• TOP
  • 芸能
  • 『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」

芸能

2011.06.19 07:00  女性セブン

『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」

 うなぎのぼりの高視聴率で、いま話題のドラマチック・サンデー『マルモのおきて』(日曜夜9時~、フジテレビ系)。笹倉薫役の芦田愛菜ちゃん(6)と友樹役の鈴木福くん(6)が歌うテーマ曲『マル・マル・モリ・モリ!』もダンスとともに大人気だ。そこで、番組プロデューサーの橋本芙美さんに『マルモのおきて』に関するトリビアを教えてもらった。

 負けん気の強い姉に泣き虫な弟。薫と友樹が涙するシーンには大人も思わず涙腺が刺激されてしまうが、あれって本当に泣いてるの?

「当初はメイクさんが目薬を用意したのですが、実際には使っていません。ふたりとも、毎回本当に涙を流しています。福くんは“涙は自前でいきます”といって、阿部(サダヲ)さんをうならせていたほど(笑い)」(橋本さん)

 また、視聴率が12%台から15%台に上がった週には、スタッフみんなでお祝いをしたという。そのときにふるまわれたのは、愛菜ちゃんと福くんが作ったフルーツポンチ。

「カットフルーツを用意し、ふたりの好みでトッピングしてもらいました。愛菜ちゃんはいちご多め、福くんはみかん多めで、ふたりの特徴が出ましたね」(橋本さん)

※女性セブン2011年6月30日号

関連記事

トピックス