国内

最新国内記事のRSS

作家になりたいと語っていた少年A 18歳で書いた小説の内容

2015.06.22 07:00

「殺人体験」を描いた手記『絶歌』(太田出版)を発表し、被害者や遺族の心情を踏みにじって、高額な印税収入を得る元・酒鬼薔薇聖斗。32歳の「中年」になった彼は、少年法の匿名特権「元少年A」を名乗ったまま、自己満足の“贖罪”を果たして悦に入ってい

「殺人体験」を描いた手記『絶歌』(太田出版)を発表し、被害者や遺族の心情を踏みにじって、高額な印税収入を得る元・酒鬼薔薇聖斗。32歳の「中年」になった彼は、少年法の匿名特権「元少年A」を名乗ったまま、自己満足の“贖罪”を果たして悦に入っているのか。

 緑の多い敷地を分厚い灰色の壁が囲んでいる。東京・府中市にある関東医療少年院。コンクリート造りの無機質な建物の一室で、色白で華奢な体格の青年がはっきりとこういった。

「僕は作家になりたい」

 2001年1月、医療少年院に講師として招かれ、少年らの授業を受け持った童話作家・森忠明氏に将来の希望を尋ねられ、当時18歳だった少年Aが答えた言葉だ。本誌2001年3月9日号『全文掲載 18歳・酒鬼薔薇が綴った「700字小説」』で明かしたエピソードである。森氏が振り返る。

「当時から際だって表現欲求が旺盛でした。ただし、私が彼に会った14年半前にはすでに彼の中にいた魔物はおらず、“抜け殻”のような印象がありました。

 たしかに私は彼に“小説を書いたらどうか”と勧め、彼はその約束を守って今回の本を書いたのかもしれません。ですが、“抜け殻”の彼が今後、歴史に名を残すような作家になれるとは思っていません。いま彼を支えているのは、“自分を表現したい”という自己顕示欲だけなのかもしれない」

 6月11日に『絶歌』が刊行された翌日、被害者遺族は「重大な二次被害を受ける」と出版社に抗議し、本の回収を申し入れ、一部の書店では販売を自粛する動きも出た。

 事件から18年。Aの手記発表により、惨劇の記憶は再び呼び覚まされた。

 1997年5月27日早朝、Aが通っていた兵庫県神戸市内の中学校正門前で、切断された児童の頭部が発見された。土師淳君(当時11歳)の口内には「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る犯人から〈さあゲームの始まりです。(中略)ボクは殺しが愉快でたまらない〉との声明文が押し込まれていた。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP