• TOP
  • 芸能
  • ドラマや映画で「スピード再共演」続出 制作側の狙いとは 

芸能

2016.02.07 07:00  NEWSポストセブン

ドラマや映画で「スピード再共演」続出 制作側の狙いとは 

映画『orange』では土屋太鳳と山崎賢人がスピード再共演(公式HPより)

 映画『orange-オレンジ-』が絶好調だ。昨年12月の公開後、すでに動員241万人を記録。興行収入も30億円突破は確実と見られている。主演を務めるのは、『下町ロケット』で阿部寛の娘役を演じていた人気女優・土屋太鳳と、ドラマ『デスノート』映画『ヒロイン失格』など活躍するイケメン俳優・山崎賢人。実はこの2人、昨年まで朝の連続テレビの小説『まれ』で1年間共演し続け、最後は夫婦役まで演じていたのだ。「実は最近、こうして間を置かずに俳優が再共演することが多いのです」(業界関係者)。そんな、異例ともいえる「スピード再共演」ブームの狙いと効果とは?
 
 映画『orange-オレンジ-』は、未来の自分から届いた手紙をたよりに土屋太鳳演じる高宮菜穂が、山崎賢人演じる同級生・成瀬翔(かける)を悲劇から救うというSFラブストーリー。

 この土屋はさらに、『まれ』で弟役だった葉山奨之(しょうの)と、今年8月に公開される映画『青空エール』で同じ吹奏楽部の仲間として再び共演することが決まっている。しかもこの土屋は、今年1月4日に放送された『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』(フジテレビ系)でも、『まれ』でクラスメート役として共演していた門脇麦と再共演を果たしているのだ。土屋太鳳、まさに「再共演女王」といったところか。

 そんな「スピード再共演」の例はまだある。

 昨年放送されたテレビドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)でヒロインを務めた新進女優・芳根(よしね)京子と、彼女が恋する同級生を演じたイケメン俳優・志尊淳(しそん・じゅん)の2人は、放送終了後の10月に封切られた映画『先輩と彼女』で、カップル役で再起用されている。

 映画『江ノ島プリズム』で共演した福士蒼汰、本田翼、野村周平が2年後、3人揃ってそのまま月9ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)の主役トリオに抜擢された。また女優・吉田羊も同じく『江ノ島プリズム』さらには『恋仲。』にも抜擢された一人だ。関ジャニ∞の大倉忠義と、女優・武井咲の2人は、ドラマ『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)で共演した1年後、恋愛映画『クローバー』で再共演。ちなみに武井は、『アスコーマーチ!~明日香工業高校物語~』(テレビ朝日系)で同級生として互いに惹かれあう役で共演した松坂桃李と1年後、映画『今日、恋をはじめます』でカップル役で再共演を果たしている。

関連記事

トピックス