芸能

TBSの人気アナ・安住紳一郎の元カノが過去の関係を告白する

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(40)といえば、オリコンの<好きな男性アナランキング>で2006年から5連覇して殿堂入りするなど、今や不動の人気を誇るナンバーワン男性アナ。

 ところが、いまだ独身で、これまで大きなスキャンダルも出なかったのは、彼が“プロフェッショナル”に徹していたからだろう。それを裏付けたのは、元彼女が語った衝撃の告白だった。

「アナウンサーは突発的な仕事も多いから、事前に約束をしてという計画的なデートは少なかったかな。彼から深夜に“起きてる? 電話してもいい?”というメールが送られてきて、それに私が返事をすると彼が電話をくれて“会いたい。今から家に行くね”という流れに。

 まずはメールで起きてるか律儀に確認するあたりが彼らしい。まァ、家ではエッチしたら我先に寝ちゃうんだけど(笑い)」

 そう赤裸々に語るのは、河合綾子さん(仮名・33歳)。女優の黒木メイサに似た美人OLだ。彼女が家に招き入れていた相手とは、もちろん安住アナである。

 安住アナといえば、老若男女問わず愛される男性アナ。8月3日に40歳を迎えたばかりの彼は、1997年にTBS入社以来、不動の人気を誇ってきた。

 7月19日放送の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が集計した<40歳以上の女性に聞いた! 私の心の隙間を埋めてほしい男性司会者>ランキングでは、タモリやみのもんた、宮根誠司らを押しのけて1位を獲得した。

 各テレビ局にとっても、ニュースが読めてバラエティ番組にも対応できる安住アナのような男性アナは貴重な存在だ。“30歳定年制”と揶揄されるほど早くに退社してフリーになる女子アナに比べ、長く会社に残る彼らの重要度は増している。TBS関係者がいう。

「小倉智昭さんや宮根誠司さんに対する女性視聴者の信頼度は高いが、フリーアナはどうしてもギャラが高くつく。その点、安住のような局アナは給料がすでに決まっているので、局としては非常に助かる。

 安住は巧みな話術がある一方で、一般庶民を代表しているような素人感も持ち合わせているから視聴者ウケもいい。その裏ではストイックに努力もしている。彼の真面目な仕事ぶりを見た後輩アナたちは、“安住さんはプロだ!”と感心しきりです。

 羽鳥(慎一)さん(元日テレ)みたいに独立しないように、会社は引き留めには必死でしょう」

 安住アナと綾子さんの出会いは2004年の秋頃にさかのぼる。

「安住さんと知り合ったのはTBS局員の方が主催した合コンです。安住さんはヘビースモーカーでしたし、お酒のせいか饒舌で、テレビの印象とは少し違って戸惑いましたが、物腰が柔らかく話しやすい人でした。その日は連絡先を交換しただけで、後日彼から“2人だけで食事しよう”というお誘いがありました。

 最初のデートの待ち合わせは、人目を避けるために繁華街から少し離れた目白駅周辺を指定されました。でも、彼が真っ赤な高級外車で迎えに来たので逆に目立っていたのはおかしかった。そういうお茶目なところもあるんです」

 車内では綾子さんが得意の早口言葉を披露すると、「僕も負けないよ!」と安住アナ。見事なテンポと滑舌で、「隣の客はよく柿食う客だ」と返す。しばらく2人はデートを重ねた。しかし、帰り道、綾子さんは決まって自宅から200メートルほど離れた場所で車を降りていたという。

「彼は家に来たそうだったけど、最初からそういう関係になるのが怖かったんです。でも、何度か食事をしたりで1か月半ぐらい経った頃、彼にこういわれたんです。“まだダメかな? 僕、もう我慢できない。したいよ”。ものすごくストレートだったので面食らいましたが、そろそろいいかなって。

 彼が“いいところがある”と車で向かったのが五反田のラブホテル街。初めては1泊8500円の格安のホテルでした」

 一度、体の関係を持ったことで2人の距離はグッと縮まったという。以降、安住アナは忙しい合間を縫って綾子さんと逢瀬を重ねた。

「彼は当時、杉並にマンションを借りていたのですが、ほとんど帰っていませんでした。忙しいので自宅ではなく、汐留や恵比寿のシティホテルに泊まっていたようです。私も呼ばれて行ったことが何度もあります」

 TBS広報部は綾子さんの告白について「社員のプライベートなことについてはお答えしておりません」と話すのみだった。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン