連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

松田聖子の再々婚相手は大地主の御曹司で先祖は殿様 超玉の輿

2012.10.18 07:00

 松田聖子(50才)が歯科医のA氏(49才)と今年6月に再々婚して約4か月が経つ。A氏は、慶応義塾大学医学部の准教授として、慶応病院に勤務する傍ら、週に1回、フジテレビの診療所で歯科検診も行っている。現在、ふたりは、聖子の自宅で暮らしている

 松田聖子(50才)が歯科医のA氏(49才)と今年6月に再々婚して約4か月が経つ。A氏は、慶応義塾大学医学部の准教授として、慶応病院に勤務する傍ら、週に1回、フジテレビの診療所で歯科検診も行っている。現在、ふたりは、聖子の自宅で暮らしているが、そこは都内の高級住宅街にある100坪の超豪邸だ。

「聖子さんは、この家の他にも一戸建てを所有していて、総資産は10億円ともいわれています。結婚当初は、“聖子さんがA氏を資金援助し、開業医にさせてあげる”なんて噂も囁かれました」(芸能関係者)

 そんなA氏には離婚した元妻・B子さんがいたが、B子さんはかつてA氏とともに住んでいた家に今もなお住んでいる。

 B子さんが暮らす一戸建ての隣には3階建ての賃貸用マンションが建っている。家とマンションが建つ土地を合わせると広さは160坪近くにものぼる。この土地と家、マンションを合わせて、その資産価値は約4億円になるという。

 土地・建物登記によると、自宅はA氏所有で、隣接するマンションはA氏とA氏の父親の共有に。そして土地は、A氏の祖父の名義となっている。さらに、実は、この土地だけでなく、この周辺一帯はA氏一族の所有なのだ。

 広大な土地を所有するきっかけとなったのは、A氏の曾祖父の業績だった。

 A氏の曾祖父は、1871年(明治4年)の廃藩置県で長野から東京に来た戸田光則に仕えていた人物。戸田光則は、江戸時代に松平を名乗っていた信州松本藩主。つまり“殿様”だったのだ。

「曾祖父の努力を戸田の殿様が認めてくれて、土地を分けてくれたんです。譲り受けた土地は何千坪にもなります。その資産は、現在70億円くらいになるでしょう。この一帯の土地は、殿様から受け継いだ、先祖の思いがこもった大切な場所なんです」(A氏の親族)

 地元の不動産業者をまわると、A氏一族のこんな評判が聞こえてきた。

「有名な大地主です」
「古くから続く名家ですよ」

 曾祖父の遺産を受け継いだのがA氏の祖父だが、彼は1995年に亡くなっている。財産が多額であることに加え、親族が多いことなどから、遺産相続はいまだ完全に整っておらず、そのため、土地の所有者は今も祖父になっているという。

「Aさんと彼の父親は、共有の賃貸マンションを持っていますが、その家賃収入だけでも結構ありますよ。将来的には、歯医者として働かなくても暮らしていけるほどだそうです。さらに、来年には遺産相続が終わる予定だそうですから、Aさんにも近いうちに何億円という遺産が転がり込む可能性があります。

 だから、聖子さんとAさんの結婚は、逆玉なんかじゃないんです。一時は“入籍してない”などといわれたこともありましたが、なになに聖子さんのほうこそ、“超玉の輿”なんですよ」(A氏の知人)

※女性セブン2012年11月1日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP