芸能

あさが来た 新登場・はつの長男が「妾問題」解決キーマンか

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の勢いが止まらない。12月4日にはまたしても自己最高視聴率を更新する27.2%を記録。これは大ブームとなった『あまちゃん』や『花子とアン』をも上回る数字で、別次元の“国民的ドラマ”に化けつつあるといっても過言ではない。

 ドラマは12月に突入し、いよいよ前半最大の山場である、あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)の娘の出産シーンを迎えた。

「あさが多忙であきらめていた子供が生まれるという新次郎の喜びを、玉木さんが実に魅力的に演じていました」(番組制作関係者)

 この出産が、『あさが来た』の一大転機となる。

「いままであさと新次郎が親の世代にいろいろなことを教わり、その恩恵を受けて育ってきましたが、年明けからは、世代交代し今度は彼女たちが下の世代の人たちを育てていくことになります」(同前)

 その世代交代を印象づけるように、12月3日、今後登場する『あさが来た』の新キャストがNHKから発表された。「銀行の神様」といわれた渋沢栄一役に三宅裕司、あさの娘・千代役にはあさの子供時代を演じて人気を博した鈴木梨央が再登板と、意外なキャスティングが話題になっている。

 だが、本誌が注目したのはそこではない。NHKの番組公式サイトには、新キャスト発表に伴い、それぞれのキャラクターに簡単な人物紹介が書かれている。注目は、あさの姉・はつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)の長男である藍之助役(森下大地)の発表に添えられた一文だ。

〈まじめで勉強ができ、ソロバンが得意。家族と一緒にみかん作りをしていたが、商売人になりたいという思いを抑えられず、あさの元に現れる〉

 はつの一家はみかん作りのために和歌山に移住したはずだが、長男の藍之助は、「商売人になりたい」と大阪にいるあさの元にやって来るというのだ。もしかしてこの展開は、本誌が提起した“問題”を解決する起死回生の一手になるのではないか。

◆はつの子が養子に!?

 その問題とは、妾である。

 史実では、あさのモデルである広岡浅子と夫・信五郎の間には娘しか生まれなかった。そこで浅子の実家から呼び寄せた女中を妾にして、彼女が産んだ男児が、後に浅子が創業する大同生命の社長になる。

 ドラマでの展開も、娘が生まれるところまでは同じ。では今後、史実のとおりに妾を登場させるのか。

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト