連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

高嶋政伸に兄殺害の「犯人は、私、私」と話しかけた女性いた

2011.08.08 07:00

 妻・美元(32)との泥沼離婚バトルの一方で、スピリチュアルにすがる高嶋政伸(44)の行動を以前当サイトではお伝えしたが、それは政伸だけではない。父・高島忠夫(81)や母・寿美花代(79)、さらには兄・政宏(45)もスピリチュアルな世界に傾

 妻・美元(32)との泥沼離婚バトルの一方で、スピリチュアルにすがる高嶋政伸(44)の行動を以前当サイトではお伝えしたが、それは政伸だけではない。父・高島忠夫(81)や母・寿美花代(79)、さらには兄・政宏(45)もスピリチュアルな世界に傾倒していったのだが、その原点にあるのが、政伸がまだ生まれる前、高島家を襲った惨劇だった。

 それは、いまから47年前の1964年8月24日の早朝に起こった。忠夫と寿美の間に生まれた、当時生後5か月の長男・道夫ちゃんが殺害されたのだ。犯人はその日のうちに判明。高島家でお手伝いとして働いていた17才の少女だった。

 そして、政伸が成人した20余年後のある日、再び高島家に戦慄が走る出来事が起こった。道夫ちゃんを殺害した女性が政伸の前に現れたのだという。

 高島家を知る人物は語る。「“犯人は、私、私”ってあっけらかんと話しかけてきたようです。政伸さんは“普通のおばさんだった”といっていました。その女性が本当に犯人だったのか、ただの嫌がらせだったのか、いまになっては確かめようもありませんが、驚いたでしょうね」

 また寿美のもとには、「犯人は早々に出所した」「子供も産んで何事もなかったように暮らしてる」「事件について話している」などという話がたびたびはいってきてたという。

「真偽はわかりませんけど、そんな話は寿美さんにとってもつらすぎる話。寿美さんは犯人が、“きっと反省してる”と思って気持ちを整理しようと頑張っていました。

 寿美さんと政宏さんは霊感体質ということもありますが、道夫ちゃんの魂とよく対話していたそうです。そんな姿を見て、忠夫さんも政伸さんもすいぶん感化されていましたね。そうして、あのファミリーはつながりをどんどん強くしていったんでしょう」(前出・高島家を知る人物)

 図らずも、離婚騒動で明らかになった政伸の深い信心。それは、あまりに悲しい高島家の悪夢から生まれたものだった。

※女性セブン2011年8月18日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP