国内

被災地支援芸能人への批判に被災者「よそ者には関係ない」

地震後のブログで批判を浴びた紀香

 ニット帽を目深にかぶり、サングラスとマスクで顔を隠している若い男性が手にフライパンを握り、手際よくピラフを作っていく。

「まさか、中居クン…?」

 熊本地震から10日が経った4月24日の昼頃、多くの被災者が避難所として使っている長嶺小学校(熊本市東区)の校舎がにわかにざわついた。SMAPの中居正広(43才)が、“お忍び”で炊き出しのボランティアに参加していたからだ。

 近隣の住民は、

《おいおいうそだろ長小に中居くんがなんでいるんだよ》
《ありがたいなー、有名人の人が来てくれるとミーハー心で地震への恐怖を一瞬忘れられるよね》

 とツイッターに書き込んだ。

 関連死を含めた死者数は49人、住宅損壊約1万棟、避難者は8万人以上(4月25日時点)という甚大な被害を出した熊本地震の被災地の支援に、芸能人たちも次々に乗り出している。

 熊本出身の高良健吾(28才)は18日の正午過ぎ、避難所になっている高橋小学校(熊本市西区)に姿を見せた。水不足が深刻な被災地のために、知人とともに2トントラックに給水タンクを積んで訪問。目立たないように黒いパーカに黒いキャップ、マスクをしながら、数日間、現地で給水のボランティアを続けた。

 伊勢谷友介(39才)も20日に現地入り。全国から送られてくる支援物資を必要な被災者に配るための「物資配送基地」を設置し、長期的な支援をすると発表した。

 自らヘリコプターを操縦したのは美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71才)だ。20日に被災地に入り、佐賀空港から生活用品やレトルトカレーなどが入った段ボール箱を病院などにピストン輸送で届けたという。

「義援金」で復興をサポートする動きも広がっている。X JAPANのYoshiki(50才)は1000万円を寄付。山下智久(31才)や篠田麻里子(30才)はバラエティー番組で獲得した賞金100万円を被災地に送った。24日、女子ゴルフツアー「フジサンケイレディスクラシック」で優勝した大山志保選手(38才)は熊本の高校出身ということもあり、賞金1440万円を寄付した。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン