• TOP
  • 芸能
  • 隠れた人気番組 Eテレ『団塊スタイル』に寄せられる泥沼告白

芸能

2016.03.17 16:00  女性セブン

隠れた人気番組 Eテレ『団塊スタイル』に寄せられる泥沼告白

番組での泥沼不倫相談に驚かされた風吹ジュン

「夫がずいぶん前から嫌いです」(59才女性)
「主人が脳梗塞を患い、私は看病に疲れました」(60才女性)

 NHK・Eテレに『団塊スタイル』(毎週金曜日夜8時~)という隠れた人気番組がある。シニアに役立つ情報や先輩シニアの生き方などを紹介、2012年4月にスタートして丸4年になる。司会は風吹ジュン(63才)だ。

 3月4日放送のテーマは「心をリセット! シニアのお悩み相談」。視聴者の悩みにアドバイザーたちが直接電話で答える形式で、いわばTBSラジオの名物番組『全国こども電話相談室』(昨年、番組は終了)とまったく同じ要領。だが、冒頭の通り寄せられた相談は、“こども相談室”では得られないものばかり。

 風吹を驚かせたのは50代女性からの17年間に及ぶ「泥沼不倫」相談だった。

 38才の時、当時55才だった妻子ある男性上司から「好きだ」と告白され、不倫関係に。一度結婚に失敗していた女性は男性に結婚を迫っていたが、男性は「息子が独立するまでもう少し時間がほしい」などと言っては先延ばしにしてきたという。

 そして2年前に男性が脳出血で倒れて入院したことで、不倫関係が男性の妻に発覚。2か月後、病気が快復した男性は「妻との離婚話に決着がついた」と女性の家にやってきたが、妻から電話があると大慌てで妻の元に戻ってしまい、その後、連絡がとれなくなってしまったという。

 そして数日後、この女性は男性の妻から慰謝料を請求する裁判を申し立てられた。男性は家庭を壊す気はなかったのに、女性のほうが一方的に不倫関係の継続を迫っていたというのだ。弁護士のすすめもあり、女性は100万円の慰謝料を支払って男性の妻と和解。

 そこで女性は「男性の本心がわからない。どうしたらいいでしょうか?」と電話で訴えてきたのだ。それに対し、アドバイザーたちはこんなアドバイス。

「ここでケリがついてよかったと思ったほうがいい。この男はクズです!」(ジャーナリストの鳥越俊太郎氏)

「不倫関係というのは、桜が咲いてその時に恋をして、次の桜まで決着をつけない男はダメ。ギリギリ3年待って、3年待ってもダメな人は30年待ってもダメですよ」(プロデューサーの残間里江子氏)

 それを困惑した面持ちで聞いていた風吹が「いかがですか?」と問いかけると、女性は「17才の年の差がありますので、彼より早く死んではいけないと。頑張ります」と気丈に答えた。

 番組の締めで風吹は「頑張って悩むということが生きるということ」と穏やかな表情で振り返った。シニアの悩みには人生の重みがある。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

関連記事

トピックス