょう。 長谷川さんが演じる柴咲香織は「心療内科医」の設定。それなのに仕事シーンはあまりなく医師としてのプロフェッショナルさも感じられず、長い髪の毛をダラリと垂らして若い男との恋愛シーンが続く。その際、必ずといっていいほど画面は陰翳たっぷりで暗い。顔をどアップで撮るから、妙にパーツが目に入ってくる。「半開きの分厚い唇がねっとりしていて怖い」という感想も耳にしましたが、たしかにあの湿った感じは粘膜的威力というのか。強い印象を残しました。でもよく考えてみると、中年の女優がそこまで「固有性のある話題」で注目されるなんて、残念というよりスゴイと言うべきかも。芸能界は話題になってなんぼの世界ですから。●『わたし、定時で帰ります。』(TBS火曜22:00) 反対に、残念どころか想定外にアッパレだったのは『わたし、定時で帰ります。』で主役を張った吉高由里子さん。最終回のオンエア中に山形県沖で地震が発生し放送は中断、最終回は延期に。吉高さんは即座に「娯楽は命あってのお話です。被災地の方どうかどうかご無事でありますように」「皆さまが前向きな明日へと心が向かう日まで待ちたいです」とツイート。これが温かいメッセージとなって伝わっていった。最終回への期待も膨らませることに。放送は6月25日22時に決まりました。なんと15分拡大版とか。楽しみです。
2019.06.22 16:00
NEWSポストセブン
なにやら紙を眺めながら歩く永作
永作博美、瀬戸朝香、長谷川京子ほか…オフのオシャレ最前線
 初夏とは思えない陽気が続く令和の春──街に繰り出すと、オフモードでもオシャレ最前線にいる芸能界の美女たちに続々遭遇! トレンドをバッチリ押さえたその姿、ポツンとしてても目立っちゃってました!◆永作博美(48才) 平成最後の日に放送されたドラマ『プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡』(フジテレビ系)で美智子さまを側で支えた女官を熱演した永作。この日は女官姿からは一転、チャンピオンのスエットパンツに、ふんわりとしたパフスリーブのTシャツを合わせたMIXコーデとカジュアルな装い。華奢さが強調されて、とてもアラフィフとは思えません!◆長谷川京子(40才) ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK)での17才年下のイケメン俳優・杉野遥亮とのラブシーンが話題のハセキョー。トレンドのボトルネックの白Tにオフホワイトのパンツ、足元もベージュピンクのシューズで涼しげ。肩にかけるかごバッグはヴァレンティノの新作。◆瀬戸朝香(42才) インスタグラムで相川七瀬(44才)、榎本加奈子(38才)との美人ママ友ランチ会を披露して反響を呼んでいる瀬戸は黒のノースリーブですっかり夏気分。大きめのバッグとは別持ちで肩掛けするミニバッグはママたちの必須アイテムです。◆山本モナ(43才) 43才で第3子妊娠を公表したモナ。臨月とあって遠目から見てもふっくらしたおなかがよくわかる。新しい命をやさしく包み込むようなふんわりワンピに、冷えから守るカーディガン、ぺたんこのバレエシューズはすべてブルーで統一。◆押切もえ(39才) 昨年3月に第1子を出産したばかりのもえ。1才を過ぎた息子とのお出かけコーデは襟付きのロングワンピースで。ストライプ柄でさらに細見え、髪の毛はすっきりまとめてママらしく。◆藤原紀香(47才)『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で夫・片岡愛之助(47才)との馴れ初めについて赤裸々に明かした紀香。この日も梨園らしく初夏にピッタリな淡いブルーの着物姿。和装をブログにアップすると「全身が見たい!」と声が多いというのも納得の着こなし。◆松嶋菜々子(45才) 平均視聴率20%超の朝ドラ『なつぞら』の懇親会での1コマ。今年流行のペイズリー柄のエレガントなスカートに、辛口の革ジャンが好バランス。スリット入りで、歩くたび美脚がスラッとお目見え。◆ジャガー横田(57才) 息子・大維志くんの“お受験騒動”もようやく一段落。上下迷彩に、ヴィトンのモノグラムのハンドバッグと全身「柄」で迫力たっぷり。※女性セブン2019年6月20日号
2019.06.12 07:00
女性セブン
7年ぶり復活で話題の『グータンヌーボ2』
女子会を覗き見! 『グータンヌーボ2』の舞台裏に潜入
 関西エリアを中心に放送されているトークバラエティ番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)。長谷川京子(40)、田中みな実(32)、滝沢カレン(27)、西野七瀬(25)がMCを務め、女性ゲストたちの本音を引き出す赤裸々な“ガールズトーク”が人気を博している。 前身の『グータンヌーボ』の終了から約7年ぶりの番組復活となった。7年前とはテレビを取り巻く環境が大きく変わり、Amazon Prime VideoやTVerなど、インターネットを通じて全国で視聴できる時代になった。この番組もインターネット配信によって全国に放送されている。“予定調和なし”の女子会は、男性の視点から観ると、「何が起こるか分からない」「女子会を覗き見ている」といった好奇心をくすぐられる面白さがある。尾上太基プロデューサーは、番組を男性が観る面白さについてこう語る。「台本は本当に一切、ありません。私自身、どうなるか分からない女子会の様子を毎回楽しんでいます。男性からすると普段見ることのない女性の“素顔”が観られるので、勉強になることも多いと思います(笑い)。怖いもの見たさで覗いてみてほしいですね」 番組の魅力は、なんといってもMC陣から1人とゲスト2人で織りなす女子会ロケにある。そのトーク内容は“タブーなし”で展開される。 たとえば、長谷川が歌手のLISA(m-flo)、元衆院議員の金子恵美をゲストに招いた回では、長谷川が「アノ件、聞いてもいいですか?」と不倫騒動について金子に切り込んだかと思えば、LISAは「今の40代ベリーセクシーよ!」など視聴者もヒヤヒヤするような会話が飛び交った。ロケでのトーク時間は、毎回3時間にも及ぶという。 今回は、そんなロケの様子をMC陣が振り返るスタジオ撮影に密着した。20人ほどのテレビマンたちがカメラ機材や小道具などの間を行き来するなか、司会の4人がスタジオセットの前に登場。撮影が始まるとロケの映像を観ながら、肩肘張らずに軽妙な掛け合いをする4人の姿が見られた。その様は四姉妹のような和やかな雰囲気だ。 収録後、撮影を終えた4人に番組への思いを聞いた。最年長の長谷川京子は今回がバラエティ初MCとは思えない、長女のような落ち着き感を漂わせる。「普段は周囲に見せないような、ゲストのありのままの素顔を引き出せたらと思っています。ぶっちゃけたトークのなかにも、仕事や恋愛など今の時代に必要なメッセージが込められていたりするので、興味深いです」 田中みな実はバランス感覚に長け、トークの流れを作るのが上手い。番組内では奔放な姉妹をまとめる、まるで次女のような役割を果たす。「男性の言動にあれこれ自由に口出ししているので、男性視聴者は恐ろしさを感じるかも!? 大好きな番組なので、長く続けていきたいです。四女の西野七瀬ちゃんが結婚するまではやりたい。ライフステージが変わったら、考え方も変わるでしょうし。その時は私も既婚者でありたいです(笑い)」 三女のような滝沢カレンは天然キャラで、独特なリアクションが持ち味で番組の大事なスパイスだ。「ゲストとのトークでは、周りにスタッフさんがいることを忘れしまうぐらい、夢中になっておしゃべりしています。カメラも見えないところに隠してあるので、トークに集中しやすいんです」 最年少の西野七瀬は、マイペースな末っ子キャラ。MCは慣れないというが、そのぎこちなさがむしろファンの心をつかむ。「ゲストの方に助けられることも多いので、もっと成長していかなきゃ。何を聞こうかなと思っても出てこないことがあるので、毎回が試練です(笑い)。頑張ります!」 番組を観れば、女性たちの本音が理解できるようになるかも?●取材・文/西谷格、撮影/LUCKMAN※週刊ポスト2019年6月21日号
2019.06.11 16:00
週刊ポスト
髪をかき上げる長谷川京子
長谷川京子 娘のお迎えで見せた魅惑のシースルー姿
 ナチュラルメイクに丸い黒ぶちメガネ、オフホワイトのワイドパンツ。白い薄手のトップスはシースルー素材で、透けて見える黒いインナーが、なんとも色っぽい。5月下旬の昼下がり。都内の高級ホテルのラウンジで、ひとりお茶を楽しんでいたのは、長谷川京子(40才)だ。 現在放送中のドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK)に主演する長谷川は、初回(4月19日放送)から濃厚なラブシーンを見せ、SNS上には《濡れ場が美しすぎる》《R-18じゃなくていいですか?》といった投稿が相次いでいる。「2015年に始めたインスタグラムでは日々のファッションや育児の様子、すっぴん写真までアップしていて、《40代とは思えないキレイな体で、素直にすごい!》《お尻、お腹、胸のラインが最高です》と、同世代の女性からアツい支持を受けています。今年1月からは、7年ぶりに復活したガールズトーク番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)にレギュラー出演。40才になったハセキョーが、再び輝いています」(芸能関係者) 2008年に2人組のロックバンド『ポルノグラフィティ』のギタリスト・新藤晴一(44才)と交際3か月でスピード結婚。翌年に長男、2012年には長女を出産し、2013年には『ベストマザー賞』を受賞した。 ホテルのラウンジでひとり佇む姿には『ミストレス』さながらの妖艶さが漂っていたが、そのすぐ後に彼女が見せたのは“母の顔”だった。 ヴァレンティノの新作かごバッグを肩にかけ、新緑の中を歩き出した長谷川。街行く人たちは誰もがその美しさに目を奪われ、「ハセキョーだ」と気づいて振り返る。そうして彼女が向かった先は、娘が放課後に通う英会話教室だった。「ほかのお母さんたちと一緒に子供が出てくるのを待っている間も、長谷川さんはひと際目立っていました。キレイでスタイルがよくて、ため息が出ちゃうくらい」(目撃者) ビルから元気よく出てきた娘は、長谷川を見つけると大はしゃぎ。元気が有り余って右に左にと蛇行しながら歩く娘を落ち着かせるように、長谷川は手をつないで歩いて行く。ようやく大通りにたどり着くと、タクシーを拾い帰っていった。「2015年には夫の不倫疑惑が写真週刊誌で報じられ、すれ違い生活や別居、離婚まで噂されましたが、昨年の長女の有名小学校の入学式には夫婦そろって出席し、仲むつまじい姿を見せていました。今は家庭と仕事の両立がうまくいっているようです」(別の芸能関係者) 40代にしてますます“オーラ全開”の長谷川。アラフォー女子が憧れるのも頷けます。※女性セブン2019年6月20日号
2019.06.09 07:00
女性セブン
恋愛バラエティー『グータンヌーボ』が帰ってきた! 撮影/中野修也(TRON)
『グータンヌーボ2』新MC抜擢4人の赤裸々座談会
《女三人寄ればかしましい》ということわざがある通り、女性が集まっておしゃべりを始めれば、台本がなくともドラマが生まれる。 女性たちの素顔がのぞける伝説のトーク番組“グータンシリーズ”(2004~2012年)が『グータンヌーボ2』(関西テレビ・火曜24:25~24:55、Amazon Prime Videoでも配信 )として復活。今回のMCは、滝沢カレン(26才)、西野七瀬(24才)、長谷川京子(40才)、田中みな実(32才)だ。新MCに抜擢された4人は赤裸々トークが飛び交う“女子会”をどう回しているのか──“MC慣れ”しているフリーアナウンサーの田中以外、番組MCを担うことを、どう感じているのか?滝沢:大っ好きです。“リーダー”になるのが夢だったので。田中:カレンちゃんはMCをリーダーって言うんだよね(笑い)。カレンちゃんには毎度ビックリさせられっぱなしです。西野:私は席がお隣なんですけど、VTRを見ながら、ボソッと小さい声でツッコんでいるのがツボです。滝沢:衣装のこととか心の声が出ちゃってるかも…。私はここで学んだことを生かして、いずれこの番組を地上波に流すのが夢です。田中:すでに地上波だから(笑い)。長谷川:全国区デビューね(笑い)。でもゴールデンはどうだろう? 話したいことがしゃべられないんじゃない?3人:爆笑田中:長谷川さんって、オンオフがないんですよ。ホント、このまま。スイッチあります?長谷川:ない。田中:お芝居だとオンオフ切り替えてると思うんですけど、MCとしては思ったことを言うし、疑問に思ったことも聞く。実際、最初はカレンちゃんのことを一生懸命理解しようと、「それはどういう意味?」って聞いていたんですけど、最近は全然聞かなくなりました(笑い)。長谷川:同じ土俵でものを考えることは諦めて、こういう人なんだって受け入れる態勢になりました。田中:普段は穏やかで、チャーミング。でも、いざという時はどしっと構えている人。結婚したら、私もこういう女性でありたいなと思うんですよね。西野:理想のお母さんです!長谷川・田中:お母さん!(笑い)長谷川:でも、ありがとう。これ全部記事にしてくださいね(笑い)。西野:私はMCに慣れることはないと思いますね…。どう質問していけばいいのか、自分の頭の中がからっぽになる瞬間があって。ゲストのかたの情報は、一応予習はしてるんですけど…難しいです。長谷川:でも(乃木坂46を)卒業してから、“開いてきた”感じがするよね。表情もだけど、七瀬ちゃんの個性を感じるようになった。西野:えーうれしいです! いつも近くで見てくださるかたにそう言ってもらえると。長谷川:私はもともとよく話す方なので、楽しんでやらせてもらっているんですけど、果たしてそれが視聴者のかたが欲しいことなのかということまでは考えられていなくて。3時間もカメラが回っているから、なにかしら面白いことは撮れてるだろうっていう、ゆる~い感じです(笑い)。田中:台本なしで放置されることで、そこでしか生まれないガールズトークの力ってあるんですよね。初期のグータンから大好きだった私としては、そういう女子の素顔をのぞけるのが、この番組のわくわくポイントだと思っています。MC経験のない人だからこそ引き出せる話もあると思います。長谷川:こちらが構えると相手も絶対構えるものね。“カメラないですよ~”っていうくらいにしていかないと。それと3時間も回す意味って本当にあるんですよ。最初は防御態勢の人とかも、時間が経っていくと最後は事務所の愚痴とか言い出したりするしね(笑い)。田中:オンエアでは使えない発言も多くて、もったいないので、ぜひ特典映像にしていただきたいです! 収録以外でも、4人のトークは息ぴったり。これからもどんな化学反応が見られるか、必見です!撮影/中野修也(TRON)※女性セブン2019年4月18日号
2019.04.09 07:00
女性セブン
人気ガールズトークバラエティーが約7年ぶりに復活!気になるMC4人が発表
人気ガールズトークバラエティーが約7年ぶりに復活!気になるMC4人が発表
ガールズトークバラエティー「グータンシリーズ」が「グータンヌーボ2(グータンヌーボヌーボ)」として約7年ぶりに復活することが分かりました。2019年1月15日より関西ローカルテレビにて毎週火曜日に放送されます。https://www.instagram.com/p/BoBXLLjlMqm/?hl=ja&taken-by=nonno_magazineこの番組は女性ゲストが恋愛、仕事、生き方などを赤裸々に語るガールズトークバラエティとなっており大勢のスタッフが見守る中で行われる通常の番組収録とは異なり複数台の据え置きカメラを設置した密室空間でゲストとMCがトークを展開していきます。同MCとして乃木坂46の西野七瀬さんが決定しました。女優の長谷川京子さん、フリーアナウンサーの田中みな実さん、モデルでタレントの滝沢カレンさんと共に初のMCに挑戦します。西野さんは乃木坂46を卒業後、初めてのレギュラー番組となります。MCに抜擢された西野さんは「7年間グループで活動していてグループ以外の女性の方とお話ししたり、意見を聞いたりする機会がほとんどなかったので違うフィールドで活躍されてきた女性の考え方を聞けることは本当に楽しみです!」とコメントしました。それぞれのフィールドで輝く20代から40代の3世代のMC陣がゲストの本音をどこまで引き出すのかに注目したいですね。
2018.12.13 05:09
SNSのニュースメディア Insty
エリート一家に嫁ぐお嬢様が直面した「裏表がない兄嫁」の物言い
エリート一家に嫁ぐお嬢様が直面した「裏表がない兄嫁」の物言い
 港区麻布界隈に住む、セレブな「麻布妻」たち。お嬢さま学校、お嬢様大学を出て外資系金融勤務の夫と結婚し、麻布妻となったライターの高木希美氏の周囲には、多くのお坊ちゃま、お嬢様がいる。そんなお嬢様たちが直面する「壁」とは──高木氏がリポートする。 * * * 私は、世間では「お嬢様学校」と呼ばれる高校や大学に行っていたこともあって、身の回りに生粋のお坊ちゃま、お嬢様の友人・知人がいます。彼らは基本的に富裕層コミュニティの中で生きていて、男女の付き合いも同じような境遇の人同士でくっつくことが多いのですが、ときには意外な“事件”が起きます。 ある日、大学の後輩の若菜さん(仮名・以下同)が「結婚することになったんですけど……」と相談を持ちかけてきました。若菜さんは小学校から女子大付属のお嬢様で、実家はある家業をしています。日本橋界隈ではちょっと知られた老舗のお店です。 若菜さんのお相手は、私の夫と同じく外資系金融だそうで、兄弟揃って東大卒の外資系金融。お父様が東工大を出ている、エリート一家らしいのです。お姑さんになる方は一般的な専業主婦で、控えめな方だそうです。若菜さんの彼は次男。「彼のご家族と食事した際、長男のお嫁さんにもお会いしたんですが、お嫁さんのマウンティングがすごかったんです」と言います。お嫁さんの夏菜子さんは長谷川京子タイプの美人だったそうですが……。「こんにちは、はじめまして。若菜さんって、なんか剛力彩芽に似てない? 剛力彩芽ってかわいくないけど男ウケいいよね。ZOZOTOWNも虜にしちゃうし。男ウケ良さそう」 初対面の第一声で、こんな言葉をかけられたそうです(ちなみに若菜さんは剛力彩芽には似ていなくて、矢田亜希子のような清楚系)。そして兄嫁さんはこう続けたそうです。「私は優しい人がいいし、優しい人を選んだの。長男て、優しい人多いでしょ? けど次男は全然優しい人見たことないよ~。 私、とにかく彼と結婚したいと思って2年も頑張って結婚にこぎつけたけど、若菜さんて交際1年でしょ? どんな手使ったの?」 ちょっと何言ってるか……という攻撃的マシンガントークです。お兄さんがたしなめようとすると、「私、裏表がない性格なの。だからズバズバ聞くだけだけど裏表ないから」。 さらに、食事会が終わり、後日──。「あの子、おとなしそうな顔して時計はロレックスだったし、ティファニーのピアスだった。バッグはエルメスだし、清楚に見せかけてすごいかまととぶってそう。気をつけたほうがいいです」 夏菜子さんが、そんなリポートをお姑さんにしていました。それをそのままお姑さんが若菜さんの彼に伝えてきたそうです。 若菜さんのブランド品は、すべてお祖母様やお母様から譲り受けた品です。彼の家族との食事会で、お嬢様である彼女がちょっとした装いをすれば、自然とそうなります。 一方、お兄さんのお嫁さんは地方から出てきた人で、大学時代から付き合い始め、結婚を見据えていたからか働いたことはないそうです。特に実家が裕福というわけではないけれど、ブランドは大好き。東大に通っていたお兄さんが稼ぐようになるのを狙って結婚したのでしょうか。 結婚となれば、相手の親兄弟やその結婚相手まで含めて家族になります。だからこそ、お嬢様にとってはこれまで出会ったこともないようなタイプの人と向き合わなければならなくなります。それを乗り越えられるかどうか。「お嬢様」にとって大きな壁になると言えそうです。
2018.07.27 17:00
マネーポストWEB
小林麻耶、海老蔵長女の入学式に欠席「母親代わり」に区切り
小林麻耶、海老蔵長女の入学式に欠席「母親代わり」に区切り
 前日までの初夏の陽気から一転、花冷えとなった4月上旬。咲き残っていた桜の花びらが舞い散るなか、真新しい小さな制服に身を包んだ新入生と保護者たちが、胸を躍らせながら校門に向かって歩いていく。「この日は都内の有名私立小学校の入学式でした。篠原涼子さん(44才)と市村正親さん(69才)、長谷川京子さん(39才)とポルノグラフィティの新藤晴一さん(43才)が新一年生のお子さんと一緒に家族そろって出席されていました」(目撃した人) その中には市川海老蔵(40才)の長女、麗禾ちゃん(6才)の姿もあった。しかし、麗禾ちゃんの傍には海老蔵がおらず、小林麻央さん(享年34)が亡くなった後に“母親代わり”を務めてきた姉・麻耶(38才)の姿もない。「この学校は海老蔵さんだけでなく父・團十郎さん(享年66)の母校でもあり、歌舞伎役者やその子供たちが多く通っています。いずれは勸玄くん(5才)もこの小学校を目指すはずです」(歌舞伎関係者) 入学式が待ちきれないといった様子で小走りしたり、軽くステップを踏んだりしながら校門に向かう麗禾ちゃん。その隣にいたのは、麻央さんのお母さん、つまり麗禾ちゃんのおばあちゃんだった。「寒かったからか、おばあちゃんが近くのコンビニで貼るカイロを買い、それを麗禾ちゃんが店の隅っこでおばあちゃんの背中に貼ってあげていました。おばあちゃんが“ありがとう”と言うと、一緒に手をつないで店を出る姿が微笑ましかったですね」(居合わせた客) 海老蔵は3月から歌舞伎公演『源氏物語』の主演で全国を飛び回っており、この日は福岡・博多にいたため入学式に出席できなかった。ブログには登校前に麗禾ちゃんとテレビ電話をした様子を綴っている。 麻耶はこれまで麗禾ちゃんや勸玄くんの幼稚園への送り迎えだけでなく、ママ友との交流も積極的に行うなど、麻央さんに代わって母親役をこなしてきた。幼稚園の運動会にも朝早くから並んで場所取りをし、麗禾ちゃんのバレエ発表会にも駆けつけた。 この小学校の学校見学会にも麗禾ちゃんと一緒に参加する様子が目撃され、説明会にも願書受付にも姿を見せたのは麻耶だった。卒園式にももちろん出席。ボロボロと涙を流していた。ところが、待ちに待った入学式には最後まで姿を見せず、ブログで触れてもいない。「3年前に麗禾ちゃんは系列の幼稚園のお受験に合格していたという話を聞きました。麻央さんは前々から“子供たちをこの学校に進学させたい”と言っていて、念願かなったのですが、この学校は親御さんが参加するバザーや保護者会などの行事が多く、当時闘病中だった麻央さんにはかなり負担が大きいということで、近所の幼稚園に急きょ変更したそうなんです。麻央さんの思いを誰よりわかっていた麻耶さんにとっても、思い入れは強かったと思います。合格を飛び上がるほど喜んでいましたし、当然入学式も行くつもりだったと思います。 ただ、海老蔵さんは麗禾ちゃんの小学校入学を一つの“区切り”と捉えていたようです。幼稚園までは子供たちも幼く、“母親代わり”が必要でしたが、小学生になったら変えていかなければいけない。麻耶さんの気持ちは痛い程わかりながら海老蔵さんから“今回は出席しない方がいいと思う”とあえてNOサインを出したんでしょう。父親としての決断だったんだと思います」(別の歌舞伎関係者) 麗禾ちゃんが入学式を終えた後の4月6日、麻耶はブログに意味深な言葉を残した。「ようやく自分の本当の気持ちを吐露できた、と書いていました。“生きる力”が戻ってきたとも。それでも、10日のブログには“神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかった”とも綴っていて、なかなか心の整理はつかないようですけどね…。麻耶さんにとっていちばんの幸せは、姪や甥の成長を見守ることで、一緒に遊んだり面倒を見たりするのが生き甲斐になっている。 今も週に何度かは海老蔵さんのマンションを訪れては2人の世話を焼いていますよ。でも、海老蔵さんはそんな麻耶さんに感謝しつつも“彼女を縛りつけたくない”と思い、麻耶さんは麻耶さんで“このままでいいのだろうか”と悩んでいたので、今回のことがいいきっかけになるかもしれません」(麻耶の知人) 花びらが散った後に青葉が芽吹くように、“家族”も新しい出発を迎えた。※女性セブン2018年4月26日号
2018.04.12 16:00
女性セブン
長谷川京子&新藤晴一 長女の入学式で揃ってメガネルック
長谷川京子&新藤晴一 長女の入学式で揃ってメガネルック
 4月上旬、都内の有名私立小学校で行われた入学式。“入学式の定番スタイル”といわれる紺色のスーツでも、ひと際目を引いていたのが、長谷川京子(39才)とポルノグラフィティ・新藤晴一(43才)の夫婦だ。母親に甘えるように腕をからめる長女(6才)と睦まじく歩く姿からは、喜びがあふれていた。 この入学式には、篠原涼子(44才)と市村正親(69才)も新1年生の子供とともに出席。また、市川海老蔵(40才)の長女・麗禾ちゃん(6才)の姿もあったが、海老蔵と“母親代わり”の小林麻耶(38才)は欠席していた。※女性セブン2018年4月26日号
2018.04.12 07:00
女性セブン
ママタレ界のニュートラルポジションはYOU 全知全能
ママタレ界のニュートラルポジションはYOU 全知全能
 近年、ママタレとして活躍する芸能人も増えている。中でも、最もニュートラルに位置づけられるとされるのがYOU(53才)だ。これは『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でのチュートリアル・徳井義実(42才)の名物コーナー「女性芸能人のポジション分析」を参考に、X軸を「女優・アーティスト・文化人系←→バラエティー系」、Y軸を「ママ感を全力で出している←→ママ感を絶対に出さない」で作ってみたところ、YOUが完全に真ん中に位置した。 コラムニストの今井舞さんはこう語る。「ここは不動です。芸能界の天上天下すべての中心に存在している。女優、ミュージシャン、ママ(大学生の一人息子あり)、お笑い、すべてのカードを手に、キャラ作りの苦労もなく、ありのまま、あらゆる方向で自由に活動できる。こんな手形を持っているのは、芸能界広しといえどもYOUだけです。全知全能といっても過言ではない」 一方、「女優・アーティスト・文化人系」でママ感をバリバリ出しているのが、梨花(44才)と紗栄子(31才)。2人はそれぞれ、ハワイとイギリスに移住したことでも話題を呼んだ。「彼女たちはむしろ分布図の枠外かも。インスタにも子供をバンバンアップしまくりですが、いろいろと炎上しすぎて、日本で評価されることから逃げた感じもある」(今井さん、以下同) 亜希(48才)、田丸麻紀(39才)、長谷川京子(39才)も、SNSでママ感が溢れる3人。亜希や長谷川はインスタで子供のお弁当をアップするのが日課で、田丸もブログに子供がしょっちゅう登場する。「この3人はSNSが主戦場というか、既存のメディア露出にあまり価値を見出していない組。『自分の都合のいい情報しか発しません』というメンタリティーで、それが許される場所でしか活動しない。特に亜希は顕著です。 元夫は、この世に存在すらしていないという体で、これからも生きていくことでしょう。最近、山田優(33才)もここに入りつつある。彼女はインスタにどんなステキ写真を載せても『やせすぎ!』しか反応が返ってこない。独特なコール&レスポンスの世界を構築しています。ママタレ界の“ガリガリ君”として、今後も頑張ってほしいですね」 バラエティー系でママ感を出さないゾーンの人材がやや不足している。「高島彩(39才)とか関根麻里(33才)、後はSHELLY(33才)くらい。次のママタレは、あえてこのゾーンを狙うのもアリかもしれません」 続々と大物が参戦するママタレ界。来年の分布図が今から楽しみです。※女性セブン2018年3月29日・4月5日号
2018.03.23 07:00
女性セブン
映画『光』 瑛太が「尊敬する」井浦新との感慨深い思い出
映画『光』 瑛太が「尊敬する」井浦新との感慨深い思い出
 映画『光』の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の井浦新と出演者の瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、そして大森立嗣監督が登場した。同作は三浦しをんの同題の小説が原作。大森監督は同作について「賛否両論あっていいです」と述べている。 東京の離島に住む中学生の信之(井浦)と美花(長谷川)は交際していた。しかし、ある日美花が待ち合わせ場所で男に犯されてしまう。そして、信之は美花を守るために男を殺したのだった。その夜、島に大天災が襲い掛かり、生き残ったのは信之と美花とろくでもない大人たちと信之を慕っていた輔(瑛太)だけ。それから25年後、結婚して妻子を持つ信之と芸能界で貪欲に生き続ける美花の前に輔が過去の秘密を携えやってくる──。 こんな内容の同作品。印象に残ったシーンを聞かれた瑛太は、尊敬する井浦を草むらに倒す場面と答えた。逡巡はあったものの、「思いっきり倒してずっこける新さんを見られたのは感慨深かったですし、嬉しかったです」と満足げな瑛太。井浦も「思いっきりだったよね」とコメントし、相当な威力だったようだ。■撮影/小彼英一
2017.12.02 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン