• TOP
  • 暴力団

暴力団一覧

【暴力団】に関するニュースを集めたページです。

山口組分裂抗争 「68歳ヒットマン」出動の衝撃

山口組分裂抗争 「68歳ヒットマン」出動の衝撃

 10月は即位の礼が行なわれるためヤクザは抗争事件を起こさない──世間の予想は覆された。これにより山口組の分裂抗争は、全国の暴力団と警…

2019.10.23 07:00  週刊ポスト

今や事件捜査の主役は防犯カメラ?

元刑事が嘆く「ビデオ刑事」の増加と捜査能力の低下とは?

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき…

2019.10.20 07:00  NEWSポストセブン

なぜ「ヤクザ」が放送禁止用語に 暴力団を美化する懸念も?

なぜ「ヤクザ」が放送禁止用語に 暴力団を美化する懸念…

「NHKはまるで暴力団」──かんぽ生命保険の不正販売に関する報道についての日本郵政副社長の発言が物議を呼んでいるが、もしこれが「まるでヤ…

2019.10.16 16:00  NEWSポストセブン

暴力団の新たなシノギ バターたっぷり食パンや高級チョコも

暴力団の新たなシノギ バターたっぷり食パンや高級チョ…

 アワビやウナギなど、高級海産物の密漁に暴力団が関与していることが問題となっている。長年、暴力団による食品業界への関与を取材し、新…

2019.10.15 16:00  NEWSポストセブン

山口組分裂の原点にあった「芸能人ゴルフコンペ事件」

山口組分裂の原点にあった「芸能人ゴルフコンペ事件」

 山口組分裂抗争のキーマンとされる六代目山口組・高山清司若頭が、10月18日に収監中の府中刑務所から出所すると言われている。なぜ高山若…

2019.10.10 16:00  NEWSポストセブン

北朝鮮の不審船による緊張が続いた(写真提供/海上保安庁)

北朝鮮の工作船事件 日本の暴力団が関与したケースも

 北朝鮮の漁船が水産庁の船と衝突し、北朝鮮との関係性に再び緊張が高まっている。北朝鮮の船はこれまで幾度となく日本でトラブルを起こし…

2019.10.09 07:00  NEWSポストセブン

記者会見で頭を下げる関西電力の八木誠会長、岩根茂樹社長(時事通信フォト)

関電金品授受問題、その陰で「高浜町長暗殺計画」があった

 関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)から総額3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題は…

2019.10.08 07:00  週刊ポスト

山口組のハロウィンお菓子 もらわぬよう警察が圧力

山口組のハロウィンお菓子 もらわぬよう警察が圧力

 救急や自衛隊より被災地に駆けつけるヤクザ。だが、暴排条例によって、彼らの支援活動も大きく制限される可能性がある。ヤクザ事情に詳し…

2019.10.05 07:00  週刊ポスト

福島の廃炉作業、ヤクザがいないと進まない現実

福島の廃炉作業、ヤクザがいないと進まない現実

 大規模災害の被災地に、誰よりもはやく駆けつけるヤクザ。東日本大震災のときに起きた、福島の原子力発電所事故の関連作業にも、欠かせな…

2019.10.04 07:00  週刊ポスト

高山若頭が収監されている府中刑務所(AFP=時事)

六代目山口組No.2、高山清司若頭「10月18日出所」の情報

 2015年に3つに分裂した「山口組抗争」の最大の“キーマン”が戻ってくる。建設業者への恐喝罪で懲役6年の実刑判決が確定し、2014年から府中…

2019.10.02 07:00  週刊ポスト

台風15号の影響で屋根や壁が壊れた家屋と積み上げられたがれき(千葉県鋸南町 共同通信社)

災害を重視するヤクザが千葉の台風被災地に来なかった理由

 災害が起きて真っ先に被災地に駆けつけるのは誰か。警察か、自衛隊か、はたまたボランティア団体か。否、ヤクザである。災害が起きると、…

2019.10.02 07:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2019年10月11日号目次

週刊ポスト 2019年10月11日号目次

週刊ポスト 2019年10月11日号目次60歳からの「言ってはいけない」・2035年の高齢者 絶望の未来年表ベッド不足で入院を断わられる介護ヘル…

2019.09.30 07:00  週刊ポスト

暴力団には「お務め積立制度」が?

暴力団の出所祝い金事情 幹部になれば億単位も

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき…

2019.09.28 16:00  NEWSポストセブン

【著者に訊け】貫井徳郎氏 胸揺さぶるミステリ『罪と祈り』

【著者に訊け】貫井徳郎氏 胸揺さぶるミステリ『罪と祈…

【著者に訊け】貫井徳郎氏/『罪と祈り』/1700円+税/実業之日本社 貫井徳郎氏、約2年ぶりの新作のタイトルは、罪と罰ならぬ、『罪と祈り…

2019.09.27 07:00  週刊ポスト

高田文夫、若い芽に手を差し伸べるのも我が天命

高田文夫、若い芽に手を差し伸べるのも我が天命

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト…

2019.09.23 16:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス