国内

山口組vs神戸山口組 仁義なき「LINE抗争」勃発

山口組vs神戸山口組で仁義なき「LINE抗争」

 3月19日、神戸市中央区に突っ込んだダンプカーが、神戸山口組山健組の直参・志闘会の事務所を破壊した。

「志闘会の事務所は三宮のど真ん中で、狭い路地を入った場所にある。突っ込んだ時、事務所から組員が出てくれば、確実に捕まるような場所で、これまでとは完全に毛色の違う事件」(神戸山口組関係者)

 報復は迅速に実行された。翌日には大阪市の山口組直参・織田組事務所前に車が乗り捨てられ、郵便ポストが壊された。東京の足立区でも乱闘騒ぎがあった。さらに21日、神戸市内にある弘道会関連施設で、駐車場にあった車二台が破壊されたのだ。

 今風なのは、現場写真や動画がネット経由で拡散したことだろう。使用されるのは主にLINEというアプリで、発生から数時間後には、当方のようなマスコミにも情報が到着する。

 山健組への攻撃では事務所内部の防犯カメラで、ダンプ攻撃を確認している組員たちの動画が撮られ、LINEを通じて拡散された。その数日前には、六代目山口組国粋会系の事務所にあった車が破壊された写真も出回っている。

 歌舞伎町の集団暴行事件では、地元ヤクザが動画を撮影し、それが動画サイトやテレビ局に出回ったことでトラブルに発展した。

「撮影した組織に激しいクレームが入ったと聞いている。なにしろあの動画が逮捕の決定的な証拠になったのだから仕方ない。神戸の動画は当事者が撮ったものだろう。『警察から漏洩した』と言っているけど、どこまで信じていいかわからない」(神戸山口組と親しい独立組織幹部)

 山口組の上層部が、既存メディアを使って平静をアピールしたのに対して、組織の末端ではネットを使った情報戦が激化している。

 そのわりにヤクザたちのネットリテラシーはお粗末で、抗争事件の当事者がFacebookで書き込みを一般公開していたりする。抗争にネットが使用されるようになった黎明期だけに、事件の現場から「襲撃なう」がつぶやかれる可能性さえ否定できない。

●文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2016年4月8日号

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト