国内

被災地支援芸能人への批判に被災者「よそ者には関係ない」

地震後のブログで批判を浴びた紀香

 ニット帽を目深にかぶり、サングラスとマスクで顔を隠している若い男性が手にフライパンを握り、手際よくピラフを作っていく。

「まさか、中居クン…?」

 熊本地震から10日が経った4月24日の昼頃、多くの被災者が避難所として使っている長嶺小学校(熊本市東区)の校舎がにわかにざわついた。SMAPの中居正広(43才)が、“お忍び”で炊き出しのボランティアに参加していたからだ。

 近隣の住民は、

《おいおいうそだろ長小に中居くんがなんでいるんだよ》
《ありがたいなー、有名人の人が来てくれるとミーハー心で地震への恐怖を一瞬忘れられるよね》

 とツイッターに書き込んだ。

 関連死を含めた死者数は49人、住宅損壊約1万棟、避難者は8万人以上(4月25日時点)という甚大な被害を出した熊本地震の被災地の支援に、芸能人たちも次々に乗り出している。

 熊本出身の高良健吾(28才)は18日の正午過ぎ、避難所になっている高橋小学校(熊本市西区)に姿を見せた。水不足が深刻な被災地のために、知人とともに2トントラックに給水タンクを積んで訪問。目立たないように黒いパーカに黒いキャップ、マスクをしながら、数日間、現地で給水のボランティアを続けた。

 伊勢谷友介(39才)も20日に現地入り。全国から送られてくる支援物資を必要な被災者に配るための「物資配送基地」を設置し、長期的な支援をすると発表した。

 自らヘリコプターを操縦したのは美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71才)だ。20日に被災地に入り、佐賀空港から生活用品やレトルトカレーなどが入った段ボール箱を病院などにピストン輸送で届けたという。

「義援金」で復興をサポートする動きも広がっている。X JAPANのYoshiki(50才)は1000万円を寄付。山下智久(31才)や篠田麻里子(30才)はバラエティー番組で獲得した賞金100万円を被災地に送った。24日、女子ゴルフツアー「フジサンケイレディスクラシック」で優勝した大山志保選手(38才)は熊本の高校出身ということもあり、賞金1440万円を寄付した。

関連記事

トピックス