芸能

最新芸能記事のRSS

秋葉原アイドルが「ライブ会場で自殺未遂」 騒動の凄惨現場

2015.06.22 11:00

 秋葉原駅から徒歩10分ほどのビルの地下1階にあるライブスペース。6月13日に、女性アイドルグループ約20組が出演する2部入れ替え制のライブイベントが行なわれていた。いずれのグループも知名度があるとはいえないが、「来場者が良かったグループに

 秋葉原駅から徒歩10分ほどのビルの地下1階にあるライブスペース。6月13日に、女性アイドルグループ約20組が出演する2部入れ替え制のライブイベントが行なわれていた。いずれのグループも知名度があるとはいえないが、「来場者が良かったグループに投票し、勝ち抜けばCS番組に出演できるイベントで、どのグループも意気込みが強かった」(出演したあるグループの関係者)という。

 騒ぎが起きたのは夕方5時頃だった。現場にいた関係者が状況を語る。

「関係者用の通路から、女の子の奇声が聞こえたんです。声のしたほうに行ってみたら、出演していたアイドルの一人がステージ衣装を着たまま大きなハサミを右手首に当てていて、血がだらだら流れていたんです。同じグループの他の女の子が止めに入っていましたが、周りのスタッフが声をかけても、本人は奇声を上げ続けた。

『ごめんなさい! ごめんなさい!』と謝り続けている同じグループの子がいたり、パニック状態になっている子が別にいたりと、何がなんだかわからなかったですよ」

 出待ちのファンと壁を1枚隔てただけの場所で声は外に筒抜けだったため、来場客にも騒ぎが広がった。

 リストカットしたのは、「エンタの時間」という5人組グループに属する白石さくら(20)。アイドルといっても、CDメジャーデビューを果たしているわけではなく、小規模なイベントに出演するいわゆる「地下アイドル」だ。

 ライブ後のグッズの手売り販売が終わったところで自殺未遂騒動は起きた。別の関係者はこういう。

「『エンタの時間』はグッズ販売の時間になっても所定の場所に出てこなくて、ようやく現われたと思ったらファンらしき男性と揉めはじめ、白石が女子トイレに籠もって大騒ぎしていた。周囲が説得して出てきたが、その後に手首を切った」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP