芸能

急死した元フジ寺田理恵子の夫は韓国芸能事務所の日本支社長

 元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子さん(51才)の夫・関本雅一さん(享年53)の葬儀が昨年12月中旬、都内で行われた。参列者が家族と弟夫婦らごくごくわずかな親族のみ。最近多い密葬にしても、あまりにひっそりとした葬儀だった。それもそのはずで、仕事の関係者、近隣住民、友人らには、葬儀はおろか、その死さえ知らされていなかったという。

「突然、倒れたため、すぐ病院に運ばれたんですが、大動脈瘤破裂という診断で…。看病の甲斐なく、寺田さんに看取られて、数日後に亡くなったそうです」(寺田さんの知人)

 寺田さんといえば、誰もが思い浮かべるのが“ひょうきんアナ”としての顔だろう。大学卒業後の1984年、フジテレビにアナウンサーとして入社。翌年、2年目ながら、超人気バラエティー『オレたちひょうきん族』の名物コーナー『ひょうきんベストテン』のサブ司会者に大抜擢されて、人気を誇った。寺田さんは結婚後、アナウンサー業を引退し専業主婦となり、関本さんを支えた。しかし、受難は続くばかりだった。

 2000年7月、関本さんが広告費3億円余りを水増し請求したとして、勤務先の大手広告代理店を解雇される。彼はその後、一念発起して、IT関連企業など数社を設立したが、会社の経営は思うようにいかなかった。しばらくすると、東京・世田谷の閑静な高級住宅街にある約50坪の敷地に建つ3階建ての豪邸を担保に入れてまで、経営資金を工面するようになっていった。

 だが経営状態は好転せず、関本さんは2004年、金融会社から借金返済を求められて訴えられてしまう。裁判では、関本さんの債務額は6500万円ほどだったと明かされている。

 この裁判では寺田さん自身も被告となっている。借金のかたに自宅を差し押さえられないようにと、その所有権を関本さんから寺田さんに意図的に移したとされたからだった。判決は関本さん夫妻の敗訴で、ふたりは原告に計500万円を支払うことで和解している。

 借金生活が続く中、関本さんは、こんな事件まで起こしてしまう。2007年10月、関本さんは、かつて社長を務めていた人材派遣会社から約5600万円を不正に着服したという業務上横領容疑で逮捕される。不起訴となり釈放されたものの、事態は好転せず。借金も膨らみ、関本さんは何とか立て直そうと別の事業を始めたりもした。

「最近は、韓国の芸能事務所の日本支社長をしていましたが、収入は少なかったようです」(前出・芸能関係者)

 さらに関本さんの知人はこう話す。

「関本さんには、まだ相当な額の借金があったようです。それをきちんと整理しようと頑張っていたんですが、その矢先に亡くなってしまった。彼の死を貸し主が知れば、妻である寺田さんに取り立てが行くことでしょう。そのような状況を多くの人に知られたくない、またそれによって余計な心配をかけまいとして、寺田さんは夫の死を知らせなかったようです」

 寺田さんを訪ねると、関本さんが亡くなったことを認めた上で、「申し訳ございません。私からお答えすることはできません」と硬い表情で口を閉ざすばかりだった。

※女性セブン2013年1月31号

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン