• TOP
  • ライフ
  • 魚を食べるとき、カロリーを低くする方法とは?

ライフ

2010.10.12 17:00  女性セブン

魚を食べるとき、カロリーを低くする方法とは?

 11月21日、全国14か所で「ダイエット検定」が行われる。一般向けの2級とプロ向けの1級があり、検定料は6300円と7350円。公式テキスト「ダイエット検定」(2100円)も発売。

そんなダイエット検定から3問紹介します。

Q1:“diet”という英語としての本来の意味・使用法について、正しくない記述を1つ選べ。

1.古代ギリシャ語の「生活様式」が語源であるとの説が有力である。

2.国会、議会という意味を持つ。

3.日本で意味するところの“減量、やせる”という意味でも使われる。

4.日本で一般的に使われる“ダイエット”を意味する正確な英語表現は、“Weight Loss”がその代表である。

Q2:内臓脂肪について、正しい記述を1つ選べ。

1.内臓脂肪は、皮下脂肪より消費されやすいといわれる。

2.内臓脂肪はお腹の皮膚の真下についている場合も多く、指でつかめることもある。

3.一般的に、小腸の周辺につく脂肪は内臓脂肪とはいわない。

4.一般的に、内臓脂肪は女性につきやすく、男性にはつきにくい。

Q3:生のあじを調理した場合、いちばんカロリーが低い調理法を選べ(いわゆる調味料は追加しないものとする)。

1.塩焼き(網)

2. 素揚げ

3.刺身

4.フライ

A1:3.日本で意味するところの“減量、やせる”、という意味でも使われる。ダイエットには、食事療法という意味もある。その結果に由来して、本来の意味から逸脱した和製英語となった。

A2: 1. 内臓脂肪は、皮下脂肪より消費されやすいといわれる。内臓脂肪は、女性より男性のほうがつきやすいとされていて、指でつかむこともできない。

A3:1.塩焼き(網)シンプルな網焼きは、食材の脂が落ちるため、カロリーがダウンする。いちばんカロリーが高いのはフライだ。

※女性セブン2010年10月21日号

関連記事

トピックス