交際一覧/7ページ

【交際】に関するニュースを集めたページです。

結婚相談所で紹介された男性と結婚目前に女性問題発覚 成婚料は返金してもらえるか
結婚相談所で紹介された男性と結婚目前に女性問題発覚 成婚料は返金してもらえるか
 いざ結婚間近となった途端に、相手に問題が発覚──幸せが目の前で音を立てて崩れる事態はあまりにもショックだ。もしその相手が、結婚相談所に紹介してもらったのであれば、問題のある人物を紹介した相談所にも責任があると考える人も出てくるだろう。その場合、支払った成婚料が戻ってくる可能性はあるのか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。【相談】 結婚相談所の紹介でお見合いし、10か月ほどおつきあいをしている男性がいます。当初から結婚前提だったので、そろそろという話になったところ、彼にはほかにおつきあいしている女性が複数いると判明。結婚相談所はすでに退会し、成婚料を支払っています。その成婚料を返してもらい、男性に慰謝料を請求することはできますか。そのために必要な準備があれば教えてください。(石川県・43才・会社員)【回答】 結婚しようという相手に複数の女性問題があることがわかれば、結婚は困難です。婚約が成立していれば、不誠実で婚約者への信頼を裏切るものであり、不法行為もしくは債務不履行の責任を問うことができます。 結婚相談所でお見合いをして交際を始めれば結婚を意識しているのが普通ですが、それだけで結婚の約束、すなわち婚約ができたとは言えません。 婚約は婚姻予約の略称であり、法的には将来確定的に夫婦になるという合意である必要があります。指輪の交換、互いの親への結婚相手としての紹介、式場の予約など外形的な事実があれば婚約成立と判断されます。 ご質問ではこれらの点は不明ですが、結婚の話のほか、成婚料を払って結婚相談所を退会しているとのこと。成婚料は婚約成立時に両方から支払われたはずですから、結婚の合意成立の重要な証拠になり、相手男性に対する慰謝料の請求ができると思います。 話し合いで解決できる余地があれば、相手の所在地の家庭裁判所に調停を申し立て、有識者が任命される調停委員の説得を期待するのもひとつの方法です。協議の見込みがないときは、求める慰謝料の額に応じ、あなたの住所地を管轄する地方裁判所や簡易裁判所に婚約の不当破棄を理由とする慰謝料請求の裁判を提起することになります。素人では大変ですから弁護士に相談してください。 次に不誠実な男性を紹介した結婚相談所の責任ですが、結婚相談所は「結婚を希望する者へ異性の紹介」をする事業で、登録者から条件に適した異性をピックアップして紹介することが主たるサービスです。相談にのったり、助言したりするサービスもありますが、相談所は紹介した男性の私生活や申告事項の真実性を保証するものではないと考えられます。なぜなら、結婚するかしないか決めるのは、交際期間を経て相手をよく知った上で判断するはずの本人だからです。紹介するだけの結婚相談所よりはるかに確度の高い情報を入手して判断できるはずです。 過去に同じ問題を起こした人物だとか、不誠実との通報を受けていたなどの特別の事情がある場合は別として、結婚相談所に紹介した責任を問うことはできないと思います。結婚は重大な人生のステップであり、結婚相談所の紹介を受けても、相談所任せにするのではなく、相手の人物像や相性についてはあなた自身が慎重かつ賢明な判断をする必要があるのは言うまでもありません。【プロフィール】竹下正己/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座、B型。※女性セブン2022年3月31日号
2022.03.23 19:15
マネーポストWEB
ハットをまぶかにかぶり、黒マスク姿で出歩くヒカル
ヒカル、松村沙友理との交際で180度転換した「発言内容」
 チャンネル登録者数470万人のトップYouTuberヒカル(30)と、昨年7月に乃木坂46を卒業した元人気メンバー・松村沙友理(29)の熱愛が発覚した。“金持ちYouTuber”として人気を博すヒカルは、実業家としても成功を収め、アパレルブランド「ReZARD」や脱毛サロンなどを展開。昨年公開された動画では事業全体の年商を「50億円くらい」と明かしていた。 動画にかける金額が桁違いなのも人気を博した理由のひとつ。競馬やボートレースに1000万円単位でお金をつぎ込むこともあるが、基本的には面白い動画を撮るため、人を喜ばせるために大金を使っているため、ファンからの支持も厚い。「ともにYouTube事業を行うスタッフに高級車をプレゼントしたり、サプライズで数百万円のボーナスを渡したりしたこともありました。YouTubeで頻繁にコラボしている元“伝説のキャバクラ嬢”でYouTuberの門りょうさんとは、お互いに誕生日を祝い合うのが恒例。昨年の門りょうさんの誕生日には、ヒカルさんが愛媛にある大洲城というお城を貸し切りにして、門りょうさんのためだけの夏祭りを用意していました」(芸能関係者) そんな門りょうや、同じく何度もコラボレーション動画を制作しているタレントでYouTuberのてんちむとは、動画で仲の良さそうな様子をたびたび見せており、ファンから常々“交際しているのでは?”と噂されていた。しかし、プライベートでの本命は松村だったようだ。浮気賛成派、結婚願望ナシだったヒカル 門りょうやてんちむと相性の良さを見せていた一方で、ヒカルはこれまで動画の中で自身の恋愛観や結婚観についても赤裸々に語っている。 2020年1月には、当時世間を騒がせていた俳優の東出昌大の不倫の話題に触れ、「浮気しないなんて綺麗事言ってる男を信じちゃだめ」と断言。〈(東出の不倫を)騒いでるのはよく考えたら女性だけ。男で騒いでるヤツはいない。男と女の価値観は根本的に違うんだって気づいたほうがいい。男の浮気に対する感覚と女性の感覚って別ものすぎてほんまに違う。男はみんな浮気願望を抱えてる。世の中のほとんどの男性が浮気賛成派ですよ〉(YouTubeより) 2020年5月に「結婚した方がいい? 人生の先輩であり遊び人の大スター宮迫に相談してみた」と題して元「雨上がり決死隊」の宮迫博之と行った配信では、結婚についてこう語っている。〈僕は結婚に向いてないと思うんです。現状は結婚は考えられないですね。今仕事が楽しくてしょうがない。仕事ばっかりなんですよ、僕〉(YouTubeより)突然、語りはじめた恋愛観 恋愛や結婚に関して自由奔放な発言を繰り返してきたヒカルだが、今年に入る頃から変化が見え始めた。ヒカルの実の兄であり撮影や編集などを担当する“まえっさん”らが不審に思うほど、ヒカルから女遊びのエピソードを聞くことがなくなり、夜に外出することすらしなくなったのだという。 今年2月に公開された「今彼女おるん? 最近落ち着いて恋愛観変わったヒカルを問い詰めてみた」という動画の中で、まえっさんから単刀直入に直撃されたヒカルは「彼女ができたわけではない」としつつ、今人生の岐路に立っていると明かしている。〈遊びたいという欲がなくなったのが一番大きい。28、9歳をピークに、徐々に遊びはもういいかな、時間の無駄だと思うようになった。自分の状態がチャラチャラしていたらそれに応じた人としか出会えない。チャラチャラした人間にはチャラチャラした人が来る。 今30歳を過ぎて、人生の折返しだと思ってる。60歳以降も健康に生きる人もいるけど、俺の中では60歳を区切りと考えている。休みを設けることにしたのも、何か変化をつけようと思ったひとつ。これまで休みなくずっとやってきたからね〉(YouTubeより)今後の「野望」とは 一方で自身の恋愛や結婚については、「いつ起きてもおかしくない」と語っている。〈俺は彼女を作るとか結婚するということに対してまったく臆してないし、悪いことだとも思ってない。視聴者に気を使うつもりもない。あくまで自分のやりたいことをやっていくし、自分の生きたいように生きたい。(中略)結婚も彼女も、全然いつ起きてもおかしくないよな。俺ってそういう性格やから、思い立ったら即行動。刺激的で次どんなことが起こるんやろう、こいつの人生わくわくすんなって思われて生きたい〉(YouTubeより) 動画の中で「最近仕事ばっかり詰め込んでいたから、いろいろ見つめ直すタイミングなのかもしれない」「人生のターニングポイントだとは思ってる」ということをしきりに繰り返していたヒカル。心には松村の存在も浮かんでいたのかもしれない。 ヒカルはこうも語っている。 〈俺に彼女ができたら嫌だなんてファンは置き去りにするよ。そんな甘っちょろいこと言ってたらYouTuberヒカルのファンなんてやっていけへんで。振り回されることに快感覚える人じゃないとやっていけへん。彼女ができたり結婚したりしたらちゃんと話したい。思ったことを話さないのが一番しんどいから〉(YouTubeより) 今回の熱愛発覚を受け、ますます配信内容に注目が集まる──。
2022.03.23 18:30
NEWSポストセブン
熱愛が発覚したYouTuberヒカルと松村沙友理
YouTuberヒカルと元乃木坂・松村沙友理が熱愛「楽しくて仕方ない」
 春らしい陽気が訪れた3月上旬の夕方、白色のニットに茶色のパンツ、ベージュのハットを目深にかぶった女性が都内のスーパーに入っていった。いちごや総菜などを買い込み、軽やかな足取りで向かった先は近くの高級マンション。周囲の目を警戒しつつも、柔らかな表情から幸せオーラが満ちあふれていた。 彼女は、昨年7月にアイドルグループ乃木坂46を卒業し、女優、モデルとして活躍する松村沙友理(29才)。その家は、ファンから「さゆりんご」、「まちゅ」の愛称で呼ばれる彼女の自宅ではない。 厳重なセキュリティーが敷かれた要塞のような「億ション」で彼女を待つ男性の名はヒカル(30才)。チャンネル登録者数470万人、動画総再生回数40億回を誇るYouTube界の超人気者にして、実業家としても成功を収める「富豪YouTuber」である。松村の知人が明かす。「松村さんはいま、ヒカルさんと交際しています。昨年、彼とつきあうようになってから頻繁に自宅マンションを訪れるようになりました。お忍びで都内のレストランやダイニングバーに出かけることもありますが、ヒカルさんは彼女を気遣ってトレードマークの金と黒の髪を帽子で隠し、周囲に気づかれないようにしているといいます」 トップYouTuberと、アイドルグループ出身の人気女優。一見、接点がなさそうなふたりはいかにして出会ったのか。「ヒカルさんは、YouTubeで共演する宮迫博之さん(51才)や手越祐也さん(34才)と親しくしていますが、意外にも芸能界とはそれほど接点がない。素顔は物静かで、派手な場所を好むタイプではなく、あれだけモテるのに女性の噂も数えるほど。松村さんとは共通の知人を介して知り合い、意気投合。互いに関西出身という共通点もあって話が弾み、人知れず密かに愛を育んできました」(前出・松村の知人) ヒカルは、自身がプロデュースするアパレルブランド『ReZARD』が若者を中心に人気を呼び、脱毛サロンやヘッドスパなども展開する実業家でもある。YouTubeの収入と合わせた事業全体の年商を「50億円くらい」と明かしたことも。「一生困ることのない大金を手にしても物欲がほとんどなく、仲間に新車や現金をポンとプレゼントする。昨年は赤い羽根共同募金に2000万円以上を寄付して紺綬褒章を授与され、3月3日にはウクライナでの戦争によって被害を受けた人々を支援する非営利団体に、個人として1000万円を寄付することも発表しました」(ITジャーナリスト) 一方の松村は乃木坂46時代は白石麻衣(29才)とともに「七福神」に選ばれた1人。親友の白石が2020年10月に卒業したのを見送ってから卒業を決断したという。「松村さんのヒカルさんに対する思いは本物です。彼女は話し方も性格もおっとりしていますが、もともとお笑いが好きで、ヒカルさんのYouTubeのファン。速射砲のような彼のトークにお腹を抱えて笑い、彼と一緒に過ごす時間が楽しくて仕方ないのだとか」(前出・松村の知人) 一方のヒカルも、真剣な交際であることを周囲に明かしているという。 松村の所属事務所にヒカルとの交際について問い合わせたところ「プライベートは本人に任せております」と回答。一方のヒカルは「YouTubeを見てほしいとしか言えません」とのことだった。 一気に燃え上がった恋の炎。ヒカルの口から真相が語られる日も近そうだ。2人の熱愛は、3月24日(木)発売の『女性セブン』が報じる。
2022.03.23 11:00
女性セブン
みちょぱ
みちょぱの恋人・大倉士門 暴露男の「浮気リーク」に「生まれ変わる!」
 俳優の城田優(36才)や綾野剛(40才)らの素顔を暴露するなど、この2月末から芸能界を震撼させ続けているYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』。芸能界で27年間、タレントたちの遊びの案内や世話係をしてきたという元アパレル会社社長の東谷義和氏の暴露話は、これまで全15本(3月15日現在)の動画が100万回再生超えと、話題になり続けている。 ある芸能関係者は「彼は『BTSに会わせる』と触れ回って、ファンの人たちからお金を受け取ったという疑惑があり、そのことで交友関係にあった多くの芸能人からそっぽを向かれたという、取り扱い注意の人物ではあります」と注釈をつける。 ただ、一方では「チャンネル開設1か月弱で約70万人の登録者を集めるなど、連日ネット上での話題を独占中。暴露したタレントたちとのLINE履歴などの証拠も晒すので、破壊力がハンパない」(前出・芸能関係者)と、その影響力を認めた。 そんな東谷氏に、3月初旬の動画で「浮気」を暴露されたのが、昨年秋に女性セブンの報道で、人気モデルの「みちょぱ」こと池田美優(23才)との“同棲熱愛”が明らかになっていたタレントの大倉士門(28才)だ。「その回で東谷氏が標的にしたのは別の若手タレント2人だったのですが、『士門には恨みも何もない』と言われながら、ついでに女遊びの実態を明かされてしまったのです」(スポーツ紙記者) それはコロナ禍前の韓国旅行での話だという。「東谷氏が、ソウルにまで日本の女性アイドルを呼び寄せたところ、その1人と大倉さんが東谷氏の部屋でエッチなことをし始めたという話でした。『彼女(みちょぱ)がまじめな分、男ってアホなヤツが多いんやな』って、東谷氏にさらっと暴露されたのです」(前出・スポーツ紙記者) 大倉とみちょぱの交際は6年にも及ぶ。ネット上では「みちょぱがかわいそう」「格差カップルの売れてない方が浮気かよ」と、すぐに話題になった。同棲中で結婚も秒読みと言われているカップルだけに「2人の関係は大丈夫か」と心配されてしまうのは、致し方ない展開だ。 さて、動画公開後の大倉はどうしたかというと……あるファッション誌関係者は、こう明かす。「浮気疑惑を暴露されたその日、大倉さんは『関西コレクション』に出演していました。終始険しい顔つきで……何人かに、イジられるように動画の話を振られると『本当かウソかは置いておいていいですか? とにかく大事な時期なので頑張ります』と、眉間にしわを寄せてマジメに答えていましたよ。予定では関西に一泊するはずだったのに、『彼女に謝らないといけないので、急いで帰ります!』と、かなり焦った様子でしたね」 人気や収入などあらゆる面で“格差カップル”と呼ばれてきた大倉とみちょぱ。そうした声があがるたびにみちょぱは、「彼はヒモ男ではない。ちゃんと働いている」と、彼を擁護してきた。ふたりは深い愛情でつながっているように見えるが、前出のファッション誌関係者によれば帰京した大倉は「とにかく、ただただ『生まれ変わるから』と真剣な表情で彼女に謝ったようです。みちょぱさんもそれ以上は追及しなかったのか、許されたと聞いています」と話した。 東谷氏が証拠として披露したLINE履歴の中には、2019年秋に同氏から「みちょぱを大事にして結婚しろ」と助言されて、感謝していた大倉のメッセージもあった。「器量の大きいみちょぱさんは、彼氏にお灸をすえる暴露話だったと受け止めて、今回はイエローカードにとどめたのかもしれませんね」(前出・ファッション誌関係者)「雨降って地固まる」になるかは、今後の大倉次第といえそうだ。
2022.03.18 19:00
NEWSポストセブン
海老蔵
小林麻耶の離婚夫「僕だったら麻央さんを救えたかも」妄言に海老蔵激怒か
 市川海老蔵(44才)にとって、最愛の妻だった小林麻央さん(享年34)の闘病を支え、子供たちの世話をしてくれた小林麻耶(42才)への感謝は尽きないはずだ。だからこそ、得体の知れない男に心酔しても、そっと見守るのに留めてきた。しかし、目に余る暴挙に走り、それを野放しにする麻耶に、海老蔵がくだした決断は──。「時に距離を置いたこともありましたが、“義理の姉弟”という関係は、麻央さんの死後もしっかり続いていました。なにより麻央さんの子供たちが義姉に懐いていたし、外から見れば、本当の親子のように親密だったんです。 それが彼の出現によって関係は急激に悪化し、今回の一件にいたっては、最悪の状態に陥ってしまった。カネ儲けのために、自分に噛みつくだけでなく、麻央さんの名前まで利用したことを、海老蔵さんが許すはずがありません」 芸能関係者が言う“義理の姉弟”とは、小林麻耶と市川海老蔵のこと。《離婚しようと言ってもしないといわれそれでも押し切って離婚をしました》 3月10日、麻耶と2018年に「交際ゼロ日婚」をした整体師の國光吟氏(38才)が、自身のブログで離婚していたことを明かした。さらに國光氏は、句読点のない奇妙な長文での投稿を続けた。《離婚はしましたが紙切れ上の話です(中略)戸籍上は夫婦ではないかもしれませんですが魂では夫婦です》《僕たちは一緒にくらしています》 そう綴り、離婚しても麻耶と信頼関係があることを強調した。「いまから1年ぐらい前の昨年春頃、麻耶さんは國光さんと距離を取るために家を出て別居を始めました。その別居は半年ほど続いたようで、その最中に離婚が成立しました。 しかし、仕事のない國光さんは生活費や家賃にも窮するようになり、麻耶さんのマンションに転がり込んだ、というのが実際のところのようです。もちろん麻耶さんにアナウンサーやタレントの仕事もないので、過去の貯金でなんとか暮らしているそうです。國光さんはブログに『お金をください』というようなことを書いており、相当に生活が困窮しているのでしょう」(別の芸能関係者) ふたりが暮らすのは、都内にあるワンルームの賃貸マンション。結婚当初は豪奢な高級マンションで暮らしていたのと比べると、グレードダウンは否めない。「國光氏は麻耶さんといまも親しい間柄であると主張していますし、麻耶さんもそれを否定しません。それではなぜ、麻耶さんは國光氏がブログで海老蔵さんや麻耶さんの両親を攻撃するのを許しているのか、止めないのかが不思議でなりません。麻耶さんほど家族思いの優しい女性はいないのに……。 麻耶さんとは連絡が取れなくなってしまいましたが、親しかった友人たちはみんな、“國光氏に精神的に支配されている状態”を疑っていません」(麻耶を知る関係者)身内を捨ててなにが立派なんですか 麻耶は、最愛の妹だった麻央さんが亡くなって1年ほど経った2018年の春に國光氏と出会った。「麻耶さんは悲しみを乗り越えられずにいて、心身ともに弱っていた。もともとスピリチュアル色の強いカウンセリンググループに傾倒していた麻耶さんは、不思議な力で心身を調整する國光氏の『オメガセラピー』を受けて、彼に心酔していきました」(前出・麻耶を知る関係者) 出会いからわずか2か月で結婚するも、その後はトラブル続き。麻耶は芸能界を引退すると言ったものの、なぜか國光氏を伴って復帰。情報番組の収録で問題を起こし、芸能事務所から契約を終了されるなど、世間を騒がせ続けた。その後、YouTubeチャンネルを開設するも、長くは続かず、チャンネルは2021年1月に終了した。 そんな時期にあった昨年3月、『女性セブン』はふたりの別居を報じ、さらに7月には離婚協議を始めたことを伝えた。すると昨年10月、海老蔵は自身のブログに、麻耶と子供たちの写真とともに次のように綴った。《久しぶりに!! 今日は麻耶ちゃんと 晩御飯 本当色々あったけど、 おかえり》 前出の芸能関係者が話す。「麻耶さんから離婚報告があったのでしょう、海老蔵さんは結婚後に迷走していた麻耶さんを、再び快く受け入れようとしていたようです。麻耶さんは海老蔵さんの子供たちにとって“母親代わり”でもありました。子供たちも喜んでいたでしょうね。海老蔵さんのブログを見て、“やっと麻耶さんが戻ってきたんだ”とホッとした関係者は多かったんです」 ところが、“麻耶の帰還”はそのときのほんの一瞬の出来事だったようだ。麻耶は再び、離婚した國光氏と同棲を始め、海老蔵とは再度断絶状態に陥ったという。冒頭のブログで、國光氏は海老蔵に噛みついた。《離婚発表はしなくていいよと海老蔵さんにアドバイスをされたのに勝手におかえりとブログにかかれてしまいまた週刊誌の記者に追われる日々が続きました》《立派な歌舞伎役者なんですよね身内を見捨ててなにが立派なんですかそれでも伝統芸能を背負っている男のすることですか》 前出の芸能関係者が明かす。「なぜ國光氏がブログで自分を攻撃するのか、海老蔵さんにもまったく理解できないでしょうね。麻耶さんのことは本当に心配しているでしょうが、なぜ近くにいるのに國光氏の意味不明の行動を許しているのか、ただただ困惑しているようです」直接危害を加えられかねない 國光氏はブログで、《麻耶ちゃんは麻央ちゃんの為に9000万ものお金を払いました麻央ちゃんを愛しているから麻央ちゃんを助けたいからでも騙されました》と麻央さんを引き合いに出し、麻耶の父親、つまり國光氏にとっての元義父に対しても、《自分が浮気したのが悪いのにそんな人に説教される筋合いはありません》と記述した。「國光さんは経済的にかなり厳しい状況にあります。これまでも麻耶さんの知名度をフルに生かそうとして、配信した動画に、再生数に応じて収益が得られる広告をつけていたことがありました。ブログの句読点のない奇怪な文章も、攻撃的な言葉ばかり並ぶのも、そうした理由から。一種の“炎上狙い”で、カネ儲けを狙っているのでしょう」(前出・別の芸能関係者) 今回の國光氏のブログには、海老蔵が決して許せないであろう記述もある。《麻央ちゃんが生きてる時にもっと早くお会いしたかった(中略)僕だったら救えたかもしれないのに》 海老蔵が麻央さんの命を救おうと奔走していたことは、誰もが知るところだ。前述の通り、麻耶と國光氏が出会ったのは、麻央さんの死後、1年近く経ってのことである。「國光氏は麻央さんに会ったことさえない。にもかかわらず麻央さんの名前を出して言い放っている妄言に、海老蔵さんも激怒しているようです。麻耶さんのことは心配していますが、國光氏の暴挙を許している間は、厳しい態度に出ざるを得ない。 子供たちを麻耶さんに会わせたら、悪影響があるどころか、攻撃的な國光氏や、國光氏を止めない麻耶さんから直接危害を加えられかねない。このような状態が続くなら、麻耶さんに子供たちを会わせることはあり得ないでしょうね」(前出・芸能関係者) 大きくなるばかりの亀裂は、修復不可能なようだ。※女性セブン2022年3月31日号
2022.03.16 16:00
女性セブン
校内恋愛もポニテも腕まくりも全部禁止!私たちが納得いかなかった校則の思い出
校内恋愛もポニテも腕まくりも全部禁止!私たちが納得いかなかった校則の思い出
 都立高校が2022年度に、髪型のツーブロック禁止や黒髪マストといった“ブラック校則”を撤廃することが報じられた。集団行動を伴う学校生活では、ルールやマナーを守ることが求められるとはいえ、「なんでこんなルールがあるの?」と納得のいかない校則がまだまだあるのも事実だ。時代とともに「おかしい」という声があがるようになったが、かつて校則で苦い経験をした人たちは、大人になってもその経験を忘れてはいない。校内恋愛禁止ルール「交際は“不純”で学業に影響を及ぼす」 メーカーに勤務する30代女性・Aさんは、「意味がわからなかった校則」についてこう振り返る。「私の高校では、“校内恋愛禁止”というルールがありました。不思議に思って、教師にその理由を尋ねると、『交際は“不純”で学業に影響を及ぼす』とのこと。はぁ?って感じです。他クラスや学年への出入り禁止というのもあって、まったくもって意味不明でしたね」(Aさん) 校則でメイクが禁止されている学校は今も多い。一重瞼にコンプレックスがあるというAさんは、高校時代、アイプチやアイテープで二重瞼を作ったり、マツエクでまつ毛をふさふさに見せたかった。しかし校則ではいずれもメイク同様、禁止だった。「メイクやアクセサリー禁止、かばんにつけるキーホルダーは1つまで。アイプチやアイテープ、マツエク、あとはカラコンも禁止でした。アイプチしていない子まで、まぶたが少し荒れていて怪しいと教師から難癖をつけられていました。でも、同世代のタレントや女優さんはバンバンメイクをしてテレビや雑誌に出ているわけで、“年齢不相応”という理由にはならないですよね。友人との間での話では、見た目を気にする人は“異性関係が派手”という印象を与えるからじゃないか、ということになっていましたが、そもそも見た目に気を遣うのは悪いことなんですかね?」(Aさん)ポニーテール禁止でもツインテールはOK 髪型の規定が厳しい学校は多い。広告代理店で働く30代女性・Bさんは、髪型にまつわる校則が「謎でしかなかった」と振り返る。「うちの高校ではパーマが禁止で、天パ(天然パーマ)の子はストレートパーマをかけさせられていましたね。“パーマ”イコール、くるくるした髪の毛というイメージで、つまりは髪の毛はまっすぐじゃないといけないという理屈でしょう。水泳の後にわざわざ確認しに来た先生もいました。天パは水で濡れると“伸びる”けど、人工的に巻いたパーマは濡れるとさらにくるくるになる性質があるのを利用して、天パなのかどうかをチェックするというわけです。 髪の毛の色も、黒しかダメ。私は薄い栗色のような髪色なので、よく疑われて、その度に不愉快な思いをしました。先生になぜ黒しかダメなのか理由を聞いても『そういう決まりだから』の一点張りでした。あと、髪型はポニーテール禁止で、ツインテールはOK。まことしやかに『ポニーテールだとうなじに男子が興奮するから禁止』なんて言われてますけど、逆に男子がうなじを見せるのは問題ないわけで、もう何がなんだかわかりません(笑)」(Bさん) 今回、都立高校の校則改定で「髪を一律に黒く染める」は全廃されるが、その一方で、生まれつき髪が黒くない生徒やくせ毛の生徒に「地毛証明書」を任意で提出させる校則については、残す学校もあるという。髪型や髪の毛をめぐる校則については、今後も議論が続いていきそうだ。男子だけマフラーとネックウォーマー禁止 女子だけでなく男子にも苦労があるようだ。IT企業で働く30代男性・Cさんが振り返る。「僕の通っていた高校では、男女ともに日焼け止めやワックス、においのある制汗剤禁止。うちわや下敷きで扇ぐのも腕まくりも禁止。夏は地獄でした。さらに男子はシャツの下にカラーTシャツは禁止。冬場は男子だけマフラーとネックウォーマー禁止で寒かった……。男子の制服が詰襟だから、それで防寒しろということなのでしょうか。全然あたたかくないんですが」 ちなみにCさんは、どこの学校にもありがちな“当たり前”のように見えるルールにも、不満を感じることが多かったという。「地味につらかったのが、制服以外での登下校が禁止されていたこと。制服がある学校なら当たり前のように思うかもしれませんが、運動部で大会参加の時も守らないといけなくて、他校がジャージで来ているのに、うちらだけピシっと制服で行って、現地で着替えていました。冬服の時は荷物がかさばってしかたなかった。 あとスペースの問題なのかもしれませんが、教科書を毎日全部持ち帰らないといけないルールもしんどかった。カバンがパンパンでとにかく重い。そういえば、辞書は電子辞書禁止だったので、分厚い英語の辞書もカバンに入れてました。とにかく合理的とは思えないルールが多かったです」(Cさん) さまざまな校則やルールがあるが、どこからどこまでが理不尽なのか判断は難しい。時代とともに変わりつつある校則やルールだが、かつての学校生活において「納得がいかない」苦い思い出となっている人は少なくないようだ。
2022.03.15 16:00
マネーポストWEB
球界のエースと2人と関係がある野崎
巨人・菅野vsオリ山本 オープン戦なのに大盛り上がりした理由
 オープン戦真っ盛りのプロ野球。本来ならチームの勝敗よりも主力選手の仕上がりや期待の新人の活躍に関心が寄せられるが、この試合だけは「どちらが勝ち投手になるのか」に球界から熱視線が注がれていた。3月11日、巨人対オリックス。先発は菅野智之(32)と山本由伸(23)、いずれも沢村賞獲得経験もある球界を代表するエースだが、2人ともモデル・野崎萌香(32)との関係が報道されたという共通点がある。 2019年秋、『週刊ポスト』が菅野と野崎の交際を写真付きで報じると、以降、たびたび仲睦まじいツーショットが目撃され、2020年秋には菅野の自宅に合鍵を持って通う野崎の姿が『FRIDAY』に報じられている。 結婚秒読みかと噂されたが、その後、2人は破局。すると、今度は東京五輪直前の2021年7月、『週刊ポスト』が山本と野崎のホテル密会を報じた。野崎の友人女性を交えてのものだったが、野崎らが山本の泊まる高級ホテルを後にしたのは日付が変わる頃だった。この報道は球界でも話題を呼んだと、スポーツ紙記者が語る。「球界は究極の体育会系社会です。山本と野崎はまだ交際に至っていないようですが、侍ジャパンの先輩でもある人の元カノと深夜までホテルで密会なんて恐れ多くてできません。おまけに、菅野が不調で東京五輪代表を辞退した直後の密会だったこともあり、選手の間でも“山本は肝が据わっている”“菅野さん絶対怒っているだろ……”と噂になりました」 プロ野球選手が1人の女性との関係をめぐって話題になったケースはこれが初めてではない。「元『モーニング娘。』でテレ東アナウンサーだった紺野あさ美(34)は、広島の野村祐輔投手(32)とDeNAの三嶋一輝投手(31)との二股交際疑惑が週刊誌で報じられたことがあった。当人たちの正式なコメントがなかったため噂扱いされていましたが、報道後の初対決で、三嶋は打席に立った野村を三振に抑えてガッツポーズを見せ、対する野村も三嶋から三振を奪い吠えるなどお互いがプライドを剥き出しにしました。この試合はいまでも選手や野球ファンの間で話題として語り継がれ、『遺恨試合』をもじって『遺“紺”試合』と呼ばれています」(同前) こうした過去もあったため、今回の菅野と山本の投げ合いに周囲は異常な盛り上がりを見せていたという。在阪スポーツ新聞記者はこう苦笑いする。「同僚のスポーツ紙記者や選手から『ついに今日ですね』『どっちが勝つんですかね』『野崎さんは観にくるんですかね?』といった連絡が来ましたよ。ただ、真剣にプレーしている2人に失礼なので、試合後の取材ではお互いに関する質問はありませんでした」 菅野と山本が互いを意識したかは当人たちにしか分からないことだが、今回の対戦結果は明暗がくっきりと分かれた。菅野は初回から失点を許すなど精彩を欠いた投球で、4回6失点。1試合6失点は自己ワーストタイだった。対する山本は5回無失点と貫禄を見せつけた。 次の投げ合いは交流戦が予想されている。エースの意地を見せるのはどちらだ。
2022.03.12 11:00
NEWSポストセブン
離婚を発表した國光氏と小林麻耶
小林麻耶、離婚でテレビ復帰はあるのか?「引き取る事務所がない」の声も
 3月10日、フリーアナウンサーの小林麻耶が整体師で宇宙ヨガインストラクターの國光吟氏との離婚を発表した。2人は2018年7月に「交際0日」で結婚し、その後は2人一緒にテレビ出演することもあったが、2020年11月に当時所属していた生島企画室を離れてからは表舞台に姿を見せることはなくなった。今後、彼女のテレビ復帰はあるのか。キー局関係者は「事情をハッキリ把握できていない」と困惑する。「離婚について書いた夫のブログを“リブログ”する形で、麻耶さん自身は何も書いていない。距離を置くための手段なのか、本当はまだ繋がっているのか、いまいちわかりづらい。この状況ですと、そう簡単にはオファーを出せないですね。過去の経緯もありますし」(以下同) 小林麻耶は青山学院大学時代に明石家さんま司会の恋愛トーク番組『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演して話題を振りまき、2003年にTBSにアナウンサーとして入社。『チューボーですよ!』や『輝く!日本レコード大賞』など局の看板番組の進行役を務め、人気アナとして多忙な日々を送った。2009年に退社し、妹・麻央さん(故人)が在籍していた『セント・フォース』に所属。独立直後にメインキャスターを務めた『総力報道!THE NEWS』(TBS系)は視聴率低迷により1年で幕を閉じたが、『バイキング』(フジテレビ系)などバラエティで活躍していた。「もちろんテレビ復帰の可能性がないわけではない。ただ、ここ数年はトラブルメーカーのイメージが付いて回っている。また、30年前と違って、今のテレビは面倒なイメージの付いた人を避けたがる傾向もある。昔なら、ワイドショーが直撃に行って話題になり、すぐにどこかの局が番組で起用していたでしょう。面倒そうな人のほうが視聴率に結び付くし、そういう人が求められる場所がテレビだった。しかし今のテレビはお行儀のいい人、トラブルのない人しか出られないような空気になっている。小林麻耶さんのテレビ復帰はハードルが高いかもしれません」(テレビ局関係者)“芸能界の駆け込み寺”の助け舟だったが… 2016年、麻耶は仕事と乳がんで闘病生活を送る妹の看病などで過労に陥り、活動を休止した。翌年6月には最愛の妹を亡くした。そして2018年7月に結婚。同時に芸能界引退を表明したが、1年も経たないうちに復帰を果たし、フリーアナウンサーの生島ヒロシが会長を務める生島企画室に所属した。芸能プロダクション関係者が事情を明かす。「生島企画室は“芸能界の駆け込み寺”とも言われていて、スキャンダルで追われた人やトラブルのあった人など、いわゆる“扱いづらい芸能人”を再生してきた事務所です。どこのプロダクションも触れないようにしていたせんだみつおさんにも救いの手を差し伸べたほどです。逆に言えば、その時点で他の事務所は麻耶さんに対して“様子見”の状態でした」 復帰後の麻耶は持ち前のタレント性で、バラエティに引っ張りだことなり、2020年2月から朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)のレギュラーにも抜擢された。しかし、11月12日に自身のYouTubeチャンネルで「番組に出演できないことになりました」と報告。スタッフからいじめを受けていたとも話したが、TBS側は否定。同日、生島企画室は「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」と契約終了を発表した。「麻耶さんが復帰してテレビに出られたのは本人の力もありますけど、生島企画室の営業力も大きかったと思いますよ。せっかく助け船を出してくれた事務所と後味の悪い別れ方をしていますし、積極的に手を出すプロダクションは現状ではないと思います。麻耶さんが心身ともに昔のように戻って、みんなが納得のいく形で今までのことを説明できるようになれば、その時ようやく新たな一歩が踏み出せるといった感じでしょうか。 元々、愛嬌のある人ですし、みんなに笑顔を振りまいて感じの良いイメージでした。スタッフに嫌われることも昔はなかった。本当に仲の良かった妹を亡くして、心身ともに疲れ切っていたのでしょう。まだ人生は長いですし、持ち直してほしい」(芸能プロダクション関係者)【この記事のその他の写真はこちらから!小林麻耶が野外で施術を受けてもだえる姿を見せていたことも】
2022.03.11 16:00
NEWSポストセブン
松田聖子「もう二度と離れたくない」 沙也加さんと一緒に入るためのお墓探し
松田聖子「もう二度と離れたくない」 沙也加さんと一緒に入るためのお墓探し
 愛娘の死から3か月。悲しみに一区切りつけ、松田聖子(60才)は日常を取り戻しつつある。そのきっかけは異例の法要だった。納骨をしない、墓もない──しかし、それこそが母親ができる娘への最大の贖罪だった。 昨年12月18日に亡くなった神田沙也加さん(享年35)の四十九日法要が1月30日、都内の某寺で営まれた。ここは、聖子が2012年に再々婚したA氏一族の菩提寺。遺骨は聖子が保管しており、法要後も納骨されずに持ち帰ったという。 聖子と沙也加さんは、これまで何度も親子間の亀裂が報じられてきた。「2人はかつて、一卵性親子と呼ばれるほど仲のいい親子でした。ですが、似ているがゆえに衝突も多かったのでしょう。沙也加さんの交際相手を巡っては、かなり激しい口論になったこともあります。 沙也加さんにしてみれば、男性に関しては“好き勝手やっているママには言われたくない”という思いもあったようです。一時は弁護士を介さなければ“会話”が成立しないときもあったほどです。親子関係は最後まで改善されなかったといわれています」(芸能関係者) そんな沙也加さんの味方は、聖子の母で祖母にあたる一子さんだった。「忙しい両親に代わって、一子さんは沙也加さんにとって母親代わりでした。聖子さんとの関係がよくないときも、一子さんは沙也加さんに寄り添っていたんです。でも2017年を境に、一子さんと沙也加さんの関係が悪くなってしまったんです」(沙也加さんの知人) 2017年4月、沙也加さんは9才年上の村田充(44才)と結婚(2019年に離婚)。聖子と連絡を絶っていた沙也加さんは、一子さんには真っ先に結婚の報告をした。だがその反応は意外なものだった。「祝福の言葉をもらえると思っていた沙也加さんですが、一子さんは結婚に難色を示した。孫のことはかわいいけれど、結婚となると“松田聖子の財産を継ぐ存在”になる。村田さんがいけない、ということではなく“もっと吟味してほしい”という思いが勝ったそうです。一方の沙也加さんは、家族が祝福してくれないことに落胆し、知人に“こんな家族はもう嫌だ”と漏らしていました」(沙也加さんの知人) 以来、沙也加さんは母だけでなく祖母とも疎遠になったという。亀裂が入ったままの家族関係は修復されることなく、沙也加さんは旅立ってしまった。「聖子さんは自宅で沙也加さんのお骨に向き合いながら、自問自答することも多いようです。一人娘に寂しい思いをさせ続けた自分を責めています。聖子さんは沙也加さんの入学式や卒業式、結婚式といった節目に立ち会ったことがありません。娘がどれほど孤独を感じていたのか。当時を振り返りながら胸を痛めています」(前出・芸能関係者) 自分と向き合い娘の“これから”を考える日々──。「聖子さんはたった1人の血を分けたわが子である沙也加さんと、もう二度と離れたくないという思いが強くなっているようです。いずれは沙也加さんと一緒に入るからと、いまはお墓探しをしていると聞いています。しばらくは自宅でお骨を安置し、母と娘が永遠に一緒にいられる“居場所”が見つかり次第、納骨されるのでしょう」(前出・芸能関係者) 3月10日、聖子は還暦を迎え、17日後には沙也加さんの百箇日を控えている。古くから還暦には出直すという意味が込められ、百箇日は遺族が泣き悲しむことから卒業する日とされてきた。事実、聖子は前に進み始めている。3月7日、沙也加さんの訃報を受けて中止になっていたディナーショーが4月から再開されることが発表された。さらに同日からファンの手元に届き始めたファンクラブの会報誌からも、聖子の変化が見て取れる。「ここ数年、聖子さんはメディアで沙也加さんに言及することは一切ありませんでした。でも今回届いた会報誌には、沙也加さんとの思い出や愛娘を亡くした悲しみなどが4ページにわたって掲載されています。そのなかに“これからは彼女の分まで歌っていきたい。彼女と一緒に歌っていきたい”という言葉もありました。聖子さんのなかで沙也加さんは生き続けているのかもしれませんね」(ファンクラブ会員の1人) 沙也加さんの遺影は、ステージ衣装をまとった女性が、いまにも歌い出しそうに両手を広げているもの。その表情は多くのファンを魅了した、あの笑顔だった。聖子が一緒に歌いたい愛娘の姿なのだろう。悲しみを乗り越えて、聖子は沙也加さんと一緒に再出発を切っている。※女性セブン2022年3月24日号
2022.03.11 11:00
女性セブン
【動画】伊藤健太郎「山本舞香と破局宣言」は泣けるほどの男気だった 
【動画】伊藤健太郎「山本舞香と破局宣言」は泣けるほどの男気だった 
 昨年夏に破局が報じられた伊藤健太郎さんと山本舞香さん。 その後も、伊藤さんのマンションを訪れる山本さんの姿がキャッチされ、復活愛かと騒がれました。 しかし、伊藤さんの事務所は「山本さんは、今は友人の1人」と強く否定。それについて伊藤さんを知る芸能関係者は「二人の交際はいまだに続いていると言われています。でも交際を認めるわけにはいかない、というのが伊藤さんの思いです。山本さんに迷惑をかけないよう、仕事に邁進する姿勢だけを見せていく。いまどき珍しい、泣けるほどの男気なのです」と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.03.11 07:00
NEWSポストセブン
もだえる小林麻耶
小林麻耶が離婚 國光吟氏のブログで深まる謎「4か月前には別離」か
  フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が、自身のブログで夫・國光吟氏(38)のブログをリブログし、離婚したことを発表した。國光氏はブログで「すごく大事なことを書きました長いですが最後まで読んで頂けると幸いですよろしくお願いします」というタイトルの文章をアップ、離婚していたことを綴った。 その中で國光氏は、〈離婚はしましたが紙切れ上の話ですご存じのように僕と麻耶ちゃんは今でも仲良しです〉〈戸籍上は夫婦ではないかもしれませんですが魂では夫婦ですそれはお互いに共通の認識です〉と書き、今も仲がいいことを強調している。 ただし、謎なのは「いつ離婚したか」、離婚してから時間が経っているとしたら「なぜこのタイミングでの発表になったのか」である。 小林は最愛の妹・小林麻央さんが亡くなって間もない時期にセラピーを通じて國光氏と急接近し、2018年7月、出会って2か月での電撃婚に至る。当時は「交際ゼロ日婚」というワードが話題となった。 小林は夫にぞっこんで、彼女の仕事に國光氏が同行し、スタッフにまで指示を出したこともあったという。テレビ局関係者によると、番組側が國光氏に同行しないよう頼むと、今度は小林が精神的に不安定になるほどだった。 トラブルの末に2020年11月、小林はレギュラーコメンテーターを務めていた『グッとラック!』(TBS系)を降板。所属事務所である生島企画室との契約も終了した。 そうした中、2021年3月に夫婦は別居を開始したと報じられた。夫と物理的に離れ、小林は周囲に「目が覚めた」と話していたとも伝えられた。 別居後は小林の芸能活動再開の動きが見られたほか、義弟にあたる歌舞伎役者・市川海老蔵(44)一家との付き合いも復活した。別居により、小林は國光氏と決別したと思われていたが、11月に入って『週刊文春』が、2人が「同居」していることを報道。復縁かと見られていた。 こうした経緯から、「いつ別れたか」がはっきりしないのだ。 ベテラン芸能記者はこう語る。「國光氏はブログの中で、〈離婚発表はしなくていいよと海老蔵さんにアドバイスをされたのに勝手におかえりとブログにかかれてしまい〉また週刊誌の記者に追われる日々が続きました〉と書いています。市川海老蔵さんが『おかえり』とブログに書いたのは昨年10月29日。その頃には離婚していたのかもしれません」 当時、海老蔵は「久しぶりに!! 今日は麻耶ちゃんと晩御飯 本当色々あったけど、おかえり」「心配しすぎて気絶してました」「本当によかったです。。」と綴っていた。 遡れば、小林はブログにしばしば國光氏を登場させていたが、昨年の別居後は夫の話題は出ず、昨年7月24日の結婚記念日にも一切触れていなかった。その頃には、何か決意していたのかもしれない。 冒頭のブログで〈戸籍上夫婦をしてる方よりも夫婦だと思っています〉〈宇宙で一番妻を愛してる夫だと思っています〉とも記していた國光氏。現在どういった関係なのか、今のところ、小林からはそれに対する説明はされていない。 結婚も唐突だったが、離婚発表も突然だった。
2022.03.10 19:10
NEWSポストセブン
神田沙也加さん
神田沙也加さんの遺骨の行方 神田家の墓や聖子の菩提寺に納骨できない理由
 ステージ衣装をまとった女性が、いまにも歌い出しそうに両手を広げている。その表情は多くのファンを魅了した、あの笑顔だった。これは昨年12月18日に亡くなった、神田沙也加さん(享年35)の遺影だ。ある舞台に出演した際のワンシーンで、沙也加さんお気に入りの一枚だという。 沙也加さんは生前、「自分の居場所は舞台」と常々口にしていた。その彼女の思いをくんだ母・松田聖子(60才)は、沙也加さんがゆっくりと眠りにつける「場所」を新たに探し始めていた。 1月30日、都内の某寺で沙也加さんの四十九日法要が営まれた。「この日沙也加さんの遺影に手を合わせたのは、父の神田正輝さん(71才)を含む10名ほどです。当日は聖子さんが沙也加さんのお骨を自宅から持ってこられました。ですが納骨はされませんでした。法要が終わると、聖子さんがお骨を持ち帰っています」(寺の関係者) 法要が営まれたのは、聖子が2012年に再々婚したA氏一族の菩提寺だった。「命日から3つの月をまたいで四十九日を営むのは、縁起が悪いとされています。沙也加さんのお墓はまだ決まっていなかったのですが、供養は1月中にしてあげたい。そう考える聖子さんが、Aさんの菩提寺でまずは法要を行ったようです」(前出・寺の関係者) 沙也加さんの今後を気にかけているのは神田も同じだ。東京・新宿には神田の母・輝子さんが眠る寺がある。「神田さんは父親として、自分のそばで眠らせたいという気持ちもあったようです。ですが自分の母と同じお墓に入れてしまうと、聖子さんがお墓参りをするときに気を使わせてしまう。それでは沙也加さんが寂しい思いをするのではと考えたようです。お寺側は“沙也加さんはあちら(聖子側)のお墓に入る”と聞いているそうです」(芸能関係者) 聖子側の菩提寺は地元の福岡県にある。1997年に他界した父・孜さん(享年72)が眠っているのだが、そこには沙也加さんを納骨できない事情がある。「聖子さんのお父さんのお骨は、亡くなって24年が経ったいまも納骨堂に納められたままなんです。つまり、沙也加さんが入れる蒲池家(聖子の旧姓)のお墓はまだ建っていないことになるんだと思います」(前出・芸能関係者) 聖子は沙也加さんの遺骨を前に、「居場所」探しに苦悩している。四十九日法要を営んだ寺の関係者は、あの日、聖子の胸の内を聞いている。「聖子さんは“沙也加さんのお墓はまだ決まっていなくて、いまいろいろと考えている”とおっしゃっていました。場所もそうですが、どういう形で眠らせてあげるべきか、とても悩んでいらっしゃるご様子でした」※女性セブン2022年3月24日号
2022.03.10 16:00
女性セブン
雨のなか会見にのぞむ斎藤ちはるアナ(2019年)
テレビ朝日・斎藤ちはるアナ『羽鳥慎一モーニングショー』3月末で降板へ
 テレビ朝日の斎藤ちはるアナ(25)がレギュラーを務める朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜・午前8時)を降板することがわかった。番組関係者は、「斎藤アナは3月末で降板の予定で、すでに一部共演者やスタッフにはそのことが伝えられています」と明かす。 斎藤アナは2011年から乃木坂46の初期メンバーとして活動していたが、2018年にグループを卒業。2019年4月からテレビ朝日に入社し、アナウンサーとして活躍している。入社式当日に『羽鳥慎一モーニングショー』でデビューするという特別待遇を受けるなど斎藤アナにとって思い入れが深い番組だったはずだが、3年での降板となる。斎藤アナの降板を知ったテレ朝局員は驚きの声を隠せない。「元・乃木坂46というブランドを誇示せず、局内ではいつも謙虚です。入社するまでほとんど読んだことがなかったという新聞も毎朝欠かさず読み、近頃は自分の意見もしっかり言えるようになっていた。若者はもちろん、年配の視聴者からも好感を持たれていて、入社3年で弘中綾香アナ(31)と匹敵するほどの人気があった。この番組を通じて、局を代表する看板アナになる途上だったので、このタイミングでの降板には唐突な印象があります」 斎藤アナといえば、昨年6月、TBSの小林廣輝アナ(28)との交際が報じられた。そして、今年2月には年上の一般男性との新恋人が報じられたばかりだった。「報道後には斎藤アナが関係者に『迷惑をかけてすみません』と頭を下げていた」(同前)というが、今回の降板と関係があるのだろうか。テレ朝のプロデューサーはこう語る。「それはおそらく関係ないでしょう。局の上層部には『少し脇が甘いんじゃないか』という意見もありましたが、独身同士で交際そのものに問題は全くありませんから。 斎藤アナは入社以来、常に多忙なスケジュールでした。平日朝の番組をやりながら、バラエティー番組のレギュラーを複数かけもちするなんて今の時代では考えられません。局が斎藤アナに期待しているのは間違いないので、ここは一度リフレッシュさせてあげようと判断したからではないでしょうか」 テレビ朝日に斎藤アナの降板と、その理由について聞くと「4月改編に関しては、まだ決まっておりません」と回答があった。新天地での活躍を期待したい。
2022.03.09 19:40
NEWSポストセブン
松田聖子
松田聖子、亡き娘・神田沙也加さんと「一緒に歌っていきたい」 FC会報で明かした胸中
 娘・神田沙也加さん(享年35)の死を乗り越えて、いよいよ歌手・松田聖子(59)が再始動する。昨年12月18日、沙也加さんは札幌市内のホテルから転落して亡くなった。愛娘の急死にともない、聖子は年末に予定されていたディナーショーを中止し、大晦日のNHK紅白歌合戦への出場も辞退した。 沙也加さんの父親で元夫である俳優・神田正輝(71)が『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)への生出演を続けた一方で、聖子は表舞台から遠ざかっていた。しかし、1月30日に沙也加さんの四十九日法要を終えて、そろそろ活動復帰ということだろうか。4月9日~10日にGRANDプリンスホテル新高輪、5月5日~7日にホテルニューオータニ大阪で『松田聖子 プレミアムディナーショー2022』を開催することが発表された。「2020年は新型コロナ感染拡大、2021年は沙也加さんのことがあったため、聖子さんがディナーショー大阪公演を行うのは約2年半ぶりです。久々の大阪公演ということもあって、即完売することが予想されます」(レコード会社社員)ディナーショーに先駆けて、3月5日より聖子のオンラインショップで新グッズも発売された。「新グッズは、3月10日の誕生日を記念したものです。今年、聖子さんは60歳になります。還暦という大きな節目を復帰のタイミングとしたのかもしれませんね。また、同時期にファンクラブ会報も発送されたようです」(前出・レコード会社社員) 会報はどんな内容だったのか? 数十年来の聖子ファンが明かす。「4ページにわたって、聖子ちゃんからのメッセージがつづられていました。沙也加さんとの思い出を振り返り、娘を失った悲しみを吐露しています。聖子さんは何もできない日々を過ごしていましたが、沙也加さんが亡くなって2か月経った頃、『私がこんなふうに悲しんでいるだけではいけない』と思い直したそうです。『これからは彼女のぶんまで歌っていきたい。彼女と一緒に歌っていきたい』という決意表明に、私も涙が止まりませんでした。会報では6~8月にさいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、日本武道館など5都市8公演をめぐる大規模なコンサートツアーを開催することも発表されました。再スタートを切った聖子ちゃんを応援していきます」(聖子ファンの50代女性) 聖子と沙也加さんは、母娘の確執でも注目を集めた。沙也加さんが舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』で共演した俳優・村田充と2017年に結婚した際は(2019年に離婚)、沙也加さんが聖子の事務所から独立し、聖子も娘の結婚式に出席しなかったことが「母娘の断絶」と取りざたされた。 しかし、聖子にとって沙也加さんが愛する娘だったことに間違いはない。1997年にリリースした『私だけの天使〜Angel〜』では、沙也加さんへの愛情を込めて自ら作詞を担当した。「天使」「宝物」「生きがい」と娘への愛情を歌う同楽曲のシングルのジャケットには、母娘で繋いだ手の写真があしらわれていた。 確執と和解を繰り返し、近年はメディアでお互いについて語る機会もなかったが、聖子の胸には彼女なりの娘に対する愛情が常にあったのだろう。沙也加さんの想いも背負って、これからも聖子は歌い続ける──。
2022.03.07 20:00
NEWSポストセブン
ロケ現場に現れたマスク姿の伊藤健太郎(2022年2月)
伊藤健太郎「山本舞香と破局宣言」は泣けるほどの男気だった
 満開の梅の花の下で、大きなバンから降りてきたのは、俳優の伊藤健太郎(24才)。丈の長いベンチコートの中には、衣装のデニムの青いシャツが覗く。2月上旬の千葉県の海沿いは寒さも厳しかったが、不祥事からの再始動後の初のドラマ出演作『闇部-REAL-』の現場は明るいムードに包まれていた。 ひかりTVオリジナルドラマで、3月4日から配信がスタートした。あるテレビ局のドラマ制作関係者は「地上波ドラマではありませんが、いまだに需要があるという証で、伊藤さんには意味のある仕事になっています。事故を起こす前の人気は高かったし、業界でも注目している関係者は多いですよ」と語る。 ドラマも映画もヒットした『今日から俺は!!』シリーズでのヤンキー高校生役が大当たりして、ブレーク。2020年のNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』で、ヒロイン戸田恵梨香(33才)の息子役を好演。一気に若手俳優の筆頭格にのし上がった。 そんな矢先の2020年10月28日。都内で車を運転中にバイクと接触事故を起こし、その場から1度立ち去ったことで、自動車運転処罰法違反及び道路交通法違反の疑いで警視庁に逮捕され、大きなニュースになった。「最終的に不起訴処分になったが、勾留先の東京湾岸署から釈放されたシーンは印象も大きく、すぐに活動休止。コンプライアンスが厳しい令和の時代では、スポンサーも嫌がりますから」(前出・テレビ局関係者) 昨年6月からファンクラブを発足させて、写真展、舞台と、少しずつ復帰を果たしてきていた。 一方で、年明けからは私生活の部分をちらほらと報じられている。昨年夏には、事故前から交際していた女優の山本舞香(24才)との破局が報じられた。しかし、1月6日の『週刊文春』では、山本がロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカルHiro(28才)とのディズニーランドデート、さらには山本が伊藤の家に帰宅した様子を報じた。 その後も2月に山本が夕食の材料を買い込み、伊藤のマンションを訪れた場面を『女性自身』にキャッチされている。 山本の二股疑惑、もしくは復活愛かと騒がれたが、伊藤の所属事務所は『女性自身』の取材に「山本さんは、今は友人の1人」とコメント。以前までのグレーな回答と違い、強い否定に事実上の破局宣言とも取られ始めている。 あの事故を境に二人の関係に大きな変化があったようにうかがえる。だが、伊藤を知る芸能関係者はこう話すのだ。「二人の交際はいまだに続いていると言われています。でも交際を認めるわけにはいかない、というのが伊藤さんの思いです。あの事故のことで山本さんに大きな迷惑をかけてしまった。彼女の仕事にも少なからず影響があったようですからね。今も自分と交際が続いていることで、再び迷惑をかけるわけにはいかないと彼は考えているのでしょう。結婚でもしない限りは、当面は交際を否定し続けて、仕事に邁進する姿勢だけを見せていくという、いまどき珍しい、泣けるほどの男気なのです」 逆に、伊藤が世間の大バッシングを浴びても、見捨てずに付き添ってきた山本は、自他ともに認める「嘘がつけない」性格。山本の所属事務所が『女性自身』に「プライベートのことは本人に任せています」と否定をしなかったのは、精いっぱいの誠意ともみえる。 最愛の女性を守る伊藤と、振る舞いは奔放でも、嘘やコソコソした言動を良しとしない山本。傍目から見る以上に、強い絆で結ばれていると言えそうだ。
2022.03.06 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト