芸能

最新芸能記事のRSS

高岡蒼佑 宮崎あおいと共同名義の土地の持ち分が差し押さえ

2012.09.06 07:00

 どしゃぶりの雨が降っていた9月1日の夜、高岡蒼佑(30才)は、交際中の鈴木亜美(30才)と都内の中華料理店で夕食を楽しんでいた。ここは、高岡がデビュー前に住み込みで働いていた店で、当時、ホームレス同然だったという高岡を、何も聞かずに雇って

 どしゃぶりの雨が降っていた9月1日の夜、高岡蒼佑(30才)は、交際中の鈴木亜美(30才)と都内の中華料理店で夕食を楽しんでいた。ここは、高岡がデビュー前に住み込みで働いていた店で、当時、ホームレス同然だったという高岡を、何も聞かずに雇ってくれたという恩人が経営している。高岡は、この店主を前妻・宮崎あおい(26才)との結婚式にも招待したほどで、彼にとっては今でも大切な存在だ。

 離婚から8か月が経過した宮崎と高岡だが、いまでもまだゴタゴタが続いている。宮崎と高岡には、都内に約2億円で購入した共同名義の土地と建物がある。登記簿で確認すると、取得は2010年9月27日。建物については、宮崎が単独所有し、土地の持ち分は、宮崎が30分の29、高岡が30分の1で共同所有していることになっている。

 女性セブンは今年4月、高岡が離婚後の宮崎側の態度に納得がいかず、この土地を財産分与の対象として再請求しているとお伝えした。

 それから4か月、事態は急展開していた。この土地の高岡の権利分30分の1だけが8月28日、渋谷区から差し押さえられてしまったのだ。区によるこの差し押さえは、住民税の滞納ではないかと推測される。

「高岡さんは離婚後、仕事がなくなり収入が減ったと知人に嘆くこともあったそうです。自宅マンションの電気代も滞納するほどお金のやりくりに四苦八苦しているみたいですよ」(芸能関係者)

 中華料理店から出てきた高岡に話を聞いた。

「昔よりはもちろん収入は減りましたが、ちゃんと生活できています。差し押さえの事実はまったく知りませんでした」

 今後、土地の権利や差し押さえをどう解決するかなどについては、宮崎、高岡双方の代理人同士で話し合いをしていく予定と明かした。高岡によれば、その宮崎の代理人と最近、別件で連絡を取ったという。ある日、こんな連絡が来たというのだ。

「ぼくの犬をどうするかという話でした」

 宮崎と高岡は、結婚時“パンチ”と“コンブ”という2匹のトイプードルを飼っていた。宮崎はその2匹を、家を飛び出す際に一緒に連れていってしまったのだ。高岡がこう説明する。

「もともとぼくの犬だったんですけど、今は向こうが飼っている状況なんで。でも、事務所とかそういうところで預かってもらってるみたいなんです…」

 一度は連れていったものの、今は自分の手元に置いていないという。そのうえ8か月もたった今になって、あたかも責任のなすり合いをするかのように、高岡にその扱いをどうするか問い合わせてきた宮崎。今や2匹の犬は彼女にとって、高岡を思い出す疎ましい存在なのかもしれない。

 高岡は「犬は自分が引き取ることになると思う」と答えたが、どこか切なそうな表情を浮かべていた。

※女性セブン2012年9月20日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP