芸能

最新芸能記事のRSS

野呂佳代 一人暮らしできるのは有吉のおかげと感謝を語る

2016.02.06 07:00

 AKB48を経てSDN48に移籍し、キャプテンとして活躍していた野呂佳代(32才)。SDN48解散

 AKB48を経てSDN48に移籍し、キャプテンとして活躍していた野呂佳代(32才)。SDN48解散後は露出が減り、芸能界引退も考え始めていたという。そんなとき、同じ事務所の先輩でもある有吉弘行(41才)に叱咤されたことが、バラエティータレントとして注目を集める転機になった。野呂が振り返る。

――2年前、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のコーナー“タレント進路相談”で有吉弘行さんに相談していましたが、このアドバイスで変わったことは?

野呂:SDN48を卒業して、最初のレギュラーがパチンコ番組だったんです。全力で頑張っていたんですけど、実は私、パチンコがあまり好きではなくて…。それを言ったら、「全力でやれ、バカ!」って言われたんです。

 そう言われて、番組はいつか終わるけれど、次のステップに進む可能性もあるわけだから、今ある仕事を全力でやろうって思えました。そうしたら、パチンコの仕事が増えたんですよ(笑い)。

――有吉さんと、普段からお付き合いはありますか?

野呂:まったくないです。とにかく、怖い。

――怖い!?

野呂:有吉さんって、『ロンドンハーツ』とかで私がしゃべったあと見ると、すごい怖い顔してる時があるんです。「今のは違うだろ!」みたいな。おそらく、思ったことが顔に出るんですよ。その表情で、私のコメントが良かった悪かったがわかるんです。

 私だって普通にしたいんですけど、有吉さんを気にせざるを得ないというか。有吉さんが笑っているのを見て、安心して笑うスタッフさんもいるんですよ。でも、最近は有吉さんの反応を確認するのをやめようと思っています。

――影響力が強いんですね。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP