芸能

最新芸能記事のRSS

逸見政孝氏 田丸美寿々を「20年に一人の逸材」と語っていた

2011.12.26 07:00

今でこそテレビの顔といえる女性アナウンサーだが、その存在感が急速に増したのが1980年代だった。バラエティ番組やスポーツ番組だけでなく、ニュース・報道番組の分野でも女性キャスターが視聴率のカギとなり始めていた。 先鞭をつけたのは1975年に

今でこそテレビの顔といえる女性アナウンサーだが、その存在感が急速に増したのが1980年代だった。バラエティ番組やスポーツ番組だけでなく、ニュース・報道番組の分野でも女性キャスターが視聴率のカギとなり始めていた。

先鞭をつけたのは1975年にフジに入社した田丸美寿々だろう。

当時を知る局関係者が証言する。

「田丸さんは、入社当時から“私は報道がやりたい!”と上司に訴えていた。しかし、当時は“重要なニュースは女に読ませられない”と当たり前のようにいわれる時代だった。彼女も最初はお天気ニュース専門だったが、1979年、念願かなって逸見(政孝・フジテレビアナウンサー)さんと2人で『FNN ニュースレポート』のメインキャスターに抜擢されたのです」

逸見は田丸について「20年に1人の逸材」と語ったこともある。田丸は1982年に同僚との不倫スキャンダルも取り沙汰されたが、1983年のフジ退社後も様々な報道番組の“顔”として活躍し続けた。

フジではその後も『スーパータイム』で、幸田シャーミン、安藤優子ら名キャスターが生まれた。安藤は現在も一線級で活躍する数少ない存在である。

田丸の活躍とほぼ同時期、NHKでも女性キャスターが台頭し始める。

1982年には『ニュースセンター9時』で宮崎緑が初の女性キャスターに抜擢された。その後も、後に政界転出する畑恵が夜7時のニュースを最年少で担当したり、局内で「ニュースの森田」との異名を取った森田美由紀などがメインキャスターの座についた。

今でもテレビ界では、「女性キャスターの最高峰はNHKの夜ニュース」(民放ディレクター)という意見が根強い。“報道のTBS”ですら看板番組の『NEWS23』には草野満代、膳場貴子と、NHK出身アナをキャスターに据えてきた。

※週刊ポスト2012年1月1・6日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP