北の国から一覧/2ページ

【北の国から】に関するニュースを集めたページです。

聖地巡礼ブーム 労を惜しまないマニアの驚愕のロケ地特定術
聖地巡礼ブーム 労を惜しまないマニアの驚愕のロケ地特定術
 アニメや漫画ファンの間では、作品内に登場した場所を訪れる“聖地巡礼”がブームだが、都内在住のIさん(40代・男性)は、ブームになる前から、自分が好きな作品のロケ地に行くのが趣味。気になる作品があれば、と…
2019.09.02 15:00
マネーポストWEB
倉本聰
倉本聰が貫くこだわり 台詞を変えた寺尾聰を二度と起用せず
『北の国から』(フジテレビ系)をはじめとする数々の名作を生み出してきたドラマ界の巨匠・倉本聰氏(84才)。4月から始まる“昼ドラ”『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)の脚本を手がけることでも話題を集めてい…
2019.03.17 07:00
NEWSポストセブン
さだまさし
カズレーザーの心に響く「さだまさし作品に溢れる人間愛」
 金髪に真っ赤な衣装がトレードマークのお笑い芸人カズレーザー(メイプル超合金)は、読書家で高学歴のインテリとしても有名だ。その歯に衣着せぬトークは10~20代の若者の支持を集めるが、このテレビにひっぱり…
2018.10.09 07:00
NEWSポストセブン
ネットテレビ 地上波に不満な中高年ほどハマりやすい
ネットテレビ 地上波に不満な中高年ほどハマりやすい
 元SMAPの3人が72時間にわたりネット上で生放送した番組が7400万総視聴数を記録、「『ネットテレビ』が地上波を超えた」と話題になったこともあり、気になっている人も多いはず。実はネットテレビは「最近のテレビ…
2017.11.13 11:00
週刊ポスト
田中邦衛、自宅でリハビリ 『北の国から』新作への期待も
田中邦衛、自宅でリハビリ 『北の国から』新作への期待も
 最後の放送から15年が経っても、いまだに北海道・富良野のロケ地には数多くのファンが足を運ぶ。『北の国から』の続編への期待が膨らむ陰で、独特な演技で人々を魅了した「五郎さん」も復帰に向けた道を着々と進…
2017.10.12 07:00
女性セブン
「まるで天使だった」の声が
田中邦衛が老人ホームから自宅復帰、妻が明かすリハビリ生活
『北の国から』(フジテレビ系列)の主役・黒板五郎役をはじめ、数々のヒット作に出演してきた田中邦衛氏(84)は、2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』への出演を最後に表舞台から遠ざかっている。 そんななか、田…
2017.10.02 07:00
週刊ポスト
倉本聰
倉本聰さん 40代に北島三郎の付き人経験、大きな影響受けた
 往年の大スターが勢ぞろいで、毎日の楽しみが増えた――今年4月からスタートした『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)が、いよいよクライマックスを迎える。大人のための帯ドラマとして新設さ…
2017.09.20 07:00
女性セブン
倉本聰
倉本聰が語る 『やすらぎの郷』石坂、浅丘、加賀の関係
 往年の大スターが勢揃いとなったドラマ『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)がクライマックス間近。脚本を手掛けた倉本聰さんが作品への思いを語る。 * * * 作品というのはいろいろ…
2017.09.15 07:00
女性セブン
「青春18きっぷ」を使って乗りたい「北海道の絶景路線」5選
「青春18きっぷ」を使って乗りたい「北海道の絶景路線」5選
 まもなく待ちに待った「青春18きっぷ」のシーズンがやって来る(発売期間:7月1日~8月31日。利用期間:7月20日~9月10日)。「青春18きっぷ」は、北は北海道から南は九州まで、1日あたり2370円でJRの普通列車が…
2017.06.25 11:30
マネーポストWEB
CMもドンピシャ 『やすらぎの郷』にかけるテレ朝の決意
CMもドンピシャ 『やすらぎの郷』にかけるテレ朝の決意
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、話題のドラマ『やすらぎの郷』について。 * * *『相棒』『科捜研の女』『警視庁捜査一課9…
2017.05.14 07:00
NEWSポストセブン
『やすらぎの郷』 石坂浩二がガチで深刻空気のガス抜きに
『やすらぎの郷』 石坂浩二がガチで深刻空気のガス抜きに
 4月3日から放送がスタートした昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)は、『北の国から』(フジテレビ系)などで知られる脚本家・倉本聰氏のオリジナル脚本。 ドラマの舞台はテレビ業界の功労者だけが集…
2017.04.11 07:00
女性セブン
さだまさしも罹った「放っておけない病」とは
さだまさしも罹った「放っておけない病」とは
 21世紀は災害の世紀だといわれている。そして、災害のたびにボランティア活動も脚光を浴びている。チェルノブイリや福島などへの医療支援活動を続けている鎌田實医師が、同じように被災地支援をせずにはおれない…
2016.12.02 16:00
週刊ポスト
さだまさしが被災地支援基金を立ち上げたきっかけ
さだまさしが被災地支援基金を立ち上げたきっかけ
 さだまさし──日本一旅をしている歌手と断言してもいいかもしれない。1976年にソロ歌手となってから積み上げたコンサート回数は4200回以上で、もちろん日本人断トツの1位。単純計算で、年間100回以上のコンサート…
2016.12.01 07:00
週刊ポスト
超愛妻家を公言する岩城滉一 なぜ週3回の銀座通いが可能?
超愛妻家を公言する岩城滉一 なぜ週3回の銀座通いが可能?
 場所は東京・世田谷の閑静な住宅街。自宅のガレージのシャッターが上がると、人懐こい笑顔で手招きする岩城滉一(65)の姿があった。「ここは完全にプライベート空間だから、滅多に人に見せたりしない。今日は特…
2016.06.26 07:00
週刊ポスト
岩城滉一 大事故を経験してもレースに携わり続ける理由
岩城滉一 大事故を経験してもレースに携わり続ける理由
 耳をつんざくレーシングバイクのエンジン音、焼け焦げたタイヤの匂い、サーキットに轟く観衆のどよめき─興奮に包まれた「全日本ロード選手権シリーズ第3戦」の開催地・栃木県茂木町の「ツインリンクもてぎ」。だ…
2016.06.24 07:00
週刊ポスト

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン