国内

最新国内記事のRSS

「私を嫌いでもSTAP細胞は嫌いにならないで」の姿勢に感動も

2014.04.21 07:00

 STAP細胞にまつわる疑義が持ち上がってから約2か月、4月9日に小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーが大阪市内で記者会見をしてからというもの、再び彼女に大きな注目が集まっている。漫画家の小林よしのり氏、作家・アイドル評論家の中森明夫氏

 STAP細胞にまつわる疑義が持ち上がってから約2か月、4月9日に小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーが大阪市内で記者会見をしてからというもの、再び彼女に大きな注目が集まっている。漫画家の小林よしのり氏、作家・アイドル評論家の中森明夫氏、漫画家の倉田真由美氏が、小保方氏が会見で訴えたかったことについて語り合った。

倉田:小保方人気はすごいですよね。ネットで「みんなが興味あるニュース」の上位はいつも小保方ネタ。

中森:もうSTAP細胞の話じゃないんだよね。みんな小保方さんという人間に関心がある。

小林:わしも最初から小保方さんに対する興味しかなかった。ところが彼女を支持すると、「STAP細胞はある」と言ってるかのように解釈されるんだよ。

倉田:え、待って。小林さんが小保方さんを褒めてるのは知ってたけど、STAP細胞は信じてないの?

小林:STAP細胞のことなんか、わしにわかるわけないもん。

中森:くらたま(倉田)さんは、小保方さんの2回目の記者会見をどう見たの?

倉田:不倫会見みたいだな、と。涙を見せながら「悪意はなかったんです~」って。巧妙に論点をズラすんですよ。それに、「ノートは4~5冊あります」みたいな話があまりに不自然。大事な実験ノートがそんなに少ないこともさることながら、4冊なのか5冊なのかもわからないんですよ?

小林:全部、頭の中に入ってるからいいんだよ。

倉田:そんな(笑い)。

中森:僕は、小保方さんがSTAP細胞に恋愛感情に近いものを抱いていると思った。それは、彼女が何のために会見に出たのかを考えればわかります。最初は「ノーベル賞か」と言われた人が、急に詐欺師扱いされて、名誉毀損レベルのひどい報道もされてるわけですよ。あの記者会見は、この世で一番風圧の強い場所ですよ。並の人間だったら吹き飛ばされる。

倉田:たしかに、あそこに出られるのは並の人間じゃないですね。

中森:それでも彼女が出てきたのは、愛するSTAP細胞のため。彼女は日本中を敵に回す覚悟でSTAP細胞を守りたかった。「私のことは嫌いでも、STAP細胞のことは嫌いにならないでください!」ですよ。僕は完全に心を動かされました。30歳の女性が信じるもののために戦った。その顔は美しかったよね。

倉田:男の見方だなぁ。

中森:もし研究者を続けられなくなったら、もうSTAP細胞に出会えない。「STAP細胞はありまふ!」は、200回もSTAP細胞を作ってきた彼女からの「201回目のプロポーズ」ですよ!

※週刊ポスト2014年5月2日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP