芸能

サーフィン 石丸謙二郎は日本2位で石原伸晃氏は1回2kg減量

 日本のサーファー人口は100万人ともいわれ、人気のスポーツだ。木村拓哉・工藤静香らサーフィン好きの芸能人は多いが、政治家枠からはこんな人がエントリー。

「サーフィンは1年中できますが、夏は暑すぎるし、人も多い。おすすめは9月からです」と、自民党衆議院議員・石原伸晃さん。サーフボードを積み込んだ軽トラを自ら運転し、葉山の海へ向かう。

「意外ですか? こう見えてもサーフィン歴30年。最近はパドルを使ってボードを漕ぐSUP(スタンドアップパドル)が面白い。

 サーフィンよりも体力の消耗が少ないから、女性におすすめですよ。 ミネラル豊富な海水は肌にいいみたいですし、ウェットスーツを着ていると大量に汗もかくから、1回で2kgくらいやせるの。ダイエットにもなりますよ(笑い)」(石原さん)

「ウインドサーフィンは、風が命。特に秋の風がいいんです」

 そう語る俳優の石丸謙二郎さんは、ウインドサーフィンのスピード記録、日本歴代2位の実力を誇り、世界中の海でウインドサーフィンを楽しむ。

「風に乗って海の上を走るのは気分爽快! 体を激しく動かすわけじゃないから、ビギナーでも初日から100mくらい進めることもある。ウインドサーフィンは40代からはじめる人も多い。まさに、大人のためのスポーツだと思います」(石丸さん)

 気分爽快、ダイエットにもいいこといっぱい。この秋、サーファーデビューしてみる?

※女性セブン2015年9月24日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン