国内一覧/8ページ

国内ニュースを集めたページです。重大事件・事故の裏側や、めまぐるしく移り変わる政治情勢なども解説。昨今の世相や皇室の最新情報なども取り上げます。

今年の卒業式での「帽子投げ」(時事通信フォト)

防衛大が軟禁状態で異常事態 脱走、不審火、自殺未遂、…

 新型コロナウイルス対応では、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」など現場の最前線で活動し、感染者を出さずに任務を遂行した自衛隊…

2020.06.15 11:00  週刊ポスト

世界で最も若くして大学院へ進学したローラン・シモンズ君

後天的な天才女性、雷に打たれてピアノの才能開花した

“天から才能を授かった人”を意味する「ギフテッド」と呼ばれる人々。おおよそIQ130以上という高い知能や才能を生まれつき持つ人を指し、その…

2020.06.15 07:00  女性セブン

藤井聡太七段 将棋界の未来を懸けた「超過密日程」の影響

藤井聡太七段 将棋界の未来を懸けた「超過密日程」の影響

 6月8日の棋聖戦5番勝負第1局で、藤井聡太七段(17)が10時間を超える死闘の末に渡辺明棋聖(36)を破り、好スタートを切った。17歳10か月2…

2020.06.15 07:00  週刊ポスト

小泉進次郎&加藤勝信大臣、コロナ対応での閣僚の空虚な言葉

小泉進次郎&加藤勝信大臣、コロナ対応での閣僚の空虚な…

 新型コロナに関して安倍首相は計8回、総国民に向けて会見を開いたが、振り返れば「虚言」「詭弁」「責任逃れ」ばかり。一方で、安倍首相の…

2020.06.15 07:00  週刊ポスト

政権と受注先との「距離感」も問われた(共同通信社)

コロナ補正予算の謎事業 空港に生け花、キャンプ場にWi-…

 緊急経済対策の事業規模は第1次・第2次補正予算を合わせて総額200兆円超に膨れ上がった。だが、その巨額予算の中には、各省庁がどう見ても…

2020.06.15 07:00  週刊ポスト

コロナによる「間質性肺炎」 早期で肺全体に損傷、治療困難

コロナによる「間質性肺炎」 早期で肺全体に損傷、治療…

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、注目度が高まるのが「肺炎」だ。実は一口に肺炎といってもさまざまな種類があり、起こる場所によ…

2020.06.15 07:00  女性セブン

安倍首相バラ色発言「コロナに打ち勝った証として五輪を」他

安倍首相バラ色発言「コロナに打ち勝った証として五輪を…

 新型コロナに関して安倍晋三首相は計8回、総時間460分、国民に向けて会見を開いたが、振り返れば「虚言」「詭弁」「責任逃れ」ばかり。そ…

2020.06.14 16:00  週刊ポスト

歌舞伎町では都職員らが感染防止呼びかけの巡回をおこなっている(時事通信フォト)

歌舞伎町の「スカウト狩り」 コロナで窮した末に勃発

 ドラマや映画にもなった漫画『新宿スワン』は、2000年代の歌舞伎町を主な舞台としてスカウトマンの主人公と彼を取り巻く様々な人や出来事…

2020.06.14 16:00  NEWSポストセブン

雅子さまが取り組む子供の貧困問題、5000万円寄付の本気

雅子さまが取り組む子供の貧困問題、5000万円寄付の本気

 日本の子供の貧困率は約14%で、先進国の中でも特に高い。さらにいま、コロナによる親の収入減などで、子供の生活はさらに追いつめられて…

2020.06.14 07:00  女性セブン

2013年、米・ニューヨークの料理学校のキッチンで

内科医辞めて料理人に転身、今は自給自足するDr.Misoの人生

 進級、進学、就職、結婚、出産…同じように見えて人の歩みは十人十色。節目節目でどんな人に出会い、どんな出来事に遭遇したか。そのときに…

2020.06.14 07:00  女性セブン

test

天才の原石“ギフテッド” 基礎学習に使う時間短く議論好む

 高いIQを持ち偉業を成し遂げた人を天才と呼ぶならば、その“原石”といえる人たちがいる。「ギフテッド」と呼ばれる人たちだ。ギフテッドは“…

2020.06.14 07:00  女性セブン

安倍首相の根拠なき楽観論「未来を先取りする変革進める」

安倍首相の根拠なき楽観論「未来を先取りする変革進める」

 新型コロナに関して安倍晋三首相は計8回、会見を開いたが、振り返れば「虚言」「詭弁」「責任逃れ」が目立った。それを検証する。 3月14…

2020.06.14 07:00  週刊ポスト

逃走の際の様子が本人から明かされた

「自転車で1000キロ逃走」樋田淳也被告の獄中手記

〈目的地がない移動です。自首する勇気もなかったので捕まるまで行くあてなく彷徨っていました〉──便箋を開くと、目に飛び込んでくるのは、…

2020.06.14 07:00  週刊ポスト

コロナ対応での閣僚の空虚な言葉 萩生田光一&西村康稔大臣

コロナ対応での閣僚の空虚な言葉 萩生田光一&西村康稔…

 新型コロナに関して安倍晋三首相は計8回、国民に向けて会見を開いたが、振り返れば「虚言」「詭弁」「責任逃れ」ばかり。一方で、安倍首相…

2020.06.13 16:00  週刊ポスト

コロナは神経にも影響

新型コロナの注目すべき後遺症 気分障害、血栓、急性心…

 感染すると肺に大きな損傷を与える新型コロナウイルス。しかし、実際には、肺だけでなく、内臓や足の指先、脳内にいたる全身に深刻な損傷…

2020.06.13 16:00  女性セブン

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス