芸能

紗栄子が音楽プロデューサー大沢伸一と交際 出会いはミスチル

 紗栄子(27才)と音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢伸一氏(47才)の交際が発覚した。

 とある木曜日の夜──。午後7時前、都内を愛車で走っていた紗栄子が向かった先は子供が待つ自宅ではなく、高級住宅街にあるヴィンテージマンション。紗栄子が到着するのを見計らったように、ひとりの男性がそのマンションから出てきた。すると紗栄子は慣れた様子で助手席に移動し、男性が運転席に乗り込んだ。ふたりが向かった先は郊外にある老舗蕎麦店だった。

「いつもふたりきりで来てますよ。お子さんが一緒のことはないですね。いつもふたりきり。去年の冬ぐらいから何度か見かけましたよ。その日は一品料理をいろいろ注文してたんですが、カツ丼を1杯だけ頼んでたんですよ。お店の人が取り皿を持っていったんだけど、それは使わず、ふたりで分け合って食べていたから、あぁ、そういう関係なのかなぁって思いました」(同店常連客)

 おでことおでこがくっつくくらいの距離で、コソコソ話しては笑い合うふたり。1時間ほどで店を出て、愛車まで歩く時、紗栄子は男性の腕に絡みつき、ぴたりと体を寄せた。そんな彼女を愛おしそうに見つめていたのは、日本のクラブカルチャーシーンをリードしてきた音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢氏だった。

「つきあってもう半年以上になるんじゃないでしょうか? 大沢さんの猛アプローチから始まったそうですが、今では紗栄子さんのほうがベタ惚れ」(ファッション誌関係者)

 出会いは紗栄子が大好きなMr.Childrenだった。

「撮影中もミスチルをかけているし、移動中もミスチル。新曲は必ず発売日に買うほど、彼女はミスチルファンなんです。コンサートに通って楽屋に行ったりしてるうちに、大沢さんと知り合ったそうです。ミスチルのプロデューサー・小林武史さんと大沢さんがユニットを組んで音楽を一緒にやったり、環境問題に取り組んだりする仲間なんですよね。そこから紗栄子さんも大沢さんの世界観にハマッていったんです」(前出・ファッション誌関係者)

 前夫・ダルビッシュ有投手(27才)の時もそうだったが、紗栄子が男性に求めるいちばんの条件は「何かひとつのことに打ち込んでいること」。決してお金じゃない。その世界のトップランナーで、尊敬できる男性に惹かれるという。

「離婚後、紗栄子さんが特にこだわっていたのは“ダル以上”。地に足がついた社会的地位、名声がある人であれば、職種も年齢も関係ないっていつも言ってました。そういう意味で、大沢さんは“ダル以上”という条件は超えています。

 音楽プロデューサーとして浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんらトップアーティストの楽曲を手がけたり、DJとして国内外のイベントを成功させ、パリコレブランドのアフターパーティーのDJに招待されたこともありますし、ワールドカップや五輪の公式テーマ曲を作ったこともありました」(音楽関係者)

 紗栄子と大沢氏が彼の自宅へと帰ってきたのは深夜2時前。紗栄子の車は大沢氏の自宅マンションの隣にある月極駐車場に停められた。もうずっと前から、そこは彼女の定位置になっているという。車から降りると、やっぱり紗栄子は大沢氏の腕をぎゅっとつかみ、体をぴたりと寄せて、マンションの中へと入っていった。

 そのままお泊まりとなった紗栄子。帰宅はそれから5時間後の朝7時前のことだった。すっぴんで車に乗り込んだ彼女は、そのまま自宅マンションへと帰っていった。

 双方の所属事務所に確認すると、「プライベートは本人に任せています」とのことだった。

※女性セブン2014年5月29日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン