芸能

最新芸能記事のRSS

川越シェフの15才年下美人秘書「シェフとデキてる」説を否定

2011.09.15 16:00

バツ2の過去を自ら公表しても、その人気にまったく陰りなし。イケメンシェフ・川越達也氏(39)のイタリアンレストラン『TATSUYA KAWAGOE』(東京・代官山町)は、彼のファンの女性客で2か月先まで予約がいっぱいだという。そんな彼にこん

バツ2の過去を自ら公表しても、その人気にまったく陰りなし。イケメンシェフ・川越達也氏(39)のイタリアンレストラン『TATSUYA KAWAGOE』(東京・代官山町)は、彼のファンの女性客で2か月先まで予約がいっぱいだという。そんな彼にこんな情報が。

「川越さんには、1年以上前からつきあっている恋人がいるんです。つきあい始めたのは、その女性・A子がまだ大学生のころでした。彼女は薬剤師を目指していたのですが、川越さんのために大学を中退して、いまは彼の店で働いているんです」(川越氏の知人)

本誌記者はA子さんとのコンタクトに成功。待ち合わせ場所のホテルのラウンジに現れたのは、ゆるふわ系の白いワンピース姿の美女。色白で細身の彼女は、モデルの西山茉希(25)を思わせる小顔でクリッとした大きな瞳が特徴的だ。差し出された名刺の肩書は『(株)タツヤ・カワゴエ 秘書』となっている。早速、川越氏との関係について尋ねると、「フフフ」と意味深な笑みを浮かべ、川越氏との出会いから話し始めた。

「社長(川越氏のこと)が私の中学校の保健の先生と友達だったんです。3年半くらい前にその先生のホームパーティーで知り合いました。ちょうどそのとき、私は将来どうしようかなという悩みを抱えていて、大学をやめました。3か月くらいフリーターをやって、仕事を探していたときに社長から手伝ってもらえないかといわれたんです」

彼女はまず店のホールをしながら、当時、川越氏の秘書をしていた女性についてマネジャーの仕事を覚えたという。超多忙な人気シェフゆえ、マネジャーの仕事もさぞ大変と思われるが、A子さんは川越氏の出演番組をほとんど見ていないのだという。交際についてA子さんは、以下にように否定した。

「お客さんにも“デキてるの?”とよく聞かれるので、女性セブンさんから連絡があったときは“お、来たか”って思いました(笑い)。でも、お互い一緒にいすぎて、男性、女性として見てないと思うんです。兄と妹、みたいな。肩揉んでみたり、つまらなそうにしてたら一緒にゲームしたり…」

最後に、A子さんに川越氏は男性としてどうかと聞くと、「せっかちなんですよね」とひと言。川越シェフより15才も年下の美人秘書は、彼のことを本当によ~く知っているカンジなのでした。

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP