芸能

戸田恵梨香の父親「松山ケンイチを紹介された」とポロリ告白

 7月5日、映画『ヘルタースケルター』の完成披露試写会に出席した俳優の綾野剛(30才)は、その後、恋人である戸田恵梨香(23才)の自宅に向かった。女性セブンはその様子をキャッチした。

 綾野が戸田の自宅にはいってしばらく経った夜8時半、戸田が大きな赤いキャリーケースを持ってタクシーに乗って出かけていく。その5分後、綾野も彼女より少し小さめのキャリーケースを手に、待たせていた車に乗って出発。

 ふたりは品川駅で合流すると、姫路行きの新幹線のグリーン車に乗り込んだ。ときおり、戸田は綾野の腕に頭をもたせかけて甘えるなど、終始ラブラブな雰囲気だった。そして、ふたりは新神戸駅で下車。神戸といえば、戸田の郷里──となると、いよいよ恋人を連れて実家へ結婚の挨拶だろうか…。

 しかし、結論からいうと、綾野が戸田の実家に足を運ぶことはなかったようだ。神戸市内にある戸田の実家を訪ねると、父親が、娘の交際について話してくれた。

──今回、戸田さんは綾野さんを連れてきているようだが、挨拶には来ました?

「いやいや…来てませんよ。今回、恵梨香が神戸にきたのは入院中のおばあちゃんをお見舞いするためだよ。もちろん病院にも彼は来ていません!」

──綾野さんに会ったことは?

「一昨年(2010年)の年末だったかな。私が仕事で東京へ行ったときに紹介されました」

 しかしながら、当時まだ収入が少なかった綾野の自信なさげな態度にあまりいい印象を抱かなかったという父親は、「親としては、彼はベストではない。きっと別れるだろうね…。結婚はないですね」とも話している。

 戸田といえば、綾野の前には関ジャニ∞・村上信五(30才)と交際していたが、父親は彼とも会っていた。

「恵梨香は真剣につきあうと黙ってられないみたいだよ。村上さんや松山ケンイチさん(27才)も紹介されたよ。彼らは素敵なかたたちでしたね(笑い)」

 綾野のことを語るときとは打って変わって、笑顔で元カレたちを絶賛する戸田の父親。しかも、どこにも報じられていない松ケンと交際していたことまで教えてくれて…。そして最後にこう笑った。

「恵梨香はいつも2年なんですよ。だからボチボチかな、なんてね(笑い)!」

 その言葉からは、愛娘が綾野と結婚することはないと確信しているようだった。

※女性セブン2012年7月26日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン